日本とドイツの技術が提供されて作られた中国新幹線ですが、完成してみれば彼らは自国の技術だと言い張り、これを世界に輸出すると意気込む姿は、何とも滑稽ではあるのですが、かつて世界から入ってきた技術を自国のものとし、世界に売っていた日本とどこが違うと言うのでしょうか?

中国に技術を提供すれば、こんな展開になることは最初から分かっている事であり、事が起きてから問題視しても仕方のない事であるのです。

おそらく、日本の新幹線技術は世界一でしょうし、提供した技術よりも上の技術を持ち、それが世界のニーズに合っていれば、今後もその技術を売ることは可能でありましょう。
しかし、残念な事にニーズがずれている可能性が高く、このままでは負けてしまう可能性は高いのです。

そもそも、世界の電車は時刻通りに運行される事はなく、時刻通りに運行されている日本はかなりレアな存在なのです。
定時運行をする為の技術にもお金がかかっている訳で、定時運行を目的としていない他国と競争した場合に、この部分だけでもコストオーバーとなっているのです。

その他にも、揺れの大きさだったり、防音性だったりと、様々な点で世界のニーズに合っていない為のコスト差がある訳で、良さだけを売りにしても売れないのです。
中国の台頭は計算内であるべきであり、これが計算外であるとすれば、世界に新幹線を売れる訳はありません。

世界のニーズをしっかりと見極めれば、中国は敵ではなくなると思いますし、真似されたと悔しさいっぱいに報道しても仕方がないでしょう。
技術力はあるのですから、こんな事に目くじらを立てず、前向きに行動して行くしかありません。

まあ、目くじらを立てているのはメディアだけなのかも知れませんけどね・・・

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。