昨日の相場はかなり酷かったですね。

オミクロンショックで下げて始まったと思ったら、前引けまでに変わらずまで戻って、後場には安値を割るところまで売られました。

225が仕手株のはめ込み場面のような動きで、本当に何だこれは?と言う状態でした。

動きを見て、底打ちだと判断した投資家が買いに入り、追証を覚悟していた投資家がほっとしていた前場でしたが、後場があの状態でしたので、大引けにかけて売りがどんどん出てくる事になってしまいました。

特に引け際が厳しく、追証を回避したい売りが次から次へと出されて行き、高値の銘柄ほど売られるという事態に至ってしまいました。

まあ、結局はあの場面が買いだったのですが、流石に私も買いだと思っても動けませんでした。

あれで売りが終わりとも取れますが、12月のMSQが目前ですので、こうした反発しているところで気を抜く訳には行かないのです。

ただ、コロナに関してですが、ウイルス学とスペイン風邪の流行の経緯などから考えるに、オミクロンで終わりとなりそうな感じはします。

ウイルスの基本は、宿主との共生ですので、弱毒化して行くという話は昨日しました。

スペイン風邪の流行は2年で終息した訳ですが、概ね2年で宿主に影響のない状態まで弱毒化して行くという考えで良いと思うのです。

ですから、毒性が低いと見られるオミクロンが流行し、多くの人が感染して免疫を手にすれば、これでコロナは終焉という事になるでしょう。

長い戦いが続きましたが、何にしても終息へ向かうでしょうし、やっと平常に戻れそうで何よりだと思っています。




ただ、今本当に問題なのはコロナではないと思っています。

どう考えても問題は中国で、世界に火種をばらまき続けています。

そして、更に問題なのが岸田です。

今回も良く調べもせず、オミクロン株で慌てて鎖国を発表しましたからね。

どや顔での発表でしたが、愚策を連発しているバイデンでさえも、オミクロンは大したことがなさそうだからロックダウンはしないと発表しました。

国内でコロナがほとんどなくなったので、入れたくないという気持ちも分かりますが、もはや風邪かインフルエンザ程度と言われる状態まで弱毒化していると思われるコロナに対して鎖国措置は過剰反応と言わざるを得ません。

こんな調子では、本当に経済の回復に時間がかかるでしょうし、世界において行かれそうです。

連発する愚策、外相の更迭相当発言など、国会を開く前に退陣するのでは?と思う程です。

こんな状態では来年の参院選挙は負けると思うのですが、悲惨なのは野党がより輪をかけて酷いのです。

何とも酷い国になってしまったものです。

さて、幸い相場は稼ぎやすい状態が続いています。

推奨銘柄は好調なものが多く、今月も非常に高いメンバー継続率となっています。

12月も利益を出して行けると思える銘柄がありますし、新たな銘柄の推奨も検討しています。

とりあえず、MSQが近いので、今は無理に買うべきだとは思いませんが、タイミングよく銘柄を仕込んで行けば、良い利益を出して行けるのではないかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今週はオミクロンショックで始まりましたね。

ただ、先週末のような酷さはなく、意外とあっさりと始まりましたし、売り叩く動きはそれほどありませんね。

そもそも、オミクロン株は11月上旬には既に発見されていたようで、現在世界各地で起こっているパンデミックの原因であるとも言われていますし、感染力が強くても弱毒化していると思われます。

ウイルスを少しでも勉強した方なら分かると思いますが、毒性が強いウイルスは人をすぐに弱らせ、殺してしまうので、感染機会が得られず衰退するのです。

一方、弱毒ウイルスは感染者は軽症で動き回ることが出来るので、沢山の人に移して行きます。

ウイルスに意思はありませんが、性質的に単独では生きて行けないので、宿主に気付かれぬように共生するのが最終目的なのでしょう。

ですから、いずれは感染してもほぼ無症状で終わるという事になるのです。

今回の新型コロナもこの理論に沿った進化を続けています。

製薬会社はワクチンを沢山売れば儲かるので、過剰に恐怖を煽ってきますが、流石にオミクロンで限界が見えるのではないかと思います。

今は再度ロックダウンだとか騒いでいますが、死者や重傷者が多くなければ、風邪扱いで良く、この程度の症状と考えれば今の対策は過剰反応と言っても良いでしょう。

今回の騒ぎでリスクオフムードが強まり、原油が下落したのはラッキーですが、オミクロンでコロナへの恐怖心が逓減される可能性は高いと思います。

経口薬も出回っていますし、そろそろコロナも終わるのではないかと期待しているところです。

ただ、問題はこのショックが、本当にオミクロンだけなのか?という点です。

無難な見解としては「米のテーパリング開始に対し、相場が全く反応しなかったので、この下げはその分のツケだ」という見方です。

これならば、この下げで調整は完了していると見て良いかと思います。




さて、この程度の事ならば、それ程気にしないのですが、中国が日に日におかしくなっているのと、日本の政治が問題です。

特に岸田政権は自民党政権としては、今までに見たことがないレベルで酷いな・・・と個人的には感じています。

林を筆頭に親中の閣僚が多すぎるのです。

米国からは訪米の約束を反故にされ、年内に岸田は訪米出来なくなってしまいました。

給付金にしても、公明党に気を使って、どんどんせこく、複雑になって行くばかりです。

印刷利権で儲けたい輩がいるのでしょうけれども、クーポン配布は無駄な経費ばかりがかかるスーパー愚策です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/28a9e65e66458d57731246cb4a0d09154c6d435b

本当にアホすぎる政権なので、外資はこれを狙い撃ちにしてくる可能性が高いと見ています。

今日はオミクロンショックという事ですが、実は「岸田売り」が始まったばかりの可能性もあるのです。

そして、狙いは今回もMSQという事になるのかも知れません。

ですから、好調な材料株を買うのは良いのですが、225に関しては慎重に見極めたいので、現時点では買い推奨はしないつもりです。

とにかく材料株です。

これは、よほど相場が荒れない限りは、面白くなっていくと思います。

まあ、現時点でも面白いのですけどね。

12月も材料株で利益を上げて行ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

酷い相場ですね。

225は29000円付近が目先の底値だと思っていますが、一気にこの水準まで売り叩いてきました。

確かに買い材料は少ないですし、売り材料ばかりが目立ちますが、それにしてもここまで一気に売るのか・・・と思いながら見ていました。

企業業績は好調ですし、消費活動も回復に向かっています。

まあ、我慢していた分が消費に回っているのでしょうし、これが長続きするとは思いません。

ですから、この動きが本物になるように、政治が後押ししなければならないのですが、岸田は現時点ではダメですね・・・。

学生にも10万円給付するとか言い出したのですが、これが留学生も対象だとか言い出しましたからね。

今回の衆院選挙は高市が保守層を掘り起こしたことと、立憲民主党が共産党と共闘して自滅したことが要因となって自民党が大きく議席を減らさずに済んだのです。

立民は自爆なのでどうでも良いのですが、貢献してた保守層を裏切る政策の数々は、間違いなく自民党にとってマイナスです。

数日で消費してしまう程度の政府備蓄のガソリンを放出するとか、意味が分からないですし、元売りに5円の補助と言うのも変な話です。

1リットル5円の元売りへ対する補助金が消費者に届くとも思えません。

揮発油税を半額にするトリガー条件を満たしても、実行する気はない様ですが、これを発動しない理由がまたクズなのです。

減税は即座に実行できず、今決めても2月になるので、それまで買い控えが起こるから・・・だそうです。

いや、2月まで車に乗らないとか、普通に考えて有り得ないでしょう。

脱炭素政策を変えない限り、原油高はそう簡単には止まりません。

特にこれから冬本番となって行くので、需要は増すばかりです。

岸田は人の話を聞く調整力のある人だという話でしたが、単に官僚の言いなりですね。

少しは自分の頭で考えられないのでしょうか?

こんな状態だから、外資に良いように売り仕掛けされて、株価がガタガタと崩れるのです。

29000円も守れずに割ってきたという事は、ターゲットは28500円でしょうかね・・・。

特に12月のMSQまでは、荒れ模様の日が増えそうな感じがします。




色々悪材料はあるのですが、政治さえしっかりしていれば、そこそこに乗り切れるのです。

それが出来ていないというのが、今の相場にとって一番の悪材料という事になります。

岸田が何かをやる度に売られているようにも思えますし、反発してきたらまた売りの方が良い様な気さえします。

さてさて、次は何をやらかしてくれるのやら。

きつい相場になってきましたが、押したところは買いになりますし、銘柄によっては関係なく上昇して行くでしょう。

下げの場面でこそ鋭く分析し、的確に行動して行けば良いと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場がかなり読みにくいですね。

昨日は100円ほど安いかと思っていたのですが、結局は600円ほど売られましたし、今日はその反動もあるとはいえ、200円以上高くなっています。

225が乱高下しているので、材料株も取り組みにくく、思ったよりも動きが悪いです。

ただ、全滅という訳ではありませんし、こうして軟調な時に仕込みば良いと思います。

具体的には1200円台で仕込み、1500円台で手仕舞いとした6666リバーエレテックですが、1400円以下まで沈んできています。

まあ、こうなると思っていたので1500円台で利食いしたのですが、ここまで押してくれば再度買いを検討しても良いでしょう。

また、700円台から推奨し、青天井となって上値追いが止まらない6378木村化工機は、このまま順張りでも良いと思います。

ただし、あくまで短期で割り切って狙いたいなら選択肢の一つであるという話です。

後は、やっぱり有望銘柄の押し目買いですね。

現時点で、一般公開できる銘柄はありませんが、メンバーには自信の銘柄をコツコツ仕込んで頂いています。

こういうつまらない場面こそが、仕込みの好機です。

ちなみに、全体の予想ですが、現時点ではボックスだと思っています。

上昇しても30000円で、何か材料がないとここを抜くのは厳しいでしょう。

政治はどんどん赤くなって行くだけで、希望が持てるような話はありませんし、当面は無理な気がしています。




では、下はどうかと言うと、29000円の下に強い支持線がありますので、これを割る可能性はそれほど高くはないでしょう。

ただ、世界には多くの悪材料がありますし、一時的にはこれらを利用して、割り込む可能性はあるかと思っています。

タイミングとしては、やはり12月のMSQに向けてでしょうね。

まあ、結局は一時的な売り仕掛けに過ぎないと思いますし、その場面で買いに行けば良いだけだと思います。

という訳で、来週前半までは揉み合いで、上下幅が減ってくれば材料株相場。

減らなければ225に振り回される展開になるかも知れませんが、下げるなら買いに行けば良いと思います。

手堅いスタンスで、銘柄を上手く分散してチャンスをものにして行って頂ければと思っています。

また、メンバーは新規銘柄をお楽しみにして頂ければと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

休日明けの日本株を一言で言えば、ぱっとしません。

このような相場は材料株が盛り上がる事が多いのですが、こちらもぱっとしません。

日本株を全体的に見た場合、225のレシオは低く、割安感があります。

割安感があるのだから、買えば良いとは思うのですが、買われない理由も考えておかなくてはいけません。

買われない理由はやはり政治でしょうね・・・。

外資は政治不安を嫌いますし、こればかりは仕方がないでしょう。

今は大変な局面で、決めなくてはならない事が山程あります。

ほとんどの日本のメディアは報道していないのですが、非常に重要だと思っているのは、バイデンが核の使用に関する方針を変更しようとしている事です。

核の先制使用はせず、米本土が攻撃された場合のみの反撃という方針を打ち出しています。

要するに、同盟国を守る核の傘をなくすという事です。

もちろん、これには同盟諸外国が反発していますし、ペンタゴンも反発しています。

支持率駄々下がりのバイデン政権が、この方針を押し切れるとは思いませんが、こうした変更が実現される可能性もあるのです。

核の傘がなくなったら、我々はどうやって国を守るのでしょうか?




とりあえずの脅威は中国ですが、韓国も核開発を進めています。

話し合いで何とかなる相手でしょうか?

結局のところ、話し合いは軍事力が均衡していない事には成立しないのです。

核を持ちたくないにしても、少なくとも代替兵器は必要です。

メディアは核を持つという流れになりそうなので、隠ぺいしているのでしょうが、そろそろ議論を始めなくてはならない時期だと思うのです。

岸田にこういう大きな判断ができるのでしょうか?

調整力があるかなと、見守っていましたが、やっている事と言えば、国民に信を問うていない外国人労働者の無期限在留の推進とか、後々問題になりそうなものばかりですからね。

政策の多くが良く分からないものばかりで、特に分からないのは新しい資本主義でしたか?

おそらくは外資も困惑しているのでしょう。

どこに成長性を見出したら良いのかが分からないので、どこに投資したら良いのかが分からない。

また、原油高で多くの国民と企業が苦しんでいるのですが、これに対する措置がガソリンの元売りにリッター5円の給付金と、政府備蓄の一部放出ときました。

そもそも、今どうして原油が高いのかを理解すれば、こんな方法では解決できないという事は分かるはずなのですけどね。

簡単に説明しますと、脱炭素目標達成のために石油開発を中止・抑制としているので、石油の生産が上がらないのです。

生産が上がらないのに、石油の需要はアフターコロナで増大傾向にある。

無能としか言いようがない対策や方針ばかりで、故に225のレシオは低く、割安が見え見えなのに買われてこないのでしょう。

ただ、こうしてお休みのところでしっかり買えるかが大事なのです。

良い銘柄を買って、大幅に値上がりするチャンスを待っていれば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

政治がちょっと酷いですね。

岸田の考え方でおかしいところはいくつか見えていましたが、最初は修正されていましたし、調整力のある総理だと思っていました。

しかし、外務大臣に起用された林の最初の訪問先は案の定中国ですし、日中友好議連の会長は辞任したものの、変わらずの親中ぶりです。

マグニツキー法も制定できませんでしたし、欧米各国がジェノサイド国家でのオリンピックを賞賛せず、政治的ボイコットを決めていていますが、岸田は態度を曖昧にしたままです。

どうして今更中国に気を遣うのか、私には理解が出来ません。

今の中国はバブルが崩壊し、その影響が国内で止まるかどうかの話でしかないのです。

この状態から復活するには、相当な年月が必要という事になり、当面は復活どころか世界のお荷物にしかならないのです。

保守系の支持者は「岸田NO!」で動き出していますし、このままでは来年の参院選挙で議席を減らすと思います。

とはいえ、野党が酷すぎるので、それでも勝ってしまうのでしょうかね・・・。

今のままではダメなのが、日本の政治の現状だと個人的には思っています。

ですから、55兆円の経済対策が出ても、株価がこんなものなのです。

暴落するような話ではありませんが、暴騰もありません。

ついでに言うなら夢も希望もありません。

それでも我々個人投資家は株で利益を得たい訳です。




では、どうすればこの相場で利益を得られるか?

答えは意外と簡単で、材料株を吟味すれば良いだけです。

例えば、先週金曜日にほぼ底値圏で推奨した某銘柄は、この相場でも8%を超える上昇を見せています。

もたもたしている銘柄の方が多いですが、こんな動きの銘柄もあるのです。

まあ、そうこうしている内に、期待の銘柄が大爆発してくれるでしょう。

楽しみにしている銘柄がいくつかあるのですが、岸田政権を睨みつつ、それらが大幅高するのを待っているところです。

年末にかけて、全体的に盛り上がる可能性を考えていましたが、これはちょっと無理そうですね。

ただ、材料株はまだ行けると思います。

近い内に、また新たな銘柄を推奨して行く予定ですし、上手く利用して頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

予想を上回る財政出動が発表されたのですが、相場はぱっとしませんね。

225はプラスを維持してますが、週末ですし、このまま維持できるか分かりません。

しかしまあ、これだけの財政支出で騰がらない相場って何でしょうね・・・。

岸田の政策はショボいものが多いですが、ショボいだけではなく、害悪となるようなものも出てきています。

例えば、昨日もレポートした外国人労働者の実質無制限受け入れです。

結局のところ、これは移民の受け入れでしかありませんからね。

現状は5年働かせて強制送還みたいなものですから、これはこれで変えなければならないと思うのです。

しかし、その答えは労働年数の撤廃ではないと思うのです。

結局、介護や農業で人手が足りないという話ですが、足りないのは人手ではなく報酬なのです。

安く働かせようとするから人が集まらないだけであり、給料がそれなりに高ければ働く人は沢山いるのです。

給料を上げて、成立しないビジネスならば、やめる。

それでも、本当に必要な仕事なら、国が補助すれば良いのです。

それを、安易に外国人を安く働かせようとするから、おかしくなるのです。

政治というものは、こういうところを上手く調整し、国民が幸せになれるように行うべきですが、岸田も含めて多くの政治家が分かっていません。

本当に困った話ですが、変わって行かないと、日本は衰退の道しか残っていません。

まあ、唯一の救いは、いくらダメ政策でも売り材料ではないという事です。

上には行かないが、下にも行かない。

という事は、材料株にスポットが当たり、225やTOPIXは反応が鈍くても、材料株が大きく値上がりする可能性のある環境になったという事です。




753円からメンバーに推奨している6378木村化工機は少し待たされましたが、連騰し、今日は4桁に乗っています。

どうなるかは分かりませんが、買値は安いのですし、じっくり眺めていれば良いでしょう。

また、先日からブログでもご紹介している6666リバーエレテックは1500円付近が重いですね・・・。

悪くはないですし、先々は伸びるとは思うのですが、目先としては良いところなのかもしれません。

今日、プラスを維持できないなら利食いして、次の銘柄に乗り換えて行くべきだと考えています。

そこで、今日から推奨している銘柄があるのですが、これはコツコツ拾って行って頂ければと思っています。

マザーズ銘柄なので、少し値動きは荒いのですが、満足いく値幅を取れるのではないかと期待しています。

この他にも、面白くなりそうな銘柄がありますし、引き続き個別重視で売買して行けば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225がぱっとしない状態が続きますね。

原因は政治か!?と思っていますが、今は問題が多いので真相は分かりません。

来週は経済対策が出されるので、これに期待する向きもあるのですが、所得制限・年齢制限付きの給付金とか、ガソリン高に対応するために元売り業者に1リットル5円の給付金とか、どれをとってもせこいのです。

見えるのは「絶対に減税はしない」という意思だけで、正直期待も何も持てません。

まあ、こういうところが「財務省の犬」と言われる由縁なのでしょうね。

ですから、こんな状況で来週の経済対策に期待とか言われても、乗りたくないですね。

となれば、経済対策の内容がどうであれ、儲かる銘柄を買っていくしかないのです。

ちなみに、岸田政権に審判が下るのは、北京オリンピックへの対応でしょう。

米は外交的ボイコットをほぼ決定したのですが、日本はどうするのか。

左派連中に押し切られ、通常参加となるのか、それても右へならえでボイコットを決めるかで、岸田政権が親中か反中かが見えてきます。

親中なら日本の未来も株価もしばし暗いという事になるでしょう。

ここは、慎重に見極めたいところです。




さて、政治は色々と問題ですし、相場もぱっとしないという意見を多く聞きます。

しかし、私としては今は比較的稼ぎやすい相場だと思っています。

結局225がどれだけ不調でも、材料株さえ良い動きならば問題ないのです。

先日公開した6666リバーエレテックは目論見通り1500円台に乗せてきました。

あとは、少し時間がかかってしまっていた銘柄ですが6378木村化工機の動きが完全に変わってきました。

推奨している銘柄が全部が全部騰がる訳ではありませんが、好調の銘柄は多いですし、特に力を入れて推奨している銘柄の成績が最近は良いです。

ここ二か月位は儲かっているメンバーが多いでしょうね。

ところで、5282ジオスターは防災関連銘柄としての355円から推奨しています。

政策期待が絡んでいる銘柄にはなりますが、いくら岸田が無能でも防災予算がゼロという事はないでしょう。

国土強靭化は公約でもありますし、そこそこ期待して良いと思います。

そして、大事なのはこの銘柄を誰が買っているのか?

また、上値を買う気があるのか?になるのですが、上値が買われる可能性は高いと見ています。

目標は550円~600円という事で、押し目を狙ってコツコツ拾っていただければ良いでしょう。

仕込むのは、本格的に動く前。

こうした銘柄をもっと早い段階で仕込みたい方は、メンバーレポートをご利用ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

注目している銘柄が増し担保50%(現金20%)の通称「5年2組」規制となりました。

この規制を見て、これはポジティブ?ネガティブ?という質問を結構メンバーから頂きました。

結論から言うと、どちらでもあり、時と場合によってです。

5年2組は基本的に人気化して大幅に値上がりしている銘柄にかけられることが多い規制なのですが、人気化しているのでこういう銘柄には日計りが多く入っています。

信用での売買が盛んだという事なのですが、信用規制をされると日計りが非常にやり難くなります。

提灯が多く入っていた方が良い銘柄なら、ネガティブとなりますが、荒らされたくない銘柄ならポジティブとなる訳です。

また、大量に買っている筋がいたとして、そこが現物(もしくは現物の範囲の信用)で余裕を持って買っているのか、信用枠ギリギリで買っているのかでも異なります。

ギリギリの状態で信用規制をされると、あっという間に苦しくなってしまう訳です。

さらに、資金力のある筋が買っているのかどうかでも、状況が変わってしまうのです。

ですから、答えは銘柄によって違うので、信用規制が入ったから必ず売られるという訳でもないのです。

まあ、信用規制で売り転換してしまうケースも多々あるので、規制のタイミングを読み切って行動するのがベストです。

ちなみに、今回質問のあった銘柄に関しては「ポジティブ」と回答しています。

このまま持ち続ければ良いですし、特に今日は持ち越すべきだと思います。

少し停滞していましたが、良い調整だったと思いますし、そろそろ第二ラウンドの開始だと思います。




ところで、思っていたよりもかなり相場が弱いですね。

まあ、個別ではそうでもないのですが、225は寄り後どんどん値を下げています。

世界には懸念材料が多く存在していますので、こういう変な下げ方をすると不安が膨らんでしまいます。

予想外の下げが出てくると、あの件か?それともあの件?などと、色々と勘繰ってしまいます。

ただ、多くの問題はあるのですが、今のところはカネ余り状態が続いていますし、まだ大崩れにはならないとは思います。

怖さはありますが、材料株の動きは良いですし、まだしばらくは材料株で利益を得られる相場だと思います。

そもそも、材料株が活況であるためには、225は停滞している位が良いのです。

まあ、できれば30000円台での値動きにはなって欲しいのですが、材料株のためにはその辺で揉み合ってくれているのが一番良いのです。

最後に、約3倍増を達成した3121マーチャントですが、次に倍増以上を達成しそうな銘柄の仕込みは昨日から始まっています。

推奨後に少し値を伸ばしてしまいましたが、気にする必要はありません。

今の値段付近は仕込み場として良いところなので、メンバーの皆様はこの辺でコツコツと拾って頂ければと思います。

ただ、これ一本だけで勝負と言うのもどうかと思いますので、銘柄は必ず分散してください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は方向感なく、10時半現在は前日の終値を挟んだ狭い範囲のもみ合いとなっています。

ただ、推奨銘柄も好調なものがありますし、状態は悪くないと感じています。

世界中問題だらけで、投資意欲が湧かない人も多いと思いますが、ここは攻めるべき場面でしょう。

強気の方が利を得やすい相場だと思うので、問題を理解しながら良質な銘柄を買い進めて頂ければと思います。

さて、今日は誰もが経験する決算について取り上げます。

決算というのは、本当に悩ましい存在で、予想よりも悪ければ売られ、良ければ買われるという基本パターンの他に、予想よりも良いのに材料出尽くしで売られるとか、予想よりも悪いのに悪材料出尽くしで買われるというパターンもあります。

更には無風なのに決算が無事に出せたというだけで買われるパターンもあります。

これらは、株価の値位置も関係しているのですが、大量に持っているところの思惑に依存することも多いので、予測をするのは非常に難しいのです。

難しいなら、決算前に手仕舞いという方法もあるのですが、決算の後に買われるパターンも多々ある訳です。

そう考えると、決算前に少し軽くしておくというのは、仕方のない行動という事にもなります。

ただ、決算は3か月毎に訪れるのですから、面倒ですし、落ち着いた売買が出来なくなってしまいます。

また、企業側も株主、特に外資からの利益追求要求を強く求められ、目先の四半期決算の数字を良くするためだけの経営を余儀なくされる場合もあります。

さらに、危機に備えて現金をキープしておこうとしても、株主に還元しろとか言われたりもしますし、すぐに実らない研究にカネを使う事も嫌われたりします。

ですから、四半期決算なんて本来はやめたほうが良いですし、そうした方向に考える政治家もいます。

まあ、我々としては現行のルールで最善を尽くすしかありませんが、一つやれることとしては決算シーズンの癖を見抜くことです。

今シーズンは、良くても悪くても、出たら売られているケースが多いと判断すれば、決算直前に疑わしい銘柄を外しておくべきでしょう。




迷うのは、決算直前で買われるケースで、決算期待が高い事が表れている訳ですが、出た時に出尽くしになるかどうかです。

対策としては一部利益確定して、決算後の動きを見て判断するのがベストだと思います。

今回の決算で結構迷ったのが6666リバーエレテックで、決算発表前に大幅に値上がりしました。

その後、決算発表後に下げましたが、急騰した分は下げませんでした。

その時は「全体が上に向かう相場になっているし、この出尽くし売りは買い場だ」とし、メンバーに買い推奨のレポートを発行しました。

こうして、その時々で判断をしながら、決算シーズンを乗り越えて行くのです。

毎回悩みますが、面白くもあるのです。

さて、今日は新たに期待大の銘柄を推奨しました。

目標は倍増ですが、3倍増もあるかも?と考えている銘柄です。

中国産の太陽光パネルは願い下げですが、国産で注目を集めているペロブスカイト太陽電池はちょっと面白くなるかも知れません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

株式市場というものは、政治に強く影響されますので、政治をいつも観察していなければなりません。

特に政局ともなりますと、政府の方針が大きく変わるので、相場はそれを嫌って荒れることが多くなります。

特に米国はバイデンの支持率が日に日に低下していますし、州知事選などでは民主党候補が共和党候補に負けるケースが多発しています。

どう考えてもバイデン政権へ対する「NO」であり、政局という事になります。

しかし、米国株は調整しつつも高値更新と言う状態で、バイデンが倒れることを好材料と言わんばかりの動きです。

現在の米国経済の足を引っ張っているのは原油高で、原油高の原因を作っているのは、間違いなくバイデン政権なのです。

産油国になったのにも関わらず、石油資源開発を停止させていますからね。

そして、割高で、意味があるのかどうかも分からない太陽光パネルにカネを使い、発電の担保なしでEV化を推し進めています。

こうした愚かな姿勢が米国経済の足を引っ張り、その元凶がバイデンなのですから、支持率低下は逆にプラス材料とも取れます。

今後も変化があるかも知れませんし、しっかり観察して行きたいと思っています。




ところで、COP26が終わりましたが、大きな成果はありませんでしたね。

まあ、私にとっては余計な事が決まらずに良かったと思っているだけなので、成果なしは朗報ですけどね。

確かに電池を大量に使用すれば、晴れている日に太陽光パネルで蓄えた電気で生活できるとは思いますが、一か月も曇りや雨が続くとか、太陽光にとって不都合の日も多いのです。

特にEVですが、例えば全ての自動車がEVになったとします。

前提として、電力を賄うために原子力発電所を10基追加したとします。

この状態で東日本大震災クラスの災害が発生したとします。

時期はもう少し寒い2月と想定します。

ライフラインは寸断され、電気の復旧には1週間はかかるとしますと、おそらくは東北の北部では自動車が動かなくなり、暖を取れない人たちが凍死して行きます。

ガソリン車なら、燃料をタンクローリーで運べば済む話ですが、電機はそう簡単に届けることが出来ないのです。

そして、ほとんどの原発は震災後の点検で何日も再稼働が出来ません。

海沿いに並べられた太陽光パネルは津波で流されていますし、悲惨極まりない状況に至るでしょう。

クリーンエネルギーだとかと言われていますが、これほど災害に対応力が低い発電はないと思うのですけどね。

結局、それでも太陽光パネルを増やしたいとか、EV化を進めたいという事は、それが環境の為ではなく、誰かの利権の為でしかないのです。

さて、相場は225は高いですし、30000円を目指す展開だと思います。

個別は決算後に売られている銘柄が多くありますが、多くは買い場だと思います。

とりあえず、出尽くし売りや、失望売りとなっているものは買いで良いでしょう。

ここで買った投資家が、年末には良い思いをしているのではないかと思っています。

良質な銘柄を買って、良い正月を迎えたいものですね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

SQを通過しましたね。

正直、もう少し安いところを見ていましたが、昨日の段階で大分切り返していたので、昨日から買いをお勧めしていました。

3倍期待の銘柄をメンバーにレポートしているのですが、勝負好きなメンバーはきっと買っているでしょう。

あくまでも予想ですが、重要なのは今日の持ち越しで、来週は買い場を与えてくれないのではないかと思っています。

色々買いつつも、少し買っておくと面白いかと思っています。
ただ、3倍狙いという事はリスクもそれなりに高いことを忘れないでください。

まあ、推奨銘柄はこれだけではありません。

少し前から推奨し、ずっと揉み合っていた某銘柄ですが、これが、予想通りに決算後から買われ始めています。

今日もそこそこの上昇ですが、買うならこの辺までかな?と思います。

本当は決算前までに買っておくべき銘柄ですが、ここからでも5割位の利益は期待できます。

まだもたもたしているので、本格的に上値を買われる前に仕込んでおくと良いでしょう。

更に、今日はデジタル化で必須の水晶デバイスですが、6962大真空がぶっ飛んでいますね。

同社も追っていたのですが、新値付近で推奨しにくかったので、同業で安く放置されていた6666リバーエレテックをメンバーに推奨しています。

大真空につられて上昇していますが、まだまだ安値圏ですし、これからが本番でしょう。

仕手株も面白いのですが、こうしたまともな銘柄も面白いものです。

バランスよく仕込んで、楽しんで頂ければと思います。





世界には色々と突っ込みたくなる話も多いのですが、相場に影響を与えそうな話はそう多くはありません。

まあ、ゆくゆくは・・・・というものはありますが、目先に関しては問題なさそうなものばかりです。

国内に関しては、政治待ちの状態で、不安を感じる部分がありますし、これではダメだと思うところもあるのですが、皆が言うほど酷くはないと思います。

ダメならダメになったところで買えば良いだけですし、弱気になり過ぎてはこの相場を取り損ねるでしょう。

銘柄を選別し、適切な売買をして行けば、年内で運用資産倍増も夢ではない。

それが今の相場だと思います。

今年も残り一か月半となりますが、共に戦い抜いて行きましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も225はぱっとしない一日になりそうですね。

理由は様々ですが、結局のところ明日のSQへ向けた売り仕掛けでしょう。

ですから、今週は週明けの吹いた場面でテーマ株などの利食いを推奨し、SQ辺りでまた買いを入れる予定です。

今日の大引け辺りでの買いも考えてはいますが、現時点ではまだ様子見です。

買うかどうかは、ザラ場中にどこまで下げるか次第であり、現時点では何とも言えないのですが、ターゲットとしている値段まで下げれば、225も買って良いかと思っています。

一見嫌な感じの相場にも見えますが、下げれば下げるほどに強気で良いと思っています。

今後の相場の見通しですが、SQ通過後は高くなっていくと見ています。

ポイントとなるのは、第二次岸田政権の発足です。

現時点では懐疑的に見ている人が多いのですが、意外と上手く行く可能性のある内閣だと思います。

何と言いますか、不安が故に失敗できない内閣なのです。

例えば、強烈に不安視されているのが林外務大臣で、日中友好議連の会長という、親中派のボスみたいなポジションですからね。

まあ、林の場合は親中派に見えますが、知中派と言った位置づけかと思います。

敵を知らずには戦えないし、上手く戦えるのではないかと思っています。

ただ、裏切るかも知れませんが、その時は岸田政権が倒れるだけです。




この他にも色々と疑問点のある政権ですが、疑問があるが故に低空飛行スタートなのです。

高いところから始まって、落ちるだけではないと言うのは良いところだと思います。

18歳未満への給付金やマイナンバーカードへのポイント付与とか、ばかばかしい政策が先に出てきていますが、これも低空飛行スタートと言う意味ではプラスだと思います。

最初から期待先行でガンガン騰がる相場より、やりやすいですし、今後に期待しながら目的の銘柄を仕込んで行ったら良いと思っているところです。

ちなみに、3121マーチャントを利食いした方にお勧めの銘柄を明日にでも推奨しようと思っています。

現在、裏を取るために調べていますが、おそらくは明日がベストの買い場ではないかと思います。

まあ、銘柄名を知ったら買いたくなくなるかも知れませんけどね・・・。

大きいリターンは期待できますが、リスクもそれなりに高い銘柄だと思います。

メンバーは明日をお楽しみにして頂ければと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ぱっとしない相場が続いていますね。

225は高く寄っても売られてマイナスに沈むという状態が今日も続いています。

目立った悪材料は無いのに何故?と思う方も多いでしょうが、要するに今週末のSQへ向けての売り仕掛けなのです。

今月もかよ!というのが正直な感想ですが、選挙が終わっても政治がまともに動き出していませんし、これでは上値も買いにくいですからね。

仕方がないと思いながら買い場を探している状態です。

おそらくは金曜日のどこかが買い場なのだと思います。

という事は、それまでは相場は下げて行く可能性が高いのです。

ですから、今日明日はあまりすることがなく、225がどこまで押すのかを考えながら、買い場を待つという事になります。

多くの銘柄はこの作戦で良いと思っていますが、材料株は今日も明日も売買して良いと思います。

ちなみに、3121マーチャントは、昨日推奨終了にしました。

この値段で1000万株近い出来高で、伸びもなくなった・・・。

もっと伸びると思って期待していたのですが、上に行くにしても調整は必要だと判断しました。

ガタガタになる可能性もありますし、手仕舞いした上での様子見が正解でしょう。

まあ、このまま行ってしまう可能性も少しありますが、他に魅力的な銘柄がありますし、これを無理に触る必要もないという判断です。

推奨からほぼ3倍増で、結果には満足です。

残りは、切った張ったが好きな投資家にお任せして、我々は次の銘柄に行きます。

まあ、これもその内、一般公開するでしょうが、大事な場面ですので、まだ一般公開はしません。




さて、全体的にはぱっとしませんが、材料株は悪くないものがちらほらとありますね。

推奨銘柄でも、材料株に分類されるものは上昇しています。

まあ、テーマ株はマイナスに沈んでいるものもありますが、これは事前に予想した通りです。

金曜日のSQに向けた下げを仕込み場として考えているので、今は下げを傍観していれば良いと思います。

と書いている内に、某推奨銘柄がぐんぐん上昇してきました。

株式新聞が取り上げてきたみたいですね。

まだ初動ですし、この辺ならまだ買っても良いと思いますので、これは一般公開しましょう。

メンバーが昨日から仕込んでいる5697サンユウです。

好調な決算で買われるも、売りに押されて沈んでいましたが、ここから買われて行くと見ています。

目標は750円ぐらいに設定しても良いかもしれません。

ただし、目標は目標でしかありませんし、臨機応変に売買して頂ければと思っています。

中身がないのに無理にやっている銘柄とは違い、安心感が強いです。

押し目を買える余力を残しつつ、時価買いで良いでしょう。

本当は昨日の600円までが一番の仕込み場でしたけどね・・・。

でもまあ、それなりに楽しめると思いますし、注目して頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は上昇していますし、各指数そんなに悪くないように見えるのですが、9984ソフトバンクがけん引しているだけの歪な相場で、意外と中身は酷いです。

ソフトバンクの主な投資先である中国がぐっちゃぐちゃになっていて、どう考えても苦しいはずですが、それでも自社株買いを発表し、株価を刺激してくるのです。

何と言いましょうか、化け物みたいな会社で、売りも買いもやりたくないというのが正直な感想です。

とにかく今日の相場はソフトバンクだけが好調で、その他多くは調整ムードです。

そんな中で目立っているのが3121マーチャント・バンカーズで、2連続S高でしたね。

メンバーには316円から推奨しているのですが、最近は他の方が目立っていて、私の推奨はすっかり忘れられているみたいです。

ただ、今はもうどうなっているのかは分かりません。

推奨当時から4桁を目指すというシナリオはありましたし、その可能性を考えての強気推奨と一般公開だった訳ですが、その当時目論見を立てて売買していた人達は、既にこの銘柄は持っていません。

ただ、ここでこんな動きをしているのですし、まだ終わらないのでしょう。

4桁達成の可能性は十分にありますし、もしかすると2000円!?なんて話も聞こえて来たりしています。

ただ、流石にここから新規でという訳にも行かないでしょう。

今は少し残した分で天井を狙いつつ、次なる急騰株を仕込んで行く場面です。

これを買うなら、ここから急騰しそうな銘柄をコツコツ拾っていく方が有意義です。

どれも最初は静かな動きなのですが、いずれこうして大きな動きが始まるのです。

まあ、これほどの成功はなかなか出てきませんが、メンバーにはまたこうした銘柄に出会っていただけるように精進します。




ちなみに、大きな流れとして推奨しているGOTO関連銘柄ですが、昨日の沸き立ったところで一部利食いを指示しました。

また押したところを買えば良いとしたのですが、今日は良い感じで押していますね。

今日の押しが買い場なのか?

明日の方が良い買い場なのか?

観察を続けないと何とも言えませんが、慌てずに明日を待つのは悪くないと思っているところです。

また、昨日から推奨している銘柄は、朝は高かったのですが、少し押してきました。

大して押さないと思いますが、590円辺りは買いで良いと思っています。

引き続き、有望銘柄の押し目を狙っていただければと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週明けの225は高寄りした後にマイナスまで下落しましたね。

相変わらず、読みづらい動きですが、今のところは強さは継続していると言えるでしょう。

特に材料株が好調で、3121マーチャントは高寄り後に窓埋めまで一気に下げて、再度高値を取ってきています。

誰がやっているのかは分かりませんが、正に意図的な動きですね。

どこまでやるつもりかは分かりませんが、利食いを入れつつ高値を狙って行けば良いでしょう。

その他では、GOTO関連を多く推奨しているのですが、どれもなかなかの上昇です。

11月から新規で入会されているメンバーは良いスタートになりそうですね。

今日から仕込みを始めている銘柄もありますので、こうした銘柄を利食いした資金でコツコツ拾って行けば良いでしょう。

先々厄介な材料もあるのですが、今はカネ余りを信じ、攻めの姿勢で良いのではないかと思います。




さて、最近気になっている材料は米国の政治、日本の政治、中国の状況というのが主ですが、今日は日本の政治について書きます。

一番気になるのは、外務大臣にほぼ内定とされた林芳正です。

韓国に対しては強気な発言が過去に見られますし、中国に対しても強気で行くのではないかという意見もあるのですが、彼は「日中友好議員連盟」という極左グループの会長なのです。

林が外務大臣として挙がった時に、中共は大歓迎コメントでしたし、左に向き過ぎていて気持ちの悪いTBSもこの人事を絶賛していたようです。

こういう奴らが絶賛する人事って・・・。

来年は習近平が国賓来日?と、不安がよぎる様な人事です。

ただ、一方で保守層からも歓迎するようなコメントも見られます。

敵を知らずには戦えないとも言えますし、日中友好議連の会長としての交渉力もあるのかも知れません。

まあ、中共からは、完全に見下されているような気がしますけどね・・・。

どちらに転ぶのかが分からない人事で、全く予測が出来ません。

強気で上手くやりそうな気もすれば、中共とズブズブな関係で国益を損なうような外交になりそうな気もします。

岸田内閣は良く分からないという印象で、先が読みにくいです。

ただ、保守派から言わせると物足りないし、不安を感じる政権ですが、ガチガチの保守よりは馴染みやすいとも言えますし、意外と世間の評価は悪くないのです。

短命だと言われて始まった岸田内閣ですが、調整力の高さから長期政権になるのかも?とも思ったりもしています。

しかしながら、問題もあります。

例えば、自民党は改憲をしたいのですが、連立を組んでいる公明党は改憲をしたくない。

勢力を伸ばしてきた維新と国民民主は改憲に賛成で、公明抜きで改憲は可能。

ただ、維新は改憲に協力しても、夫婦別性推進をバーターで入れてくる可能性があります。

まあ、変わらぬ部分もありますし、投資家としては変わらず攻められる銘柄を買って行けば良いでしょう。

今後も相場に大きく影響してきますので、政治の動きは良く観察して行きたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は安いと見ていたのですが、高く寄りましたね。

しかし、その後は思った以上に下げる・・・。

朝の予想と違う方向に行くと、こうして予想を上回る下げとか、上げをよく見ますね。

この動きに合わせて225を売買したいとまでは思いませんが、目先張りなら勝てる可能性が高そうだと感じます。

ただ、どこまで行っても225の売買は難しいのです。

利を得ようと思えばレバレッジをかけるしかないのですが、やり過ぎてしまって掛け金を失う。

先物業者というのは、こういう投機家心理をうまく突いて儲けているのでしょうかね。

まあ、分からないもので儲けようと考えるよりも、分かるもので儲ければ良いでしょう。

そして、何が分かり易いかと言えば、やはり材料株です。

316円から推奨している3121マーチャントは再度高値を更新してきました。

631円の高値を付けた後に517円まで振っているので、売ってしまった方は多いかも知れませんが、一部利食いは正解としても基本は継続としています。

天井まで取れるとは思いませんし、そこまで狙うつもりはありませんが、まだ持ち続けていた方が良いと思いますし、推奨終了とはしません。

取れると思った銘柄は出来る限り取る努力をして行けば良いですし、そのためのサポートは継続して行きます。

ゴールはどこなのでしょう?

推奨初期から予告している4桁達成となるか?

ならないとしても800円ぐらいは行きそうな感じはしますし、その位でも満足と言えば満足ですが、夢の2000円説もあります。

正直、分かりません。

もしかしたら、700円にも届かずに崩壊してしまうかも知れませんしね。

勝負勘を働かせ、満足の行く戦いをして頂ければと願っています。

メンバーのサポートは精一杯させていただきたいと思っています。

もちろん、この銘柄が終わっても、次の銘柄は出てきますので、また良い推奨をして行けると思っています。




相場全体は色々問題はあるものの、警戒するほど悪い感じにはなっていません。

本当に悪材料は履いて捨てるほどありますし、世界がどうなってもおかしくないヤバい状態なのだとは思うのです。

しかし、そうならない理由としては、やはりカネが溢れているために、何とかカネが回っているのでしょう。

それが変わる可能性があるのが、米のテーパリング開始だと見てはいますが、今のところは金利の上昇は見られませんし、織り込み済みでしょう。

どこかで急に金利が上がる可能性はありますが、この感じならばしばらくは株高を楽しめるのではないかと思っているところです。

まあ、全体的には停滞で、材料株が盛り上がるだけの相場がベストだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

相場環境はなかなか良い感じになっていますね。

225は29800円台を回復してきて、30000円を射程に捉えています。

まあ、このまま一気に30000円突破は難しいとしても、大きな流れとしては上を向いているように感じています。

上に向かえるようになったのは、やはり自民党が勝利したことが大きいのでしょう。

連立政権は公明党ですが、憲法改正が出来ないのは公明党の影響が強いのです。

しかし、改憲勢力としては、維新と国民民主党がありますので、公明無視でも改憲が出来る状態になりました。

公明は折れるか、離脱するかですが、政権にしがみつきたいはずなので、折れてくると思いますし、改憲への期待は高まります。

防衛費も増やせそうですし、財政出動もそこそこ良い感じになりそうな期待も膨らんでいるでしょう。

問題は、世界がインフレに向かっている事です。

デフレ下ならば、バラマキで問題なかったのですが、インフレ下でのバラマキは悪性インフレを招く可能性が高いので、これは慎重に検討しなくてはなりません。

まあ、原油高由来のインフレが主なので、原油高に影響されない社会を作りつつのバラマキならば問題はないでしょう。

では、どうすれば原油高の影響を軽減できるかですが、安定しているのは原子力と火力の組み合わせです。

太陽光と風力が無意味とは言いませんが、これらの技術や製品は海外に依存している部分が大きいので、再生可能エネルギーだとしてもエネルギー安全保障としては失格なのです。

また、これ以上パネルを並べようとしても、自然破壊を伴いますので、本末転倒と言わざるを得ません。

風力にしても、あの巨大な風車をどんどん並べて行くのもどうかと思うのです。

渡り鳥が激突して死ぬケースがあるそうですし、台風の多い日本には、あまり適切な発電だとは思えません。

やるとすれば、もっと小型の風力発電機が、各家庭に設置されるような感じならば、悪くないのでは?と思ったりもします。

小型のものは国産でも作られていますし、騒音もあまりない様ですからね。

太陽光よりもずっと良いと思いますし、日本には最適な再生可能エネルギーではないかと思います。

また、利用場所は限られますが、小型の水力発電というのもありますね。

補助電源としては、これもなかなか有望です。

利権の影響なのか、今はまだ、太陽光パネルばかりに目が行っていますが、本当にエコなのは太陽光ではありません。

太陽光パネルは、原料も含めて中国産がほとんどですし、いずれ大きな流れからは外れて行くと思っています。

ですから、脱炭素=太陽光パネルという連想は持たないほうが良いでしょう。

まあ、目先はまだやるかも知れませんが、投資はもう少し先を見て行くべきです。




さて、目先面白いのは、消費回復期待ですね。

特に良いと思っているのは旅行関連です。

狙っている銘柄が安いならば、見逃さずに買いに行けば良いと思っているところです。

最後に、買い場はいつなのか?ということになりますが、目先としては明日ですかね。

来週はSQで売り仕掛けの可能性を考えているのですが、逆に買い仕掛けもありえます。

売り仕掛けならそこを買いに行くべきですが、買い仕掛けなら早めに買うしかありません。

見極めは難しいのですが、じっくり観察しながらレポートして行きたいと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日は自民党の勝利に沸いたというか、泣く泣く買戻されて大幅に上昇した日本株でしたが、今日はその反動と文化の日を前にした警戒売りで反落となっています。

前場はもう少し強いのではないかと思っていましたが、朝からダラダラしている状態で、何とも締まりのない相場ですね。

ただ、材料株の動きはそれほど悪くはありません。

例の銘柄は昨日から下落していますが、まだ終わっていません。

決して、無理に触る必要はない場面ですが、まだ上値はあると思いますので、持っているなら残しておいた方が良さそうです。

もう一段下げれば手仕舞いですが、ここらにいるなら上値を狙えば良いでしょう。

ちなみに、私の知人は今日の押し目は強気に拾っています。

私はそこまでは強気になれませんが、期待はしてしまいます。

今日は550円大引け、もしくはがっちり上昇するというのも良いです。

半端に上昇するぐらいなら、550円が良いでしょう。

どうなるかは分かりませんが、理想通りに行くのかどうかに注目しています。




さて、今後の相場ですが、自民党が安定政権を手にしたので、期待は高まっているのですが、何にどれだけのお金を使うのかが見えてこないと、どうしても投資先を選定しにくいです。

今後に関しては、それなりに予想出来てはいますが、順番も大事ですし、より魅力的なものを選別するのには、やはり投資額を知りたいところです。

これがはっきりする前に、FOMCが文化の日のタイミングで、更に来週はSQがあるのです。

色々と難しいタイミングであり、結局は上に行くのだとは思っているのですが、目先がどうなってしまうのかは分かりません。

売りでも買いでも、どちらにでも仕掛けられる材料は沢山あるのですからね。

買いの主要な材料は、コロナからの経済活動の回復ですが、逆に言えばこれ以外は何もないと言っても良いのです。

細かい材料は色々あるにしても、多くはこの経済活動の再開に結び付いているだけですからね。

ただ、それが故に、この経済活動の再開が阻害されるようなことが起こると、全ては逆回転となる可能性があるのです。

これから北半球はウイルスの季節に入って行きますからね。

日本は落ち着いていますが、外国はまだまだ予断を許さないようなところもあります。

何にしても、終息に向かって欲しいですし、経済活動も再開して行って欲しいです。

そして、相場も盛り上がって行って欲しいと願っています

なかなか本気で売買するような環境ではないのですが、政治は良い方向に動き出していますし、良い変化に期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

総選挙が終わりましたね。

多くの事前予想は当たらず、自民の勝利で幕を閉じました。

立憲民主党は共産党と組んだのが、結局は仇になったかと思いますが、何にしても、これで岸田政権は色々言われながらも再スタートという事になるのでしょう。

とはいえ、海外は問題だらけですので、何がどうなってもおかしくないという恐怖は消えるどころか増えていますし、今後も問題が発生してくると思われます。

さて、色々と問題はありますが、非常に気になっているのはカーボンニュートラル政策です。

化石燃料を温暖化の原因として、排除する方向で来た訳ですが、世界の化石燃料需要が1年や2年でなくなる訳がないのです。

コロナ禍で需要が減退している時には気づかなかったのかと思いますが、世界中でアフターコロナ状態になっている為、化石燃料への需要が増大しています。

しかし、カーボンニュートラル政策の為に石油関連施設への投資が行われていなかったので、生産が伸ばせずに原油価格が高騰するという悲劇が生まれました。

もちろん、石炭価格も高騰しているので、特に新興国では深刻な電力不足に陥っているのです。

インドとかは暖かいからまだ良いのですが、中国なんて既に氷点下10度以上のところもありますからね。

このまま行けば、今年の冬は世界中で大惨事となりかねません。

日本も結構大変な事態になって行くと思われますが、原発を再稼働させれば電力需要は賄えますので、最終手段があるという意味では良いのですが、EV推進を続ければ、全ての原発を再稼働させても電力は足りないという事になるでしょう。

いい加減幻想から目を覚ますべきだと思うのですが、とにかく自民党が政権を取りましたし、原発再開の動きは強まるでしょう。

先々の事はまだ分かりませんが、まずは岸田政権が政策を進めて行ってくれるものと思います。

まあ、まずは幹事長を誰にするかですね。

人事が上手くいけば、相場は更に盛り上がるものと思います。

重要な人事が残っているので、まだ完全な強気にはなれませんが、甘利で随分批判されましたし、ここは上手く調整した人事を出してくるのではないかと思います。




とりあえず、相場は上に向かうと見てよいのではないかと思っています。

今日は225中心に買われていますが、今後は銘柄に広がりが出てくると思いますし、また材料株が盛り上がってくると思います。

タイミングは読みにくいですが、そう遠くもないでしょうし、狙っている銘柄が安いならば買って行けば良い場面だと思います。

ただいま11月メンバー募集中です。

2007年から14年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。