今日は大納会ですね。

皆様はどのような一年でしたか?

改めて225の週足チャートを見ると、実につまらない一年だったと言えますが、無難な一年だったとも言えますね。

225はこんな状態でしたが、こんな状態だったという事は材料株が賑わったという事になります。

先日ご紹介した5129フィクサーは今日も好調ですし、まだまだ続いてくれると良いのですけどね。

ちなみに、フィクサーの次に中身で買える期待大の銘柄を近日中に推奨する予定です。

直近IPOなのでチャートがまだ短くてあまり好きな状態ではないのですが、信頼している人物から一押しされているので、これは推奨しない訳にはいかないでしょう。

中身が良く、期待大の材料が多いとの事なので、新春相場に備えてしっかり仕込んでおきたいと思っているところです。




この他、色々あるのですが、くじけそうになっていた銘柄が戻ったりしていますし、来年もなかなか良い年になるのではないかと期待しているところです。

今年も一年色々ありましたし、特に政治は腹立たしい事ばかりでしたが、来年は変わりそうな気もします。

今年はテンバガーを達成できませんでしたが、来年は達成したいと意気込んでいるところです。

銘柄の仕込みは既に始まっていますし、この銘柄を中心にまずは新春相場を戦っていきたいと思います。

分散に適した銘柄はいくつかあるので、テンバガーを狙いつつ、周辺の銘柄で上手くトレードして頂ければと思います。

来年も全力で情報を収集・分析し、レポートしていきますので、2023年も共に頑張っていければと願っております。

今年も一年間ご愛読頂きありがとうございました。

大発会からもまた、よろしくお願い申し上げます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

節税対策売りが終わり、今日から実質新年相場なのですが、どうもぱっとしないですね。

私の見ている銘柄はそうでもないのですが、下げている銘柄の方が多いです。

ただ、推奨銘柄に関しては思う程の押しはなく、かといって売りたいほど値上がりもしていないので、やることなしの前場となりそうです。

どうしてここまで相場が弱いのか考えてみると、またもや世界にコロナをばら撒いている中国への懸念が強いようですね。

今のところはオミクロンの派生型であり、強毒化しないと言われていますが、何故か中国では過去最悪のパンデミックとなり、過去最大の死者数が出ていると見られています。

それでもまあ、あれだけ多くの人がいるので、国がどうにかなる話ではないですし、いずれ落ち着くでしょうから、騒いでも目先だけだと思います。

むしろ中国の本当の問題は超少子化であり、超バブルの崩壊です。

コロナが落ち着いたとしても、明るい未来がある訳ではありません。

この状態でこの先どうなるのかを考えると、はっきりとしたビジョンが見える訳でもありません。

となれば、個別の材料をしっかり分析し、中国がどうなろうと儲かる企業を買っていくのが得策です。

まあ、中国、ロシア、欧州が中心となってのリセッションは確実ですし、しかも大分きつい感じがするので、流石に影響なしとはいかないと思います。

ただ、そもそも日本株は割安だという事を考えれば、資金が集中して相場になる事は考えられる訳です。

引き続き、買われる可能性の高い銘柄の買いで攻めたいと思います。




さて、最近は私も飽きて、ウクライナ戦争を取り上げる機会が減りましたが、大分終わりが近づいてきている印象です。

笑えるのは「ロシアには停戦の用意があるのに、それを許さないバイデン」と言う話です。

まあ、バックで荒らしているのはバイデンだと思いますが、そもそもこの戦争を始めたのはロシアです。

こういう国家に正当な理由を与えてはいけません。

今回徹底的に潰さないと、また同じことをしますし、日本が直接的被害を被る可能性もあります。

もちろん、私はバイデンが好きではありません。

嘘ばかりで、元々ウクライナで悪さをしていたのはバイデンファミリーですからね。

色々巻き込まれているのは事実ですが、正直ロシアが自滅の道を選んでくれた事に安心しています。

ウクライナには迷惑な話ですが、私は戦火が日本に向けられなくて良かったと思います。

放置していれば、いずれ日本もやられるか、先にやられたかのどちらかですからね。

もちろん、戦争も早期に終わらせるべきですが、ロシアが白旗を揚げて終わらなければ無意味になるのです。

下手に譲歩すれば、将来的に今よりも大きな犠牲を出す可能性が高いでしょう。

しかしまあ、どうしてこんなに凶暴で愚かな国なのでしょうね・・・。

今年の取引も明日のみとなりましたが、来年はもっと平和的な思考で相場を張りたいものです。

まあ、現時点では難しそうですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日とは打って変わって下げている銘柄が多いですね。

昨日の時点では、今日か明日が買い場と見ていて、昨日は一気に買われたので見誤ったとすら思いましたが、結局は今日が買い場だったという事になりそうです。

今日は権利付き最終日であり、様々な思惑が交錯する日ですから、読みにくくても仕方がないとは思うのです。

ただ、それにしてもこの弱さには少し驚いています。

まあ、こういう場面こそが買い場なのですけどね。

「思ったよりも安い」≒「思ったよりも良い買い場」という事です。

後は何を買うかという事になりますが、やはり来年が楽しみな銘柄を買うべきでしょうね。

今期待している銘柄は6000番台の1000円台銘柄です。

とにかく中身が良いですし、事業内容も良い。

1月末には大幅利食いを実現できるのではないかと期待している銘柄なので、今はこれを中心に仕込んでいけば良いと思います。




また、100円台の期待の銘柄は年内最終という事もあってか売りが出てきていましたが、弱いところで売りはありません。

流石に売られ過ぎだと思いますし、余裕があれば買えば良いでしょう。

ただ、あくまでもバランスよく対応するようにしてください。

それと、動きが悪い銘柄ばかりではなく、良い銘柄も出てきています。

予想外の下げが続き、5500円割れでナンピンを指示した5032エニーカラーは推奨値段近くまで戻ってきました。

上手くナンピンしていれば、利益水準になっていると思いますが、少なくとも7000円ぐらいには上昇すると見ています。

多くが下がっている緑の日は下を向いてコツコツ草刈りが良いと思います。

嫌な雑草でも、それが堆肥となり、収穫へとつながるのです。

赤く実る日を待ちながら。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

売り叩かれていたマザーズ指数が戻り始めていますね。

流石に700ポイント台は売られ過ぎですし、ここは強気で買いだとレポートしました。

今はグロース市場という事で通称G銘柄ですが、これらが売られた主因は個人投資家の参加が多い市場なので、年内の節税対策売りが出ていた事と日銀の実質利上げで借金の多い企業は苦しくなるという判断からの売りだと思われます。

G銘柄は借金が多い企業が多いですからね。

マザーズ指数の崩れは複合的であり、日銀の責任は大きいと思うところですが、それもまあ今日明日といったところでしょうし、実際には既に切り返してきています。

今年は利益を出している個人投資家が少ないので、あまり損益確定の売りは出ないだろうと言われていたのですが、なんだかんだで結構出てきた印象です。

何と言いますか、日銀に炙りだされたとも言えますね。

まあ、とにかくこの黒田の攻撃で個人投資家は相当やられたと思われますが、ここで強気だった投資家は勝利を手にすると見ています。




例えば、昨日はガタガタと売られたG銘柄で推奨銘柄でもある5129フィクサーは、こうした攻撃を受けながらもじりじりと高値を取り始めており、今日も1900円台まで上昇してきています。

この銘柄をどうして推奨しているのかと言うと、とにかく技術力が高く、日本国内でマイクロソフトに認められているクラウド技術はここだけなのです。

1月12日には決算発表があるのですが、それまでの間にもう一度上方修正があってもおかしくありません。

上場来高値である2222円の更新の可能性が高いと見ています。

余力があれば買っておきたい銘柄で、たまには一般の方にも良い銘柄をご紹介したいと思い、早期の公開としました。

ただ、今一番買っておきたい銘柄はこれではありません。

これは完全にシークレットですが、値段は1500円台です。

スタートは1月中旬位ではないかと予想していますが、3000円から5000円を期待しています。

この他にも、少し長くなってきている銘柄ですが、大きく上昇すると見ている100円台の銘柄があります。

期待できる銘柄を選び、上手く仕込んで欲しいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は高いのですが、伸びきれずに値上がり幅を縮小していますね。

個別はまちまちですが、買われていた銘柄は売られ、売られていた銘柄が買われるといった感じです。

動きの悪い銘柄もありますが、面白くなりそうな気配は感じられる相場となっています。

しかしまあ、相場はどこに向かうのでしょうね。

一番重要なのは為替だと思っているのですが、米国の超バラマキが終わる事や日銀の方針転換もあって円安は完全終了です。

注目すべきはこの円安がどこまでいくかということになりますが、ニトリの会長は110円前後とみている様です。

外すこともありますが、あの人は為替の読みが上手いですからね・・・。

私は120円前後かと思っていましたが、110円ともなると輸出系は相当厳しいという事になりますね。

トヨタの想定レートは137円ですが、どれだけ利益が減るのかですね。

そういう意味では来年は輸出企業にとって受難の年となりそうですが、銘柄の選定を誤らなければ利益を得られると思います。

推奨銘柄でも、ぐずついている銘柄も出てきていますが、順調なものは順調ですし、新たな期待大の銘柄も出てきています。

特に良いと思っているのは、6000番台の銘柄です。

パワー半導体関連でも注目できるのですが、先日の業務提携の発表での提携先のバックは米国の超メジャー企業です。

現在1000円台ですが、来年はこの銘柄がどんどん上昇し、3000円~5000円程度になるかも知れません。




さて、今年も今週で終わりとなりますが、岸田のせいで余計な事ばかりです。

良いと思ったのは防衛の強化と原発の再稼働への道筋ですかね。

まあ、裏を返すと思考がダメなので、あまり評価は高くないのですが・・・。

これらは安倍では実現できなかった事なので、もしかするとバカのふりをしているだけかも知れません。

ただ、コロナを5類に変更するのは今すぐにでも出来そうですけどね。

何で未だに2類で医療ひっ迫とかやっているのか、意味が分かりません。

やはり、医療利権を残しておきたいのでしょうかね?

どこからカネをもらっているのか知りませんが、こういうところがやっぱりダメだと思う部分です。

来年こそは、もう少しまともな方向に動いてほしいのですが、銘柄を選別しながらその時を待つしかなさそうですね。

ただ、今仕込んでいる銘柄は、どれも期待が高いので、意外と相場自体は楽しみにしているところです。

特に1月中旬位からは色々面白くなりそうだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株安の流れで安く始まっている日本株ですが、悪くない銘柄もポツポツと出てきています。

特に黒田の爆撃で強制的に売りが出された銘柄は、それ程下げていないか、反発しているような感じです。

また、あの爆撃でも耐え抜いた銘柄でも良い動きをしているものがあります。

今年も後1週間ですが、最後まで目の離せない相場になるのではないかと期待しているところです。




さて、相変わらず岸田はどうしようもない事ばかりですが、唯一原発だけは再開の方向に向かっていますね。

何も評価する事がないと思っていましたが、今朝の記事を見て唯一の評価点を思い出しました。

しかしまあ、東北電力の女川原子力発電所の再開は2月と見て「おっ!」と思ったのですが、2024年でした。

原発が動いていないために、関西電力と九州電力以外の地域は来春から大幅値上げなので、さっさと動かして欲しいという願望があるのですけどね・・・。

何と言いますか、本当に良い答えが見えてこない日本ですが、今起きている最悪の事が何だか分かりますか?

それは、死亡者の増加と出生率の低下です。

コロナ死は減り続けていますが、死亡者数がどんどん増えていて、今年は東日本大震災の時よりも人が死んでいます。

原因は様々ですが、死亡者数増加グラフは、ワクチン接種率グラフにリンクしています。

(2021年の全死亡超過死亡の発生と新型コロナワクチン接種数の関係)

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000900468.pdf

これは単なる偶然なのでしょうか?

まあ、ちゃんとしたところが調べてくれないので、今は疑いを持つことしかできませんが、ワクチンとの関係は非常に疑わしいと思っているところです。

ただ、出生率低下に関してはコロナが関係しているのは明らかです。

脅威が下がっているのにマスクが外せない、コロナ脳が最大の原因だと思われます。

こんな委縮した社会で出生率が伸びるはずもない。

人目ばかりを気にして動けない日本人・・・。

しっかりした指導者がいないと、本当にどうにもならないと思いますし、岸田じゃな・・・という事になります。

私は強制されない限りマスクをしない生活をしていますが、なかなか仲間が増えませんし、むしろ最近は減ってきています。

データに基づいて、良いと思う事を導き出して行動すれば良いだけだと思うのです。

命もカネも、他人が守ってくれることはないのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は高いのですが、黒田の爆撃の影響で相場はなかなか落ち着きませんね。

26000円割れまで売っていくとは思いませんが、とにかく日銀も政府も政策がダメですからね・・・。

何と言いますか、全ては国賊と化した財務省の思惑通りに事が運んでいるだけ。

安倍も菅も財務省の言いなりにはならなかったのですが、岸田は完全にポチと化しているので、本当にどうしようもない事態です。

岸田政権の命も後わずかと言う話は聞くのですが、次に出てきそうな顔ぶれも酷いのが多いですからね・・・。

メディアが大好きな河野も茂木も中国の犬ですし、林なんて論外です。

政治関係のヘッドラインを見ていると、本当に絶望感しかありません。

少し前にNISA拡大を見つけた時は、相場にプラスだと思いましたが、これも銀行業界を儲けさせるために出した材料に過ぎないのかも知れません。

そう考えて見ると、評価できる点は何もないのです。

相変わらずコロナは2類のままで医療をひっ迫させていますし、国民のためになる事は一つもないと言って良いです。

さっさと5類に下げて、恐怖煽りを止めれば、マスクも外せるかもしれませんし、そこまでいけば経済活動もまた広がっていくでしょう。




岸田は増税で経済活動を潰しにかかってきますが、せめて経済活動が活発になる様な事もして欲しいです。

しかしまあ、どうしてこんなボンクラが総理に?

本当に困ったものですが、株で利益を得ながらダメージを軽減していくしかないと思っているところです。

相場は黒田の爆撃で苦しくなっていますが、要するに円高で損する企業が売られ、得する企業が買われるという具合で銘柄の入れ替えが進められている状態です。

まだちょっと落ち着きませんが、単純に叩き売られる状態ではないでしょう。

ただ、少し幅広く見ますと、今回の実質利上げで円キャリートレードに影響が出てきます。

この程度で赤字になるところは少ないと思いますが、先々を見据えて手仕舞いするような動きは強まる可能性があります。

まあ、日銀がどこまで利上げするつもりかは知りませんが、利上げされて行く可能性は考えておかなければなりません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日は黒田ショックで相場が大混乱となりましたね。

状況的に致し方ない部分もあるのですが、それにしても何故ここで?とは思いました。

どう考えてもやるなら半年前で、ここでの政策転換はナンセンスと言わざるを得ません。

結局、日銀のインフレ目標である2%を遥かに超えるインフレに見舞われているので、日銀としては適正なインフレ水準まで戻す必要があるのです。

ですから、金融は引き締めに動かざるを得ないのですし、引き締めの判断自体は正しいと思います。

ただ、どう考えてもタイミングがおかしいのです。

こういう判断は為替がどんどん円安になっていっている状態の時に、それ以上円安にならないように調整するために行うべきであり、ピークアウトしてからやるからこういうショックが生まれるのです。

まあ、黒田が決めたというよりも、外圧だと思いますけどね。

多少、黒田を擁護するとすれば、今までは企業努力でインフレを抑えてきたが、既に抑えきれない水準までインフレが進み、これから本格的にインフレが消費者を直撃する状態だという事です。

それを前に、黒田が決断をした・・・。

まあ、企業努力を当て込んで企業を消耗させたとも言えますけどね。

とは言え、この円安で儲けていた企業もあるので、最初はそちらを優遇していたとも取れます。

真相を知る由もないのですが、何にしてもこれで異次元緩和は終わりと見たほうが無難でしょう。




ただ、ここで重要なのは、今のインフレの原因です。

根源は間違いなく行き過ぎたSDGsと米国の超バラマキ財政です。

そして、行き過ぎたSDGsの被害に気付いた欧米勢は大分態度を軟化させています。

米国では超バラマキを推進してきた民主党が下院選挙で惨敗していますし、上院も50議席どまりとなっているので、超バラマキは終わりでしょう。

日本もコロナを理由に超バラマキをやってきましたが、これも流石に終焉が近いと見ています。

この状態で過度のインフレが続くとは思えませんので、日銀は政策転換をしたと見て良いのですが、これ以上の引き締めに動く必要は出てこないのではないかとも思っています。

まあ、来春は原発を動かしていない地域で電気代が3割前後も上昇するので、この影響からインフレが広がる可能性もあり、実際に利上げをせざるを得なくなる可能性もあります。

ただ、世界的なインフレの波が終わるとするならば、それ程心配する事もないですし、そうなるのではないかと予想しています。

さて、何はともあれ昨日の黒田ショックで私が下した判断は「強気維持」でした。

このショックで売られたところで売る必要はなく、売られたところは「買い」としました。

むしろこうして強制的に売りが出されて色々すっきりする銘柄に期待したい相場です。

ですから、黒田ショック前よりも、今の方が期待感が大きい。

そんな風に考えているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

大本命がもたもたしていてイライラさせられますが、1593円で推奨した銘柄が1950円付近まで上昇してきているので今日は少しだけ嬉しい日です。

少なくとも2200円台には進むと思いますし、こんなところで手仕舞いする銘柄だとは思いません。

一部利食いを入れつつ、本命が動くのを待つのが得策でしょう。

いずれにしても、チャンスをつかむためには本命以外も買っていく事をお勧めします。

そうする事により、リスクも分散できる訳です。

本命であっても上手くいかないことだってありますからね・・・。

まあ、今のところは上昇時期がズレただけであり、なんてことはないと思っているところです。

インサイダーや相場操縦をしている訳でもないので、時期を読むのが本当に難しいのです。

ですから、どうしても我慢して頂く事もあるのですが、これを理解して適切にポートフォリオを組んで頂ければ、良い結果に結びつくでしょう。




ところで、最近は投資顧問というのが逆に悪名になっていたりする様で、酷い業者も多いと聞きます。

私自身は金商法に則った誠実な運営をしていますし、そのような同業者もいると思うのです。

しかし、最近は無料有料を問わず、サロンを運営するインフルエンサーが増えていて、もぐりの投資顧問もどきが乱立しているのが現状です。

無責任運営で訴えられたりしている奴もいる様で、当局は取り締まりに力を入れてきている様です。

ちなみに手口ですが、自身が買ってからメンバーを煽り、更に自分でも買い上げるという手法が多い様ですね。

無料だから良いと考えている人もいる様ですが、立派な株価操縦であり、取り締まりの対象となります。

単純に情報を提供するだけのサービス運営なら良いのですが、元芸人で大成功したと言われる井村も相場操縦の疑いがありますし、そういう方向で当局も動くのでは?という噂もあります。

ちなみに、米SECは井村と同等の手法で株価操縦をしていた奴らを逮捕しています。

https://forbesjapan.com/articles/detail/52864/1/1/1?3

まあ、日本のSECが同じように動くかは分かりませんが、こういう奴らがいると真面目にやっている人間が馬鹿を見ますからね。

当局にはしっかりして欲しいと願っているところです。

とは言え、人の事はどうでも良いですかね・・・。

私は全力で情報を収集・分析し、メンバーの勝利をサポートすれば良いだけです。

まあ、ちょっと上手くいかないとすぐに詐欺師扱いされ、文句を言われますし、時には割に合わない仕事だなと思ったりもします。

ただ、そうは言っても10年以上メンバーを続けてくださっている方が何人も居ますし、頑張って続けていかなければならないと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場全体はいまいちですが、買われている銘柄もありますし、今日は朝から良い話が多いです。

相場自体は暗い感じが強いのですが、暗いなら暗いなりにやれば良いだけです。

まあ、悲惨なほど下げているわけではありませんし、この暗さを利用した仕込みの日と考えていけば良いでしょう。

色々考えなくてはならない事もありますし、場合によっては方針の変更も考えなくてはならないとは思うのですが、今のところは銘柄さえ絞っていけば強気維持で良いと思います。




特に今朝から推奨している3000番台の銘柄とこれから推奨予定の6000番台の銘柄は面白くなりそうな予感がします。

大化けにはならないと思いますが、手堅く取らせてくれるのではないかと期待しています。

予想よりも12月は苦戦していますが、新規銘柄で巻き返したいと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日はなかなか厳しいスタートですが、売られている原因は米国株安です。

経済指標が悪くなっているのにFRBが超タカ派姿勢を崩さないという事で、米国はリセッション入りするという懸念からの売りです。

あくまでも懸念でしかなく、リセッションの原因を作っているのはFRBによる利上げなので、方針を変更すればリセッション入りは回避できずとも、きついリセッションは避けられるはずです。

ただ、2月からの新議会を見ないと、米国がこれから何をどうしようとしているのかを予想するのは難しいです。

とりあえず、世界を酷いインフレに巻き込んだ超バラマキ政策は終わるはずですし、世界の様子も大分変わるでしょう。

まあ、欧州はウクライナ戦争の影響と行き過ぎた環境保護でぐちゃぐちゃですからね。

これに加えて中国に夢を見てしまったツケも回ってくるので、ユーラシア大陸が大揺れとなるのが2023年だと思います。

日本はユーラシアと共に揺れるか?

それとも米国と共に無難に難を逃れるか・・・。




問題となるのは岸田です。

コロナ対策で約300兆円という超バラマキをやったツケを払わされるのが岸田政権であり、多少は気の毒だと思うところもありますが、傷を広げて塩を塗ったのも岸田です。

コロナを5類に下げ、それなりの対応に切り替えるだけで止血効果位はあったのですけどね。

未だに2類のままで、感染者が増えた!死者が増えた!病院がひっ迫してる!と右往左往です。

ジャブジャブとカネをつぎ込んでこの結果ですからね・・・。

専門家を名乗る詐欺師と組んで一部の医療業界を潤わせただけ。

そして、この300兆円のツケを国民に払わせるために、防衛費が!子育て支援が!と、並べてくる浅ましさ。

少し前から指摘しているのですが、最近はネットでも同じような論調が増えてきました。

いつまでもこんな茶番で国民を騙せると思ったら大間違いでしょう。

あれも増税、これも増税と、増税案を並べてきますが、コロナ対策費は垂れ流しのまま・・・。

バカすぎて話にならない岸田に、これ以上首相を継続させるのは損失の拡大以外の何物でもありません。

まあ、株でいうところの半値になった株を切るのはためらいが・・・というような感じかも知れませんが、岸田株はいくら待っても反発しないでしょう。

一瞬良さそうなIRを出すこともあるのですが、よくよく調べると口だけというものばかりです。

そして、岸田の損失は全て我々国民にのしかかる訳です。

せめて「コロナでカネを使い過ぎました。結果はでませんでしたが、一生懸命やった結果として許してください」と謝罪した上で、財政を回復させるために増税をお願いしますと言うのであれば、受け入れてくれる国民もいると思います。

ただ、300兆円も使って感染率世界一ですからね・・・。

さっさと諦めて正常な経済活動に戻したブラジルなどの方がよほど賢く、まともです。

この先どんな未来が待っているのかは分かりませんが、政治が酷すぎるのでここから予想外の被害が出る可能性があります。

まあ、現時点でもドブに捨てた300兆円をどうするかですね。

しかも、まだ追加で捨てているので、300兆円でも終わらないでしょう。

処理としてはコロナ国債を発行して50年で償還するなどして負債を先送りするしかないと思います。

そもそも、有事で使ったカネを増税で回収というのが間違いなのです。

東日本大震災の負債も増税で回収にかかった訳ですが、これが日本経済を停滞させ続けた根源でもあるのです。

岸田はこのまま間違った路線を進み続けて国民を地獄に叩き落とすのか?

それとも、まともな政治家が岸田の首を取ってくれるのか?

こんな中で株式市場の先行きを予想しなければならない苦しさはあるのですが、負けじと銘柄を発掘していきたいと思っています。

しかしまあ、今日は相場環境が悪く思い通りに動かない銘柄が多いですね。

昨日は好材料でナイトでS高までいった推奨銘柄があるのですが、今はその半分程度の値上がりで揉み合っています。

これはもう500円は騰がると思っているので、まだ公開はしません。

ただ、今日のS高水準を超えてきたならば、公開する予定です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

注目のFOMCは予想通りの0.5%利上げでしたが、その後の利上げ最大値を上方修正したために相場は売りで反応しました。

ただ、今のままの政治が続くならば、利上げは続けなくてはならない可能性はありますが、共和党が下院を支配する2月以降は超バラマキ政策も終わりますし、既に足元のCPIはピークアウトしています。

また、住宅関連指数なども不調ですし、FRBの言うような利上げは実際は行われないと思っているところです。

そんな状態だったからか、日本株は安く始まったものの一気に値を戻す展開となっています。

ただ、上昇に転じる場面まではありましたが、そこまで強くはないような感じではあります。

まあ、日本には大増税時代が迫っていますからね・・・。




自民党の保守系議員に言わせれば、増税は必要ないとの事ですが、コロナで300兆円近く使っていますからね・・・。

流石にここまで無駄遣いをしてしまった後なので、全く増税をしないという訳にもいかないのでしょう。

増税を防衛費の増額や子育て支援のせいにしていますが、両方合わせて数兆円の予算が増えるだけです。

コロナで使った300兆円からすれば微々たるものであり、本当にズルイやり方です。

よく民主党政権時代は悪夢だったと揶揄されますが、岸田政権は悪鬼政権ですね。

公明党は中国に媚を売りまくり、中国を批判するような法案には全反対。

また、親中の林は今月下旬に中国参拝ときました。

はっきり言いますが、話にならないクソ政権です。

いくら政治が株価に反映されにくい日本とは言え、ここまで酷いと何がどうなってもおかしくはありません。

相場は良い方向に向いていると思っていたのですが、今の政治を見ていると、暗い未来しか想像できません。

保守系の議員が頑張ってくれると良いのですが、今のところは財務省の増税路線がほぼ確定の感じですからね。

300兆円使ってしまって、今頃焦り始めたのでしょうか?

とは言え、これほど無駄遣いしても国債が暴落していないという事は、世界から見ればまだ健全という事なのでしょう。

今更弱気になってどうする!って思いますけどね。

そもそも、無駄遣いを止めなかった責任がありますし、増税するにしても本当の事を語って国民にお願いするのが筋です。

しかしまあ、コロナを煽った罪悪感からなのか、マスコミはこういう突込みを全くしませんね。

本当に害悪でしかない、役立たずの無能集団です。

日本は大丈夫ですかね!?

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は28000円台を回復してきましたね。

回復後も伸びてきていますし、なかなかの強さです。

ただ、資金はIPOに集中しているように思えますし、ぱっとしない銘柄が多い印象です。

まあ、悪くはないのですが、多くの投資家はFOMCまで動きにくいでしょうし、今日はこんな相場でも仕方がないでしょう。

FOMCに見切りをつけて、先行して上げてる感じですが、NYダウはあまり反応していません。

この強さは継続するのでしょうか?

日本自体に買われるような材料は見当たりませんけどね・・・。

特に酷いのが政治で、岸田の増税話に自民党の保守派が大反発しています。

岸田政権が終わる可能性もありますし、自民党が分裂する可能性もあるでしょう。

防衛力強化のための増税はいくら何でもおかしいですからね。

ほんの数兆円余計に必要になるだけです。

それこそ無駄を省けば余裕ですし、コロナ対策費293兆円は増税なしでも使えた訳です。

まあ、結局コロナで使い過ぎたので「防衛」という大義名分を掲げ、増税を強要するしかなくなったのでしょう。

岸田が防衛力強化と言い出した裏には増税願望があったのです。

評価できる部分が1割もない無能な首相であり、既に私の中で岸田は鳩山以下の存在です。

唯一の功績となるのはNISAの拡大ってところでしょうか?

しかしまあ、裏のある奴だという事を考えると、NISA以外のところで増税の流れかもしれません。

キャピタルゲイン税を20%から25%とか30%にという話になれば、NISA拡大は帳消しどころかマイナスです。

どこまでクズっぷりを発揮するかは分かりませんが、奴に期待しても良い事がないとこれではっきりした訳です。




何をどう思い起こしても、まともな政策がほとんどないのですよね・・・。

原発も再開の方向というのは良いのですが、来年夏以降とか・・・。

まあ、すぐに動かせないのは分かりますが、夏前から危ない危ないと言われてきた電力事情を考慮し、さっさと決断していれば、今年の冬に間に合う原発もあったのではないかと思うのです。

そして、原発が動けば電気代の値上げもしなくて済むはずなのです。

現に原発の動いている関西と九州では電気代の値上げはありません。

これ以外の地域での値上げは政治責任なのです。

大手マスコミはこういうことを取り上げませんし、多くの国民は気付いてもいないのかもしれませんが、こういう政治家に政治を任せているからこういう結果になるのです。

早く誰かに代わってくれないと本当に日本が崩壊しそうです。

出来れば保守派で、まともに物事を考えられる政治家が良いですけどね。

官僚の言いなりの政治家では話になりません。

がっかりな毎日ですが、せめて個別銘柄で利益を出して、この気分を晴らしたいものです。

良質な銘柄をピックアップし、利益を目指したいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は高寄りした後にだらだらした状態が続いていますね。

10時半現在、値上がり幅の半分が消えています。

本日上場の5527propertyが賑わっていますが、IPOは苦手なのでやる気がしません。

決してチャーチストではないのですが、チャートが存在しない銘柄の売買は怖くて出来ません。

四季報データもありませんし、よくこんな銘柄を売買できますよね・・・。

よほど良い情報でもあればできますが、見ていてもあまり興味が湧いてきません。

こうしてIPO銘柄を買うために色々な銘柄が売られてきましたし、私にとっては迷惑な存在でしかありません。

まだしばらくはIPOラッシュが続きますが、早くこのシーズンが終わって欲しいと願っているところです。

この他の問題としては、年末に向けての銘柄整理というものがありますが、今年は儲かっている個人が少ないそうなので、損益確定の売りは出にくいと言われています。

ただ、ない訳ではありませんし、損失分を埋めるために益出しという事もあります。

一応売りは出やすいと見ていた方が良いとは思います。




後は欧州、中国を中心に間違いなくリセッション入りします。

米国もそれ程きつくはないと思いますが、リセッション入りはほぼ確実です。

まあ、議会が下院で共和党になりましたし、上院も民主党からの離党者が出て50対50になっているので民主党もでかい顔が出来ません。

最悪の場合、もう一人離党する可能性がありますし、ここまでいくとバイデンは完全なるレイムダックとなります。

何もできないし、殺されるのを待つだけという状態です。

マスクによるTwitterのデータなどの暴露を見ていると、民主党の奴らは大分監獄行きになりそうな気もしますけどね。

どうなるかは分かりませんが、エンタメ感覚で見ているところです。

そんな中でどんな銘柄が買われてくるのか?

もう特定の材料株しかないと思うのですよね。

事情のはっきりしている銘柄を買うのがここからの勝負ポイントだと思います。

大幅に値上がりすると期待している銘柄を推奨していますので、メンバーは推奨銘柄を参考に勝利を目指していきましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ここのところ推奨銘柄よりも、ご紹介だけの銘柄が好調です・・・。

メンバーのご要望で、銘柄の選別を緩くし、推奨銘柄以外の情報や裏付けなしの銘柄の話などもするようにしたのですが、逆にそういう銘柄の方が好調なのですよね。

これはちょっと恥ずかしいです・・・。

例えば、ほぼ底値でご紹介した6946アビオは25日線も難なくクリアして3000円台に乗ってきましたし、先週末にご紹介した6298ワイエイシイもぐいぐい伸びてきました。

大幅高は嬉しいのですが、やはり推奨銘柄ではないので、心の底から喜べません。

ちなみに、ご紹介銘柄は乱発している訳ではなく、情報の50%位はカットしています。

流石に全部流していたら、私も訳が分からなくなりますし、情報を利用するメンバーも迷うと思うからです。

また、騰がると思うが時間がかかりそうという事で推奨を取りやめた3660アイスタイルがどんどん上値を取ってきているという悔しさも味わっています。

できるだけ早く勝負が決められる銘柄をという事で銘柄を選別しているのですが、運の要素もありますし、何年やってきても銘柄推奨は難しいと感じているところです。




さて、全体は弱含みですが、今日からIPOラッシュが始まっているので、個人投資家の多くはIPOに向かっている感じですね。

本来こういう日は個別材料株が賑わうのですが、多くの銘柄は緑のままです。

まあ、悪くない銘柄もあるのですが、こればかりは本当にどうしようもありません。

IPOに負けない魅力を発する銘柄が出てくれば良いのですが、出るにしてもそれは推奨銘柄からであって欲しいものです。

最近少し流れが悪いので、悪いものは断ち切って良い流れを取り戻したいと思います。

ただ、そんな中でも特に自信のある銘柄は一貫して強気で推奨していますし、そろそろ急騰するのではないかと予想しています。

安い内にしっかり仕込んでおけるかどうかで今後の成績に大きな差が出ると見ていますし、是非とも買っておくべき銘柄です。

数日中には目立った動きが出ると見ていますので、動く前にしっかり仕込んでおいて頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日、一昨日と苦しい中で頑張ったので、今日の様な上昇局面は気が抜けますね。

今日はゆったりと、安く買った銘柄の利食いを出す日です。

高くなってきている銘柄を慌てて買う必要はありません。

ちょっと高いけど、このまま上値を取っていきそうな銘柄の話が入ってきたので、後でメンバーにレポートしたいと思います。

まあ、薄目の銘柄でやり難いので正式推奨にはしません。

あくまでもご紹介のみとなります。

ただ、ここのところ正式推奨の銘柄よりも、ご紹介のみの銘柄の方が好調なのですよね・・・。

例えば、ここで買っておけば取れると見た6946アビオがどんどん上昇して2871円まで行ってしまいました。

まあ、そこは25日線で一気には抜けないだろうと思っていましたし、実際に押し戻されましたが、今日も強含みで再度、上値を取りそうな気がしています。




今日ご紹介しようと思っている銘柄は、実は先日悔しい思いをしたとメンバーにレポートした銘柄です。

あの時は悔しかったのですが、その後良い感じで押して、これが反発してきたのです。

情報的には仕手系なのですが、PER5倍台でPBRは0.3倍台。

配当もありますし、少額ながらも自社株買いを発表していました。

ここまで書くとメンバーは「あれか!」と気付くと思います。

まあ、仕込もうと思うと上値を買うしかない状態ですし、先着何名様か・・・という感じですけどね。

これが本格的に上値を取る日が近づいている様です。

状況的に強気で推せませんが、中身のある仕手株という事で意外に大化けする可能性もありそうです。

ただ、こういう銘柄は売買しにくいですし、やはりもう少し買いやすい銘柄の方が良いですね。

そう思うと、今日は買う日ではない・・・。

まあ、後場にならないと分からないのですが、今日の前場は様子見していれば良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は想像よりも安いスタートですが、木曜安は相場にとって悪くはありません。

明日はSQで、これを通過したあたりから相場は変化を見せるのではないかと期待しています。

しかしまあ、個別が随分と悪いですね。

12月はIPOラッシュなので、これに向けての資金作り的な売りと見て良いのかも知れません。

所謂、需給悪化であり、個別でどうという相場ではないのでしょう。

なかなか先が読みにくいのですが、銘柄によっては良い買い場になっていると考えているところです。

強気の目で相場を観察し、狙っている銘柄の押し目を逃さないようにして頂ければと思います。




さて、大きな流れの話になりますが、米中間選挙の結果が出揃ってきています。

今回も不正の噂が絶えませんが、少なくとも下院は共和党の大勝利となり、大統領がどんな指示を出しても下院が許さなければ予算が付きません。

ですから、結局は下院を制した共和党の政権といっても良い状態です。

その議会が動き出すのが来年2月からです。

1月末までは今の選挙前の議会のままという事になります。

2月以降大きく変わると見ているのは「再生可能エネルギー政策」と「ウクライナ支援」でしょう。

再生可能エネルギーを中心にバイデンは2年間で555兆円ものカネをばら撒いてきました。

もちろん、コロナ対策費もかなり使ったと思いますし、このうちのどれだけが再生可能エネルギー関連なのかは調べないと分かりませんが、かなりの額が使われていたことは確かです。

この555兆円ものカネが全て使われなくなる訳ではありませんが、多くの予算は共和党によって削られるはずです。

そして、本来あるべき方向に戻って行くのですが、間違いなく盛り上がるのは石油関連でしょう。

カナダとのパイプライン建設を再開するでしょうし、米国内の石油開発には弾みが付くはずです。

その辺を読んでいるのもあると思いますが、足元の石油開発をバイデンが推進してきている事もあり、原油価格は大分値下がりました。

すっかり戦争前の値段に戻っていますし、もう少しするとバイデン政権前に戻る可能性が高いでしょう。

ロシアは中国に買い叩かれている様ですし、もはや継戦能力もないと思うのですが、問題は共和党がウクライナ支援に後ろ向きだという事です。

ここでウクライナが不利な形で戦争が終わると、ロシアによるエネルギー支配が継続する事になり、欧州勢としては非常に困った状態になります。

まあ、多くは欧州の問題であり、一番ウクライナを支援しなけれならないのは欧州勢なのですけどね。

身から出た錆とは言え、欧州勢はこの戦争によるエネルギーの高騰で厳しいリセッションに直面しています。

1月中にウクライナが勝利できれば良いのですが、そこまで都合よくいくかは微妙です。

欧州勢は本格的にウクライナを支援し、完全にロシアを潰さないと、今より酷い状況に至る可能性が高いのです。

とは言え、大分原油も値下がりしましたし、無茶なSDGsを止めるだけでも状況は変わると思いますけどね。

ただ、今までの様に天然ガスはクリーンだと言って、安いロシア産のLNGを買ってコストを下げるといった詐欺的手法は使えません。

これから欧州勢がどうやって身を立てていくのか・・・。

この戦争の行方を見ないと何とも言えませんが、結局多くのエネルギーは石油に戻ると思います。

そして、原発が発展するでしょう。

ただ、水素も発展しそうな感じはしています。

電池よりも燃やす方の水素です。

欧州勢の多くの自動車会社はトヨタに勝てないと判断し、EVにシフトしましたが、これは大きなミスだと思います。

自動車で生き残るのはハイブリッドであり、内燃機関は水素に変更していく感じだと思うのですけどね。

もちろん、ガソリンも当分なくならないと思います。

ただ、EVはそれ程盛り上がらず、長期的には衰退方向だと予想しています。

どう考えても不便ですからね・・・。

後は原発ですが、これも新型原発はかなり安全性が高いそうですし、残る問題は廃棄物処理です。

現時点では埋め立て処理しかありませんが、化学が進めば無害化も出来るでしょう。

それまでの間は安全に原発を使い続けるのが良いと思います。

この様な大きな流れを見ながら、個別銘柄をピックアップしようと思います。

ただ、短期でも取れるという感じで、噛み合う情報がないとなかなか推奨までは至りません。

それでもこうした大きな流れを頭に入れておくと、何か情報があった時に判断がしやすいです。

今すぐ役に立たずとも、こうした流れは頭に入れておくべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

なかなか厳しい相場ですね。

全滅ではありませんが、多くが下げていますし、上げていても大した上げではありません。

下げの日が続くと本当に辛いと感じるとは思うのですが、この辛い局面でどうするのかが重要です。

こんな時に弱気では一般投資家と同じという事になってしまいます。

信用残を見ると買いが増えているので上値は重く、売りが減っているので売り仕掛けはないが踏み上げもないという事になるので、しばらく動きが鈍そうな感じがします。

個別では動いてくる銘柄もあると見ていますが、今のところはほんの一握りに限られています。

本格的材料株相場になって欲しいのですが、その場面まではいま一歩足りない様です。

ただ、底打ちしたのでは?と思うような銘柄はいくつかありますし、これからの展開を楽しみにしているところです。

ですから、この嫌な局面でどれだけ買い集めることが出来るかが重要という事になります。

つまらない相場ですが、上昇局面を有意義にするためには、こうした場面でしっかりした売買をしておきたいものです。

さて、米国の政治が動き出そうとしています。

一番の注目点は下院が共和党の勝利で終わっている事です。

そして、この下院議長をトランプにするという計画が一部であるようです。

仮に下院議長がトランプになれば、大統領継承順位2位となり、2年を待たずに大統領に再任する可能性があります。

下院で過半数が共和党となれば、バイデンとハリスは弾劾される可能性が高いでしょう。

このシナリオ通りになれば、トランプは前期と合わせて実質10年の大統領職が可能となります。

そして、ここから米国は大きく変革するでしょう。

まあ、今がバイデンによって破壊されつくした状態なので、良い方向にしかいかないのですが、バイデンの超バラマキの反動だけは避けられないと思います。

この影響がどこまで出るのか・・・。

今後の状況を見極めるしかありませんし、現時点では予想しきれません。

とりあえず、米国はこれからリセッション入り確実ですが、そのダメージを最小限にできる可能性があるのはトランプであり、生まれ変わった共和党です。




また、欧州ですが、これはちょっときついリセッションでしょう。

SDGSに固執し過ぎて自滅。

しかも、ロシアから安いLNGを買うという狡さをしていましたからね。

次に中国は一人っ子政策の失敗と不動産バブルの崩壊で超キツイリセッション確定です。

目先の株価の反転に喜んでいる場合ではありません。

待っているのは地獄です。

コロナ政策を変えても何も結果は変わりません。

問題は日本ですが、過度の円安は終わりです。

利上げが必要になると見ていましたが、この分なら利上げは回避できるかも知れませんね。

後は政策次第です。

コロナでカネを使い過ぎましたし、今後は防衛費も増えます。

そして、原発を使わないために電気代が激増します。

ですから、全ては政治次第。

ステルス岸田はしれっと色々やり始めていますし、良い方向に向かう可能性はあります。

ただ、足を引っ張っているのが小池です。

ウイグル人権団体からは「中国パネルを使うなら、東京もジェノサイドへ加担する事になる!」と警告されていますが、彼女はどうするつもりなのでしょう?

小池に投票する都民は一体何を考えているのでしょうかね?

全く困った話です。

まあ、何にしても色々動きそうな感じがしていますし、ヘッドラインから目が離せません。

これから儲かる企業を見つけ上手くトレードしていきたいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

指数はプラスですが、今日も下げている銘柄が多いですね。

材料株もいまいち盛り上がりませんし、面白味のない相場だと思いながら見ていますが、買い場という意味では良い相場です。

今どれを買うべきかと聞かれれば、下げている推奨銘柄を買えば良いと答えます。

ちなみに、昨日は一番の期待銘柄ががっくりと値下がりしましたが、事情ありの売りだと見ていたので押し目買いを推奨していました。

今日はそこそこの反発となっていますし、昨日の下げ分は早々に戻すのではないかと期待しています。

私もちょっと驚いた一日でしたが、ああいう買い場を逃しては良い利益は得られないでしょう。

ただ、情報のない状態であそこを買うのはちょっと難しいですよね。

内容的に良い銘柄ではありませんし、事情が分からないと買う事なんて出来ないでしょう。

まあ、私も詳しい内容を何も伝えていないので、買いに行っているメンバーは私を信頼しての買いだと思うのです。

ですから、私としてはこの気持ちを裏切る訳にはいきませんし、信じてくださっている皆様に儲けて頂く事だけを願って調査と分析を続けています。

そして、問題なしという答えを得ていますし、押せば買えば良いと思います。




ところで、先日ご紹介した7886ヤマトが初めて押しらしい押しを見せていますね。

今回の上昇はあまりに順調でしたし、このぐらいの押しがあった方が良いぐらいです。

ただ、現時点で25日線付近まで押しているのですが、これを割って戻ってこれないと調整に時間がかかる可能性が高まります。

この場合は、昨日の押し目買いは失敗となるので、昨日の分は処分せざるを得ないでしょう。

まあ、推奨当初辺りから取り組んでいるメンバーは上手く立ち回っているはずです。

ちょっと嫌な場面に見えますが、やり方次第では攻め継続も可能といった感じで見ています。

とは言え、今は一番の期待銘柄を買っておくのが一番良いと思うのですけどね・・・。

時間はかかっていますが、もうそろそろだと思っている事に変わりはありません。

全体的にはやり難い感じの相場ですが、ポイントを抑えれば良い日とも言えます。

今日は仕込み日!としっかり割り切って行動するのも良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週明けの相場は様子見でのスタートですね。

買われている銘柄もありますが、小幅安の銘柄の方が多い印象です。

皆様子見で、何をやったら良いのか・・・という感じですかね。

ただ、実際はそれ程難しい朝ではありません。

軟調な時は良い銘柄を安く買うチャンスだと思って相場を見ると、意外と楽しいものです。

まあ、苦しくはあるのですが、これを楽しいと感じられるようにならないと、なかなか株で儲けるのは難しいでしょう。

苦しい時こそチャンスといったところでしょうかね。

ダメな時は逃げなければなりませんが、見込みがあるなら戦う。

こんな感じが良いでしょう。




さて、相変わらず岸田の評価は下がり、支持率が落ちていますね。

ただ、原発の再稼働に関しては意外と頑張っている感じがします。

防衛費の増額もごまかしはあるにしても、増えることは増えますし、これらの事を安倍がやろうとしたらマスコミからギャーギャーやられるに違いありません。

そういう意味では、ちょっと岸田にも良いところがある様な気がしなくもありません。

検討で場を濁しながら、叩かれないように上手くすり抜けて役立つことをやっている様な・・・。

今までは9割批判していましたが、少し冷静に良いところを見ていこうかと思っているところです。

ただ、どうしてもダメだと思うのはコロナ対策ですね。

世界中でこんなにコロナコロナやっているのは日本だけです。

中国は不動産バブルの崩壊をごまかすために、コロナを利用しロックダウンをして人民を暴れないように閉じ込めるという愚策をやっているのであり、本気でコロナを撲滅しようという趣旨ではないと見られます。

日本もコロナを撲滅したいというよりは、利権を持っている人達を儲けさせるという事でやっている様にも見えます。

ですから、本来は検討の余地なく5類に引き下げ、どこの医療機関でも受信できるようにすれば良いだけなのですが、やはりこういう決断は遅いです。

国民の6割は5類に引き下げるべきだと思っている様ですし、怖いと思っている奴だけ怖がっていれば良いだけの話だと思います。

岸田の判断は分かりませんが、一応は検討している様ですし、いずれは5類になるのでしょうが、こういうのらりくらりとやっているところがステルス部分であり、その陰に隠れてやり難い事をやっているとも言えます。

遅いながらも、色々進みだしているのも事実ですし、コロナに関しても変化するでしょう。

こうした事が良い方向に動けば、相場もまた良い方向に動くのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。