米国の利上げはほぼ終わりと見て良さそうですね。

経済指標が傷んできていますし、FRB議長も大分タカの毛が抜けてきました。

まあ、これ以上利上げすれば本格的に経済がおかしくなりそうですからね。

この辺が利上げの限界でしょうし、ドル高もピークアウトと見て良いでしょう。

問題は、利下げ局面では消費活動が停滞することです。

とくに住宅市場は利上げ局面は買いを急ぎますが、利下げ局面では我慢をすることになります。

3ヶ月待てば0.25%金利が下がると思ったら、すぐに買う必要がなくなりますからね。

とは言え、変動金利で借りるという手もあるので、そこまで酷くはないのかも知れませんが、基本的には消費に慎重になります。

これをどこまで相場が織り込むかですが、今のところの米国株はかなり強い状態と言えます。




日本株はこのドル安で円高となってきており、円安で買っていた輸出関連株の調子が悪くなってきています。

良いものはそれでも買われていますが、全体的には厳しいと言えます。

そうなると出番となるのが輸出関連株が少ないグロース銘柄ですし、今日はそういう動きになっています。

これは概ね予想通りの展開なのですが、問題は推奨銘柄がこの流れに乗り切れていない点です。

まあ、全面高ではありませんし、仕方ないとも思うのですけどね。

ここは慌てずに冷静に対処していったら良いと思います。

とりあえず、年内は相場は大きく崩れないと思います。

まあ、年内は・・・ですが。

ここから大納会にかけ、盛り上がれば盛り上がるほど警戒が必要ですが、まずは盛り上がってくれないととも思っています。

どんな相場になるのかは分かりませんが、色々な姿を想像しながら先行きを予測したいと思います。

ただ、目先は強気です。

SQターゲットは上で、その後も上だと思います。

問題はその後・・・。

まあ、この辺の予想はメンバーに解説しているので割愛します。

後は個別をどうするかですが、基本的には期待できる銘柄への分散投資です。

当てが外れることもありますからね・・・。

ですが、3銘柄前後への分散をしておけば、そのリスクを軽減できます。

自信のある銘柄は強く推奨していますので、少なくともそれらを分散して買っておくと良いかでしょう。

これで今月は稼げると思うのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。