菅氏は確かに頭脳明晰であろうし、野党であるならば優れた政治家であるとは思います。しかし、与党の党首としては全く使い物にならない人物と言えそうです。

今までの対応の悪さを列記しても具合が悪くなるだけですし、これが自民党政権下であったとしても、実はそれ程大きな差はなかったかも知れませんので、今までについては不問としますが、今回発表になった震災復興税とは、これはもう大いに言わせて頂きます。

震災復興税とは、正に震災から復興するために使われる資金の財源と言うことになるのですが、おそらくは消費税の様な形で実行されるのは明白であり、この状況でそのような税を導入すれば、間違いなく日本の経済は崩壊してしまうでしょう。 → ranking

どうして今まで消費税を上げなくてはならないのに上げられなかったのか?それは、消費税を上げれば景気が悪くなるのが分かっているからであり、上げたくても上げられなかったのです。それを、これほどに消費が痛んでいる時に震災復興税という名を変えた消費税を導入すれば、これはもう消費にとどめを刺すようなものです。

当然ではありますが、これを実行すれば株価は急落するでしょうし、結局消費も減ってしまうのですから、税収も減となる訳で、何の意味もないどころか、日本経済は壊滅的ダメージを負うことになるでしょう。

今、お金が必要なのはよく分かります。壊れた町を修復するには、どうしてもお金が要るのですから、とにかく必要分を確保しなくてはなりません。しかし、それが安易な増税では何の解決にもならないのです。 → ranking

震災前から景気が非常に低迷した状態が続いており、税収は年々減少し続けておりましたし、社会保障費は増大する一方でした。震災云々の前に、既に日本の財政収支は火の車状態であったのです。お金が必要であるならば、まずは支出から見直し、そして、企業が元気になる政治をする事により、経済活動を活性化させ、税収を得ていく。これこそが王道、求められることであり、単にお金が足りないから増税では、日本は潰れるだけだと知らなくてはなりません。

支出の話ですが、これはもう公務員の給料などが高すぎるのは明白な事実で、地方によっては公務員の平均給料が多くの民間企業を抑えてほぼトップなんて所もあるぐらいなのです。公務員とは、国に奉仕する仕事に従事する人の事を言うと思うのですが、その国がピンチの時に本気で奉仕する事が出来ないのであれば、本末転倒なのです。ACではしきりに「ひとつになろう」と訴えておりますが、給料面から言えば、全く一つになっていないのです。 → ranking

そして、公務員ではないが、ほとんど公務員に近いような民間企業である電力会社ですが、彼らの給料もまた多くの民間企業を抑えてトップクラスです。500年も冷やし続けなくてはならない核燃ゴミをため込み、どこにも捨て場がない状態であるし、こうして事故を起こしても責任をとりきれないと言うのにです。

電力は公共のものであるのに、それを使って利益をむさぼりすぎなのです。そして、それがものすごい儲けになると言うことから、民主党は核技術を売り物にして、美味しい思いをしようと狙っていた訳ですが、これで頓挫でありましょう。今はそれでも原発は必要だとしきりに訴えておりますが、まずは核燃ゴミの捨て場を確保してから言って欲しいものです。 → ranking

日本がすべき事は、こんな恐ろしいものは世界から排除しようとする運動です。決してここから出る利益をむさぼるべきではないのです。

政治家と官僚と密着し、利益をむさぼってきた電力会社も、今こそ社会にその利益を還元すべきですし、社員達もまた我慢をしなくてはならない所でしょう。こうした事が実行され、更に企業が活力を得るような政治をし、日本経済を元気にしていくことが出来れば、税収なんてものは勝手に増えていくものなのです。

まあ、自民党にそれが出来るとも思いませんので、脱民主となっても問題は解決しそうもありませんが、とにかく何をやらせてもまともに出来ないのですから、これ以上彼らに政治を続けさせる訳にも行かないでしょう。そもそも最初の鳩山首相からおかしくて、今度の菅首相もスタートから最少不幸社会などというつまらないスローガンを挙げる男です。これ以上おかしくなる前に、何としてもここらで止めなくてはならないといえるでしょう。

やれるとは思いませんが、本当に愚策である震災復興税。これが実行されるとするならば、間違いなく日本株は売りとなる事でしょう。立ち直れないほどに壊される前に、今こそ国民が立ち上がるべきでしょう。ただ、先導してくれるような素晴らしい人物が見当たらないのが残念な所です。 → ranking

震災からの復興は非常に大事なことであるのですが、その為に日本が壊れてしまっては意味がありません。大事な問題は震災前から始まっており、そこから目をそらしてはいけないのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。