結局決算で相場が荒れています。

出ると思った材料が出ないとか、こちらに風が吹いていない感じがしますが、よほど企業活動が酷くなったとか、特別な要因がないのであれば、決算で売られている場面で売るのはナンセンスだと思います。

追証になりそうで売るのは仕方がないとしても、余裕があるなら一呼吸おいたら良いと思います。

例えば、長期で取り組んでいる6000番台の銘柄は、決算で進捗率に疑問ということで売られてしまいました。

しかし、そこは買い場になると思いましたし、売る場面ではないと判断しました。

結果として、2日目でほぼ決算前の水準まで戻ってきました。




まあ、この決算ではV字で上昇するとも思えませんが、株数を減らすならこういう場面でしょう。

ただ、基本的には継続が良いと思いますし、押し目があればまた買っていけば良いと思います。

数ヶ月待たされるかも知れませんが、結局上だと思います。

さて、昨日決算を発表した銘柄も売られていたりしますが、状況は同じです。

推奨銘柄に関しては、どれも問題は起きていません。

決算で売られたところはリバウンド期待で強気対処が正解だと思います。

嫌な場面こそ買い。

そんな風に思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。