225は38,000円台を回復していますね。

全体的に悪くはないのですが、思う様に動かない銘柄が多く、手をこまねいていました。

まあ、いつも上手くいくわけではありませんし、こういう日があっても仕方がないでしょう。

とにかく、狙っている銘柄の押し目と買っている銘柄の吹き値があるかどうかです。

今日は目立った話もありませんし、様子をうかがっているだけです。

世の中色々変化し始めていますが、ポイントはやっぱり今週末の日銀金融政策決定会合と東京15区補選です。

日銀はどんな決定をするのか?

選挙では誰が勝つのか?

日銀はこのまま円安を放置するのも不味い状況になっていると思いますが、利上げをすれば痛みも伴います。

まあ、放置しても痛みがあるので、どこが痛むかだけの問題なのですけどね。

ですから、何をどうやろうが大きな間違いではないと思いますし、決定を受け入れていくだけの事です。




選挙は飯山陽が勝つか負けるかで日本が大きく変わると思います。

かなりの追い上げを見せていますし、勝てる可能性はあると思います。

立憲共産党の候補が勝ってはならない選挙ですが、15区の選挙民がどう考えているかは分かりません。

未だに大手メディアは飯山陽を取り上げませんからね・・・。

利権を破壊する可能性が高い飯山陽を当選させたくないのでしょうね。

これはNHKも同じですし、大手メディアが取り上げなくても小池の推した候補が落選するようになってきました。

そういう意味では可能性はあると思いますし、期待を高めているところです。

引き続き、応援を続けたいと思います。

相場も良い方向に向かうと良いのですが、しばらくはボックスでしょう。

そして、今まで動きにくかった銘柄が動いてくる相場になると思いますので、こちらにも期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週末の暴落から回復軌道に戻ってきそうな感じですね。

思ったほど追証が出なかった様ですし、更に叩き売るほどの材料もないと見ています。

今後は決算に影響される部分も多いかと思いますが、半導体関連からの乗り換え相場になっていくだけで、大きな崩れはない可能性が高い様に思います。

中東情勢は予想通り一服しそうな感じですし、落ち着いて個別銘柄の発掘に力を入れていけば良いでしょう。

ただ、派手に動く日計り銘柄にばかり目を奪われていると大けがするので、実力に合わせた銘柄選定が必要となります。

落ち着いて取り組める銘柄をコツコツ拾っておくと良いかと思います。

特に新しいことはありませんが、相場的に注目なのは今週末の日銀金融政策決定会合です。

円安を止めるには利上げが必要だが、このタイミングでの利上げは中小企業にとって打撃となります。

しかし、放置しても打撃はあるのです。

昨日も述べましたが、結局バカをやったのは日銀というより政府です。

消費税を上げ続けた結果として、中小企業が傷み続けてきたのです。

ですから、日銀よりも政府が動く場面だとは思うのですけどね。

ただ、日銀もこのまま放置しておくわけにもいかないでしょうし、何かを発表する可能性はあります。




結局、何かをやろうとすればどこかに痛みは出るのですからね。

まあ、とにかく今は様子をうかがうしかないと思います。

さて、連日にはなりますが、今一番気になっているのは東京15区補選です。

見た目の印象では激推しの飯山陽が2位ぐらいですが、一般メディア的には3位との認識のようですね。

ただ、取り上げないメディアも多いですし、とにかく権力者にとって都合の悪い候補者なのだと思います。

ですから、何が何でも勝って欲しいと願いながら、日々情報を追っています。

気がついたのは、先週末の目黒区区長選挙で既存政党候補者が全て負けていたことです。

特に選挙で負けなしだった緑のたぬきが推した候補も負けていましたので、単に組織票では勝てない選挙になってきている事が分かります。

選挙の女王も、もはや学歴詐称や環境破壊で地に落ちたのかも知れません。

流れ的には飯山陽が勝てそうですし、最後の最後まで応援して国政に送り出したいと思います。

彼女が当選すれば、間違いなく今の政治に一石が投じられます。

そして、この腐った政治が少しでも変わる方向に向くと思います。

15区の選挙権を持っている方は少ないとは思いますが、是非応援してあげてください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週末の暴落の反動で反発して始まった日本株ですが、反発が鈍いために追証回避の売りが出ていますね。

迷うところかとは思いますが、こうした場面は買いだと思いますし、メンバーにはその様にレポートしています。

世界情勢は相変わらず酷いままですし、国内もまた然りですが、このまま崩壊するようには思いません。

ただ、かなり気にしてみているのが金融情勢です。

株価への影響が一番大きいですし、これを予想しないわけにはいきません。

今週は日銀金融政策決定会合があるのですが、米国が当分利上げ不能と見るのが妥当であり、放置すれば円安がどんどん進んでしまいます。

かと言って、現状では利上げまではやりすぎであり、これはマイナス効果が大きすぎると思います。

輸出産業からも、この円安は行き過ぎだと苦言が出ていますし、何とかしなければならないのですが、日銀に打てる手は少ないし、下手に利上げをすればマイナス効果が大きくなる可能性が高いです。

では、どうすれば円安を是正できるかですが、日銀はともかく、政府には打てる手があります。

要するに、景気を良くすれば良いのです。

その手段は至ってシンプルなのです。

一番手っ取り早く、即効性があるのは減税です。

消費税を下げるのが最も良い手だと思います。




共産党が推奨しているので、これは間違いか?と思った事もありますが、多分その辺は分かっていません。

ミサイルを迎撃すると、破片で被害が出るから迎撃するな!と、とんでも理論をぶっ放す連中ですからね。

まあ、もしかしたら分かっているかも知れませんが、気にしなくて良いと思いますし、消費税減税が景気を良くするし、円安も止めるでしょう。

そもそも、日本の景気を破壊し続けてきたのが消費税の導入と増税ですからね。

せめて5%で止めておけば、既にバブル崩壊から立ち直っていたはずですし、ここまで外国に浸食されることもなかったでしょう。

ですから、日銀にできることは少ないのですが、政府にはこの円安を修正する力があります。

ただ、やる可能性は非常に低いでしょう。

とは言え、15区の選挙で組織票頼りの酒井が飯山陽に敗れれば、国政にも変化が出てくると見ています。

彼女の街頭演説を聴いて、何か反論できる人がいるでしょうか。

酒井がとんずらした討論会を見て、反論できる人がいるでしょうか。

保守がとんずらリベラルに負けるはずがないのです。

いくら組織票があるとはいえ、投票所まで監視されている社会ではありませんからね。

組織票から謀反もあるのではないかと思うところです。

そして、飯山陽が勝てば、国政にも変化が出始めると思います。

すぐに円安が修正される事はないと思いますが、流れは変わると思って観察しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

東京15区の補選が熱いですね。

推しは飯山陽ですが、現在のところは良くて2位でしょうかね。

立憲民主と言いますか、共産党が相乗りしているので立憲共産党の酒井がトップの見込みです。

東京15区は元々立憲民主の地盤ですし、そこに組織票の共産党が入りますからね。

これはなかなかの強敵ですが、酒井は討論番組をただ一人欠席しました。

しゃべればボロが出るので、今は組織票を減らさないための露出減作戦といったところでしょう。

特に共産党はとんでもない事を言っています。

共産党は防衛ミサイルに反対しているのですが、打ち落とした破片が落下して被害が出るとか言っています。

着弾したらもっと被害が出るのですけどね・・・。

まあ、奴らは中共が困るような政策は出しませんからね。

共産党が言っている事は、中共に与した内容と言えます。

推進している側は中共スパイか、知能が著しく低いかのどちらかです。

信じている側は政治に関心がないか、知能が・・・。




とまあ、こんな状態なので、いくら組織票があっても酒井は勝てないのでは?と内心は思っています。

街頭演説で集まる人の量は飯山陽がダントツですし、ひょっとしたら勝てるかもしれません。

日本の未来が少しでも明るくなって欲しいと願い、飯山陽を推し続けたいと思います。

今のところ一番まともですからね。

討論番組をざっくり見ましたが、他の候補とは格が違いましたし、まずはこの1議席を日本保守党にと思います。

さて、こうして15区を考察している内に相場が結構大変な事になってきていますね。

下げはするが、2%超まで下げるとは思いませんでした。

もはや日銀のETF買いもありませんし、急激な下げを止める動きはありません。

まあ、これが自然ですし、こうして調整して相場がまともに動くのですけどね。

この下げはチャンスなのか、それとも危機の始まりなのか・・・。

どちらとも取れるので難しいのですが、銘柄を絞ればチャンスだと思います。

しっかり絞り込んで、このチャンスをものにしたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

売りで始まった日本株ですが、寄り後はしっかりしている銘柄が多く、特にグロース株は良い反発を見せています。

テクニカル的にはほぼ底値付近まで売られていますし、この辺から切り返す可能性は高いと見ています。

それでも出遅れていると思う銘柄があるので、買うならそういうところが良いでしょう。

例えば、93●●は業績が良いのですが、売られっぱなしの状態です。

テクニカル的に4,000円付近が底値と思われますので、この押し目は買いチャンスでしょう。

ただ、情報的なものはなく、単にこの辺が買える値段だと思っているだけなのですが、監視銘柄に入れてお好みであれば買ってみては?という感じです。

この他にも買い頃のグロース株はあります。

24●●は、決算を通過した後にじり安となっていますが、そろそろ底値ではないかと思います。

これは好材料が出るとの噂があるので、場合によっては推奨しようと思っている銘柄です。

全体としては、225は半導体指数が下落してきているので、半導体関連企業が売られやすく、あまりぱっとしない状況です。

悪いところで買いに行けば良いのですが、今は半端で買いにくいところです。

こうした相場で先に回復するのは、グロース株である事が多いですし、無理のない程度に押し目買いを実行していけば良いでしょう。

大本命はこの辺で動きそうな感じなので、こうした銘柄も少し組み入れていくと良いと思います。




さて、世間一般の話になりますが、コロナワクチンの問題が大手メディアでも取り上げられ始めましたね。

https://www.youtube.com/watch?v=2LMiv8GIgas

これだけの被害を出していれば隠蔽するにも限界がありますし、大手メディアも手のひら返しをせざるを得なくなったということでしょう。

株も待たされる事がありますが、それにしても随分待たされたと思います。

しかしまあ、あの当時強力にワクチンを推奨していた人達は本当に面の皮が厚いですね。

経済の専門家の高橋洋一は、これでコロナが終わるから接種しない選択はないとか言ってました。

専門分野は参考にして良いと思いますが、それでも参考程度にしておくのが正解です。

株だって絶対はないのですからね。

どんな場合も相場を見て最終判断をしていくようにして欲しいと思います。

間違いは必ずあるのですし、結局答えは今の株価でしかないのですから。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

随分酷い相場になってきましたね。

円安で輸出株は良いと思っていましたが、トヨタも売られていますし、円安デメリットの方に目が行っているようです。

一部買われている銘柄もありますが、この円安がメリットになっていると言えそうな銘柄はほとんどありません。

推奨銘柄では分かりきった決算で売られ、?マークが並んでいた5129FIXERが高値圏まで買われてきました。

どう考えても買いだと思いましたが、やはりといった感じです。

しかも、この悲惨な相場で買われてきているのが好印象です。

ただ、この水準で買い増ししたいかと言われると、ちょっと様子を見たいです。

再度25日線までは押すかも知れませんからね。

全面安相場で逆行高している銘柄は育つことが多いのです。

買い場は今日ではないし、ここは一部利食いを出す場面だと思いますが、中長期的には育つのではないかと期待している銘柄です。

やはり本命になり得る銘柄をコツコツ買うべき場面でしょう。

今日は連れ安しているので、こういう場面を買いたいと思います。

辛い相場ですが、チャンス相場でもあると思います。

無理のない範囲でとなりますが、攻めの姿勢で行きたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国経済が好調過ぎて利下げ思惑がどんどん後退しています。

この影響で株価は下落し、日本株も連れ安状態となっています。

円安も行き過ぎて、これでは株は買いにくいですからね。

それでも落ち着けばまた買われてくると思いますが、今は為替がどこに落ち着くのかも見なければなりませんし、無理に動くべき時ではなさそうです。

ただ、株は嫌な場面で買うのが一番儲かるのですよね・・・。

リスクを取った投資家が儲かるのは当然ですからね。

とは言え、買いたい銘柄はさほど押していないのです。

売り物をこなして続伸している銘柄もありますし、やってやれない相場ではないとも思います。

ただ、やはりここは難しい場面なので、無理をせずに押し目を狙ってじっと観察しているのが良いでしょう。

特に買い場が迫っていると思える銘柄は先ほどメンバーにレポートしました。

こうした銘柄をじっくり観察しながら、本当のチャンスと思える場面で買っていけば良いと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場は大分荒れていますね。

米国の利下げ延期思惑、中東情勢の緊迫化、中国崩壊など、悪材料は数えたらいくらでもありますし、これらを見ていたら買う気になれないかも知れません。

しかし、結局溢れたカネはどこかに向かうし、それが日本である可能性が高いと見ています。

ただ、日本も色々闇が深くてどうなるかが読み切れません。

先週末の話ですが、池袋でパンデミック条約反対デモが大規模に行われました。

参加者数は2万人とも、3万人とも言われています。

https://twitter.com/search?q=%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E3%83%87%E3%83%A2&src=typed_query

時事通信は伝えていたのですが、大手メディアはNHKも含めてガン無視でした。

数名の死亡疑いだけで紅麹はガンガンやっていたのにです。

都合の悪いことは、こんな大規模なデモが行われても報道しないのです。

こういうのを情報操作と言うのですが、ネットの発達で一般人が色々知ることができるようになっただけで、今までもこうしたことは起こっていたのかも知れませんね。

まあ、ネットがあるからこうして人が集まったとも言えますが、政府はマスコミとつながって色々悪さをやっているのは明白だと感じています。

本当に酷い話ですし、あってはならないと思いますが、これが現実なのですよね・・・。




いつまでこんなことが続くのかは分かりませんが、岸田を倒してもまだ多くは変わらないと思います。

そして、それらが相場にどこまで影響するのかが分からない。

これが今ある不安の大部分です。

とりあえず、個別での対応で何とかなると思いますが、大きな何かが変わる可能性がある世界であり、相場もまた然りでしょう。

明るい未来だけを考えて生きたいだけなのですが、なかなかそうはさせてくれないのがこの世なのだとしみじみ思ってしまいます。

とりあえず、権力の座についているクズ共だけは排除したいですけどね。

色々動き出していますし、これから何がどうなるか分かりませんが、良い変化が起こることに期待しながら観察を続けたいと思います。

ただ、基本的にこれらの材料で売られたとしたら、そこは結局買い場になると思います。

大事なのは、悪材料の中身を知り、正しい対処をすることです。

ですから、騒いでも変えられないと思いつつも考察はしておくべきですし、変化が出た時の対処を考えておくことも大事です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

決算で売られている銘柄もありますが、全体的に落ち着いた感じですね。

注目銘柄でも売られているものと、買われているものがありますが、売られているものは買えば良いですし、買われているものは利食いすれば良いでしょう。

ただ、そろそろ本格的に上値を取ってきそうな銘柄があるので、基本を守りつつも上手くバランスを取っていただければと思います。

ちなみに、正式推奨にはしませんでしたが、昨日ご紹介した銘柄は全市場値上がり率TOP10に入っています。

内容はそこそこ詳しくお伝えしているので、買っている方もいると思いますが、本命はあくまでも別の銘柄です。

これは期待できる材料があると思いますが、高いところを追いかける銘柄ではないですし、ここは半分利食いで様子をうかがっていれば良いでしょう。

後は、何を買えば良いかを考えているのですが、新規を待つのも良いと思います。

昨日の銘柄は騰がると思っても、中身が酷すぎて推奨できませんでしたが、情報量が増えていますので今後も推奨銘柄をご紹介できると思います。

ただ、結局大きく騰がる銘柄は中身が酷いものの方が爆発力があるのですよね・・・。

下手に中身が良いと、かえって買われにくくなったりします。

これが株の難しいところで、今後は重要事象銘柄や疑義注記銘柄を高リスクながらも推奨する可能性があります。

ただ、これはメンバーからのご意見を参考にしたいと思います。

まあ、推奨はしなくてもご紹介はしていますし、サポートもしているのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国はCPIが発表になり、これが予想を上回っていたことによって利下げ思惑が大きく後退しました。

これによりドル高となり、153円台まで一気に円安となりました。

日銀は米国が利下げしないという理由で利上げすることはないでしょうが、通貨防衛はしなければならないと思います。

まあ、悪いのは日銀というより政府なのですけどね。

景気が良くなってくるとすぐ増税で腰を折るのです。

最初にやらかしたのは宮沢内閣による消費税導入で、これが失われた30年のスタートとなったのです。

その後も幾度となく景気が浮揚してくると増税、増税ですからね。

岸田も増税路線まっしぐらですが、ここで勘違いしてはならないのは、日本は独裁国家ではない点です。

要するに、岸田が最も悪いのですが、自民党自体がそういう奴らの集まりと化しているのです。

つける薬はなく、一度解体してやり直すしかないと思いますが、注目すべきは今月末の補選です。

3カ所で行われますが、これで全敗なら自民党政権への信任は何もないということになります。

それでも岸田は辞めないかも知れませんが、あの川勝も辞めましたからね。




もしかしたら、岸田も折れるかも知れません。

国賓対応で訪米するとマスコミが伝えていましたが、実際はただの公式訪問・・・。

本当にここは日本なのか?と疑いたくなる程に酷い情報操作でした。

支持率最低政権の首相が支持率最低の米国大統領と何をやろうが、双方の支持率が上がるとは思えません。

双方共に年末には居ない可能性が高いですし、本当にカネと時間の無駄というものです。

まあ、最悪の訪米は今でも鳩山だと思います。

政界を引退しても尚、元総理の肩書きを使って悪の限りを尽くしていますからね。

ああいう奴を首相にしてはならないと思いましたが、岸田は次に酷いです。

まあ、株もそうですが、下げるだけ下げれば反発するのです。

もちろん、岸田のままでは反発はしないと思います。

岸田で政治の悪い部分を全部さらけ出して、綺麗さっぱり整理して立ち直らせていくしかない。

そんな風に思いますし、今はその時が来ているでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

マイクロソフトによる日本への投資が4400億円という材料で、関連銘柄が賑わっていますね。

推奨銘柄も恩恵を受けていますが、全体的にこの材料は未評価だと思います。

まあ、一日で織り込めるような材料ではないと思いますし、あっちもこっちもストップ高よりはずっと良いですけどね。

ポイントとしては、これ以外にも材料がある関連銘柄を買うことです。

当然、メンバーにはそのような銘柄を推奨しています。

ところで、先日取り上げた4967小林製薬ですが、紅麹そのものからは問題成分が出なかったということですね。

何人も死者が出ているという話で売られていたのに、結局何だったのでしょう。

報道初日だけストップ安で、その後下げないのでおかしいとは思いました。

まあ、これで下げなかった理由が分かったような気がしますが、それにしてもなんだこれ?という感じで見ています。

この件で振り回された投資家は多かったと思いますし、大損した人も多いでしょう。

不明点が多く、傍観者になる事を決めていたので、私は何の影響も受けませんでしたが、それにしても不可思議な出来事だったと思います。

しかし、一番の問題は報道の姿勢でしょうね。

確かに、死者が出れば問題ですが、まともに調べられていない件をあそこまで騒ぎ立てるのですからね。

政府認定だけで500名以上も亡くなっているコロナワクチンについてはまともに報道せず、強力に推進した河野などの責任も追及せず、不確かな小林製薬は槍玉に挙げていましたからね。

まあ、何にしてもこうした材料には振り回されないようにしたいものですね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今週はSQ週ですね。

ここへ向けて仕掛けがあると見て観察しているのですが、今日は目立った動きがありません。

一部買われている銘柄もありますが、あまり広がりは出ていません。

ただ、しばらく時間がかかりそうだと思っていた6366千代田化工建設が抜けてきました。

本質的に優先株が処理されないと話にならないのですが、それでもエネルギー高で押し上げられてきた感じです。

とは言え、プラントですからね・・・。

本質的なところが変わらないと、本物にはなれないのではないかと思います。

ただ、エネルギー高と見せかけて、実は本質的な改善が実行されるのかも知れません。

とは言え、ここで入るのはちょっとと思いますし、見ているしかないでしょう。

高いところを買うのは簡単なのですが、諸刃の剣なのですよね。

行く時はそのままどんどん行ってしまいますが、駄目な時は普通に上ひげ陰線を引きますからね。

持っていないなら、今は様子をうかがうしかないと思うところです。

ただ、いずれは優先株が解消され、株価は何倍にも暴騰すると見ています。

ですから、長期で良いと思えるならば買うのは悪くないと思います。

あくまでも、目先を気にするなら見送りですが、102年我慢できるならここを買っても良いと思います。

全ては価値観次第ですが、結局は買い方が勝つ相場になると見ています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225とP市場中心で、その他も悪くはないのですが、あまりぱっとしない相場です。

今週はSQ週で、ここのところ売っていた資金が買いで入ってくる可能性が高く、SQに向けて高くなるのではないかと予想しています。

ただ、あくまでも225中心となるので、その他はあまり振るわない相場になりそうです。

そんな中でも沸き立つグロース株が出てくると嬉しいのですが、ここのところはIPOが中心で、非常にボラが高い銘柄が多く、やりにくい印象が強いです。

しっかり右肩上がりで行くような銘柄が出てくれると楽なのですが、なかなか楽はさせてもらえそうにありません。

ただ、これからそういう銘柄も出てくるでしょうし、色々期待しながら銘柄を物色しています。

ちなみに、中長期的には日銀のETF売りが上値を妨害すると見ています。

ですから、バリュー株ほど上値が重くなる可能性が高いでしょう。




特にファーストリテイリング辺りは、安値を叩かずとも売り転換したら大変な下落となる可能性も考えられます。

225の中では大分突出して騰がりましたからね。

そして、これがかなりの比率で225を押し上げていたとも言えます。

まあ、日銀から委託されている信託銀行がファーストリテイリングを選んで売るわけではないので、同社株だけが特別ダメージが大きいということもないと思います。

ただ、全体的に売られ始めれば、突出して騰がっていた銘柄は警戒売りが増えるのではないかと懸念しているところです。

その後どうなるのか、やはりグロース株の出番と見ています。

連れ安の可能性もあるのですが、次第にグロース株以外やるものがなくなる相場になっていくと見ています。

バリュー株は日銀の売りで上値が期待できなくなる可能性が高いですからね。

まあ、数週間から数ヶ月先の話になるとは思うのですが、そういう流れなのだと思って相場を見るのが大事でしょう。

今はバリュー株でも良いとしても、状況が変わる日は必ず来ると思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

なかなか酷い相場ですが、○○ショック的な地獄相場とは違いますし、慌てて対処しなければならないほどの相場ではないでしょう。

先行して下げていたグロース株の多くに、買い場が到来しているのだと思います。

どうにもならない相場だとは思いませんし、こうして下げる場面があってこそ本物の上げ相場が来るでしょう。

今までがちょっと異常だっただけで、このぐらいの場面はあった方が良いぐらいです。

今は耐えるしかありませんが、余裕があれば、買って良いと思える銘柄はいくつもあります。

「落ちるナイフはつかむな」と言いますが、今日は挑戦しても良い場面だと思います。

特に良いと思う銘柄は動きを見ながらメンバーにレポートしていますので参考にしてください。




さて、最近特に気になるのは政治です。

皆さん、ご存じのように岸田政権はズタボロです。

未だに支持者がいるのが信じられませんが、共産党にも支持者がいると思えば、仕方がないと思うところです。

ただ、これだけ支持率が低いズタボロ政権でも、移民の大量受け入れを可決したり、NTTを外資に売り渡すための法案を次々に通しています。

これはもう異常としか言い様がありません。

ちなみに、NTT株売却に反対しているソフトバンクや楽天などは、米国に渡るのを阻止して中国に渡るようにコントロールしたいらしいです。

ですから、一見すると売却反対派に見えるのですが、更に質の悪い連中ということになりそうです。

NTTは国防の要となるので、何としても守らなければならないと思います。

そして、それを実現するには売却に賛成している議員を落選させるしかありません。

とりあえず、東京15区が前哨戦となりそうですが、反対している日本保守党の飯山陽を推したいと思います。

相場も大事ですが今のままの政治では日本が壊れかねないので、しっかり政治家を吟味していきましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225はあっという間に40,000円を回復しましたが、グロース株は酷いの一言です。

完全に追証状態であり、投げがどんどん出ています。

一説によると、清原の書籍がグロース株に売りを誘っているのだとか。

まあ、何にしても今日は投げ一色ですし、恐らく追証売りも出ているので、明日の前場まではこんな感じかも知れません。

ただ、そこは買い場だと思いますし、投げている場合ではないでしょう。

とは言え、グロース株が全部だめというわけでもありません。

期待度の高い銘柄は買われていますし、この場面でしっかりしている銘柄は狙い目となるでしょう。

ただ、あまりに買われている銘柄はマネーゲームとなっている事が多いので、裏付けのある材料が出ていない場合は注意が必要です。

適度にしっかりしているグロース株がここで買うべき銘柄だと思います。

後は、極端に売られている場合ですが、これは大引けから明日の前場が狙い目となりそうなので、今は我慢して様子見としていれば良いでしょう。

銘柄の選別は難しいかも知れませんが、良いと思う銘柄にはこの場面で的確に動きたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

寄り付きは全面安のスタートでしたが、大分落ち着いてきましたね。

ただ、一時プラスに向かったのに、売られてきた銘柄もありますし、難しいと思いながら見ています。

下げは仕込みの機会と捉えて良いのですが、楽な局面ではありませんし、どこで買うのが正解かを探るのは困難です。

この辺も買いである銘柄が多いと思いますが、下げたところでも買える余力は残しておきたいところです。

ところで、昨日は小幅ながらプラスだった225でしたが、中身は酷く値下がり銘柄数は80%を超えていました。

言葉で表現すると、全面安です。

全く酷い相場でしたが、テレビニュースを見るとアナウンサーが言うのです。

「今日の経済状況です。日経平均は小幅上昇。」

まあ、確かに騰がっている銘柄もありますが、あの状況を上昇と表現するのは流石に間違いだと思いました。

しかし、政府もそうですが表面に見える数字だけをコントロールして印象操作をする事が多いです。

まあ、マーケット参加者が騙されるとは思いませんが、今はNISAで初心者が結構入ってきているらしいですからね・・・。




振り回されるのではないかとヒヤヒヤしているところです。

相場の世界は面白いのですが、楽な世界ではありませんからね。

適切なスタンスを見つけられないと酷い目に遭います。

短期志向なのか、中長期志向なのか。

これだけでもしっかり決めないとどうにもなりません。

そして、特に短期で回したいと思っているならば、相当集中してやらないと上手く行きません。

自分がどれだけ相場に集中できるかをよく考え、運用方針を決めないと、買っては投げを繰り返すだけの結果になりかねません。

銘柄選びも変わってきますし、とにかくどんなスタンスで売買したいのか。

それをよく考えてから売買するようにしたら良いと思います。

なかなか難しい相場ですが常に監視して、良い銘柄を発掘できたらと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

G市場が大分荒れていますね。

指数は3月15日の安値を割り込んでしまいました。

一部の銘柄は派手に動いていますが、多くが軟調でぱっとしません。

そんな中でも買える銘柄を推奨しているのですが、それだけでは良くないと思い、バリュー系の銘柄も推奨しているので、メンバーはバランス良くポートフォリオを組んでください。

また、そろそろグロース株で派手に騰がる推奨銘柄が出てくるでしょう。

期待しながら押し目を拾っていただければと思っています。

さて、毎日気にして見ている銘柄の一つに4967小林製薬があるのですが、今日はそこそこの上昇です。

これは買いなのか、売りなのか?と兜町の人間と色々と意見交換をするのですが、正直どちらなのかは分かりません。


ただ、状況を整理すると、買いなのかも知れません。

まず、紅麹が色々な商品に使われているのは事実であり、恐らくこれは問題ではないのです。

サプリメントとして濃縮して使っていた分が問題になったのであり、食品添加物として使われていた分に関しては今のところ問題は起きていません。

あらゆる物質は濃縮されれば毒になり、全ては程度の問題です。

ですから、サプリ以外のものは問題ないことがはっきりすれば、今の株価は買いの可能性があります。

ただ、実際にサプリで死者が出ていますし、小林製薬のサプリへの信頼度が著しく落ちましたので、今期は最悪赤字転落、無配転落となる可能性があります。

それを懸念すれば下ですが、あくまでも短期的と割り切れば買いなのです。

まあ、この決断ができるなら、私も行動するのですが、あくまでも売りか、買いかという話では買いなのかもと思っている程度です。

一番正しい判断は見ているだけです。

何も火中の栗を拾う必要はなく、見ていれば良いだけ。

これが小林製薬株への結論となります。

後は他の銘柄への影響ですが、サプリ以外は問題ないとの認識で良いと思いますし、他の食品メーカーなどは代替品への移行も考えるでしょう。

ですから、想像以上の大問題には至らないでしょうし、報道内容の多くは不安を煽りすぎだと思っているところです。

そもそも、多くの食品に紅麹より遙かに危険な添加物がたくさん入っています。

我々消費者は今だけ成分表を見るのではなく、常にチェックしながら買い物をするべきでしょう。

そして、並んでいるカタカナの多くを調べて見るべきです。

まあ、気にしすぎても精神が疲れてしまいますので、ほどほどが良いとは思いますが、とりあえず健康を気遣うなら、保存料と人工甘味料だけはなるべく避けるべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

買われているグロース株はあるものの、P市場はほぼ全面安ですし多くの銘柄が売られています。

指数的にもG市場はP市場に次いで売られていますし、あまり良好な週明けではありません。

仕込みたいと思って見ていると、押しが半端で買いにくいと感じます。

ただ、朝方よりも下げてきている銘柄が増えているので、後場には買いたい銘柄も出てくるかも知れません。

かなり良いと思う銘柄なので、慎重に狙いたいです。

さて、4月はアノマリー的に外資の買いで騰がる事が多いですが、下げスタートになっていますね。

仕込み場として考えれば絶好ですが、この程度で押し目とは言いにくいです。

また、どうしても様子を見たいのは米国の金融政策の行方です。

日本は当面利上げはできないでしょうし、影響するのは米国の金融政策となります。

最大の注目点は6月の利下げで、それを占うのが今週の経済指標となります。




まあ、どれだけ好調でも高金利であちこち傷み始めているのは事実であり、いずれは利下げが必要になるでしょう。

そして、今週の経済指標が好調であったとしても、それで6月の利下げがなくなると決まるわけでもありません。

経済状況が急激に悪くなる可能性もあるのですし、それで決まりと思う必要はありません。

ただ、そうは言っても重要な指標がありますので、今週はそれを意識しながらの動きと言うことになると思います。

とにかく個別です。

期待できるグロース株を買って、上昇本番を待つのが得策だと思います。

ただいま4月メンバー募集中です。

2007年から17年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ https://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。