メガバンクの決算が出てきましたが、どれも良好な決算ではあったのは良いのですが、その利益の6~7割は国債の売却益だそうです。金利が少し高い時期に買っていたものを売って得た利益が、今期の好決算になっている訳です。

と言うことは、現在の金利がそのまま横ばいとしたならば、来期は売却益が望めない事になりますので、貸し出し状況に変化がなければ6~7割の減益要因と言うことになるでしょう。そして、金利が少しでも上がれば、その分は赤字と言うことになりますので、とてもではありませんが、ここでメガバンクに投資しようと考える訳には行かないのです。 → ranking

また、兜町の原理を全く知らないと思われる枝野官房長官が、311前の東電に対する融資については銀行も責任を負って貰うなどと言ったのも悪材料であります。国民感情的にはそれが最良の答えとなるのでしょうけれども、東電は今後も融資を必要としている訳ですから、債務免除と融資を同時にしろと言っているのも同然であり、本当にこの人は現実を分かっているのか?と言った感じです。

ただ、例えこの話を反故にしたとしても、前述の理由からメガバンクに投資するのは非常にリスキーであると言えるのです。よって、ここで銀行株が再度注目されるようになったとしても、そこを買いに行くべきではないと判断すべきと考えます。 → ranking

好決算だし、安いし・・・なんて考えていると、大きな痛手になる可能性があるという点を理解しておくべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。