11月は予想外に我慢の月になってしまいました。

とは言え、推奨銘柄全体としては騰がった銘柄の方が多く、好調だったのですけどね。

問題なのは、一番強く推奨し、騰がると思っていた銘柄が停滞してしまった事です。

ただ、待った甲斐のある銘柄になると思います。

詳細についてはメンバー限定ですが、大事な銘柄はこれだけではありません。

今月は他に2つの大化け候補銘柄をご紹介と推奨をしています。

ご紹介銘柄は所謂箱物銘柄で、これの買収を狙っていると見られるところに近い人物からの情報です。

そして、株価は狙い通りに動き出しています。

もう一つの推奨銘柄は長く監視してきた銘柄ですが、底堅い動きから上値を突っつき始めています。

12月上旬には材料第一弾が出るとの話で、これもかなり詳しいと見られる人物からの情報です。

いずれも情報銘柄であり、読みではありませんが、どれも情報に自信があります。




まあ、インサイダー情報ではありませんし、悪意ある人物が絡んでいる可能性や無能な人物が絡んでいる可能性もあります。

インサイダーなら何も言わずに買っておけ!とでもしますが、流石にそこまでは行けない、行かないようにしています。

犯罪者にはなりたくないですからね。

ただ、そういうところに近いと思われる情報源が何人かいますし、そうした情報を扱う人はいつもどこかにいるのです。

とは言え、手練れと思っている彼らも騙されたり、駆け引きで負けたりするところを見てきています。

また、私自身も痛手を食らうことがあります。

ただ、そうしたリスクは分散で軽減できます。

そもそも、100%大丈夫だと思って売買してはいけません。

この辺をしっかり理解しておけば、リスクを下げつつも大きな利益が狙えます。

この他、色々なテクニックがありますし、情報があります。

お好みで混ぜながら、最大利益を狙っていただければと思います。

基本的にはこの3銘柄をバランス良く売買するのが良いかと思います。

相場は米国が利下げを考え始めているので、12月は全体的に厳しくなりそうな感じがしますが、材料のあるグロース銘柄は買われる可能性が高いので、これを狙って行くのが良いでしょう。

難しい局面になり始めていますが、全力でサポートを続けたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

FRBはタカ派発言を続けていますが、出てくる経済指標はどれもインフレの抑制を感じるものであり、マーケット関係者は利上げはもう終わりと見切りをつけてきているように見えますね。

次に注目されるのは、利下げのタイミングとなりますが、利下げしなければならないということは、景気後退局面に入る可能性も考えるべきであり、その場面で株が上昇するのかということを考えるとなかなか難しいと言えます。

ただ、為替だけは利下げも考え始めていて、ドル安方面に動き出しています。

円キャリートレードがあるために、ブレーキの効いたドル安トレンドですし、混乱は起こりにくそうですが、日本株にとっては輸出関連企業の収益圧迫要因になります。

ただ、インフレで苦しめられている我々庶民にはプラス材料です。

そもそも、日本経済は内需が8割を超えます。

ですから、輸出企業比率が高い225は苦しくなると思いますが、比率の低いグロース株市場は賑わいやすくなる可能性が高いでしょう。

そして、この内需系の中から大化け株が出てくるのが師走相場と睨んでおり、強力に推奨している銘柄があります。

これらの銘柄を仕込んでおけば、良いお正月を迎えられるのではないかと期待しています。




相変わらず、外部要因は怖いことだらけですが、影響の少ない銘柄を中心に仕込んで行けば良いだけです。

ちなみに、大本命のXデーはそろそろです。

予想よりも随分遅れましたが、持っている人の勝利を確信しています。

まあ、仕事上100%とは言えないですし、実際に何が起こるかは分かりませんが、一番自信があるのはこれです。

なんだか誰も信じていない様な相場になっていますが、持てる人だけ持っていれば良いと思います。

と書いていたら騰がってきましたね・・・。

私たちと共に良い銘柄を買って、良い師走相場を!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は軟調な経済指標が増えてきているために、利上げ停止思惑が強まってきていますね。

この影響でドル安傾向が強まり、じりじりと円高になってきています。

特に225は円安で買われていた面があるため、この円高を嫌気しているような売りが目立つようになってきました。

一気に円高になるとは思いませんが、円高傾向の動きで見ておいた方が良さそうです。

本来、このような場面では輸出が大きく響かない銘柄が多いグロース銘柄が賑わうのですが、今日はS市場がやや良いものの、G市場が一番下げている状態です。

天井感がでてくると、個人はすぐに売ってきますからね・・・。




ただ、ここのところグロース銘柄を買っていたのは外資の可能性が高いですし、このままグロース銘柄が終わるとは思えません。

12月は配当取り相場にも期待していますが、やはり個別材料株にも期待したいと思います。

特に面白くなりそうな銘柄をメンバーに推奨しているので、年末にはかなり良い成績が出せているのではないかと思います。

ちょっと体調が優れないので、短めのレポートとなりますが、皆さまも体調管理には十分にお気をつけください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

11月も最終週となりましたね。

今週金曜日から12月、師走相場の始まりです。

12月は個人投資家にとっての決算シーズンで、利益を出してきた投資家は塩漬け株や失敗した銘柄を処理する機会となります。

まあ、この辺は今更説明する必要もない事ですが、この影響で停滞していた株や売られていた株は更に売られる可能性が出てきます。

含み損の銘柄で、先行きが見えず、ロスカットするに十分な利益を他で得ていたならば、多くの場合で売り対象になります。

そうした銘柄に当たってしまうと残念な感じになってしまいますが、先行きが見えているならば買うチャンスとなります。

判断は難しいのですが、決断して行動すべき月となるので、しっかりとポートフォリオを分析して売買の方針を決めると良いでしょう。

後は、全体がどう動くかですね。




好材料としては、やはり新NISA(少額投資非課税制度)ですね。

来年から3倍ですからね・・・。

単純に投資資金が3倍になるわけではありませんが、かなり期待できます。

ちなみにNISAの株式枠は240万円となりますが、お勧めしている国内株はあります。

ただ、値幅を意識せず、金利ベースで安定運用を目指すなら米国株のS&P500投信が一番良さそうです。

とりあえずの目標ですが、NISAに限らず3000万円まで買えば、毎月10万円引き落としても自動的に増えていく計算になります。

もちろん、円安が行き過ぎたので、為替リスクはありますが、慌てて買わずにコツコツ拾い集めていくならリスクも分散されますし、いずれ落ち着いて安定収入となる事でしょう。

リスクを極力避けて、生活水準の底上げをしたいと考えるならば、こんなやり方もあるということです。

株で切った張ったをやる資金とは別に、こんな資産を持てたら良いですね。

理想としては、株で得た利益をコツコツとS&P500投信に回していくことです。

来年はNISAが360万円まで使えますから、まずは一年でこの利益をNISAに回すことを目標にするのも良いのではないかと思います。

まあ、1億円も回していれば一ヶ月で余裕の利益になるでしょうけれども、100万円では頑張らないと難しい金額ですし、そもそも1000万円ぐらいまではNISAに回すよりも株で増やし続ける方が良いでしょう。

NISAに回すのは、少なくとも1000万円を超えてからですね。

まあ、これは考え方次第ですし、あくまでも私の感覚での話ですけどね。

こうして来年はNISAが拡大するので、色々とやりたいことが増えます。

岸田の唯一の功績ですね。

まあ、どうせNISA拡大も外資の圧力でやろうと思っただけでしょうけれども。

せっかくの政策を最大限活かしていきたいものですね。

とりあえず、ここからNISA向けに良い銘柄が買われやすくなると見ていますし、相場全体も悪くないと思います。

後は個別がどこまで盛り上がってくれるかだけ。

問題ないとは思いますが、注意深く相場を観察しながら適切に売買していきたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高の流れを引き継ぎ、前場はしっかりとした相場になっていますね。

ただ、このまま大引けまでいけるかは分からないですね。

米国はブラックフライデーとなり、これが年末商戦に向けての初戦といった感じですが、予想がバラバラです。

凄く良いという意見と凄く悪いという意見まで幅広いのです。

日本から見ていて分かるわけもないし、これは結果を待つしかないでしょう。

この状態でどこまで買えるか・・・。

そう考えると、高値圏の日本株は買いにくいのです。

G市場はまだそれほど騰がっていないのですが、それでもそこそこ値上がりしてきましたからね・・・。

まだ続くとは思うのですが、流石にこのまま今日も続伸できるかとなると、微妙です。

米国はともかく、その他は国内外で悪材料だらけですからね・・・。




特に酷いのは中国ですが、国内の政治もかなり酷いです。

最悪なのは岸田ですが、今度はマイナカードから性別表示をなくすそうです。

性の区別をどんどん曖昧にしていますし、このまま行けばいずれ米国やいくつかの欧州国の様にスポーツの世界に男が女性競技者を蹂躙する日が来るでしょう。

これは明確な女性差別です。

性不一致障害を保護するために、女性を蔑視する・・・。

滅茶苦茶ですが、どうしてこうなったかと言えば、バカバイデン民主党がやっている事をそのままやろうとしているからです。

米国からの圧力なのかも知れませんが、バイデン民主党なんて後1年ももたないでしょう。

それくらい、分からないのでしょうか?

先を読めない奴は政治家をやる資格なんてありません。

米国の愚かなLGBT法なんてものは、政権が変われば無に帰すでしょう。

そこで日本がどうなるかですが、一度決めたら簡単に変えられないのが日本の悪いところです。

おそらく、LGBT法だけではなく、EVも日本だけが取り残されます。

本気で広げようとしているのは、そのうち日本だけになるでしょう。

そんな無駄金ばかり使っているから増税が必要になるのです。

そして、今期は税金を取り過ぎました・・・。

日本の経済を悪くしているのは、どう考えても自民党です。

このままでは非常にまずいのです。

分かっている国民はどれだけいるのでしょうか。

今、日本を良い方向へ変える力になる可能性を感じているのは日本保守党です。

是非注目してみてください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

読みにくい相場ですが、本命はグロース株になると考え、監視を続けています。

大本命が不調ですが、状況解説はメンバー限定とさせて頂きます。

さて、大本命はこんな感じですが、その他の推奨銘柄の多くは好調です。

昨日推奨した9812テーオーはあっという間に大幅高となり、利食いをお勧めしました。

また、以前にご紹介した6298YACが2700円台を回復してきています。

これ以外にも大本命が本日はランキング入りしています。




全体は読みにくいですが、実に良い感じだと思います。

買うべき銘柄を買っておけば、年末にはかなりの利益が生まれている事でしょう。

いまのところは来年のお正月を気持ちよく迎えられそうです。

今年の損を確定するのも大事ですが、それができるのは利益を得た人だけです。

ロスカットするためにも、是非とも推奨銘柄で利益を狙って欲しいと思います。

まだまだ買える銘柄はありますし、これからも推奨銘柄を出していく予定です。

本当に色々ありすぎて厄介な相場ですが、的を見誤らなければ勝てると思いますし、そのお手伝いをできればと思います。

明日は勤労感謝の日でお休みですが、今のところは相場に影響は出ていません。

どうせなら今日は売られて、良いところを買う日になれば良いのですが、どちらかと言えば一部利食いの日です。

お休みは影響する場合と、しない場合があるのですが、今日は影響しない日かな・・・と。

まあ、それだけ強い相場ということでもありますね。

休み明け、来週に期待しつつ、値上がり銘柄を利食いをしながら、押している銘柄を買っていけば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

グロース銘柄がやや良いですが、全体的に様子見姿勢が強いですね。

やはり気になるのは、今夜のエヌビディアの決算でしょうか。

かなり良いと噂されていますが、かなり買われていますからね・・・。

これでは出尽くしになる可能性が高く、様子見したくなって当然です。

ただ、大きな流れが変わるとは思えません。

中国は米国に接近しようとしましたが、習近平は独裁者扱いされて一蹴されました。

話し合いは継続となっていますが、中身なんて何もないと言っても良い状態でした。

結局、今の中国は脅し外交であり、米国に通じなくて当然なのです。

過去に米国を脅して成功した外交なんて一つもないと思いますし、これからもないでしょう。




さて、全体的には様子見なのですが、買われてきている銘柄はあります。

特にグロース銘柄で良いものが出てきていますが、これから年末にかけてのラリーが非常に楽しみです。

今年を勝利で終われるかどうかは、ここからの一ヶ月が勝負となるので、攻めの姿勢を大事にしていくと良いかと思います。

お勧めの銘柄はメンバー情報を見ていただくしかありませんが、大事な銘柄をしっかり仕込んでおけば、勝利の可能性は高いと考えています。

可能性の高い銘柄を仕込んで、年末ラリーを楽しんでいきたいですね。

まあ、株で楽しむというのは普通の楽しみとは違います。

苦しさもあって、それが楽しみに変わるのです。

ですから、はっきり言って楽はできません。

株の利益は恐怖の代償であり、苦しみの代償でもあるのです。

目先苦労しても、しっかりした利益を手にして欲しいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

全体的に高く始まった週明けの日本株ですが、P市場から値を消し、S市場も大分値を消してきました。

G市場もやや値を消してきていますが、しっかりしていると言えます。

売り叩いた市場ですからね。

流石にこれ以上は売りにくいでしょうし、ここから年末にかけてのラリーの中心はG市場銘柄だと思っているところです。

G市場はグロース市場と呼ばれるだけあって、グロース銘柄がほとんどですが、G市場以外にもグロース銘柄は存在します。

ですから、記事で取り上げる時はグロース銘柄が・・・などと表現したりしています。

混同しがちですが、ここはイコールではないとお考えください。

P市場でもグロース系は良かったりもするということになります。

ただ、今日はこれだけグロース銘柄が良好でも、乗り切れていない銘柄もちらほらとあります。

こうした場面は非常に辛いのですが、押していないと買いにくいですし、狙っている銘柄が押しているなら買って行けば良いでしょう。

相場は確実に変化していますし、ここからグロース銘柄が良いと考えていますが、やはり一番気になるのは政治です。

今は政治に期待した相場ではないと思いますが、岸田の支持率があまりにも低いので、そう遠くない内に退陣すると見ています。

ここまで支持率が下がっているということは、何をやっても国民は認めないということですからね。

マスコミも調子に乗って岸田叩きを始めていますし、先行きは暗いとしか言い様がありません。

この悲惨な空気を自民党内で変える事ができるとすれば、高市しかいないでしょうね。

ただ、老害が多すぎますからね・・・。




まあ、何とかできないなら、自民党も終わりです。

期待は日本保守党なのですが、まだちょっと時間が足りないのです。

まあ、退陣は近いとしても、解散はできないので、これは日本保守党にとっては追い風ではないかと見ています。

少し時間をかけて候補者を立てなくてはならないですからね。

まともな候補者が出てくると思いますし、その辺は百田尚樹や有本香がしっかりやってくれるのではないかと期待しているところです。

さて、色々面白くないこともありますが、期待できる事もあるので、悪いところを観察しつつも、良いところを汲み出して投資を続けていきましょう。

悪いところで儲けようとしていた米国の大手ヘッジファンドが破綻となりましたし、やはり下げで儲けようと思わない方が良いのではないかと思っているところです。

まあ、全体がどうしようもない下げ相場になれば、売りの方が儲かるのでしょうけれども・・・。

それでも、買いの目を探して売買することを中心にしていきたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

不安定ながらもしっかりした相場になっていますね。

もう少しグロース株に資金が回っても良さそうですが、推奨銘柄は概ね好調ですし、このぐらいの相場はやりやすいと感じています。

例えば6209リケンNPRは順調に値上がりしていて本日再上場来高値を更新しました。

一昨日から推奨している3042セキュアヴェイルもじりじりと上昇して良い感じです。

まあ、大本命がやや苦戦していますけどね。

ただ、問題は・・・。

この件は一般公開しないので、気になる方はメンバー情報をご利用ください。

儲かりそうな話はまだまだありますし、今日は更に推奨銘柄を追加する予定です。

化ける可能性のある銘柄を安い内に仕込むことができるのは、月内ではないかと予想しています。




さて、相場的には良い感じですが、岸田は終わってますね。

ただ、相場を見ると、岸田の終わりは好材料なのかも知れません。

いくら誰がやろうとも奴より悪い事はない様な気がしますからね。

とは言え、自民党の多くが腐っているようにも見えますし、どうかと思うところはあります。

まあ、この辺はもう少し様子を見ながら、また改めて書きます。

ところで、四半期報告書を来春廃止へという記事が出ていました。

兜町ではあまり話題になっていなかったので、どこまでの話かがよく分かっていないのですが、これは良い方向に動いてきたと感じています。

四半期決算なんて良い事は何もないですからね。

監査法人が儲かる位でしょうか?

企業は四半期で業績を上げるために無理な運営となる可能性が高まりますし、決算費用と手間が馬鹿になりません。

こんなものは売買のネタが欲しい外資からの圧力で導入されただけであり、投資家にとっては多くの場合でマイナスです。

3ヶ月ごとに決算を警戒して買うか売るかを決めるなんて馬鹿馬鹿しいにも程があります。

これが本当になくなってくれれば、楽になると思いますし、相場環境はかなり良くなると考えています。

特に政府はNISAを拡大するのですが、短期に振り回される環境を放置するわけにもいかないという思惑もあるのだと思います。

投資を促しながら、3ヶ月ごとに乱高下する相場なんて恐ろしいですからね。

こんな環境では素人なんてひとたまりもありません。

まだ法案の段階であり、通るかどうかは分かりませんが、これに反対する奴が出るとすれば外資の息のかかった奴ぐらいでしょう。

反対意見が出れば、誰が出したかをしっかり見ていきたいと思います。

今後の相場環境改善に期待したいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場が荒れてますね。

225は33000円から上はかなり重いですし、もたつくのは仕方がないのですが、グロース株もまだ決算明けで病み上がりみたいな状態ですからね。

苦しい銘柄も多いですが、下げているという事は買いチャンスなので、買うべき銘柄はしっかりと決めておきたいところです。

特に騰がっていた銘柄の反動が出ている傾向にありますが、一部順調な銘柄もありますね。

明暗が分かれていますが、それは昨日も今日も変わらないとも言えます。

ただ、昨日よりも下げている銘柄が多いですし、反動で酷く下げてしまっている銘柄もあります。

買うなら反動が出ている銘柄が良いと思いますが、基本的には見通しの変わらない銘柄でしょう。




さて、色々と注目しなければならないヘッドラインがあるのですが、大きな流れとして米国のインフレ傾向は大分落ち着いたように見えますし、経済指標を見る限りは利上げはもうないと見て良いでしょう。

ただ、ここがちょっとポイントで、FRBはタカ派姿勢をしばらく崩さないと思います。

彼らは株価が急騰することを嫌いますからね。

ですから、相場関係者が利上げはないと踏んで買い始めると、またどこかで水を差してくると思います。

その時に相場が混乱するかどうかですが、ここまで経済指標が落ち込んでくると流石に・・・とは思います。

今後のFRBの動向には注目してみてください。

こうしたことから言えるのは、とにかく相場が沸き立ったところは慎重に、沈んできたところでは強気で対処する事が一番です。

ですから、吹いたら一部利食いで、押したらまた買いなのです。

大きな流れが下を向けば、また方針も変わる部分はあるのですが、今はこの姿勢で儲かると思いますし、そうすべきだと思います。

ちなみに、一部利食いは目標に達していない銘柄で行う事です。

目標に達したら半分以上利食いして、継続するのかを決めます。

こうした駆け引きは、ある意味パチンコと変わらないです。

確変3連チャンの後に、換金するか継続するかに似ていると言えます。

とは言え、パチンコと全く違う部分があるのは、後どれぐらいで相場が動き出すかが読める可能性がある点です。

パチンコは、そろそろ出そう・・・と思う事ぐらいしかできませんが、株の世界には情報がありますからね。

それを活かせるかどうかが重要なところだと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

やっと決算シーズンが終わりましたね。

決算の影響で今日明日までは売られる覚悟はしていましたが、米国株高の流れで良い感じになってきました。

まあ、大丈夫とまでは言い難いのですけどね。

ただ、売り叩かれていたグロース株は、この辺から良くなっていくのではないかと期待しています。

推奨銘柄の3692FFRIは好決算で大幅高となり、本日も大幅続伸となっています。

他にも、ちょっと警戒気味に見ていた9327イーロジットが大幅高となっています。

これは目的を達成したので、推奨終了としましたが、まずまずの成果だったと思います。

後は本命がどうなるかですが、最新の情報や売買方針等はメンバー専用情報になります。

本当に大きな利益を得るチャンスになると思っている銘柄ですが、何が起こるかは分かりません。

その辺の解説はしっかり行っているので、心配な方は参考にしてみてください。




更に先ほど決算通過で安心感があるとして推奨した銘柄がどんどん買われています。

推奨前はマイナス圏でしたが、現在は6%超の値上がりとなっています。

慌てて買う必要はないのですが、どこかが仕掛けてきたのかも知れませんね。

まだ不調の銘柄も少しありますが、これから多くが買われてくる事でしょう。

気の抜けない相場ですが、我慢を強いられていた分はしっかり取り戻せる相場にはなると見ています。

ここから年末までの相場はまだ読み切れていませんが、個別重視で利益を狙いたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も決算で明暗が分かれている相場ですね。

良くて買われているのはまだ良いのですが、良くても売られている銘柄もあります。

もちろん、悪くて売られる銘柄が多いですが、悪くて買われる銘柄もありますし、本当に読みにくいです。

推奨銘柄はと言いますと、決算で大幅に買われて値上がり銘柄TOP10前後のところで取引されている銘柄が2つあります。

残念ながら、一番力を入れている銘柄ではありませんが、どちらも取り上げる頻度が高い銘柄でしたので、喜んでいただいているメンバーは多いと思います。

そして、肝心の銘柄は今日が決算発表となります。

決算には特に期待していませんが、決算のタイミングで材料が出ることはありますし、サプライズに期待しているのですけどね。




ただ、株価は多くのグロース銘柄同様に軟調です。

まあ、酷く下げているわけではありませんが、面白くない値動きなのは確かです。

とは言え、この面白くないところを乗り切って、本物の利益を手にして欲しいと願っているところです。

本当に読みにくいし、難しい相場ですが、大幅に騰がる推奨銘柄も出てきているのですし、売りに売ったグロース株はそろそろ切り返してくるのではないかと思うのですけどね。

もう少しすると12月の配当取り相場が始まると思いますし、相場の雰囲気は変わってくるのではないかと期待しています。

上手く乗れている銘柄もありますし、このまま良い感じで流れを引き寄せていければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今週は政治的イベントが多く、何か変化が起きそうな気もしますが、実際はどうなのかと考えています。

まずは、電撃的に決まった米中首脳会談ですが、基本的にはそれだけ習が困っているということです。

何をどうやっても中国の不動産バブル崩壊による負債が減ることはありません。

何とかしようと思うなら、誰かの富を奪うしかないのですが、中国の腹を満たすほどの富はどこにもありません。

一つ可能性があるとすれば、弱体化しているロシアを取り込んでしまう事ですが、流石にロシア人は団結して中国と戦うでしょう。

まあ、今の立ち位置からして、ロシアを裏切るわけにもいかないので、やはり何もできないでしょう。

この状態で、バイデンと何を話すのでしょうかね?

とりあえず、バイデンがどんなもてなしをするのかに注目していますが、以前に習が米国に行ったのはトランプが大統領だった時だったと思います。

あの時は、確かハンバーガーを出して終わりだったはずですが、バイデンは裏で中国からカネをもらっているなんて噂されていますからね・・・。

何かやらかしてくれるのかも知れませんが、訪米した人物とどんな食事をするのかで、米国の態度が分かると言われています。

ちなみに、安倍元首相の時はこれ以上ないぐらいの歓待でした。

訪米は15日だそうですし、米国の態度に注目しているところです。




それと、岸田もAPECに出席するために訪米しますね。

まあ、何の成果も出せないでしょうし、特にマークするほどの事ではありませんが、増税の約束とかしてくるかも知れませんね。

財政赤字を減らします!とか、訳の分からないことを言い出す可能性はあります。

そういう意味ではリスクでしかない岸田の訪米は悪材料以外の何物でもありません。

色々変化しそうですし、このまま簡単に株価が騰がるような状態だとは思えませんが、好材料としては今日明日で決算シーズンはピークアウトします。

米国ではNASDAQ中心で、ラッセル2000が買われるような相場になっても、日本のグロース株は軟調なまま・・・。

これは、決算シーズンが影響しているのではないかと思いますし、このピークアウトには期待が持てそうです。

耐える相場もあと少しだと思いますし、引き続き安い銘柄は強気です。

ただし、できるだけ決算を過ぎた銘柄をと思っています。

その方が、間違いなくリスクが低いですからね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

SQ算出後も売られていた225ですが、朝の売りが一巡してからは落ち着き始めていますね。

ただ、G市場は相変わらず弱いままですし、切り返してこれない銘柄が多いです。

売られ切った市場だと思うのですが、まだまだ売りが出てくるこの状態はかなり苦しいですし、多くの相場関係者が弱り切った声を漏らしています。

陰の極とまではいきませんが、かなり痛んでいるように見えます。

ポイントは決算シーズンで、来週14日まではこの不安定な状態が続きやすいでしょう。

決算を見るまでは動きにくいですからね。

ちなみに、最近の傾向は悪ければ売られるケースがほとんどですが、売られ切っていると悪材料出尽くしで買われる事もあります。

また、予想通りの決算も売り材料になるケースが多いです。

かなり良い決算が出ると買われるケースになります。

今日の6269三井海洋開発はその一例ですが、これは推奨銘柄です。

短期的には利食い場面ですが、中長期での保有がお勧めです。

後は、これから決算が出てくる推奨銘柄ですが、こればかりは本当に何とも言えないです。

ただ、少なくとも現時点で高値で決算を迎える推奨銘柄はないので、決算を機に暴落はないでしょう。

そもそも、決算期待で推奨している銘柄は現在ありませんし、酷いことにはならないと思うのですけどね。




ちなみに、某銘柄の決算は良くないはずです。

まあ、それを先取りして売っているのかも知れませんが・・・。

この銘柄は今月下旬に会社説明会が予定され、そこで来季決算見通しが出ると見ています。

毎年のことなので、今年もそうだと読んでいるだけですが、来期決算予想はかなり良くなると予想しています。

ですから、予想外に売られてはいますが、ここは強気の買い場となります。

ここまで売られていれば、決算が悪くても出尽くしになりそうな気はしますが、反発すればそれで良し。

売られたら買増しといった感じで対応していけば良いでしょう。

弱気要素は何もありませんので、強気姿勢で冷静に対応していけば良いと思います。

酷い相場が続きますが、酷い時に頑張った投資家が一番儲かるのです。

今はその時だと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

またもや225相場になっていますね・・・。

米国株は目立った指標がないために身動きが取れず、日本株も手がかり難と言えますが、それにしても225相場はつまらないですね。

動いているグロース株も一部あるので、どうにもならないということでもないのですが、多くの相場関係者は苦しそうな顔をしています。

私自身もこんな相場なので、耐える局面になっているのですが、耐えた分だけの相場は出ると見ています。

ただ、予想外のところから煽られた銘柄があり、この反動が出ていたりしています。

余計な事をやってくれたと思っていますが、そういうことも含めて株ですし、煽られた時に一度売らなかったのはこちらの判断ミスです。

まあ、結局持っていれば勝てると思いますし、問題はないと思っているのですけどね。

さて、特に変わったこともなく、思い浮かぶのは岸田の悪口やウクライナ情勢ばかりです。

最近はイスラエルが話題になっていますが、これはどうしたものかと思っています。

ただ、陰謀論的ですが、あれだけのハマスからの攻撃をモサドが察知していないわけがないのです。

どう考えても納得がいかないのですが、半年ぐらい前にガザ沖(実際はイスラエル沖)でガス田が見つかっており、これの開発にハマスが邪魔だったという話を聞いたことがあります。

ネタニヤフは支持率低下でどうにもならない状態でしたし、この状況で陰謀が働いていないと思う方が間違いのような気がします。

まあ、なんと言いますか、天然資源が見つかれば、それだけでも裕福になれるのです。

どうして仲良くできないのでしょうかね・・・。

仲良く皆で儲けたら良いじゃないかと思うのですが、そうはならないのが中東なのでしょう。

まあ、ロシアも資源で儲けているのは一握りの利権者だけですけどね。

多くの国で、利権を持った奴らが富を独占して、国民は苦しいまま・・・。

だからこんな凄惨なことばかりが起こるのかも知れません。




これらの事から考えられる産業は結局は軍事産業です。

日本的に言えば防衛産業ですが、手堅いのはやっぱりこのセクターかと思います。

世界には横暴な奴が沢山居ますし、特に日本はそういう国々に囲まれています。

とは言え、海があるおかげなのか、未だにまともに侵略されずに済んでいます。

ただ、平和ぼけしているといつの間にかにウクライナのようになってしまうかも知れませんし、やはり大変でも防衛力は高めるべきでしょう。

議員の給料を増やすカネがあるなら、防衛費に回すべきです。

ちなみに、今の軍事に通信インフラは欠かせません。

さて、どこを買うべきでしょうか?

買うべきはNISA向けに推奨している例の銘柄です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

決算で相場が読みにくい状態が続いていますね。

来週前半まではこんな調子でしょうし、シーズンが終わるまでは無理はできない感じです。

ただ、決算直前に好材料が出るケースもありますし、単純に決算を嫌って売るわけにもいきません。

こんな厄介な事は昔のように年2回に限定して欲しいものです。

米国からの圧力で四半期決算が基本となったのですが、企業の負担は増えましたし、良いことなんて何一つありません。

そもそも、3ヶ月ごとに成績を発表しろとか、意味が分かりませんからね。

特に年単位で業績を考えている企業には良い迷惑でしょう。

ところで、この四半期決算ですが、トランプ大統領が問題視したことがありました。

そのトランプですが、来年の大統領選挙まで健在であれば、他を寄せ付けない圧倒的勝利を収める可能性が高いしょう。

そうなると、色々な事が変わると見ているのですが、この四半期決算も見直されるかも知れません。

まあ、米国が見直されても、日本が見直すには時間がかかりますけどね。

バイデンがこの3年で米国と世界を滅茶苦茶にしたので、その後始末で当分は忙しいでしょう。

4年の任期中に四半期決算の見直しまでいくかは不明ですが、少しは期待したいと思います。




さて、少し長期的な話になりますが、米国は間違いなくバイデンのダメ政策が終わると見ています。

おそらく、トランプがあのまま大統領を続けていたら、ロシアもパレスチナも暴れませんでした。

まあ、ロシアがこれを機に潰れてくれるのは、日本にとって国益ですけどね。

どうせ話し合っても何も良い方向に動くことはないのですし、あんな国は一度リセットした方が良いと思うので、結果的には良い方向に動いたと思います。

ただ、そうは言ってもこの戦争の犠牲は大きすぎますし、心が痛むのも事実です。

原油価格が下がってきていますし、経済制裁でロシア経済はにっちもさっちもいかなくなっています。

ロシア人もこの戦争のおかしさに気付いているようですし、あちこちで反戦運動が盛り上がってきています。

クリミアもウクライナに奪還されようとしていますし、もはやプーチンの支持率は地の底と言えます。

まあ、コントロールされている数字ですから、なかなか見えてきませんけどね。

どんな形であれ、ロシアに負けを認めさせて賠償をさせるしかありません。

ここまで持って行けるのでしょうか・・・。

まあ、まだ1年ちょっとありますし、今後もヘッドラインを追いながら、先行きを予想していきたいと思います。

しかしまあ、その頃には中国も相当やばい状態でしょうし、世界は大混乱になっているかも知れません。

とは言え、現状は中国が沈み、原油消費量が減って価格が急落してきています。

そもそも今のインフレの多くは資源高から来ているコストプッシュ型です。

後は、先進国が中心となった愚かなエネルギー政策の影響です。

さて、これらがどういう風に動いていくのか?

まあ、結局色々元に戻っていくと思いますけどね。

今行われている多くのエネルギー政策は間違っていると思いますし、多くは変更されていくと見ています。

時代の流れを見誤らない様に注意しながら、今後も作戦を練り続けていきましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

全体的に下げスタートとなっていますが、昨日の上げの反動を考えれば大したことはありませんね。

昨日上げの中心はG市場だったのですが、今日の下げの中心は225となっています。

予想通り、グロース銘柄の時代と言っては大げさですが、流れはこちらに来ていると言っても良いでしょう。

後はどの銘柄を売買するかですが、お勧めはもちろんあれです。

色々煽りが入って相場が混乱していますけどね。

まあ、詳細はもう一般公開しないので、状況を知りたい方はメンバー情報をご利用ください。




さて、この他にも色々あるのですが、急激にグロース銘柄相場になってしまった事や決算シーズンである事もあって推奨したかった銘柄が推奨できずにそのまま上昇したりもしています。

ご紹介だけでもできた銘柄はまだ良いのですが、決算が出る前にこんな相場になるとは・・・。

まあ、上げ賛成ですし、困っている事はないのですけどね。

しかしまあ、とにかくタイミングの難しい相場です。

信念を曲げたら大失敗してもおかしくないと思っているので、ここは信念を貫いていきたいと思っているところです。

騰がるものは騰がる!

そう思って力を入れるべき銘柄を買っておく事が重要だと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高から引き継ぎ、連休明けの日本株も凄い上昇ですね。

特に米国はラッセル2000が中心の相場だったので、日本株も中小型株が中心のグロース相場になっています。

まあ、225も買われてはいますが、やはり叩き売られていたグロース株の反応が良いと言えます。

そんな中で下げている推奨銘柄があるのは、ちょっと恥ずかしいのですが、買い場に過ぎません。

動きが悪いとすぐに良い方に流れる傾向の相場であり、ちょっと動きが悪いと売り対象になる可能性があるのです。

これが少し厄介なのですが、買える銘柄があるのは良いことだと思います。

買われる理由のある銘柄は結局買われるのですからね。

面白くない動きの銘柄こそ、買えば良いと思います。

そして、急騰している銘柄は利食いを出しておけば良いのです。

騰がっている銘柄の利食いをして、軟調な銘柄の仕込みを行う。

今日はそんな日でしょう。

ところで、最近はEVが話題になることが多いのですが、EVは全くエコではないし、経済的でもないと主張してきました。

確かに走る時だけを考えれば、環境に優しいと言えますが、問題は数え切れないほどあります。

理由は、過去に何度か取り上げているのですが、そもそも電気がエコかどうかが問題ですし、それを解決したとしても発電所が遠ければ大量のロスが生まれます。

また、車自体の話になりますが、どうしても外せないバッテリーが化学物質だらけでコストが高い。

おまけに寿命が短いのです。

ですから、EVの中古車市場は悲惨な状態であり、ガソリン車の様なリセールは残りません。

また、事故を起こした後の修理が困難で、修理費が膨大になります。

こうした不都合な事を知る人は増えてきていると思いますが、先日の決算でトヨタが最高益をたたき出した要因は、EVに傾倒していないからだと社長が言っていました。

自前で自動車を作れない中国とクリーンディーゼルで失敗したドイツと欧州勢が手を組んでEVブームを作り出しましたが、無茶だったということです。

今はもうピークアウトし、消費者目線で考えるなら内燃機関に戻ってくるしかないのです。

ですから、EV系の話が出てきたら、それは逆に危ない話だと思った方が良いでしょう。

随分前から言っていることですが、結局勝つのはトヨタです。

負ける要素が見当たりませんし、今後ますます力をつけていくことになるでしょう。




さて、EVに力を入れすぎた日産はどうなるのか・・・。

2030年には全新型車をEVに力にすると言っています。

多分駄目でしょうね・・・。

まあ、電池が更に進化して安全性が向上し、更に価格が大幅に下がり、発電がより効率的で、しかも送電ロスが大幅に減ればとは思いますが、それまでの間にEVブームは世界から消えている可能性の方が高いです。

そもそもEVブームに乗ろうとしていたバイデン民主党政権は後1年で終わる可能性が高いのです。

共和党がEVを推進する可能性はほぼありません。

EVブームは続いても後1年かな?と思っています。

ただ、まだまだ疑問点があるのも事実です。

今のところの読みはこんな感じですが、流れはしっかり見極めたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

FOMCが終わり、FRBは利上げの可能性を残しつつも据え置きを決定しました。

これにより株は安心感で買われましたし、為替はドル安気味になりました。

日本もこれ以上の円安は容認できず、介入を示唆する発言が出たりしています。

ただ、急激に金融政策を変更して混乱を呼びたくないのは分かりますが、日銀はちょっと慎重すぎるような気がします。

今回の日銀政策決定会合でのポイントは、やはりマイナス金利政策を止められなかったところにあると見ています。

これを止めていれば、それだけでも円高になったのではないかと思います。

まあ、一気にやりたくないのも分かるのですけどね。

しかし、これだけ世がインフレになって、消費者が困っているのです。

物価を抑えるには利上げは必要といえますし、そもそも預金で利息がもらえない異常構造を長く続けるべきではありません。

預金者は利息を得られて当然なのです。

最近では管理料とかで銀行にカネを預けてもカネを取られます。

色々間違っているし、このインフレを機に利上げはすべきだと思っているところです。




もちろん、利上げに耐えられない企業や個人はあると思いますが、マイナス金利でギリギリ生きている様なところは終わった方が良いのです。

切るべきところを切らずにいれば、損失を広げるだけの愚策と言えます。

まあ、とにかく問題が多いですし、政治が悪過ぎるので結果が見えてこないのですが、確実にマイナス金利は終わりに近づいていると見ています。

次の日銀政策決定会合では、マイナス金利は解消される事になるのではないかと思います。

どうなるかは為替を見ていれば分かると思いますので、しっかり観察していきたいです。

さて、今のところ昨日叩かれたG市場が中心となった騰げですね。

信じられない程に叩きましたし、このぐらいの反発はあってしかるべきだと思います。

推奨銘柄も恩恵を受けていますし、できればこの感じで週明けを迎えたいですが、その前にこのまま大引けを迎えられるかですね。

まあ、全体はよく分かりませんが、買われる銘柄は買われます。

中身をしっかり分析し、良いと思う銘柄に集中して行くようにすれば、全体を少し読み違えても問題はないと思いますので、全体を分析しつつも、しっかり個別を厳選していくようにしたいです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

円安効果で225は好調なのですが、G市場がまた叩かれていますね。

ここまで叩いてまた叩くのか・・・と、がっかりな展開です。

225も為替介入があったら崩れそうな気がしますし、買いたくありません。

基本的には、期待できる銘柄の押し目を買うべきであり、今日なら・・・などと考えているところです。

ところで、最近は悲惨すぎて政治の話をしていなかったのですが、増税クソメガネが賃金上昇は議員にも必要だというようなことを言っていたようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/10eb5dceb160d314358642b44503bedde6553b64

もうここまで来ると馬鹿というより、鬼畜です。

議員の賃金は国民の多くが収入増を実感し、暮らし向きが良くなってからでしょう。

ただでさえ高い給料を増やす?

もはや鬼畜と化した岸田内閣の支持率は30%前後であり、支持されていない状態です。

政治不信は売りと言われますし、こんなに酷いと売りたくもなってしまいますが、高い確率で儲かると分かっている銘柄は買うしかありません。

馬鹿が馬鹿な発言をし、売られたならば買い場。

そんな風に考えていれば良いと思っています。




ただ、今日の相場はグロース株以外は概ね高いです。

全体的にはこの政治不信は効いていない様な感じですし、今はあまり気にしなくても良いのかも知れません。

他の気になる点としては、円安で買われてはいるのですが、円安で儲からないと悩んでいる外資もあるということです。

日銀の方針を見る限りは、緩やかに円高かなと思ったので、外資はまた買いに来るかと見ていたのですが、これが逆に円安になっています。

この状態で外資は買いに来るのか・・・。

結局、P市場の主力は外資ですからね。

そう考えると、外資は円安を材料に買いに来ているのかも知れません・・・。

まあ、外資も色々ですし、今はあまり考えずに変化に対応していけるようにだけしておきたいと思います。

重要な銘柄だけはしっかりと買っておくのが正解でしょう。

ただいま11月メンバー募集中です。

2007年から16年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ https://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。