話題の松本復興大臣でありますが、改めて報道を見て、こんな政治家が未だ居たのか!と、本当に驚いておりました。怒りと言うより、開いた口が塞がらないと言った感じでありました。

しかし、あそこまで高圧的な態度と言うのは、どうしたら出てくるものなのでしょう?あんな態度では誰も票を入れるとは思えませんし、彼のことは良く知りませんが、やはり選挙期間中は謙虚なのでしょう?大臣になって浮かれていたのか?それとも、元々ああいう人物なのでしょうか?

30年ぐらい前ならあの位、高圧的な大臣は山ほど居たでしょうし、今でも隠れてあんな事を言う大臣も居るかも知れませんが、メディアの前であんな事を言い放つ大臣なんてものは居る訳がないと思っていました。完全に死滅種であったはずなのですがね・・・。

岩手と宮城とで暴言を繰り返しているところを見ると、たまたまの失言というレベルではなく、彼の本質と言うところの部分なのでしょうから、これはもう反省とか言うレベルの話ではないのは明らかでしょう。選んだ選挙民も悪いし、任命した総理も悪いのですが、何より本人が責任を取るべきでありましょう。




今週からやっと国会が正常に動き出すかも知れないと思って居たのですが、これでまた振り出しに戻る可能性が高いのです。国会を正常に動かしたくない為に、意図的にやっているのか?と疑いたくなるほどの酷さであります。

日本の国会議員の給料は世界一であり、二位の米国に比べて1.5倍も高いそうです。そんなに莫大な給料を取って、国会を空転させると言うのは、もはや国賊の域であります。公務員の給料も高いが、議員の給料も高い!これが今の日本経済を停滞させているガンなのです。

そして、その給料の他にも何倍も稼いでいる議員もいる様ですが、収入のある議員は給料は返上すべきではないでしょうか?国が借金漬けでピンチだと言うのに、高額の給料を貰っていい気になっているなんて、最低と言う言葉以外に何か当てはまりますでしょうか?

そろそろ復興関連の銘柄が本格的に動き出しても良い頃であるし、ギリシャ問題の先送りで欧米が勢い付いておりますから、本来は相場も活況となってくる局面なのですけどね・・・。

一部の銘柄は買われ始めており、復興関連の中核として位置づけている注目銘柄は値上がりしだしてはいるのですが、どうしても足を引っ張られてしまっている状態なのです。何とか、この呪縛を抜け出したいところなのですが、なかなか上手く行かないのが悲しいところであります。

給料を減らすつもりがないのは確かなのですから、せめてその分は働いて欲しい!真剣に働いてくれれば、きっと愚かな発言をする政治家は絶滅すると思うのですけどね。こんなくだらない事で時間とお金を浪費する事がなくなるよう願いつつ、株式市場も活性化してくれることを祈っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。