一時は上昇したものの、不発が続く震災関連銘柄達ですが、これは国会が空転状態である事が最大のネックとなっていたのです。そして、その国会は時限的ではあるとしても、二次補正予算を決めるところまでは動きそうな気配ですし、そろそろ震災関連も動き出して然るべきと見て良いと考えておりますが、皆さんはどんなところに目を付けておりますでしょうか?

最近は太陽光発電に話題が集中し、注目していた三晃金属やウエストホールディングス等が大幅上昇となりましたが、この流れはサニックスにまで及んだため、これはもう行き過ぎとしか言いようがありません。サニックスと言えばシロアリ駆除のあの会社であり、確かに太陽光発電施設の販売もしているのですが、ちょっと想像力を膨らましすぎであろうとしか言いようがありません。

これで終わりとは言いませんが、ここまでやってしまったセクターにはあまり魅力はなく、やはり同じ震災関連としても上がってしまったものを買うわけには行きません。あくまでも出遅れているところを狙うべきであり、出来る事ならばその中の本命を掴むべきでしょう。

では、復興関連の本命とはどの銘柄を指すのか?となるわけですが、残念ながらこれを現段階で公開するわけには行きません。何せ本命ですからね・・・。多くのメンバーさん達が沢山仕込んで楽しみに待っている銘柄なのです。いずれ素晴らしい結果報告が出来るかと思いますが、少しヒントを出しておきますと、しばし軟調であったが大分足場は固まったと言った感じです。大事な部分は、この固まったところです。

さて、大本命ではないのですが、注目しているセクターに電池関連もあります。いくつかある電池関連の中で、特にお勧めなのは、過去にもお勧めしたあれです。是非過去ログを検索してみてくださいね。電池の大本命は・・・さて、どれでしょうか?この辺りを抑えておくと、総会後の相場を楽しむことが出来るかも知れませんね。

何度も書いてきておりますが、あくまでも強気!これがこの相場の基本です。ただし、度を超えた強気は身を滅ぼしますので、強気の度合いについては良く考えて頂ければと思います。

さあ、復興銘柄の本命を捉え、年後半の相場を共に楽しんでいこうではありませんか!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。