225は反発スタートですが、揉み合いとなり方向感がありません。

マザーズはマイナススタートからプラスに転じましたが、すぐに値を消し変わらず付近となっていて、こちらも方向感がありません。

先週末は空売り比率が50%を超え、流石に売り過ぎという感覚がありますし、買われているというよりは、この空売りの買戻しではないかと思います。

あまりに久しぶりで見逃していたのですが、先週末の28000円割れのところで日銀が買っていました。

流石に28000円は割らせたくない様に感じました。

今までは、前場で〇%下げたら、後場に買うというルールだったのですが、これにボーダーラインが加わったような感じですね。

まあ、ルール設定はあるはずですが、公開されないので、動きから推測するしかないのですけどね。

ただ、28000円以下と、大幅な下げという条件が整えば、日銀は買いに来る可能性が高いという事が分かりました。

ここのところの不調は日銀が買ってこない・・・というものもありましたので、この点に関しては少し良いような感じはしています。

ただ、日銀が買わないと騰がらない相場という時点で、今の日本株に魅力はないのでしょう。




特に危ないのは、予想通りとは言え、原油がじりじりと値上がりしています。

去年の高値に面合わせとなっていますが、若干救われているのは円高に振れた事です。

とは言え、無茶な口先介入での円高であり、続かないと思うのです。

岸田政権も相変わらずで、株価が下がりそうな話しか出てきません。

特に酷いと感じたのは、経済再生担当大臣が株価は気にしないと発言をしたことです。

流石に酷すぎますし、これが先週末の下げにつながっていました。

レジ袋有料化で業績悪化となった3945スーパーバックはリストラを発表しました。

更に岸田はこれでも温いと言わんばかりに、スプーンやストロー、ホテルのアメニティに至る、あらゆる無料製品を有料にする案を出してきました。

もはや正気とは思えない政策であり、またどこかの企業が苦しむのでしょう。

本当に変な世の中になってしまったものです。

とりあえず、相場は大型のバリュー株から、小型のバリュー株も買われる動きが出てきていますし、入ってくる情報の多くがバリュー系のものが多くなっています。

そんな中で、高値に向かって動いて行きそうな銘柄がありましたので、後ほど推奨したいと思います。

なかなか難しい相場ですが、銘柄を厳選して行けば、まだ何とかなるだろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

SQ当日まで売り仕掛けで来ましたね。

とりあえず、10時頃までにはピークアウトするパターンかとは思いますが、相場の雰囲気はかなり悪いと言えます。

何がこんなに相場を悪くしているのか?

目先としては、やはりオミクロンなのだとは思っています。

死者、重傷者共に皆無に等しいのですが、感染者数だけはどんどん増えていますからね。

この状況はウイルス学的には常識なのですが、テレビに出てくる自称有識者達は、感染者が増えれば重傷者と死者が増えると煽ってきます。

それはまあ、そうなのですが、問題は比率であり、この件には誰も触れてきません。

ただ、報道の様子を見ていると、流石に死者、重傷者共に皆無の状態では煽り切れないと言った様子が見て取れます。

しかし、政治だけは強気で煽ってきていますね。

岸田は5類引き下げが要求される中でも、強気に2類維持をしましたし、12歳以下へのワクチン接種とブースター接種の推奨もしました。

更に酷いのは小池で、更なる感染拡大なら経済活動の停止とか、ここは中国ですか?と言わんばかりの政策です。

本当にばかばかしいのですが、相場は正直で、それなら売りだ!となる訳です。

日本は政治があまり相場に影響しないという話も聞きますが、結構効いているようにも見えるのですけどね。

中国の大連休となる春節が近づいていますし、これから相場を荒らすような材料が豊富にある状態で、せめて国内だけでもプラスに働く材料を出して欲しいのですが、どう考えてもマイナスの材料ばかりです。

このような状況が変わる日が来るのかどうかは分かりませんが、まだしばらくは苦しめられそうな気がします。




ただ、こんな相場でも悪い事ばかりではありません。

期待の銘柄を安く買えるチャンスになります。

是非、良い銘柄を仕込み今後の上昇を取れるように準備して行って欲しいと思っています。

ちなみに、昨日ご紹介した5805昭和電線は、この下げは買い場と判断して良いでしょう。

こういう相場は絶望している場合ではないのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

厳しい相場が続きますね。

225は500円高くとも、翌日には200円以上下げるのですから、本当にたまったものではありません。

ただ、銘柄を選別すれば、こんな相場でも利益は出して行けるのです。

例えば、1月7日に推奨した5805昭和電線は、送電ロスなしという事で、日経新聞一面に記事が出て大幅高となっています。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC164JB0W1A211C2000000/?unlock=1

この材料がこのタイミングで出てくる事は知りませんでしたが、ここで来たか・・・と思っています。

まあ、買われる可能性は非常に高いと予想していた銘柄ですし、去年の高値を更新するところまでは行くと見込んでいます。

そう考えれば、この大幅高でも買いになりますが、ほぼ完ぺきな推奨タイミングでしたし、ここで買うなら他が良いだろうと思っています。




ただ、本命銘柄も値位置はそこそこ高くなっていますし、出来ればもっと買いやすい銘柄が良いと思っているのですが、実は次の銘柄も先程推奨しています。

相場の先行きは原油高によって暗いと言わざるを得ませんが、この原油高は修正される可能性もあるのです。

もし、修正されれば、相場は一気に上に行くと思いますが、そうなるまではこうして揉み合いでしょうか。

その間に中国は春節とオリンピックを迎える訳ですが、これが世界経済を揺るがす可能性もあると見ています。

何がどう影響して、どういう相場になるのか?

本当に難しい相場ですが、結局良いものは買われるのですし、そのような銘柄を推奨して行こうと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

SQ直前の水曜日は売り仕掛けのピークとなる事が多いので、警戒していたのですが、上値が買われていますね。

上げ賛成ですが、この上げに素直に乗りたいとは思っていません。

買うなら、やっぱり下げたところにしたいのが、今の相場です。

このまま上でも良いのですが、その場合は仕込んでいる銘柄だけで我慢しつつ、旬の銘柄を買って行けば良いと思っています。

今朝は寄りで一つロスカットしましたが、その他の推奨銘柄は順調ですし、特に慌てる必要もないでしょう。

何故に警戒しているかと言えば、コロナに関しては目途が立ってきているのですが、同時に起こる消費活動の活性化が問題です。

それに伴い、間違いなく原油の消費量が伸びるのです。

原油価格の上昇予想は何度もレポートしている通りですが、既に1バレル80ドル台を回復してきています。

一般庶民はガソリン代が高騰していて苦しくなっていますが、あらゆるところがコスト増で苦しんでいます。

飲食店でも値上げを余儀なくされているところが出ていますし、苦しい話を耳にする機会が増えました。

これが、景気が良くなり、需要が増したことによる値上げなら良いのですが、原油高によるコストプッシュインフレなのです。

後は、中国がめちゃくちゃになっているので、物流が止まって・・・というのもありますが、これも一つのコストプッシュインフレです。




今日は売られていた反動もあって買われている銘柄が多いのですが、安心して上値を買えるほど甘い状況ではないのでは?というのが、私の考えです。

今日は、下げれば買おうとは思っていましたが、下げないなら買うべきではないでしょう。

特にこれから、中国が春節を迎えるのですが、ここで大規模倒産が相次ぐという噂も出ています。

まあ、嵐の前に稼いでしまおうというのも分からなくはない話ですが、今は無理すべき場面ではありません。

むしろ、安いところで頑張って、利益が出ているものを利食いするタイミングかなという感じで見ています。

高い時は調子に乗らず、じっくり構えて利益確定を出す。

そして、皆が売りたくなるような相場でこそ、強気で狙っている銘柄を仕込んで行く。

今は、こんな感じで考えています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休明けの日本株は波乱の幕開けですね。

米国株が大荒れでしたので、仕方がないのですが、そもそも米国株が下げた理由は「景気回復から来る利上げ観測」が主なのです。

要するに「景気が良くなってきたから、バラマキは止めるし、利上げも必要だよ」という事です。

よって、大幅に下げたとしても、それは調整に過ぎないのです。

利上げが景気を悪くする可能性もありますが、ダメなら利下げできるので、利上げが暴落をもたらす可能性は低いのです。

とにかく、基本は景気が良いという事がありますので、中長期的にはプラスに働く可能性が高いのです。

そもそも、利上げをして、株価が下がり、その後に株価が騰がって、また利上げというのは、株価上昇に不可欠のサイクルです。

ただ、今回は問題になるとすれば原油高です。

景気が良くなれば、原油の消費量が増えるのは必然です。

所謂コストプッシュインフレですが、要するに悪性インフレです。

需要増によるインフレは良いのですが、あらゆる物の原材料であり、輸送用燃料であり、発電用燃料である原油が値上がりすれば、産油国以外は苦しくなるのです。

米国の場合は原油の生産を再開すれば解決するのですが、今のところバイデンは悪性インフレは地球環境を守るために我慢しなければならないという姿勢です。

二酸化炭素が本当に地球環境を崩壊に向かわせているというのであれば、削減すべきだと思います。




ただ、基本的に暖かくなって困る生物なんてほとんどいないのですし、人間にとっては暖かい方が生活はしやすいと言えます。

人類にとっての恐怖とは、むしろ地球が寒くなる事です。

今氷河期が来たら、大半の人類は生き残れないでしょう。

氷河期への対策が、二酸化炭素を増やすだけで解決できるならば、人類は偉大なる発見をしたと言えますが、おそらくは違うのです。

脱炭素政策とは、つまり、庶民からいかにカネを搾り取るかというだけの政策であり、庶民こそが反対の声を上げるべきだと思うのですけどね。

要するに、脱炭素をネタに太陽光パネルや風力発電機を売りたいだけ。

それ以上でも、それ以下でもないという訳です。

私としては、何が売れて、どこの企業が儲かるのかを考えるのが仕事なので、本来は考える必要のない事ですけどね。

まあ、いつか人類はこうしたおかしなことに気が付く日は来るのでしょうし、それもまた相場に反映される事でしょう。

という訳で、良い悪いは別として、これから何が起り、何が変化して行くのかを考えながら、相場は相場として予想して行きたいと思います。

さて、今日は一番仕込みたい有望銘柄が押し目を形成しています。

できれば、もう少し押したら良いと思うのですが、この辺は買いで良いと思います。

ただ、今日は騰がるよりも下がった方が良い日なので、上値は買わないように注意してください。

安いところをコツコツ拾うのが今日のベストだと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日の大幅安の反動で反発して始まっている日本株ですが、伸びはありませんね。

マザーズに至っては、マイナス圏に沈んできました。

二日で10%も下げたので、今日は反発だろう?という話はあちこちから聞こえてきましたが、そう簡単には行かなさそうです。

3連休前というタイミングの悪さもありますし、落ちるナイフをここで掴む必要はないでしょう。

床に落ちたところで拾っても間に合うのです。

必要なのは、落ちたのを確認した時に「どのナイフを拾うか?」という事です。

どうして慎重に判断すべきなのかと言いますと、岸田が無能で先行きが暗いという事と、これだけ下げても日銀は動いていないという事です。

最近、話題に上らないので忘れている方も多いのかも知れませんが、あれだけの下げで日銀は買い支えていません。

要するに、下げ容認なのです。

おそらく、日銀はこんなところで買っても損をするだけだと判断しているのだと思います。

もちろん、岸田から下落を止めろとも要請されてないでしょうしね。

要するに、岸田は株価に興味がないし、日銀も無理に動きたくもない。

この状態で株価が騰がるのか?という事です。




とりあえず、今日のところは反発で始まっていますが、まだまだ安心は出来ません。

ですから、無理に動く必要は無いのです。

特に今日反発しているような銘柄を買いに行くべきではありません。

今すべきことは、相場がどうあれ上昇すると見込める銘柄を仕込むことです。

その銘柄が反発、もしくは上昇しているならば見送りで、押したら買う。

こんな感じで見て行けば良いと思います。

しっかりできていれば、春には大きな利益を手にしているだろうと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は再度29000円付近に下落してきましたね。

大発会は少し活気があるように見えましたが、あれは連休を警戒した売りが買い戻されただけでしたので、そのまま上昇しないのは当然と言えば当然でした。

年初のあの場面で買いたいとは思いませんでしたし、先行きも明るいとは言い難いと考えていました。

春に向けて高いと予想する向きが多いのですが、レポートしているように、私はそんな感じはしていませんでしたし、今もしていません。

理由は色々と書いてきたので、多くの皆様は分かっている事とは思いますが、これまで書いてきたような悪材料が次々に襲い掛かってくるタイミングが春に向けてだと思っています。

特に問題は中国で、北京オリンピックまでは痩せ我慢をしても、それ以降は強烈な崩壊を伴った不況が中国を襲うと見ています。

現時点でもダメージが出ていて、地方都市がデフォルトしましたし、これは更に拡大して行くものと思われます。

中共は何としてでもオリンピックは成功させたいはずですが、もはや待ったなしです。

そのオリンピック自体も、開催できるのか?という状態であり、予想よりも早くに中国のバブル崩壊が世界経済に影響を及ぼす可能性があるのです。




現時点では、中国はセルフ崩壊で、中国だけの問題で終わるという見立てもあるのですが、欧州系の投資資金が中国に入っていますし、米国も年金資金が中国株に流れているという話も聞きます。

正確な規模は分かりませんが、後から後から問題が大きくなっていく可能性も否定できないのです。

正直、オリンピックが終わるまでは、まともに投資したくはありません。

とは言え、銘柄を選別すれば買えない訳でもありません。

今日も酷い相場ですが、本命銘柄は上昇していますし、ランキングにも顔を出しています。

こういう銘柄はオリンピックが終わるまで様子見・・・とは行かないのです。

全体的には様子見だとしても、実際に中国がどうなろうが変わらず業績が伸びる企業はあるのです。

経済全体が影響を受けるとしても、個別では問題ない銘柄もあるのです。

相場は悪くとも、良質な銘柄を買っておけば、全体が暴落していても良い利益が得られるでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日上げた反動もあってか、今日は冴えない朝ですね。

まあ、昨日の上げ幅を考えたならば、この程度の動きなら上出来とも言えます。

ちなみに、昨日の上げは正月前に休みを警戒した売りが買い戻されたためと見ています。

決して先高観で買いが集まった訳ではないでしょう。

今の相場は悪材料が8割で、好材料は2割程度しかありません。

普通に考えれば下ですが、相場というものは誰もが思う方向には行かないですし、今は下手に判断しないほうが良いと思っています。




全体は読みにくいのですが、個別ではそれほど苦労はしていません。

先月から仕込みを行ってきた9107川崎汽船は、昨日は10%程上昇しましたし、今日も6%以上も上げています。

しばし、つまらない動きでしたし、何で川崎汽船を推奨するのか?とか、面白くないから売ったとか、色々ご意見を頂きましたが、これが結果です。

さて、新年最初に急騰した推奨銘柄は川崎汽船だったのですが、本命はこれではありません。

そして、これがいつ動き出すかですが、月内には・・・とは思っています。

ただ、本当にタイミングは分かりません。

まあ「待った甲斐があった!」と言わせる自信はあるので、くどい様ですが、メンバーはこれをコツコツ買って行けば良いと思っています。

配当もしっかりしていますし、PER、PBR共に低水準です。

更に、今月末には新規で倍増候補銘柄を推奨できると思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

あけましておめでとうございます。

今日から名実ともに22年相場が始まり、滑り出しは好調に見えますが、好調なのは225だけとも言えます。

多くの銘柄は小幅な値動きですし、マイナス圏での動きになっている銘柄も少なくはありません。

決して好調とは言えませんし、ぱっとしないスタートという事になるでしょう。

まあ、これから何か仕込みたいと思っている投資家にとっては好都合でしょう。

買う時は安く、売る時は高くが相場の基本中の基本ですからね。

ですが、投資家心理は大抵逆に働きます。

高くなると買いたくなるし、安くなると売りたくなるのです。

それでは儲からないだろう・・・となりますが、本当に良い相場の時は、高くなったものを買ってもまだ騰がるのです。

そして、皆が高いところを買うから更に騰がるという好循環が生まれます。

まあ、現状そのような相場には程遠いですし、なかなかそこまでの状態にはならないですけどね。




ただ、銘柄を選別すれば、そういう銘柄に当たる可能性もありますし、そうなる可能性の高い銘柄を推奨しています。

ベストな売買は、本格的な上値追いになる前に仕込んでおくことだと思うのです。

ただ、これにも弊害があって、本格的に上昇するまでの間に行ったり来たりしますし、時間もかかる事が多いのです。

そう考えると、意外と動き出してから飛び乗る売買も悪くはないと思うのです。

博打色は強まりますが、勝負の決着が早いですし、値幅も大きいと言えます。

人によってやり方は変わりますが、どちらも間違いではありませんし、好みに合わせて売買すれば良いでしょう。

また、昨今は信用取引のルールと言いますか、証券会社のサービスで色々と使いやすくなっていますね。

例えば、楽天証券では利食いした分が即日保証金としてカウントされますので、利食いした後に買戻しが可能となっています。(他の証券会社も同じかも知れません)

通常は3日後に現金化するまで保証金にならなかったのですが、これは凄いサービスだと思いました。

また、信用取引は売り買いの回数制限がなく、一日に何度も同じ資金を売ったり買ったりできるのです。

維持率をしっかり管理できる人ならば、こういうのを利用するのも面白いでしょう。

維持率に関しても、含み益が膨大となってくれば、維持率をぎりぎりにしても対処可能と言えます。

まあ、このやり方をするには、売買の判断を的確に自身で判断しなければなりませんし、難しくないと言えば嘘になりますけどね。

ただ、含み益を得るまでは現物の範囲でコツコツ売買をし、ある時大きな含み益を得たならば、そこから挑戦的に売買するというのも悪くはないでしょう。

本気でお金を増やそうと思うならば、その位の挑戦はあっても良いのかも知れません。

とは言え、全ては価値観と売買技術の問題ですので、これを前提とした推奨は出来ません。

ただ、今後のレポートでは、現物の範囲でとかいう表現はしなくても良いだろうと最近は考えるようになりました。

まあ、実力が付くまでは、現物の範囲でコツコツやるのが正解ですけどね。

現物の範囲でも、上手くやればしっかり儲かりますし、焦らないで売買できますので、あくまでもご自身の好み、実力、環境なども考えて、最善の方法を見つけて頂ければと思います。

今年も利益を目指して、皆様と共に頑張りたいと思っています。

ただいま1月メンバー募集中です。

2007年から15年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。