米国のGDPが発表され、2期連続のマイナス成長になりました。

定義上はリセッション入りですが、強気のバイデン政権は失業率が低いという事でリセッション入りを認めていません。

そもそも、インフレを招いているのが、バイデン政権による過度のSDGs政策であり、これさえ改めればかなりインフレは抑えられるのです。

しかし、政策面はそのままに、インフレ対策をFRBに丸投げしています。

結果として、過度のインフレは抑えられつつあるが、抑える前に景気が悪くなっているのです。

しかも、悪化した4-6月期GDPですが、6月の1%利上げと今月の0.75%利上げの影響はまだ少ない状態なのです。

6月と7月の利上げの影響が強く出るのは7-9月期GDPとなるので、リセッションではないと言い張っても、次のGDPが発表される10月までの間には様子も変わっているでしょう。

11月は中間選挙ですが、GDPが悪化しているのはほぼ確実で、それはバイデン政権の責任です。

よって、11月の中間選挙で民主党は大敗となり、バイデン政権は完全にレームダック化する可能性が高いでしょう。

また、バイデンの認知症はかなり進んでいますし、あまりに政策運営が酷いので弾劾される可能性もあると見ています。

バイデンに残された道は、レームダック化するぐらいなら政策を変更するという手ですが、それは共和党と同じ考えとなるので、そうなったとしても民主党が選ばれる要因にはならないと言えます。




ちなみに、今のインフレは「バイデン・インフレ」と呼ばれていますが、今回のリセッションは「バイデン・リセッション」と呼ばれています。

トランプは4年間戦争をせず、軍事活動を縮小させていたのですが、バイデンは上手く戦争の波に乗りました。

ロシアが暴れだした素地としては、欧州から始まったSDGsの波があります。

愚かな欧米人が環境保護を訴え、石炭や原子力を使わず、風力や太陽光へと走ったのですが、結局はエネルギーが足りないので安いロシア産のLNGを利用し始めました。

結果としてロシアは裕福となり余裕が生まれ、ウクライナを手に入れようとなったのです。

そして、戦争が始まった訳ですが、ウクライナを支援するという形でどんどん兵器を送っているので、米国の軍事産業は大助かりという訳です。

ロシアは終わりに向かって走っていると思いますし、影でこそこそ支援している中国もまた終わりに向かっていると言えます。

独裁国家は色々ごまかしていますが、実態は既にどうにもならない程に痛んでいますし、回復不能のダメージを負っている状態です。

これが元で大暴落が起こる可能性もありますが、ダメなのは既に分かっているとも言えなくはないのです。

まあ、目先は色々煽られますし、ダメージは出てくると思いますが、全てがダメという事にはなりませんし、活路はあると思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

FOMCは0.75%の利上げとなり、リセッション入りの懸念は高まりましたが、今後の利上げに関してはあまり積極的ではないという印象が強く出て、米国株はNASDAQが急騰しました。

どう考えても住宅販売は落ち込み、自動車販売も苦しいと思われますが、更なる利上げに積極的ではないとなれば、相場は評価するといった感じですね。

8月はFOMCがありませんし、私の感覚では0.75%までやるべきではないのですが、ここまでやれば流石に行き過ぎたインフレは落ち着くのではないかとも思います。

ただ、ここで忘れてはいけないのは、この利上げは多くの国にとって辛いことです。

多くの国の対外債務の6割はドル建てであり、債務の返済がきつくなるのです。

ですから、利上げで対抗しなくてはなりませんが、これは非常に苦しい事と言えます。

今後、新興国はデフォルトの危機に陥る可能性が高いですし、世界経済に暗い影を落とす可能性があると見ておくべきでしょう。

日本の場合、円安になるのが問題ですが、対外債務がないので利上げを迫られる事はありません。

円安で儲かる企業も多いですし、日本全体で見れば円安はメリットとも言えます。

ただ、庶民はエネルギー高で苦しくなるのですから、政府は儲かっている企業から得た税金で苦しい層をカバーすれば良いのですが、あまり動きがないのが現実です。

借金借金と騒いでいないで、やるべきことを的確にやって欲しいのですけどね。





ところで、近いうちに内閣改造がある訳ですが、人事が気になっています。

とりあえず、防衛と脱炭素には予算上限なしという事で動いている様で、防衛に関しては納得できますが、脱炭素もですか・・・というのが正直な感想です。

方向性が間違っていなければまだ良いのですが、上限なしで脱炭素をやろうとすると、必ずおかしなところへカネが使われるようになるでしょう。

そして、もっと恐ろしいのは財務相で、予算が必要という事で増税を狙ってくると見られます。

本当にろくでもない奴しかおらず、このままで大丈夫なのか?という疑念が尽きません。

やる事を間違えれば、単にカネの無駄遣いでしかないのです。

先駆していた欧米は、今の脱炭素目標は無理と踏んで脱・脱炭素へ方針転換しているのですから、ここで日本だけが脱炭素を加速させても競争力がなくなるだけです。

まあ、良い方向に向けば良いのですが、日本はこういう事でカネを使うのが下手ですからね。

いつも無駄が多く、気が付けば借金の山。

結果は分かりませんが、ことの推移はしっかりと見守るしかないでしょう。

今後の予算の動きを見ながら、盛り上がるセクターや銘柄を選定したいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

思ったよりも下げずに始まっていた今日の日本株ですが、一気に100円以上安いところまで売ってきましたね。

それでもまだ強く、この程度しか下げないのか?と思いながら見ているのですが、この下げでやっと買いたいと思えるような銘柄が出てきました。

多くは大して下げていませんし、見ているだけとなりますが、上手く連れ安している銘柄は買いチャンスになるでしょう。

こういう場面を上手く利用できるかどうかが重要です。




さて、国内はコロナの感染拡大で経済活動がダメージを受け始めていますが、世界を見るとサル痘騒ぎが大きくなっていますね。

感染者の95%は同性愛者で、しかも男性限定なので、特定の人だけが気を付けていれば良いだけなのですが、その辺の事は一般のヘッドラインでは伝えられていません。

まあ、言い難いのかも知れませんが、だったら最初から報道に乗せなければ良いとも思うのですけどね。

またこれで、ワクチンの話が出てきているので、狙いは次のワクチンビジネスですかね・・・。

あと、サル痘はサル由来ではありません。

たまたまサルから発見されてただけであり、サルにとっては風評被害そのものです。

この件で動物園からサルが居なくならなければ良いのですが、妙なところへ飛び火する可能性も一応考えておくべきでしょう。

ちなみに、これに関連して5199不二ラテックスは急騰しています。

まあ、避妊具であると共に病気の予防にもなりますからね。

事情通によれば、最近ではHIVが脅威でなくなっているので、サル痘が流行りだしているのでは?との事でした。

最近発見されたウイルスではありませんし、そういう可能性もあるのかなと思っているところです。

しかしまあ、何でこんなに病気の話ばかりなのでしょうね?

普通に景気が良くなって、あれが買われ、これが買われという世に戻って欲しいものです。

とにかく、WHOもマスコミも政府もあてにならないというのが今の世の中です。

特にこうした病気の事は自身でしっかり調べ、正常な判断ができるようになりたいものですね。

そして、どういう銘柄が買われるのかを読む力にして行けば良いでしょう。

と書いている内に225はほぼ変わらずまで戻ってきました。

今日はお休みで良いのですけどね・・・。

とりあえず押して戻し切れていない銘柄がありますので、こうした銘柄を狙って行けば良いと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

厳しい相場という印象ですが、今日も騰がらなくて良い日です。

ここのところ連騰していましたし、ここは少し休んで、落ち着いて上昇を再開すれば良いでしょう。

ただ、米国の利上げの具合とFRBの態度次第とも言えます。

行き過ぎたインフレに対し、FRBがどこまでの覚悟で、どの程度の介入をしてくるのか。

結果は明日の夜になるので、日本株への影響は明後日という事になりますが、足元の経済指標はどんどん悪化していますので、あまり乱暴な事は出来ないと思うのですけどね。

まあ、そうは言っても0.75%の利上げはすると思いますし、この辺は既に織り込まれているでしょう。

問題は、その後の利上げ姿勢がどうなるかで、故に金融政策を決定した後の会見に注目が集まっているのです。

正直、結果は読めませんが、相場を壊すような話ではないとは思うのですけどね。

そもそもインフレの原因は需要の増大ではなく、供給不足なのです。

特に原油を中心とした資源が足りないのですが、足りない主因はバイデン政権の政策によるものです。

ですから、FRBがいくら頑張っても本当の意味での効果的なインフレ抑制は出来ないのですから、何をやってもあまり意味がないとも言えるのですけどね。

ただ、何もやらないよりは良いですし、やれることはやらなければいけません。

とにかくFOMCが終わるまでは様子見が続きそうですし、この様子見が程よい調整局面になるでしょう。




さて、この様な相場で何をするかと言えば、良質な銘柄を仕込むチャンスと捉えれば良いと思います。

先ほどは仕込みを推奨している銘柄にパラパラっと売りが出てきて10円ほど押す場面がありましたが、なかなか良い買い場だったと思います。

そうした旨をメンバーにレポートしましたが、今は1円安まで戻しています。

ちなみに、この銘柄は今週中に大幅高になる場面が来る可能性が高いと見ています。

良い利益を得られるのではないかと期待しています。

他にも押している銘柄はあるので、新規で推奨しようか検討しているところです。

メンバーは新情報を見逃さないようにご注意ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

久々の下落で一息ですね。

ただ、ほぼ全面安というのは気に入りません。

多少は騰がっている銘柄もあるのですが、今一つ迫力がありません。

まあ、ここは調整があった方が良いでしょう。

問題は、この下げでどう行動するかですが、お勧めは買いです。

もちろん、銘柄は選ばなければなりませんが、有望株の押し目が買えるチャンスだと捉えれば良いでしょう。

具体的にはメンバーに向けてレポートします。




しかしまあ、日本は本当におかしくなっていますね。

コロナの新規感染者数が世界一です。

世界一のマスク着用率で、世界トップクラスのワクチン接種国なのにです。

そろそろ、何かおかしいと気付くべきだと思うのですけどね・・・。

マスク装着率を見ていると、マスクは効果的だと思っている人が多そうです。

おそらく、政府が「マスクはつける必要がない」とか、何か明確な方針を打ち出さない限り今の状況は変わらないでしょうね。

現状はコロナで重症になる人よりも熱中症の人の方が多いのです。

まあ、コロナ感染者世界一と言っても、無症状でもどんどん検査をして陽性を探し出しているだけなのですけどね。

症状的にはインフルエンザと大差ないですし、5類にしてどこの病院でも診察できるようにすれば万事解決なのですけどね。

この騒ぎがどこまで相場に影響するかは分かりませんが、今後の推移を見守りたいと思っています。

さて、下げの原因は連騰し過ぎていたことだけだと言っても良いですし、実際にコロナの影響がどこまでなのかは分かりませんが、相場はそこまで反応していないようにも思います。

この下げを利用して、良質な銘柄をいかに安く買うかを考えていれば良いと思います。

メンバーには新規銘柄を考えても良いところなのですが、とりあえずは推奨銘柄の押し目買いで良いでしょう。

弱い時こそ強気で見るべきです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は騰落レシオが139まで来ているので、このまま上昇とは思えないのですが、それでも強い展開ですね。

そろそろ下げたほうが落ち着くと思います。

休むも相場という奴です。

しかしまあ、ニュースを見ればコロナコロナですね。

どうしてこんなに感染者が増えたのかと言えば、単純に感染力が強くなっている点が挙げられますが、多くは無症状なのです。

それでもこんなに見つかるのには理由がある訳です。

街に行けば分かるかと思いますが、無料のPCR検査場があるのです。

中には商品券をくれたりするところもあり、聞いたところでは1500円相当がもらえるのだとか。

しかも、毎日行けば、毎日もらえるそうです。

並ぶのは手間ですが、毎日並ぶという人はいるでしょうね・・・。

そして、無症状でも感染者が見つかるという仕掛けです。

はっきり言って無意味で、恐れる必要もない状態ですが、これをメディアは盛大に煽って来るし、政府もそれを助長するような発言ばかりです。

よほどコロナ利権がおいしいのだと思いますが、乗せられる国民のレベルが低いというのもまた事実です。

こうして政治家や官僚に我々は食い物にされ続けるという事ですね。




残念な事ですが、ここまで酷いとどこが終わりなのかさっぱり分かりません。

予想できるのは、それでも感染拡大のピークは来るという事です。

そして終息期が来るのですが、そこで政治がどう動くかです。

今流行っている型は世界中で流行っていますが、気にしているのは中国と日本ぐらいです。

岸田は次の終息期に5類へ引き下げできるのか?

一瞬覚醒したようにも見えたのですが、現時点ではダメな感じですし、これを予想するのは難しいと思います。

ですから、アフターコロナに関しては、現時点であまり力を入れない方が良いと考える事にしました。

他に気になるのがウクライナ戦争ですが、ロシアが勝った場合はどうなるのか?質問を頂きました。

私程度の知識では分析しきれませんが、貯めこんだ兵器は使い果たし、多くの若者を戦争で殺し、西側との貿易は途絶。

食うためには西側にエネルギーを売るしかないが、価格に上限設定が設けられているので思うような値段では売れない。

この国にどんな未来が待っているのか?

国力が残っていれば、日本に攻めてきたかも知れませんが、ここまで疲弊した国では無理でしょう。

少し懸念しているのは、政治不安のイタリアに親露政権が誕生する可能性が生まれている点です。

今のところはロシアを制裁するという方向でまとまっていますが、イタリアに親露政権が誕生した場合はG7の足並みが崩れますし、欧州も荒れるでしょう。

ロシアのような野蛮な国は倒さなくてはなりませんが、エネルギー価格の高騰で庶民の生活が苦しいですからね。

エネルギー欲しさに乞食になる奴らがいてもおかしくはないという事です。

ただ、力による現状変更を許した場合、困るのは日本です。

「西側の抵抗はせいぜいここまで」と見切られると、北海道は狙われるでしょう。

また、中国は沖縄を狙ってくるでしょう。

ですから、どこの国がロシアの味方をしようとも、日本だけはしっかり制裁しなければいけません。

力による現状変更は認めない!という姿勢は貫くべきだと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日の225は凄かったですね。

超えないと見られていた27000円をあっさりと抜き去り、700円以上高くなったのです。

正直、驚きましたが、疑問はありませんでした。

こんな相場になる可能性も考えていたので、下手に空売りはせず、買いで攻めてきたのですからね。

上げ幅は予想外だったとしても、予想外の喜びというだけの事でした。

そして、今日の相場ですが、また随分と強いですね。

225はもう少し下げても良いと思うのですが、大きく下げる気配はありません。

昨日の時点で騰落レシオが119まで上昇しているのですが、120を超えても強いという相場はなかなかありませんし、目先としては良いところまで来たと言えます。

更に225は上昇するとしても、お休みは欲しいところです。

ですから、今日は上がってきたとしても焦る必要はないでしょう。

ただ、個別は動きをしっかりと見極め、買うべき銘柄は買うべきだと思います。

225は押していても、強い銘柄があるので、これを買っていくか、連れ安している銘柄を買っていくかですが、やはり連れ安している銘柄を狙うべきだと思います。

逆行高している銘柄は一部利食いでも入れておけば良いでしょう。




さて、先日の話になりますが、入会して最初に買うと良いという意味も込めて宣伝していた銘柄の一つが本格的に上昇してきました。

2778パレモは現時点で11円高の219円となっています。

メンバーへの推奨は168円でしたし、このブログでご紹介した時は180円台だったと思います。

今日は220円台に乗って引けてくるか?

直近高値227円を抜けてくるか?に注目していますが、目標は300円ぐらいかと思いますので、買ってないならばこの辺で買っても良いでしょう。

まあ、メンバーは買う必要はありません。

既に買っているでしょうし、一部利食いも出している頃合いかと思います。

今買うべき銘柄は、この銘柄と並列して取り上げる事の多いアレです。

現時点では1円安ですし、この辺でコツコツ拾っていれば良いと思っています。

来週辺りから本格的な上昇になると思いますので、今はこれを楽しみに待っていれば良いでしょう。

こちらは500円以上になると見ていますし、覚醒すれば4桁も!?という夢のある銘柄です。

もう少し待っていてくれれば、8月入会でも間に合うのですが、待ってくれないような気はしています。

まあ、銘柄はこれだけではありませんし、他にも化けそうな銘柄を推奨していますので、間に合わなければ他を買えば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

27000円が重く、なかなか抜けないラインになっていましたが、米国株高を材料に一気にこのラインを抜き去ってきました。

上の予想をしている予想屋は少ない様に感じていますが、そんな時だからこそ上かな?と。

結局、相場というものは皆が思う方向には行かないですからね。

抜けなかった27000円を抜いたのだから、これは相場が変わったと見れば良いかと思っているところです。

ただ、少し問題なのはこうして225が大幅に上昇してトレンドが変わってくると、個別材料株が動きにくくなるのです。

特にそこそこ好調だった銘柄は売られる事もあります。

移り気が早い個人投資家がすぐに乗り換えるからだとは思うのですが、この局面で判断を間違うと痛い事になります。

買われる銘柄は買われると信じ、ぶれない方針が良いでしょう。

もちろん銘柄を見ながら判断するしかないので、どれがどうとは言えませんが、お困りのようでしたらメンバーはご連絡頂ければと思います。




さて、昨日ブログでも、ご紹介した6191エアトリがまずまずの上昇です。

この銘柄は高いところで、メンバーに推奨してしまい、ご迷惑をおかけしているのですが、昨日は底打ちだと判断して買いをお勧めいたしました。

もう少し伸びても良いと思いますが、昨日買えていれば余裕を持って見ることが出来るでしょう。

難しい相場ですし、なかなか先行きを当てるのは難しいのですが、目先の雰囲気である程度読むことは出来ています。

これから大幅に上昇すると見込んでいる銘柄の仕込みを進めていますし、この辺が本格的に動いてくると面白くなるのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ぱっとしない相場ですね。

225は27000円に到達するや否やで変わらず付近まで売られましたが、その後はまた盛り返して270000円を超えてきましたね。

再度売られるのかに注目していますが、上の可能性もあるので利食いは良いとしても、空売りは見送りが正解だと思います。

あくまでも、突っ込んだら買う事だけを守っていれば儲かるサイクルだと思います。

さて、これから決算発表シーズンに入りますし、全体的には騰がりにくいのではないかと思います。

ただ、全体は騰がりにくくても、個別は結構盛り上がるのではないかと期待しています。

先日から予告している銘柄は既にメンバーに推奨しているのですが、じわじわと上値が買われてきています。

これが200円を超えてくると、そこからが本番になると見ています。

190円台で買えるチャンスが後どれだけ残っているかは分かりませんが、買えるなら買っておきたい190円台です。

まだ認知度が低い銘柄ですが、今週末にはかなり注目される銘柄になっているのではないかと期待しているところです。




相場は少し変化してきていると思うのですが、特に気になっているのが6191エアトリです。

コロナの感染拡大を受けて旅行支援の延期が発表されて売られた経緯があるのですが、流石にバカバカしいとしか言いようがありません。

商売、スポーツ、株、試験・・・と、多くの事で大事なのがデータです。

そして、データのどこを見るのかが大事なのですが、普段はそこそこデータ解析できる日本人がコロナのデータを全く解析できていないのです。

どういうことかといえば、確かに感染者数は過去最大を更新していますが、重傷者は全国で100人程度しかいません。

そして、死者の多くは80歳以上です。

これのどこが脅威なのでしょうか?

単純にウイルスが変異する度に感染力が強まり、弱毒化が進んでいるのです。

これはウイルス学の基本であり、新型コロナ発生直後から当ブログでも書き続けてきたことです。

この状態で命の危険も顧みず、マスクで炎天下のスポーツ観戦とかほとんど自殺行為をやらかす日本人です。

国際スポーツ大会を観る機会は多いと思いますが、どこの国もマスクなんてしていません。

また、国際会議でマスクをしている人もいません。

日本人の閣僚も外国に行けばマスクをしていません。

ちなみに、米国は今でも日本よりも感染者数が多いですし、死者も重傷者も何倍も多いですが、全く騒いでいませんし、マスクもしていません。

そろそろ気付けよ・・・と言い続けていますが、ほとんど変化はありませんね。

ただ、相場は先取りし始めているように思います。

流石にこれ以上世界からかけ離れたコロナ政策はおかしいですし、個人レベルでも気づき始めている人はいると思います。

変化の波を見逃さず、しっかりと対応して行きたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休前という事もありますが、それにしても冴えない相場ですね。

一部盛り上がっている銘柄はありますが、リスクが高いようなものばかりです。

本来買われても良いはずの原発再稼働関連が概ね寄り天になっています。

選挙が終われば、岸田は原発の再稼働に動くと見ていましたし、読み通りの動きをしてくれたのは良いのですが、相場の反応はいまいちです。

この押し目は買いで良いと思っているのですが、流石に弱すぎて怖くなりますね。

買っている銘柄に自信があれば良いのですが、自信がないと買えないですし、売らされる事になりかねません。

今後相場が大荒れとなる可能性も否定はできませんが、基本的には強気姿勢で良いと思います。




ちなみに、相場に大きく影響すると見られるのが米国の金利政策です。

CPIが予想よりも高くなっていますし、1%の利上げも必要だと言われていますが、足元の資源価格は大分下落してきています。

また、スマホの売れ行きが落ちている事や、仮想通貨の暴落によって半導体需要が減少し、半導体価格も大分下落しました。

足元では反発しているのですが、中長期では下落方向かと思われます。

一部では品薄と言われていますが、一時的に儲けすぎた反動といった感じでしょう。

根本的に米国の原油政策が間違っているために起こった資源高なので、バイデン政権が続く限り、前に戻る事はないと言えますが、足元の急騰分は解消される可能性が高いと見ています。

この状態でFRBは1%利上げをするでしょうか?

おそらくは最大で0.75%で、もしかすると0.5%もあるかも知れません。

住宅販売も落ち込んでいますし、今回の利上げはかなり慎重に見てくると思うのですけどね。

相場への影響は、0.75%でも織り込み済みとなりますし、悪い事はないと思っています。

しかしまあ、今日の相場はいったい何なのでしょうね?

あまりの弱さにがっかりですが、良い銘柄は買われると信じて頑張るしかないと思っています。

なかなかきつい展開ですが、朝飛びついた分が投げ終われば、少しは持ち直すのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は小幅安の水準で揉み合っていますね。

高安まちまちですし、方向感はありませんが、買い場となっている銘柄はありますね。

それと、数日前から推奨している銘柄がぐいぐいと上値を取り始めています。

最新情報によると、4桁まで行く材料が隠れているらしいような事を言っていました。

4桁に行くなら100円台はどこでも買いだという事になりますが、ここから新規で買うのはちょっと勇気が要りますね。

確実にそんなに凄い材料が出るとは言い切れませんし、そもそも本当かどうかも分からないのです。

噂を考慮しながらファンダメンタルズとか、テクニカルの分析をして、可能性があると思えば乗っていく感じです。

私の感覚での話になりますが、リスクに見合った利益はあるのではないかと思っていますので、現時点ではかなりのお勧め銘柄となっています。

それと、少し動き出していますが、まだまだ仕込み場と思っている200円台の銘柄があります。

こちらはちょっとリスクは高めですが、値位置的にはまだ高値更新になっていませんし、そこまでリスクは高いとも思いません。

今は少し値下がりしていますし、先の銘柄よりは買いやすいですかね。

ただ、化ける可能性があるのは先の銘柄です。

上手く分散して買っておけば良いでしょう。




さて、他にも色々ありますが、とにかく個別でやれる相場だと思います。

岸田には、少しは期待を残していますが、多分ダメです・・・。

そして、岸田と言いますか、奴の所属する宏池会のお友達である中国はガタガタでズタボロになっています。

岸田は中国と共に日本を沈めるつもりなのでしょうかね?

表面上だけで、実は国士であると信じたいのですが・・・。

まあ、とにかく期待せずに成り行きを見守るしかないと思います。

そして、やっぱりだめなら非難もしなければならないと思っています。

どうなるかはまだ分かりませんが、大きな流れを見誤らないようにしたいです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は落ち着いていますが、昨日は本当に酷い相場でした。

月曜日は自民党が大勝したので大きく買われましたが、ご祝儀は一日で剥げてしまったのです。

選挙を控えて動きにくかった岸田も、選挙後は動き出すのではないかと、少し貶さずに見て行こうかと思いますが、やっぱり岸田は岸田という事になるのかも知れません。

特に懸念されているのが内閣改造で、一部では高市外しなんかも言われています。

ぎりぎり高市が調整しているから何とかなっているようにも見えるのですが、これが下手な奴になったら大変な事になります。

岸田は利上げを検討していると言われていますし、これも噂でしかありませんが、黒田を辞任させて利上げをしようという話があるのとか。

現状では円安が止まる気配もありませんし、最終手段としての利上げは仕方がないでしょう。

しかし、利上げ前にやるべきことは山ほどあるのです。

高すぎる電気代は、原発を再稼働すれば大きく抑えられますし、普通の風邪レベルまで脅威度が下がっているコロナを5類に引き下げ、旅行支援や飲食支援をすれば良いでしょうし、高すぎるガソリンには上限を設定し騰がらないようにするのも良いでしょう。

しっかりと景気対策をした上で、経済活動が正常化してきたならば、利上げという手段もありだとは思います。




しかし、何もせずにただ単に黒田をクビにして利上げとなれば、それはもう愚策です。

今はまだ動いていませんが、この経済的混乱が大きくなっているところでの第一声が憲法改正でしたからね。

それは必要ですし、やるべきだと思いますが、今?とは思いました。

まだ様子見ですが、今のところ岸田は岸田という予感がしてなりませんし、こういう嫌な予感が当たるなら株は暴落路線の可能性もあるかと思っているところです。

まあ、国益よりも省益優先の財務省は景気がどうなろうが税収さえあれば良いのでしょうが、岸田と組んでどんな嫌がらせをやって来るのかと、ひやひやしているところです。

杞憂に終われば良いのですが、岸田は予想の上を行きますからね・・・。

何よりも恐ろしいのはメディアがこれを叩かないことです。

面白がっているのか、気付かないのかは分かりませんが、これが問題です。

我々にできることは、せめて稼げるうちに株で稼ぐ事です。

こんな状態でも暴落相場にさえならなければ、銘柄はありますし、弱気になりすぎてはいけないと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株安と言いますか、NASDAQ安からの日本株は売り先行での始まりとなっています。

世界的リセッション懸念が大きくなってきてる事もあってか、大分売りが増えてきていますね。

昨日は自民大勝のご祝儀相場といった側面もあったと思うのですが、一夜にして丸禿となってしまいました。

やはり、岸田では期待薄という事なのでしょうかね?




ところで、円安が止まりませんね。

行き過ぎた円安はマイナスでしかないと思っていましたが、税収を見る限りはトータルプラスという事になるのでしょう。

もちろん、円安で多くの庶民は苦しいです。

原油価格の高騰とその他輸入資材の高騰が影響していると言えますが、政府は大幅な税収アップとなっているのですから、困っているところにカネを出せば良いのです。

本当に簡単な話ですが、色々決めるにも国会が始まらない事には話になりません。

円安が国益だと言うのであれば、国民がその恩恵を享受できるようにするのが政府の仕事だと思うのですけどね。

選挙も終わり、岸田も以前よりは動きやすくなっているはずなので、少しは期待しています。

とにかく、内閣改造を見て、岸田のやる気を見極めたいと思います。

それまでは、批判せずに様子見します。

しかし、今日は相場が悪すぎますね。

いくらリセッション懸念とはいえ、ここまで売られるか?と思いながら見ています。

予想外に下げているので、買い場だと思いますが、買いたい銘柄を見ると対して下げていないとか、上げていたりもしています。

実にやり難い相場ですが、やりようがない訳でもありませんし、冷静に相場を見ながら投資判断を下したいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

安倍元総理が殺害され、かなりショックを受けました。

ダメだと思った政策もいくつかありましたが、首相としての総合評価は私の中では高いです。

トランプが当選した時に外交上手の安倍でなかったら面倒な事になっていた可能性が高いと思います。

今後も日本を支えてくれる大事な政治家だと考えていました。

こんなことが二度と起こらない社会になって欲しいと願っているところです。

ご冥福をお祈り申し上げます。




さて、参院選挙は自民党の圧勝で終わりましたね。

投資家にとって良い材料を出せる政権だとは思いませんが、ここまで大勝すれば動けなかったものも色々動いてくると思います。

筆頭は憲法改正で、公明党に骨抜きにされる可能性は少し残っていますが、ここまで大勝すれば公明党も強いことは言えないでしょう。

後は原発やコロナ政策がまともな方向に動いてくれることを祈るばかりです。

とりあえずは安定政権という事で、外資の評価は悪くないと見ています。

これから内閣改造もやるようですが、ここでどうなるのかを見たいと思います。

あまりに酷い閣僚は首にした方が良いですからね。

林とか、茂木とかダメですからね。

ただ、岸田ってこういう人事で自分を守っているようにも見えるのです。

自分は検討と注視だけで目立ったことをせず、周りが下手に動いて被弾する感じです。

政権批判までは行かない程度に被弾していく不思議な政権とも言えます。

ここまでの岸田は全く評価できませんが、変わるかも知れませんし、少しは期待しているところです。

相場の方は今日はほぼ全面高で、225は27000円を回復する局面もありました。

更に伸びると見るか、目先の天井と見るかが難しいところですが、225はもみ合いが一番だと思っています。

225は下手に上昇しない方が個別銘柄の動きが良くなりますからね。

とりあえず、27000円付近は225は売りと考えても良いかもしれませんが、大きく崩れそうな感じはないので、個別は買いで良いと思います。

ただ、この局面でどれを買ったら良いかは迷うところです。

押していれば買いたいですが、良い銘柄はなかなか押しませんからね・・・。

もう少し相場を観察しながら、仕込む銘柄を探したいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

1兆円の売り圧力と言われていましたが、何事もなくSQを通過しました。

まあ、分かり切っている売りなんてこんなものですね。

通過後もしっかりしていますし、なかなか良い相場になってきたように思えます。

この週末は参議院選挙がありますが、新興勢力がやや議席を確保しそうですね。

一方、立憲と共産党は議席を減らしそうですし、社民党は議席を完全に失うかも知れません。

自民党は議席を減らす可能性はありますが、大勝で間違いはなさそうです。

岸田の政策なんて百害あって一利なしのものばかりですが、大手メディアが叩かないから一般人が気づかないというステルス政権なのです。

外資は政変を嫌うので、自民の大敗は避けて欲しいのですが、適度に負けて欲しいと思っています。




ただ、選挙が終われば流石に岸田も動き出す可能性はあります。

原発の再稼働とコロナを5類に格下げです。

原発に関しては、再稼働させないと夏も冬もまずいです。

これは解説する必要はないと思いますが、再生可能エネルギーでは安定電源にはならないのです。

安定電源にするためには大量の電池が必要ですが、コストが高いですし、消耗品である事に変わりはありません。

結局、電池を作るにもエネルギーが必要ですし、本当に環境にやさしいのでしょうか?

まあ、原発は廃棄物が厄介なので、これも二酸化炭素を出さないだけでクリーンとは言い難いですけどね。

ただ、二酸化炭素を敵視した結果が今の世界情勢不安と、酷いインフレになるのです。

世界はもっと冷静に物事を考えるべきですが、欧州は変化してきていると感じています。

次にコロナですが、世界的に毒性が弱くなっていますし、未だに重大な感染症だと考えている先進国はありません。

国際会議はどこもノーマスクですし、普通に握手、ハグもしています。

多くの国は日本でいうところの5類扱いになっていて、もはや2類のような扱いはしていません。

感染したら医者に診てもらうか、自宅で療養すれば良いと言った感じです。

まあ、要するに普通の風邪です。

日本もそうする必要があるのですが、叩かれたくない岸田は2類のまま・・・。

私なら2類のままの岸田を叩きますが、マスコミは叩きません。

相変わらず、世界からずれた日本ですが、選挙後は5類に変更してくるのではないかと思います。

ここのところ感染者数は急増していますが、死者、重傷者共に大して増えてはいません。

それこそ、普通の風邪で亡くなっている人の方が多いはずです。

感情で物を言わず、データで先行きを予測すれば良いだけなのですけどね。

さて、選挙がどうなるのかは分からないのですが、予想通りなら来週も相場は悪くないと見ています。

政変がなければ相場は上。

岸田には期待できませんが、相場には期待できそうです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

難しい相場が続きますね。

ただ、今現在の話ですが、SQに向けた売り仕掛けは大したことなさそうです。

1兆円の売り圧力の話がありましたが、これは杞憂に終わるのではないかと思います。

誰もが分かっている売り圧力なんて大した話ではないという事でしょう。

ただ、売り仕掛けがない状態で明日のSQを迎えたとして、その後がなかなか読みにくいのです。

昨日今日あたりで売られてきたならば、そこは買いで良いと思っていたのですが、売られていないという事は買えていないという事でもあるのです。

上げていれば利食いを出せば良いのですが、上げている銘柄は多くはありませんからね。

まあ、今日は推奨銘柄の2918わらべやがS高買い気配になっていますし、こういう場面での利食いは良いとレポートしています。

ただ、こうした銘柄を保有できている方は少ないでしょうし、上昇を味わえるのは安いところで買ったからと言えるのです。

半端な相場で半端な売買をすると、結局はやられてしまう可能性が高いですし、今日のような相場は様子見しながら押し目を狙うしかないでしょう。

さて、結果は読めているが、時間軸が読めないのがロシア情勢です。

もはやハイテクが手に入れられない国なので、その内に携帯電話も消滅するものと思われます。

ロシアの未来は謝罪と賠償で辛い日々となるか、巨大な北朝鮮となるかのどちらかです。

間違いないのは深刻な人手不足です。

戦争で万単位の若者が死んでますからね・・・。

これで明るい未来なんてありえません。

とにかく全ては時間の問題という事です。

この戦争が終われば復興需要で欧州は盛り上がるでしょう。

その流れに乗りたいのがイギリスであり、アメリカです。

だからこそ、ウクライナにガンガン武器弾薬を供給しているのでしょう。

お代はロシアから回収すれば良いだけですからね。

復興に100兆円かかると言われていますが、ロシアは天然資源の宝庫で、財閥はかなりの財産を隠し持っているので、回収は可能でしょう。

目先は暗い話ですが、先々経済的には面白い話だという事です。





もう一つ読みにくいのは中国の先行きです。

様々なシミュレーションをしていますが、どう考えても中国が崩壊しそうなのです。

超高速少子化と不動産バブルの崩壊。

そして、中共の先鋭化と外資の離脱。

さらに言えば、逃げ遅れの日本企業です。

まあ、そもそも中国に進出したこと自体が愚かと言えますけどね。

最近は中共が技術移転を強烈に求めてきていて、拒否している外資の多くは逃げ出しています。

秋以降の暴落説を唱える人も出てきていますが、この材料が先鋭化してくれば有り得るかな・・・とも。

まあ、焦らずに様子をうかがうしかないと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は売られて始まりましたが、じりじりと戻していますね。

今週末のSQに向けて売り仕掛けの話はあったのですが、あったとしても大したことはなさそうですね。

特に言われていたのは8日に出てくる1兆円程度のETF利払いの為の売りですが、こんな分かり切った売りに対処できない程に市場参加者はバカではありません。

まあ、ここから下げに転じていく可能性もありますが、今日も個別重視で何とかやりたいですね。

ところで、650円前後で一部利食いをお勧めしていた9501東電ですが、想定通り600円付近まで下落してきました。

利食いは、こうした下げを買いに行くための行動です。

下げてくると怖いと感じるかも知れませんが、こうした場面は狙って行くべきです。

詳しくはメンバーにレポートしています。




さて、先日ロシア最大の上場会社ガスプロムの株価が暴落しました。

これは、増配とまで言われていたのに無配を発表したからなのですが、どうして無配になったのかと調べると、9月から10月にかけて3兆円を超える税金をかけるとロシア政府が発表していて、この支払いのために配当原資がなくなったようです。

結果として10兆円が株価の下落で吹き飛び、焦ったロシア政府は買い支えを実行したのですが、支えきれずにまた下落しています。

売られた原因は政府にカネを取られるから配当が出来なくなったという事であり、この事実が変わらないのに株価が戻る訳はないのです。

おそらく、3兆円つぎ込んでも株価は元に戻らないでしょうね。

こんな行動を見ていると、やはりロシアは終わりに向かっているとしか思えませんし、行方の予測はそれほど難しくありません。

さて、難しいと言えば米中関係です。

米国はG7、NATO会合などを通じ、中国を敵国として扱うように舵を切りました。

その一方で一部の貿易品の関税を元に戻すような事も言っているのです。

どちらが本音なのでしょうか?

共和党ならもう少し分かりやすいのですが、民主党は何を考えているのかさっぱり分かりません。

まあ、全体的に見れば中国を切り離す方向に行っている様には見えるのですけどね・・・。

この辺の事はヘッドラインを注視する必要があります。

見えてくるものがあれば投資方針も修正する必要があるでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

推奨銘柄でもあるのですが、9501東電が659円まで急上昇しました。

今日は下げる場面もありましたし、一服となっていますが、先行きがどうかと言えば上の可能性が高いと見ています。

600円で調整しなかったので660円付近での調整は想定内ですし、むしろ調整した方が良いぐらいです。

やはりこの先、原発がどうなるかが重要だと思います。

原発を再稼働すれば、当然東電の収益は向上する訳です。




では、再稼働はあるのかとなりますが、結論から言えば再稼働の可能性は90%を超えるでしょう。

ほぼ100%と言っても良いぐらいです。

なぜかと言えば、国内の原発アレルギーに関しては大手メディアが活動家と共に恐怖を煽っているだけで、実はそこまで強いアレルギーはないと言えるのです。

問題は、あくまでもメディアの姿勢だけで、メディアと政府がしっかり説明をすれば、再稼働に反対する向きなど大したことはないと言えるのです。

まあ、メディアが再稼働に賛成してくるかどうかは分かりませんが、流石に停電の危機まである状態で原発を再開するなとは言い難いでしょう。

そもそも脱原発の流れを作り出したのはドイツで、ドイツは原発を捨ててロシアにエネルギーを頼る選択をしましたが、それが大失敗に終わった訳です。

本当はロシアのガスが欲しくてたまらないのですが、ここでそれを言ったらおしまいという訳ですね。

となると、ドイツは新たなエネルギーを確保しなければならないのですが、LNGを他国から仕入れようにも貯蔵施設が足りないし、LNG船も足りないのです。

色々都合はあるのでしょうが、とにかくドイツは原発を再開する以外に道はないのです。

日本よりもエネルギー高に苦しんでいるのですから、日本よりも先に再開を決める可能性は高いですし、ドイツが原発の再開を決めれば、もはや日本の原発再開に障害はないとも言えます。

とりあえず、夏の電力ひっ迫が問題となっていますが、最大の問題は冬なのです。

ですから、目先は分かりませんが、冬という目標を立てれば、そこに備えて東電を買っておくのは悪くないと思っているところです。

本当に目先の判断というのは難しいのですが、先々を見ればそこまで難しくはない。

そんな銘柄もあるという事です。

問題は、先々を見ていると足元で起こる事件事故に巻き込まれる可能性が高まる点です。

時間はかかればかかるほどに、そうした事に巻き込まれやすくなります。

長期投資という観点は重要なのですが、出来れば長期化は避けるべきとも言えるのです。

目先の情報も重要ですし、回転売買も重要と言えます。

長期化は致し方ない時に受け入れる程度であり、最初から長期で狙うというのはあまりお勧めはしたくありません。

リスクは極力少ない方が良いですからね。

とりあえずは人気化している東電を狙ってみても良いかと思います。

ただ、他にも色々ありますし、持っているとするならば他の銘柄を狙うのも良いと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は米国株の上昇に連れ高していますが、どうも反応が鈍いですね。

今日は米国が独立記念日でお休みなので、やりやすい日だとは思うのですが、今一つ盛り上がりません。

まあ、銘柄によっては良い感じです。

推奨銘柄では9501東電が高値更新となり、500円前後で揉み合っていた頃が懐かしくなるぐらいです。

材料はもちろん原発の再稼働期待です。

原発を動かせば解決するのに、無能な政府は節電要請、節電ポイント・・・。

無能というより汚いと言った方が良いかもしれませんね。

新たな仕組みを作れば、新たな利権が生まれ、政治家というのはこういう事で飯を食っているのだと、改めて感じました。

電気を使うなという事ですが、政府はEVの普及を後押しする政策をとっています。

日本の自動車の数は7000万台以上ある訳ですが、EVは12万台ほどです。

7000万台がEVになったとしたら、電気はどれだけ必要になるのでしょうか?

これを賄うインフラはどれだけ必要なのでしょうか?

はっきり言いますが、これらは全て完全なる無駄です。

世界最大の自動車メーカーであるトヨタもEV車は作っていますが、絶対に本気ではありませんし、EV化に警鐘を鳴らしています。

結局、世界中どこの自動車メーカーもトヨタのハイブリッドエンジンに勝てない事が分かり、生き残りをかけて嘘をばらまいたのだと思います。

要はトヨタ潰しです。

上手くやれば、昔ベータがVHSに駆逐されたように、理にかなわない事も起こせたかもしれません。

しかし、EV化は代償が大きすぎるのです。

既に起こったのは電力不足と化石燃料の高騰。

そして、資源高で潤い、調子に乗ったロシアによる侵略戦争。

トヨタを潰したいがために行った事がウクライナ戦争まで引き起こしたと言っても過言ではないのです。

流石にこの無茶な政策には、多くの人が気づき始めていますし、流れは大きく変わると思うのですけどね。




とりあえずは見守るしかありませんが、日本の方針は今週末の選挙の結果次第とも言えます。

私は基本的には自民党の支持者ですが、今回は自民党には投票しません。

もちろん、立憲共産党とかは論外です。

無能な岸田政権が適度に負けてくれると良いと願っていますが、さて・・・。

様子を伺いながら相場の予想を修正したいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日から7月になりましたね。

7月1日は6月末の配当分の再投資があるので騰がりやすいのですが、どうも売りが多いですね。

NYダウ先物が下げている訳でもありませんし、ここまで売られる理由もないと思うのですけどね。

225はともかく、個別は盛り上がっても良いと思うのです。

しかし、今日は全体的に売られている銘柄が多いです。

推奨銘柄に関しても売られている銘柄は多いですが、9501東電の様に上昇している銘柄もあります。

来週のSQまでは売られやすい環境が続きますし、意外な突っ込みがあるかも知れません。

問題はこの突っ込みをどう見るかだけなのですが、基本的には買いで対処すべき場面だと思います。

売りで狙うこともできますが、今日の様に下げているところで売ると踏まれる危険性が高いと思います。

売るなら買われている場面を狙うべきでしょう。

まあ、そんなに器用には出来ないので、単純に押したら買うという動きで良いと思っています。




さて、今後の相場ですが、ここのところ大きな動きが立て続けに起きています。

引き金はロシアによる侵略戦争で、これを機に西側がレッドチーム排除に動き出しました。

G7ではロシアに対する強烈な制裁が決定し、NATO拡大会合ではロシアを敵国認定し、中国も名指しで危険国家として批判されました。

ロシアは完全にレッドチームであり、敗北を認めるまで制裁は続くでしょう。

中国は、一応は西側に入れる用意は残しているものの、出方次第ではロシアと同じ扱いになるでしょうね。

米国では中国アプリの排除の動きが強まっていて、その内中国人の利用しているスマホ決済は使用不能になりそうです。

また、TikTokなどのアプリも削除の方向で動いている様ですから、中共が姿勢を改めない限り、中国排除はどんどん進みそうです。

日本では、今でもTikTokのCMが流れていますし、こんな事では置いて行かれそうですが、岸田もG7やNATO会合に出て今の空気を吸ってきたと思います。

まあ、期待はしていませんが、支持率が大分落ちてきているようですし、少しはまともに動き出すかな?と思っているところです。

日本はこの新しい世界の流れについて行けるのでしょうか?

ロシアのような歴史的に乱暴で身勝手な国家は、今の世界に存在してはならないのです。

さっさと消えて頂き、世界が少しでも平穏を取り戻せることを祈っています。

ただいま7月メンバー募集中です。

2007年から15年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。