調べれば調べるほどに原発の危険性を知ってしまう事になり、完全に反原発活動家の様になってしまっておりますが、反原発こそが正しい道であると確信しておりますし、反原発でも経済は成り立つはずなのです。よって、株式市場も成り立つのですから、単に世の流れを読むだけではなく、進むべき道も示しつつ相場を読み解いていきたいと考えているところです。

さて、今回政府が発表した浜岡原発全面停止の要請ですが、これは浜岡があまりに危険だからと言うことで、これはもう当然であると考えるのですが、その他については危険度が1%もないと言うことで現状維持だそうです。1%もないと言うことは、1%以下はあると言うことですし、その結果がこの福島であります。

結局、反対という国民の声が大きくなりすぎて、どうにもならなくなった結果が浜岡の停止であり、これを止めただけで後はごまかし続けようというのが政府の判断であると言えるでしょう。これに合わせて原発を止めて火力で代用すれば電気料金を上げざるを得ないなんて話も出ておりますが、要は、電気が欲しいだろ?欲しいのは分かっているんだ!その為には原発が必要なんだから協力しなさい!という一方的な話であります。

原発を理解していない人にとっては、確かに電気料金が上がるのは困るでしょうから、それはやっぱり原発もありだろうと考えるのかも知れません。しかし、原発は安全ではないと言うことは福島で実証されてしまったのですから、更に原発とはどんなものなのかを国民は独自に勉強する必要があるのです。

今週末私が見た六ヶ所村ラプソディーこれは、原子力とは何なのかを考えさせられる非常に良いものでありました。その中に登場した衝撃的場面がユーチューブで宣伝用に公開されておりますので、是非ごらんになってみてください。




もし、興味が湧きましたら、DVDを購入してみてください。



六ヶ所村ラプソディー


ちなみにですが、現在はこの六ヶ所村の再処理工場は再処理に失敗し単なる核廃棄物保管所となっております。まあ、最終処分場でしょうね・・・。イギリスが再処理工場の運営に失敗しておりますし、失敗は目に見えていたのですから、最初から最終処分場として作った可能性もあります。何とも酷い話ですが、六ヶ所村の再処理工場誘致が決まった経緯を見れば、最終処分場として最初から計画されていた可能性が見えるかと思います。

さて、現実的に原発を止めたら電力が足りなくなるのではないか?そんな心配が出てくるかとは思います。当然、使いすぎている電気は抑制しなくてはならないかとは思いますが、現実に既存の火力発電所をフル稼働させれば電力は間に合うのです。単に原発の方が儲かる!それだけの話であり国民の利益なんてものは何も考えられていない話なのです。

そこで、こんな電力会社にはもう頼らない!という選択肢もあります。もちろん設備投資は必要になりますが、原発で何もかも失う可能性を考えたならば、各々が自衛策をとり、電力会社に頼らない生活を手に入れていくことが重要であると言えます。

それは可能なのか?太陽光と風力を組み合わせたとしても、結局は自然エネルギー頼りでは不安・・・。しかし、多くの人が知らないのですが、エネファームという事業が既にスタートしているのです。これは天然ガスを使った発電機であり、各家庭で発電するために、非常に発電効率が高いのです。

まあ、震災が起こるとガス管が一番ダメージを受けますので、復旧に時間がかかるというデメリットはありますが、原発事故に比べれば遙かに負担は軽いのです。エネファームという、こんなにも素晴らしい発電技術があるというのに、それが広まらないというのは、やはり誤解が大きいと言うことになるでしょう是非、エネファームのHPを見て未来の発電を考えていきたいものです。

http://home.tokyo-gas.co.jp/enefarm_special/

天然ガスもなくなる!?そうですね。しかし、後300年は保つらしいですし、その間に太陽光発電の効率も上がるでしょうし、新しい技術も開発されてくるでしょう。それまでのつなぎには最適ではないでしょうか?向こう何百年も核廃棄物を管理し続ける事を考えたならば、絶対的にこちらの方が現実的なのです。

最後に相場に絡んだお話しですが、震災直後から推奨しました2766日本風力開発は、大相場に発展し、流石にここまで来るとは思っていなかったのですが、その他でも5002昭和シェルも推奨しておりました。ここ一ヶ月はもみ合いを続けているのですが、そろそろ動いてきそうな感じが強くなってきております。シェルというと、どうしても燃料の事を考えてしまうのですが、実は太陽光発電に力を入れているのです。高値圏ではありますが、今後も注目して行く勝ちは高いでしょう。

今、これは買いだ!という明確な銘柄はないのですが、今週は粗方決算も出そろってきますし、そろそろ新たな動きが出てきても良い頃かと思います。気を抜きすぎていると、大事な局面に乗り損ねてしまう事になりますので、今は様子見としても、いつでも出られる様にしておきたいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。