メディアは世の不正を暴いたり、多くの国民が知るべき事を報道したりして、国がより良い方向に進むようにすべきだと思うのですが、いつの頃からかは、はっきりと記憶していないのですが、全ては顧客が喜ぶ事しか報道しなくなってしまいました。それは、正しくても、間違っていても関係はなく、顧客が喜ぶかどうかなのです。

もちろんですが、我々国民はメディアにとっての顧客ではなく、CMを提供する企業がメディアにとっての顧客でありますので、見る側が喜ぶ報道ではなく、見せる側が喜ぶ報道であるのは言うまでもありません → ranking

一般ニュースにしてもそうなのですが、実はテレビ局というのは各社で視聴率争いをしており、ニュースといえど視聴率が取れるものでなくては放送出来ないのです。視聴率が取れないニュースを提供すれば、間違いなくCM提供者である企業は怒りますからね。ご存じの通り、NHK以外はどのニュースにもスポンサーがある訳で、放送側は、間違ってもこのスポンサーに不利な報道はしない訳です。

その代表格は、何と言っても電力系でしょう。連日飽きるほどに原子力発電は安全だし、これが日本を支えている・・・と言うようなCMを流し続け、番組単位どころか、テレビ局そのものがそういう方向に肯定的な番組を作り続けておりました。その大量のCMを流すために使われる資金は、結局我々の電気料金から支払われているのですから、本当に始末に負えない悪徳商法としか言いようがありません。 → ranking

しかし、今回の原発事故から多くの国民がその真実を知ることとなり、東京電力のみならず、各地の電力会社がCMを自粛する事となりました。するとどうでしょうか?今まで原発に対して真っ向から否定する様な報道はほとんど見られなかったと言うのに、原発推進派の居ないほぼ完全に原発を否定する番組が出てきたのです。テレビ局も節操がないなと呆れてしまいますが、これが現実というものでしょうね・・・。

そもそも、原発のコストは安くなんてないのです。だからこそイカサマ耐震基準でぎりぎりまでコストを絞って原発を作ろうとするのであり、しかもその建設場所は、安全か?ではなく、住民を丸め込めているか?でありますから、活断層の真上に原発を作ったりという暴挙が実行されてしまうのす。 → ranking

皆様は世界中でどこが一番地震の多い国かをご存じでしょうか?これは、紛れもなく日本であり、地形の変動は近年でも何度も記録されており、人間の作ったものなどひとたまりもなく崩壊してしまう事例が山ほどあるのです。そして、この津波による被害です。予測出来ていない訳がなく、完全なる人災でありますが、流石にこの辺には目が覚めた方が多いと思いますので、これ以上の論評は避けますが、一度事故が起これば多数の死者が出たり、人が住めない地域が出たりと、あまりにリスクの大きい危険施設であるのです。

カネのためにそんなリスクに知らぬふりをしてお金を貰い続けていたメディアの罪は、限りなく大きいと言えるでしょう。例え誰が何と言おうとも、国民が知るべき事を報道するのがメディアの仕事であるのは言うまでもありません。せめて、ここから先だけでも、まともな報道をして欲しいものですけどね・・・。 → ranking

ちなみにですが、温暖化がしきりに騒がれておりますが、地球上現れている各種気象現象の多くは寒冷化を告げており、どこも暖かくなったりしておりません。ここ数年寒波が襲い、世界中で凍死者が続出しておりますし、南極の氷は厚さを増しているそうです。過去の地球には今よりも温暖な時期がありましたし、確かに海水面が更に高い時期もありましたが、人間が二酸化炭素をまき散らしたからではなく、完全に解明されている訳ではありませんが、それは太陽活動による影響であると考えられているのです。

そもそも、二酸化炭素に温室効果などほとんどないか、全くないと言っても過言ではないのです。最高気温が過去最高だとか言うニュースが多く出ますが、いつの間にやらビルやアスファルトで固められた場所で気温の計測をしているのですから、観測所がヒートアイランドに飲み込まれているだけの話であるのです。地球が暖かくなったのではなく、地域が暖かくなっただけなのです。 → ranking

ちょっと野山に行けば分かります。そこはそんなに熱くなんてないのですからね・・・。それは、冷房や自動車の廃熱にまみれ、太陽の熱を吸収し放出し続けるコンクリートやアスファルトのあるところでしか生活をしない方には分からない事かも知れませんが、現実は絶対に違うのです。報道とは、そういうものをしっかりと伝えるべきものであるのです。

原発を作りたいが為に、二酸化炭素の排出を厳しく規制する方向に進んだ民主党の罪は何よりも重く、その姿勢が今回の原発事故を起こしたと言っても過言ではないのですが、例え放送免許を取り消すと言われようとも、ちゃんと真実を調べ、真実のみを報道するようにして貰いたいところです。

これから、世は大きく変わっていく事でしょう。並の考え方では乗り切ることの出来ない非常に大きな変化となるかも知れません。何せ多くの国民が気付き始めているのですからね・・・。株価の推移にしても、今までとは必ず変化が出てきます。それをいかに捉えるかが、非常に重要であるのです。

ただ、相変わらずお金のあるところが買っている銘柄というのは、世の流れに関係なく上昇したりするものですね。410円台で推奨した6104東芝機械は、決算を機に大幅高となってきました。彼らの目標は更に高いのですが、下手に目標を書くと恐ろしく買いが集中してしまう為、あくまでも控え目の推奨ですが、やはり来るものは来るなと強く感じました。 → ranking

これからの時代の変化を読み取った銘柄という感じではないのですが、時代の変化に目配せをしつつ、大口の投資資金がどういった銘柄を狙っているのかも観察しながら投資活動をして行く必要もあると言えるでしょう。難しい時代になるかとは思いますが、知恵を絞り生き抜きつつも、出来るだけ多くの知恵を皆様にお分け出来ればとも考えております。

最後にですが、私自身の考えに合致し、尚且つ補完してくれる素晴らしい本がありましたのでご紹介しておきます。この本で学ばせて貰ったことも多数ありますし、とにかく一度手にとってお読みになってみて下さい。夢と希望もある本であり、読み手を絶望の淵に落とすものではありませんので、その点はご安心頂ければと思います。二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)



最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。