総裁選が終わりましたね。

一部の岸田関連銘柄は買われていますが、今のところぱっとしない岸田の政策に対して、相場ががっかりしている状態ですね。

正直、パワー不足ですが、弱いと思ってこの相場を見るべきだとは思いません。

とりあえず、岸田銘柄の順張りが面白いと思いますので、今朝から3銘柄推奨していますが、2銘柄は寄り後も上昇しています。

1銘柄は推奨後に押していますが、良い押し目ですし、ここは買いで良いでしょう。

今回の総裁選を見て、メディアの予想がいかに当たらないという事をお分かり頂いたかと思います。

メディアがやっているのは予想ではなく、自分達都合の情報操作であり、世論誘導でしかない。

では、誰の都合に良いように操作しているのかと言えば、間違いなく中国や韓国に有利なようにです。

「河野が過半数を固めた!」とか言ってましたからね。

本当に困った連中ですね。

まあ、メディアのダメっぷりは今に始まったことではありませんけどね。




さて、この総裁選で起こった変化ですが、勝ったのは岸田でしたが、強く影響したのは高市の存在です。

高市の登場で多くの保守派層が刺激されました。

この総裁選を機に自民党員が結構増えるのではないかと思います。

今までの自民党員というのは、企業の社長が、社員とか取引先を勝手に入党させて会費を社長のポケットマネーや、会社経費で払うとか、そういう類のものだったのです。

ですから、投票用紙が届いても知っている人の名前を書くだけで終わってしまっていた。

しかし、今回の高市アピールは凄かったですし、多くの保守派層が次は彼女を勝たせたいと思ったはずです。

高市を勝たせるためには自民党員になれば良いのですが、党員資格は年額4000円で、2年以上党員を続ければ投票資格が得られる訳です。

おそらく、次の総裁選の時には違う風景が見られるでしょう。

という訳で、次の総裁選まで高市は問題を起こさなければ総理になる可能性が高いと思っているところです。

目立った対抗馬はいませんし、相場はその時までのお楽しみと言ったところでしょうかね。

問題は足元です。

書いている内にずるずると下げてきましたし、何とも雰囲気が悪いですね・・・。

岸田は財政出動もすると言っていましたが、キャピタルゲイン税を増税するとも言ってましたからね。

こういうところが効いてしまっているのかも知れません。

岸田はどちらかと言えば緊縮財政派であり、所謂財務省のいいなりになりそうです。

ただ、高市の意見を軽視することは出来ない勝利ですし、流石にプライマリーバランスを重視しすぎる事はしないとは思うのですけどね。

まあ。現段階では希望でしかなく、これが売り材料になっているのかも知れませんが、こうして下げてきたなら買いでしょう。

昨日は日銀が久しぶりに買っていましたし、ここで雰囲気を悪くしたくないと思っている可能性は高いでしょう。

とはいえ、やはり個別で勝負するしかないですね。

良い銘柄は、まだまだ買われると思いますし、そういう銘柄をいかに仕込むかが勝利のカギだと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株安からの流れで、安く始まった日本株ですが、寄り付き後も下げ続け29500円を割るところまで来てしまいましたね。

下げて29500円辺りかと見ていましたので、一応は想定内なのですが、まだ下げ止まらないですね。

ただ、225は下げているのですが、材料株はそれほどでもないのですよね。

しかし、どうしてここまで下げているのでしょうか?

円安ですし、それ程悪くはないと思うのですけどね。

今日の午後には重要なイベントがあります。

もちろん、総裁選ですが、実際は岸田で決まりそうな感じですね。

相場はそれを織り込む形で売られているのかも?という感じもします。

ただ、岸田は高市の登場で大分右寄りな発言をするようになりましたし、最近では岸田も悪くはないと思っています。

岸田内閣でも高市は重要ポストに就くでしょうし、それなりの発言力があるでしょう。

そして、解散総選挙で岸田が上手く働けないと、次は高市という流れになると思います。

怖いのは岸田も高市も勝てなかった場合ですが、今のところはその心配は必要なさそうです。

とりあえず、13時に発表される一回戦の結果を見れば、決戦後の姿が見えるはずなので、相場もその辺りから切り返すのではないかと思うのですけどね。

岸田では暴騰はしないでしょうけれども、下げるほど悪くもないとは思っているところです。

ただ、選挙の顔を選ぶという面が強いと考えると、高市も勝てる可能性は少しだけあります。

まあ、9割方岸田でしょうが、暴騰期待もありますので、個人的には高市応援で行こうと思います。




さて、今朝メンバーから受けた質問で「米国の債務上限引き上げ問題がどうなるのか?」というのがありました。

質問されたメンバーも熟知したもので「今回も茶番ですか?」という書き方でしたが、今回も茶番でしょうね。

ただ、今回に関しては、解決はするはずですが、民主党が折れて要求額は大分減るのではないかと思っています。

民主党は超党派で合意した1兆ドルのインフラ予算も含んだ3.5兆ドルもの予算を要求しているのですが、当然共和党はこれに反対しています。

バイデン人気?が持続していれば可能だったかとは思いますが、アフガンの失敗から支持率が駄々下がりですからね。

これでは無理に予算は通せないでしょう。

人気があればぎりぎりまで粘って予算を通す努力をするでしょうけども、この不人気では早々に折れるのではないかと思います。

ですから、これを過度に気にする必要はありませんが、予算が削減されると、グリーンニューディール期待の投資資金は少し引き揚げられてしまう可能性はありますので、相場にはやや悪影響が出る可能性はあります。

まあ、必要以上に国債が発行されないのは良いことですけどね。

特に今は米国債を買う余裕が日本にしかない状態なのです。

米が国債を発行すれば、日本はそれを買わざる負えない・・・。

更に中国がどんどん米国債を売却していますので、それも処理して行かなくてはならないのです。

もちろん日本が・・・。

全く損な役割ですが、とにかく今回の債務上限引き上げに関しては茶番で、問題にはならないと思っています。

最後に推奨銘柄の状況ですが、225は悲惨なほどに下げていますが、大して売られていないのですよね・・・。

上昇している銘柄もありますし、意外と悪くないなと思いながら相場を見ているところです。

近々新規銘柄を出して行く予定ですし、上手く利益を得て頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

緊急事態宣言は30日に解除の様ですね。

感染者が減っていますし、当然ですが、未だに飲食店を敵視しているみたいで、解除と言っても段階的のようですね。

そもそも、世界的にコロナ被害が少ない日本がどうしてこんなにもたもたしているのか?

段階的解除はある程度仕方がないのでしょうが、さっさっと扱いを5類に引き下げ、今後新たな波が来た時に対処できるようにしておくべきです。

飲み薬も年内に実用化されるそうですし、いずれにしてもコロナは終息して行くはずです。

コロナ騒ぎもピークアウトが見えていますし、コロナで売られていた銘柄は復活して行く事でしょう。

さて、誰がやっても変わらないとか、冷めた意見もある自民党の総裁選挙ですが、私は大きな動きがあると思っています。

まず、河野だけは絶対にダメだとしてきましたが、その理由を上手くまとめている動画があったので、ご紹介しておきます。

テレビなどでも時々目にする北村弁護士なので、ダメな理由がイマイチ分からない方は見ておくとよいかと思います。

https://youtu.be/DWrxLyiR-mU

こうした事実は当然自民党議員には知れ渡ってるはずで、表向きはともかく実際には河野に投票しない議員が増えると見ています。

結果として、岸田か高市が勝利すると見ていますが、勢いがあるのは高市だと思います。

岸田派は仮に河野と高市で決選投票ならば高市を支援すると表明しましたし、河野の勝利だけはほぼないでしょう。

そして、選挙の顔という面で見た岸田は、やはりパワー不足が否めません。

誰が見ても地味ですからね・・・。

今のところは岸田優勢の意見が圧倒的に多いですし、私も岸田の可能性が高いと思いますが、高市の可能性もワンチャンあるかも知れません。

相場的にも高市の方が面白そうですしね。

まあ、結果は明日という事になりますが、それにしても今回の総裁選は面白いです。




ところで、某掲示板で4584キッズウェル・バイオについて騒がれている方もいるようなので、ここで弁明しておきます。

メンバーには6月17日の545円から推奨しましたが、9月16日に25日線を割ったので、750円近辺で手仕舞い指示を出しました。

以下は実際の指示のメールの内容です。

「流石に納得いかない動きと言いますか、危険な動きだと思っています。25日線を割るとろくなことがないので、手仕舞いとします。」

一般公開した時点では期待を持っていましたし、実際にメンバーにも押し目は買っても良いという旨でレポートもしていましたが、状況は変わってしまったのです。

申し訳ないのですが、一般向けには細かい指示は出しません。

結局、利益を出せたのはメンバーが中心になってしまったというお話です。

お詫びになるかは分かりませんが、よりリスクが低いと考えている5282ジオスターを昨日一般公開しましたので、キッズで傷ついたのであれば、こちらを上手く売買してください。

そのジオスターですが、今日の相場環境でもしっかりしていますね。

どうしてしっかりしているのか?

値位置が低いから?

台風が接近しているから?

近いうちに、何故にしっかりしているのかが、分かってくると思いますよ。

ただ、注意して頂きたいのは、キッズ同様に一般の方の売り時まではサポートしません。

買っても良いとは思いますが、売買は自己で判断してください。

まあ、当たり前のことですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

恒大集団が破綻すれば、世界を金融危機に陥れると騒いでいる向きもありますが、引き金にはならないと思います。

恒大集団の破綻からの金融ショックに期待して売りを入れていると、苦しい事態に陥る可能性もあるでしょう。

色々テーマが出てきていますし、今は買える銘柄を買ったら良いと思います。

先週もご紹介しましたが、アフターコロナ関連として9201JALが今日も大幅に高くなっています。

東京都の一日の感染者数は順調に減っていますし、緊急事態宣言はそろそろ解除されるでしょう。

旅行も動き出しますし、どん底だったJALは復活の道を歩むと思ってよいのです。

アフターコロナというと、第6波が!と言い出す人もいるのですが、6波が来たとしてもウイルスは更に弱毒化している可能性が高いと思います。

既に感染者の死亡率はインフルエンザ同等ですし、早期に治療を受けられるようにすればもはや脅威ではないという話もあります。

もちろん、2類から5類に変更する必要はありますが、これも実現して行くのではないかと思います。

しかしまあ、五味会長でしたか?

真面目な医師が多い中、権力者レベルまで行くとろくな奴がいませんね。

まともな国になって欲しいですが、変わる可能性があるとすれば今回の自民党の総裁選です。

とりあえず、河野はメッキが剝げましたし、何かしらの理由を付けて増税しようとしているのもばれました。

特に酷いのが中国利権で、法律的には問題ないのですが、保守政党としてはダメですし、自民党の総裁なんて論外です。

少しでも中共に圧力をかけられたら、国益よりもファミリー企業を優先するが明らかです。

後は、岸田か高市となりますが、世の中が変わりそうなのが高市です。

今のところは岸田の方が断然有利に見えますが、高市勝利の可能性もあると思います。

高市が勝利したならば、色々な銘柄が動くと思うのですが、国土強靭化計画関連で面白いと思っているのが5282ジオスターです。

いまだに目立って動いていないのですが、高市にスポットが当たれば面白くなる銘柄の一つだと思います。

まあ、たとえ負けても岸田内閣なら高市もどこかしらの閣僚になるはずですし、国土強靭化計画は前進すると見ています。

現在は安値付近であり、何を買ったらいいのか分からないような方は、注目してみるとよいと思っています。




さて、総裁選の予想と、関連銘柄に関しては、とりあえずはこんなところで良いのですが、特に注目すべきは誰が勝っても結果が変わらない銘柄として、選挙関連銘柄というものがあります。

ちょっと板が薄いものが多いのですが、総選挙となれば必ずと言っていい程動く銘柄というものが存在します。

自民総裁選が終われば、臨時国会を召集して、解散となる訳です。

そして、その頃に動き出すのが選挙関連銘柄。

値位置がそれ程高くない銘柄を推奨しますので、メンバーはこの後に配信されるメールを見逃さないようにご注意ください。

なかなかの値幅が期待できる銘柄だと思います。

ところで、4714リソー教育はどこまで上昇して行くのでしょうね?

推奨を開始して3か月半ですが、ほぼ上げ続けている状態です。

スピード感はありませんが、じりじりと上げ続けています。

また、こうした銘柄も推奨できるようにしたいと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

連休明けに叩き売られて肝を冷やした投資家も多かったかと思いますが、やや警戒していた秋分の日を無事通過し、225は一気に30000円台を回復してきましたね。

21日、22日共に空売り比率が高かったことを考えると、下げたほうが幸せだった投資家もいるようには思いますが、やはりこの相場は上を向いているのでしょう。

安くなった時に空売りするのではなく、安くなったら買いを考えて行けば良いのです。

ただ、これは私が買い屋だからであり、そういう目で相場を見ているからとも言えます。

今は買いが有利だとは思いますが、売りも上手くやればそれなりに利益にはなっているはずですからね。

特に先週末に空売りしていれば、21日・22日の下げで大幅な利益を得た可能性は高いと思います。

ですから、売りが得意であるならば、それもまた手だとは思うのです。

結局、売り方あっての買い方で、買い方あっての売り方です。

どちらもなくては困る存在で、持ちつ持たれつなのです。

大事なのは、買いと売りどちらが自分が得意なのかを見極め、得意なスタイルで戦う事です。

一番ダメなのは、どちらもこなそうとすることです。

野球に例えると、右も左も打てるスイッチヒッターはいますが、皆優秀かと言えばそうではありません。

本当にすごいバッターはどちらかだと思うのです。

また、打って投げる大谷翔平という選手がいますが、彼は特異な存在であり、凡人がそうそう真似できるものではありません。

あなたが大谷クラスの才能を持った投資家なら、買いも売りも両方やるべきですが、そうではないならどちらかに絞るべきです。

チャートを眺めていると、ここで買って値上がりで利食いして、空売りを入れて値下がりで利食い・・・。

簡単に見える事もありますが、そんなに簡単なものではないのです。

往復で取れたら効率が良いでしょうし、理想ですが、人間そんなに器用ではないのです。

買い(もしくは売り)を極められないのに、往復で利益とか考えが甘いのです。

売りでも、買いでもどちらでもいいから、とにかく真剣にそれを考えなくては、株で利益は得られない。

そう心に刻んで一刀を極めることをお勧めしたいです。

(「一刀を極める」 ⇒ http://ssoubakan.com/blog-entry-2623.html




さて、一般公開した3121マーチャント・バンカーズが乱高下していますね。

騰がると思っていた日に騰がらずに、大幅安・・・。

これをS氏のせいだ!と相変わらず某掲示板で騒いでいる方もいるようですが、買値が高いから心が落ち着かないのです。

安いところから買っていれば、このぐらいの動きであたふたすることもないのですけどね。

予想よりは遅れてはいますが、引き続き魅力的だと思って見ている銘柄です。

ただ、売るも買うも各自の自由であり、それをどうしようという事もありません。

ちなみに、その後に推奨した銘柄ですが、こういう仕手っぽい銘柄ではありません。

一つは9201JALで、推奨後にGOTO再開とか、色々好材料が続いて上昇してきています。

更にもう一つは某メガバンクで、これも狙い通りの上昇です。

仕手っぽい銘柄よりは時間がかかりますし、値幅もないとは思いますが、それなりに楽しみにもしているのです。

ただ、こうした銘柄は相場の流れを読みながら、一般ニュースから導き出す銘柄であり、情報の特別性はないのですけどね。

あまり需要はないかも?と思っていた時もあるのですが、最近はメンバーからのリクエストもありましたし、今後もこうした王道的な銘柄も取り上げて行こうと思います。

さて、気になる総裁選ですが、文春砲で致命傷を負った河野に勝利の目はなくなったと思います。

可能性は少し残っていますが、ほぼダメでしょう。

残りは岸田と高市で、個人的な希望は高市ですし、こっちの方が面白いのですが、冷静に見ると岸田の方が有利でしょうかね。

立候補当初は左翼過ぎてダメだと思っていましたが、高市効果で大分中道に寄ってきました。

後は岸田が高市をどう使うかと言ったところでしょう。

ポジション次第では高市は間違いなく使えますからね。

特に腐っている経産省とか、外務省もなかなか良い感じがします。

うまくやれば岸田内閣も悪くないかも?

そんな風にも思っているところです。

ただ、高市総理は見てみたいですし、そうなった方が日本は面白くなるとは思っていますけどね。

引き続き、観察を続け、上手く投資に生かせればと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は寄り後売られていますね。

酷く売られている訳ではありませんが、強さは感じられません。

今夜はFOMCで、特に大きな変化はないと思いますが、テーパリングの開始が意識されていますので、これは様子見要因になっています。

さらに、日本は秋分の日を控えているので、ちょっとやり難いというのが正直なところです。

先週は相場が強く、連休明けに期待を持たせるような動きでしたが、結局は連休中に恒大集団のデフォルト懸念という分かり切った材料で売られた訳です。

このような状態なので、今日持ち越せばまた・・・と連想されますし、持ち越すのが怖いという人も多いでしょう。

よって、今日は思ったよりも安い一日になりそうです。

ただ、今日の相場で先行して安いのであれば、逆に明後日は強い相場になる可能性が高いと見ていますので、目先は下に行っても、強気で見て行けば良いでしょう。




さて、悪材料となっている恒大集団ですが、同社株や社債を持っている日米欧が被害を被る可能性は高いのですが、大部分は中国国内資金の話です。

という事は、日本のバブル崩壊時と同じで、国際問題には発展しないと見られます。

中国は勝手にバブルを膨らませ、勝手に崩壊させただけという事になりそうです。

その債務処理ですが、日本と違い中国の場合は庶民を犠牲にすれば良いだけなので、長期で影響が残るという事はないでしょう。

ただ、国際問題にはならないとは思いますが、中国自体は弱体化が続くはずです。

壊れた恒大集団は国が引き取り、管理下に置くのでしょうが、他の不動産デベロッパーも同じ運命でしょう。

そして、中共はどんどんお荷物を抱えて弱体化して行く。

そうなりますと、優秀な人材が逃げていくので、英語教育を禁止して海外との情報を断絶という訳です。

ビザの発行も極端に減らしていますし、海外に行く留学生もどんどん減らしています。

いずれにしても、中国はピークアウトしていますし、中国頼みの国家運営はまずいと言えます。

そう考えると、親中且つファミリー企業が中国に子会社を持っている河野は総理として最悪な人選です。

パネルを中国からガンガン買うんだ!という進次郎もまた同じでしょう。

彼らは利権を破壊する改革派だとか言いながら、我田引水で利権をむさぼっていますからね。

ちなみに、河野については文春砲が炸裂していますので、まだご存じない方は見ておいてください。

https://bunshun.jp/articles/-/48752

さて、そうこう書いている内に225がプラス圏に浮上してきました。

要因は、米でつなぎ予算が賛成多数で可決されたことと、恒大集団の23日分の国内向け利払いが行われるというニュースが伝わった事の様ですね。

恒大集団は面倒な材料ですが、弱気になりすぎずに見て行けば良いでしょう。

最後に、加速してきたら一般公開しようと思っていた銘柄を紹介します。

4714リソー教育は319円からの推奨で、ちょっと時間はかかっているのですが、しっかり上昇し続けています。

時間はかかるのですが、ここから買っても取れると思いますし、好みに合えば、押し目を拾っても良いのではないかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

また連休明けが狙い撃ちされていますね。

原因は中国大手不動産デベロッパーの恒大集団ですが、一つ注意したいのは、突然降って涌いた話ではないという事です。

何か月も前から懸念されていた話で、特にここ一週間は多くの人が認識する問題でした。

相場というものは、通常、こんな誰でも分かる方向に動かないのですが、それでもこうして分かり切った材料に反応して行く事もあるのです。

これが相場の怖いところですが、本当にこれが売り材料なのか?と冷静に考える必要はあるのです。

買い方目線で考えると、相場の上昇に不可欠なのは不用意な空売りです。

これらをどんどん踏みあげる相場こそが一番おいしいのです。

ここのところ、売っては踏まれをしてきた個人投資家ですが、流石に30000円を超えても強いままで、空売りの勢いが大分弱っていました。

「もしかして買いなのか?」と思い始める投資家も増えましたし、買い方としては、是非とも空売りが欲しい場面でした。

ここで出てきたのが、この分かりやすい売り材料です。

多くの投資家が、この下げを見て「やっぱり下だ!」と思っているに違いありません。

そして、空売りが沢山入ってくる事になるでしょう。

今日の空売り比率は45%以上ではないかと思いますし、そうして入ってきた空売りは踏まれて行くのだと思っています。

まあ、目先荒れたとしても、結局向いているのは上だと思います。




ところで、注目の自民総裁選ですが、中国・韓国・大手メディア・左派勢力とあらゆるところが河野推しですし、河野が勝ってしまいそうな雰囲気もあるのですが、親と弟の経営する企業が中共べったりで儲けているという実態が暴かれました。

分かり易く解説しているのが以下の動画ですので、興味があればご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=qEHLSy3lUPY

野党は、こういうネタでガンガン攻めれば良いのですが、今は河野に勝って欲しいからか、このネタには誰も食いついていませんね。

ただ、総裁選まで無視し続けられるとも思えません。

結局、河野は「利権を壊す!」とか言いながら、自身が利権の塊だという事が露呈してしまっているのです。

パワハラ音声も拡散していますし「河野に総理の資質なし」というのが大多数の保守派の意見です。

https://www.youtube.com/watch?v=r7mhGqYjdWI

党員投票がどんな結果をもたらすのかは分かりませんが、河野は消えるのではないかとは思います。

後は岸田と高市の戦いですが、結果は読めません。

総選挙を考えたら、岸田はないと思いますし、保守系の自民党員も投票はしないと思うのですけどね。

ただ、派閥からの推しは間違いなく岸田に有利です。

日本の為、そして株価の為にも高市の方が良いとは個人的はには思うのですけどね。

日本の首相となるべき人は、マスコミに負けない頭脳と胆力を持つ必要がありますからね。

とはいえ、高市では日本の国益になるので、米も含めて他国はこれを嫌う可能性はあります。

問題はこの点ですね。

表に見えない人達の意思がどれだけこの選挙に影響を及ぼしてくるのかを、しっかりと見極めたいと思っているところです。

ちなみに、ここまで酷い河野が総裁となれば、日本は中国の属国になり下がり、暗い未来しか待っていないでしょう。

河野も小泉も一族で太陽光パネルの利権を享受して、儲ける事しか考えていない様ですからね。

さて、昨夜は29500円台まで売られた225でしたが、そこまでは売られていませんし、現在は30000円前後のもみ合いとなっていますね。

米国株も下げたとはいえ、どうも仕掛け臭い動きでしたし、実際は中国株の下落はそこまで深刻な問題ではないのでは?という感じがしています。

冒頭でも書きましたが、分かり切っていた事が起きているだけですし、意外性の欠片もないのです。

結局は空売りを誘い込んでいるだけではないか?と思っているところです。

推奨銘柄ではプラス圏になってきているものもありますし、対応を間違わなければ、この下げはチャンスになるのではないかと思うのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

まだ前場ですが、今日の相場は連休前の割に随分と強いと思いませんか?

20日には中国の大手デベロッパーである恒大集団がデフォルトする可能性が高いというのにです。

この問題は何度も取り上げましたし、最近では大手メディアも取り上げるようになりましたので、皆様も事の重大さは理解しているかと思います。

ならば、何故連休前の今日の相場が強いのか?

これが分からないと、いつまでも相場で勝利を収めるのは難しいでしょう。

まず、一番大事なのは売買動向だと思います。

8月第四週から三週連続で個人は売りを増やし、この三週間だけで1兆円以上売り越しています。

対する外資は週連続買い越しで7000億円近く買っています。

9月第一週から買い越し姿勢になっているのですが、これは自民党が勝利することが確定と見たからに他ならないと思います。

おそらくは今週も個人は売り越し、外資は買っていると思われますし、外資が買っている相場はそう簡単に終わらない事が多いです。

この大きな流れを見誤ってはいけないでしょう。

そして、今日の動きをクローズアップして見ますと、恒大集団の問題もありますし、連休前で売りが多いはずなのに、何故か強い。

買っているのは外資が中心と見ますが、要するにプロの買いなのです。

連休前で売りたい奴の玉を安く買えればそれが一番だと思いますが、売りを待っている余裕すらない。

これが今の状況だと思います。

私も恒大集団は気になっています。

習近平は世界を巻き込んで自滅するつもりなのではないかという疑念もありますし、安心はしていません。

ただ、外資がこれだけ買っている相場で売りだけはないと思っています。

昨日は31000円のコールが大量に買われましたし、大手のどこかが上を狙っているのも見えています。

ですから、連休を控えてポジションを軽くするぐらいはやるべきですが、売りまでは全く考えていません。

ここで弱気では取り損ねる可能性が高い。

いつも書いている事ですが、相場の利益は恐怖の代償なのです。

という事は、皆が恐怖して売っているところは買いに行かなくてはならないのです。

今日は多くの個人投資家は恐怖しているはずです。

強気の意見などほぼ聞こえてきません。

しかし、外資は押し目を待てないほどに買い意欲が旺盛で、押し目を作ってこないのだと思います。

ですから、今日の相場で高い銘柄で、特に値を飛ばしていないもの。

概ね1%程度までの上昇に収まっている銘柄は、期待が持てると思います。

今日小じっかりの銘柄は週明け以降に大きく動く可能性が高いと思っているところです。

では、何が・・・となりますが、それはあれですよ。

まだ持っていてくれていると良いのですけどね。




さて、注目の自民党総裁選挙ですが、何と野田聖子まで出てきましたね。

旦那が元反社という事で、出られないだろうと思っていたのですが、何と言いましょうか河野への刺客でしょうかね?

本人もなれると思って出てきていないでしょう。

これで河野が一回戦で過半数を取れる可能性はほぼ消えました。

最低でも2番手に残るのが高市で、決戦の相手は河野か岸田という事になるのでしょう。

選対本部の立ち上げや、合流してくる議員を見ていると、やはり高市が強いと思いますけどね・・・。

ちなみに、河野と岸田は夫婦別性を認め、同性婚も認める方針だとか。

保守系には受け入れられない方針であり、流石に自民党でその方針はどうなの?とは思いました。

こんな発言を見ていると、やっぱり高市が勝つように見えます。

とにかく、20日の候補者討論会からは目が離せないでしょう。

怖い週末ですが、引き続き強気継続で行きたいと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225だけを見ていると30000円台の値固めと言った感じで、悪くない動きに見えますね。

通常のパターンならばここらで材料株が盛り上がるのですが、マザーズの下げは2%を超えていますし、値下がり銘柄が多いです。

値下がり銘柄が多ければ、行き過ぎていた騰落レシオも落ち着きますので、悪くはないのですが、このギャップは酷いなと思っているところでした。

煽りを食らって、良いと思っていた銘柄もチャートが崩れて手仕舞いせざるを得なくなりました。

こうした下げはチャンスと捉えるのですが、本格的に崩れると取り返しがつかなくなることもあるのです。

特にマザーズの場合は取り返すのに時間がかかる事も多いですし、時には割り切った方が良いでしょう。

しかしまあ、とにかく指数だけがしっかりしている嫌な相場です。

こういう時は裏で悪材料が進行している可能性があるのですが、疑わしいのは中国ですかね。

と書いている内に225もマイナス圏に沈んできましたね。

これだけ下げている銘柄が多い中で、指数だけがプラスでは流石に違和感しかないですからね。

さて、昨日話題になっていたのは北朝鮮のミサイルです。

このタイミングで、何のために飛ばしてきたのでしょうか?

第一に考えたのは、菅が月末に米国を訪問するのですが、やはり米国の兵器を買うための布石かという事です。

日本は国防に力を入れなくてはならないのですが、これを国民に納得させるには脅威をアピールする必要がありますからね。

左翼思想の人達は、話し合いでミサイルが飛んでこなくなると思っているか、有事に内側から城門を開ける間者のどちらかですが、どちらも悪質で、日本には要らない存在である事に変わりはありません。

ただ、メディアが彼らの仲間なので、黙らせるには現実に引き戻す必要がある訳で、そのために北にミサイルを飛ばさせた可能性もあるかも知れません。

しかしまあ、思惑は何であるにしても、あれはもう迎撃不能だと思います。

低空で目標に向かって高速で飛んでくる訳です。

表現上は弾道ミサイルとなっていましたが、あれはどう見ても低空巡航ミサイルなのです。

これまでは撃ち落とすための兵器開発や配備を進めてきた訳ですが、もはや防衛で間に合う話ではありません。

北朝鮮でも、あのレベルのものが作れている訳ですが、ロシアは超音速で飛来する低空ミサイルを開発している様ですし、更には無人原子力潜水艦までもが配備されているとか。

人が乗っていないので、通常の潜水艦よりも深く潜れるそうですし、相当危険な存在が近隣に見られる訳です。

ここまで来ると、戦争を仕掛けたら返り討ちに遭うと思わせるほどの力を日本が持つしかないのです。

現時点では米に頼っているのですが、バイデンのような奴が大統領になると、日本の国防が怪しくなるのです。

日本の安全が米国頼みであることが、これほど怖いと思った事はありません。

我々は自分で自分の身を守る覚悟を持つべきです。

ですから、高市候補の言う「防衛費倍増のGDP比2%」は実行すべきですし、核兵器も開発しておく必要があるでしょう。

綺麗事で国は決して守れないのです。

核兵器持っている連中に囲まれた状態で、ぼやぼやしている場合ではないと思うのですけどね。

「とりあえず話し合いで・・・」とか「中国と仲良く!」とか言っている河野・石破・進次郎連合はダメですね。




さて、相場は大きくはありませんが、下げてきましたね。

本格的な下げになるとすれば、恒大集団が原因か?となりますが、なんだかんだと言いながらも中国は共産党国家であり、力業でごまかして終わるのかも知れません。

ただ、中国国内の借金だけなら問題なのですが、海外への借金は流石に踏み倒せないと思うのですけどね・・・。

問題は大きいのですが、大きすぎて理解できない域という事なのでしょうか?

とにかく相場には大きな影響は出ていない訳です。

これが本当の脅威ならば、225もNYダウもこんなところにいる訳がないのです。

と書いている内にマザーズの下げが3%を超えてきました。

225は頑張っていますが、じり貧にも感じます。

明日は三連休前ですし、目先は調整でしょうかね。

まあ、調整した方が良いですし、ここは黙って調整を受け入れれば良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日の相場はちょっと苦しいですね。

225が休めば材料株が盛り上がると見ていたのですが、ほぼ全てがお休みです。

騰がっている銘柄もあるのですが、多くはぱっとしません。

上げ続けてきましたし、騰落レシオは140を超えて149まで行ってましたからね・・・。

ここまで来てしまうと、流石に目先はお休みでも仕方がないでしょう。

ここで大事なのは、これで相場が終わったと判断せずに良質な銘柄を買いに行く事です。

「韓国がデフォルトしそうだ!」とか「中国の恒大集団で取り付け騒ぎが起きていて、巨大倒産かも!」等、怖いニュースも沢山あるのですが、それでもやっぱり買いが基本だと思うのです。

上記の問題は、多くの人が既に認識している問題であり、最前線で戦っているファンドマネージャーが知らないはずがないのですからね。

本当にだめなら、既に株価は下げている事でしょう。

まあ、リーマンショックを思い出すと、問題が発覚しても、しばらくは大きな下げになりませんでしたけどね。

ただ、あの時の問題は不良債権がどこにどれだけ紛れ込んだか分からなかったことです。

後から後から負債の話が出てきて収拾がつかなかったのですから、当然と言えば当然だったのです。

今回に関して言えば、世界中の銀行が厳しいルールで自己資本比率を高めましたし、簡単にあのような事態に至るとは思いません。

ただ、今の問題の中心が中国ですからね・・・。

負債がどれだけ隠れているか分からないという意味では、酷いかもしれません。

ですから、大丈夫だ!とは言い難いのですが、少なくともばらまかれた金は潤沢ですし、中国から投資資金が引き揚げたとしても、どこかに投資しなくてはならないのです。

その時に投資対象となるのは、出遅れている日本株だと見ています。




特に今は大敗とまで噂されていた自民党が、総裁選で一気に注目を浴びていますからね。

総裁が高市になれば、自民は総選挙でも大勝するでしょうし、河野や岸田でも負けはしないでしょう。

まあ、左翼色全開の河野だとちょっと不安もありますが・・・。

原発、皇位継承等、多くの方針を総裁選が始まってから方向転換しました。

要するに、信念のない人で、こんな調子では長続きはしないと思うのですが、石破を仲間に引き入れた時点で終わったと見ていましたが、更に進次郎も合流ですからね。

河野が総裁になれば、リベラル自民党になってしまいますので、最悪自民党は分裂してしまうでしょう。

まあ、石破が合流した時点で議員票は集まるどころか離れるはずなので、勝ち目はないと思って良いのでしょうけどね。

当初から高市が勝利すると見ていましたが、おそらくその流れだと思いますし、高市総理で政治が動き、投資も活発になると思っています。

225は年内33000円で、来年は36000円越えからバブル高値を更新へ向かって行く事でしょう。

まあ、試練は多いですが、方向的には上だと思っているところです。

今日は下げていますが、売っている場合ではありません。

こういうところで買えるかどうかが勝敗を分ける場面だと思っているところです。

韓国や中国がどうなろうが、長期的には上であり、下げているところは強気で良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

一般公開している3121マーチャント・バンカーズが高値更新となってきましたね。

材料は冬虫夏草の販売強化とありますが、こんな材料で高値更新の訳がありません。

https://pdf.kabutan.jp/tdnet/data/20210913/140120210913497196.pdf

メンバーへの助言は継続保有です。

おそらく、年内は売り指示を出さないと思います。

何故この銘柄を良い場面で一般公開したのかと言うと、単純にこれで儲けてメンバーになって欲しいからです。

「S氏に嵌められた!」とか言われたりもしましたが、嵌めたって1円にもならないのです。

勝てる可能性の高い銘柄を提供し、しっかり利食いしてもらう。

そして、次の銘柄はもっと安いところから買って良い売買をして頂きたいだけです。




ところで、225もめちゃめちゃ強いですね。

ショートしている投資家が気の毒ですが、どうしてこの強い相場で売りを考えるのか私には理解できません。

225は今日から買っても良いぐらいだと思っています。

もちろん、近いうちに調整はあるでしょう。

騰落レシオは140を超えていますし、調整なしで上昇を続けるのは、流石に無理だと思います。

ただ、どうして今騰がっているのか?

これが分かっていないとどうにもならないとも思っています。

この上げには理由がありますし、それさえ分かれば買いたくなるし、それが最適解という事が分かるでしょう。

知らずに売りで踏まれ続けるか?

知って買いに踏み切れるか?

これが勝敗の分かれ目だと思います。

さて、ここから強気になったとして、何を買ったら良いでしょうか?

まあ、盛り上がってきているのは3121マーチャントですし、別にこれを短期で狙うのも良いとは思いますが、もう少し腰を据えて売買出来る銘柄のほうが良いのではないかと思います。

ただ、新規で何が良いかとなりますと、正直次の銘柄を待ちたいところです。

ちなみに、いつになるかは分かりませんが、マーチャントに続く銘柄は必ず出てきます。

それは、今日かもしれないし、来月かも知れないですが、そう遠くはないと思っています。

メンバーがマーチャントを仕込み始めたのは314円からですが、チャート的にもほぼ底値でした。

次の銘柄も同様のタイミングとなるかは分かりませんが、納得の行く値位置で仕込めるのではないかとは思っています。

メンバーはこれらを仕込んでいけば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は意外としっかりした始まりでしたが、急速に値を下げてきましたね。

とは言え、30000円割れに進むようには見えませんし、安ければ買いも入ってくるでしょう。

目先、相場に大きな影響を与えそうなのは総裁選ですが、今のところは三つ巴で結果が読み切れません。

個人的には、高市の勝利がベストですが、最近の言動からは河野でも大丈夫かな?とも思い始めてはいます。

まあ、もう少し変化が見られたら、またレポートします。

さて、問題と言いますか、気になるのは中国です。

先週もお伝えしましたが、恒大集団の破綻懸念が根強いのです。

助ける準備が出来たという話もちらっと聞きましたが、助けると言っても根本解決にはならないと思います。

そんな中、東芝は大連工場の閉鎖を決定し、この影響で数万人規模の失業が出ると言われていますが、今後こうした決定を下す企業は増えると思います。

中国に進出している日本企業は多いのですが、色々な話を聞いていると、行きたくて行ったというよりは、大企業が行ってしまったから、下請けとして行かざるを得なくなったというケースが多いようですね。

ですから、大企業が撤退すれば、一緒に撤退する中小企業が多くなる訳です。

やっとか・・・という思いは強いのですが、何とか恒大集団が生きている内に逃げ出して欲しいですね。

ただ、企業が上手く逃げ出せたとしても、米国の年金資金は逃げられるのでしょうかね?

ジョージ・ソロスは「中国への投資を規制する法律を作れ!」とまで言ってましたし「このままでは大変なことになる!」とも言ってました。

ただ、ソロスは庶民の味方ではないのです。

結局は自分の利益しか考えていない人です。

そして、中国株を見ると・・・「騰がってるじゃん!」となる訳です。

売れとか言いながら、実は買ってるとか?

とりあえず、恒大集団が潰れるとしても、まだ先なのかな?と。

警戒は必要ですが、こういう話は考えすぎてはいけないという事もあるのです。

こうして不安を煽られて、日本の投資家は空売りをバンバン入れているのです。

それが連日踏まれ、今では225は30000円台の根固めですからね。

恐怖は感じますが、実際には相場は下げていません。

結局、何がどうあれ、相場に聞くのが一番だという事です。

また、情報も大事ですね。

インサイダーは無理でも、大口投資家が何を買っているのか分かれば強力な武器になりますし、意図までもが分かれば更に良いですね。




さて、先週乱高下して騒ぎとなってしまった3121マーチャントですが、予想通り370円台に戻ってきましたね。

慌てて売った方はご愁傷様としか言いようがないのですが、ブログでも書いた通り、慌てる必要はなかったのです。

まあ、高いところで買っている恐怖には勝てなかったのでしょうね・・・。

予告通り推奨は継続していますし、今のところ手仕舞いは考えていません。

買ったのであれば、しばらく放置しておけば良いでしょう。

私がまた下手に語ると乱高下してしまうので、マーチャントは当分取り上げないつもりですが、期待値は全く落ちていないと思って頂いて結構です。

最後に、今日は調整中だった4584キッズウェルが大幅に動き出し、新高値に進んでいます。

545円から推奨し、最近は毎日のように800円割れ状態となっていましたが、一気に860円台まで進んできました。

こんな高いところを買いに行く必要はないですが、今日の上昇は、上昇再開の一歩目と捉えて良いのではないかと思っているところです。

不安の多い相場ですが、買いで見て行けば良いでしょう。

買いで取れなくなったら売りも考えますけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

3121マーチャント・バンカーズの件でプチ炎上しているらしいですね。

公開したところからも順調に値上がりしていましたし、比較的良いタイミングで出せたとは思っていたのですが、問題は今週末ぐらいから本格的に上に行くとしていた予想が変わってしまったことです。

変わった経緯はお話できませんが、スタートが2週間程度先送りされただけです。

本当は解説するつもりはありませんでしたが、もう少し情報を公開します。

もちろん、メンバーには利食い指示を出していませんし、推奨も継続です。

また、370円以下は強気で良いとも昨日レポートしています。

どうして370円以下を買って良いのかは、ここ数日を見ていれば分かると思います。

ただ、375円以上を買うのは賛成しません。

そこから上は売りが出てくる可能性が高いからです。

ただ、そうした話も2週間後までで、その後は大きく上昇して行く銘柄になると思っています。

勝手なことを言っている輩もいますが、一般公開までしたのは、こんな数十円の値幅の為に人様を嵌めるようなケチな仕事の為ではありません。

本当に利益が狙えるチャンス銘柄だと思っているからです。

もちろん、株なのでお約束は出来ないのですが、世の中が予想以上に酷く変化しない限りは、買っておけば儲かる可能性の高い銘柄だと思っています。

それと、一つご理解頂きたいのは、メンバーは310円台からコツコツ拾っていますが、一般公開のタイミングは当然それよりもリスクが高いのです。

高いところから入れば、安いところから入っているよりも対処が難しいのは当たり前です。

一般にもある程度公開するつもりですが、最優先はメンバーです。




さて、他にも色々と良い銘柄はあるのですが、大本命銘柄が調整を終えてようやく上昇を再開しています。

ただ、今日は窓を空けてしまっていますし、提灯も結構入っているように思えますので、ここは買いたくないですね。

買うなら押しているところで、狙い目は75日線あたりか?と思っています。

その内、高値奪還に動くと思いますが、すぐではないと思いますので、目先は冷静に対処して行けば良いでしょう。

この他では、昨日から推奨しているアフターコロナ関連銘柄には結構期待しています。

誰もが知る大型株で、今はコロナで需要減が響いて苦しんでいるのですが、そろそろコロナも終わりだと思うのです。

世界を見ると、まだちょっとおかしいと思う国はありますが、多くは死者が減っているのです。

最近ではワクチンパスポートの話が多くなっていますが、状況から考えるに、半年更新という事になるのではないかと思います。

半年でワクチン効果がなくなるのですからね・・・。

個人的には、こんなものに何の意味が?と思いますし、流石に多くの人が「3回4回なんて無理!」と思い始めるのではないでしょうか?

国産では塩野義が経口治療薬の開発が進んでいますし、ファイザーも経口治療薬に目途をつけたようですからね。

インフルエンザ薬のリレンザと同じ原理と思われますが、侵入したウイルスの分裂を阻害するそうです。

これにより、感染しても重症化せずに乗り切れる可能性が高まる訳です。

そして、体は生のウイルスで免疫を得る。

治療薬が出回れば脅威ではなくなるのですし、経済活動は再開して行きます。

ですから、今苦しくてもがいている企業でも、それは最後の苦しみであり、この場面は買いで良いという事になるのです。

材料株の方が面白いとは思いますが、アフターコロナ狙いの大型銘柄も面白いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は30000円の値固めでしょうかね。

流石にこのまま上には行けないか?と思いながら見ています。

ただ、外資は米国株を売って、出遅れている日本株を買うという動きも見せていますし、先行きは意外と明るいのではないかと思っています。

材料面では、総裁選からの解散総選挙という流れですが、解散総選挙の時に株価は下がらないものです。

外資は河野だったら株価に一番良いと考えているという話もありましたが、河野はコロナに専念すると宣言しましたし、麻生が難色を示しているので、立候補すらしない可能性もあります。

まあ、個人的には河野はあまり好きではないので、別に良いのですが、株価的にはちょっと残念かな・・・とは思っています。

残っている有力候補は岸田と高市ですが、どちらの方が株価にプラスでしょうかね?

とりあえず、高市なら防衛費は増やすでしょうから、防衛関連にはプラスだと思います。

原発推進ですし、核融合炉の開発にも意欲を見せていますので、これはこれで良いのではないかとは思っているところです。

さて、昨日は菅が任期中最後の訪米を発表していましたが、日米豪印の首脳会談を念頭に置いたものとの事ですが、果たしてそれだけなのでしょうか?

アフガンでやらかしたバイデンがどれだけの発言力があるのかも分かりませんし、これほど使い物にならない大統領もそういないですからね。

まさか、何か手土産でも持って行くのでしょうかね?

防衛装備品の購入とか?

裏の世界でよく言われるのは、防衛装備品の購入にはキックバックがついてくるそうですから、菅は退職金を手に入れるために行くのか?とも邪推できます。

何が狙いかは分かりませんが、もし防衛品の買い付けの話が出てきたら、そんなところだろうと思っているところです。




ところで、好調だった3121マーチャントですが、少し状況が変化してしまいました。

現時点の予想では2週間程度の揉み合いになると見ています。

落ち着きどころは370円台前半だと思いますし、特に慌てる必要はありませんが、詳細はメンバー限定情報になります。

株価上昇シナリオに変更はないのですが、タイミングは色々と思惑がありますし、変わる事が多々あります。

問題は、その変化が良いものなのか?それとも悪いものなのか?

この判断が出来ないと利益を取りこぼしたり、思わぬ損失を被ったりとなる訳です。

要するに、この二週間をどう考えるか?

ただそれだけです。

その他の材料株ですが、4380円から推奨している3628データホライゾンが6000円に迫ってきていますね。

薄い銘柄で、且つ値がさで買いにくいので、多くのメンバーが買っているとは思いませんが、買っていればなかなかの含み益ですね。

本番は月末の分割の権利を取ってからだと思いますし、流石にこのまま6000円も超えてどんどん行くことはないとは思うのですけどね。

とりあえず、一部利食いで様子をうかがってみたいところです。

後は、大本命のあれが、やっぱりおかしいですね。

この前からじりじりと上げてきているのですが、今日は更に上げ幅を拡大してきました。

予想外のタイミングで調整に入ってしまい、面白くない思いをしていましたが、そろそろ本格的な戻りを見せるのではないかと期待しているところです。

更にこの後新規銘柄をメンバーに推奨する予定です。

高配当で良い感じの銘柄情報が入ってきています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

久しぶりのサービス銘柄の3121マーチャント・バンカーズを買った方はいますかね?

昨日は13円高とまずまずの上昇でしたが、本格的上昇は明日以降だと予想しています。

何故に明日以降かは言えませんが、本格的な上昇を手にしたいのであれば、今日中に買っておくのがベストだと思います。

ただ、今日は昨日の反動で安くなる可能性がありますので、買うにしても慌てずに安いところを狙うようにしてください。

ちなみに、メンバーには316円でご紹介しています。

この相場は、上を向いていると思いますし、しばらくの間は儲けやすい相場だと思っています。

いつまで好環境が続くかは分からないのですが、続いている内はしっかり稼いでおきたいところでしょう。

とりあえず、好材料は自民党の総裁選です。

政治の話は色々と誤解も生じますし、感情にも影響を及ぼすので、あまり書きたくはないのですが、相場というのは政治が大きく影響するのも事実です。

皆様、好き嫌いや考えがあるとは思うのですが、参考程度に読み進めて頂ければと思います。




今日は各馬の分析をしていきます。

党員票での人気は石破ですが、議員票は全く取れません。

要するに、一般受けは良いがプロには人気がないのです。

まあ、実際自民党内の極左みたいな人ですし、基本的に保守が売りの自民党にふさわしい人物とは思えません。

正直、立憲民主党に鞍替えしたら?というレベルのリベラル派です。

石破が勝つには第一回投票で過半数を取る必要があるのですが、過半数を取れずに議員投票となる第二回投票にもつれ込むと終わりなのです。

それが見えているから出馬はしない方向なのでしょう。

次に河野ですが、ネットで人気だとか言われていますが、Twitterでのブロック件数が多すぎると話題ですね。

ブロック数がなんと数万人だそうで「意に添わぬ人間を一切認めない」という性格なのでしょう。

Twitter上で変な絡み方をされたりして、ブロックすることは誰でもありますが、尋常じゃない数のブロックはおかしいですね。

これだけで資質を疑ってしまいますが、女系天皇を実行しようとしたり、温暖化対策と言いながら反原発派です。

原発なしで二酸化炭素を減らせる訳もないのですが、人気取りの為なら整合性がなくとも嘘を吐くのでしょう。

以前は良いところもあるとは思っていましたが、結局は自己中心的で、イエスマンしか要らないという感じですし、彼もリベラル派です。

河野が勝つには麻生を味方につけるしかないのですが、麻生は安倍を裏切らないし、安倍は高市推しとなっているので、河野に勝ち目はなさそうです。

ただ、石破が河野支援(いらない気がしますが)を打ち出しているので、万が一河野が総理となると、石破幹事長という地獄が待っています。

ですから、石破が河野のバックに入った時点で、河野は勝たせてはならない人物になってしまった訳です。

そうなると、ぱっとしない岸田はどうかという事になりますが、石破と河野が消えたと考えれば、現時点のトップだと思います。

ただ、強く出られない人ですし、とっさの回答が下手で、不器用な人ですね。

TBSの番組で、モリカケへの質問に対して再調査をすると取られかねない回答をしてしまい、火消しに回る始末です。

総裁選の時点でこんな凡ミスをしている様では話になりませんし、ネットの評判も良くないですね。

ワイドショーも、モリカケ再燃を狙うかも知れませんし、こんな調子で総理になったら短命に終わると思います。

ただ、現時点での総裁選トップは岸田だとは思います。

さて、最後は高市です。

党員人気は最低ですし、テレビしか見ないような人には「どうして高市?」なのだと思います。

しかし、ネットでは断トツ人気です。

安倍が推せば、麻生もそれに乗りますし、甘利も麻生に従うのです。

ちなみに、高市の政策でまずいのは増税ですが、これ以外は概ね良いと思います。

防衛関連の強化、対中、対韓共に強固であり、圧力で折れる可能性は低いですね。

そして、原発推進ですし、核融合炉の開発にも積極的です。

太陽光に頼っていてはいけないという考えも持っていますし、色々と私好みです。

現時点では岸田に負けそうな気もしますが、知名度を上げれば勝てると思いますし、可能性はあるでしょう。

高市ならば「日本は女性蔑視の国」だと考えている欧米諸国からの見る目は変わりますし、投資資金も入りやすくなります。

政策も増税論以外はしっかりしていると思いますので、関連銘柄が動くようになるでしょうし、株式市場にとっても悪くない存在だと思います。

まだまだ何が起こるかも分かりませんが、とにかく大手メディアの報道を真に受けてはいけません。

自分達に都合の良い方向に印象操作することが彼らの仕事なのです。

本当に先行きを予想したいならば、大手メディアの分析には頼らない事です。

ちなみに、これは現時点での分析で、情勢は日々変化して行くものと思われます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株はLabor Dayで休場で、相場に大きな影響を与えるようなニュースはありませんでしたが、225先物は夜間取引で30200円まで買われていましたし、今日も良好なスタートです。

ただ、良好とは言え、30000円には届いていませんし、思ったよりは弱いスタートです。

まあ、弱いのはスタートだけで、結局は30200円付近までは行くのではないかと予想しているところです。

と書いている内に30000円を超えてきましたね。

今日は騰落レシオが過熱の目途となる120を超えてきますし、売りたい気持ちの投資家も多いかとは思いますが、この上昇は今週末のMSQに向けた仕掛けと見て良いのです。

菅総理が次期総裁選に立候補しないと発表したことにより、総裁選への注目度が一気に上がり、その後の解散総選挙と、政策期待という具合です。

何も確定していませんし、あるのは期待だけですが、相場というのはこういう計算では分からないものが大好きなのです。

たとえば、1+1の答えは2だと分かっていれば、2以上買う気にはなれないでしょう。

しかし、3とか4とか、もしかしたら10にもなるような計算式が出されるかも知れないと思えば、10まで買って良い訳です。

普段は無理な仕掛けは出来ないとしても、このタイミングならSECも文句は言えないでしょうし、乱暴な言い方をすればやりたい放題な訳です。

ですから、この状況で30000円は超えないとか、ファンダメンタルズが・・・と言っても始まらないのです。

全ては期待値だけで、金を持っているところが好き放題やっているだけ。

それが今の相場であり、それに逆らう売買を考える必要がないのです。

と言いますか、売るから踏まれるという、売り方にとっての悪循環相場なのです。

まあ、買い方にとっては好循環ですが、今からでも売るよりは買った方が取れると思っています。

ただ、ここは材料株の仕込みを行うべきでしょう。

225はまだまだ騰がると思っていますが、一直線ではありませんし、必ずお休みがあります。

225が買われ、材料株が買われと、相場は循環して行くのです。

残念なのは、材料株は数が多いですし、全面高とは行きにくいので、どうしても取り残される銘柄は出てきてしまいます。

ですから、銘柄選びが大事という事になる訳です。

色々銘柄は出てきますが、昨日から一般の皆様にサービスでご提供させていただいているのが3121マーチャント・バンカーズです。

今日も少し高く350円台に乗ってきました。

これは、来週には400円台まで買われると見ています。

そして、先々さらなる上昇が見込めるでしょうし、年内に4桁相場になる可能性もあります。

出来高もそこそこあり、十分に楽しめる値段の内に公開したサービス銘柄となっています。

ちなみに、もたついてしまっている4584キッズウェルですが、推奨は続いていますし、期待大の銘柄であることに変わりはありません。

そろそろ調整も十分だと思いますし、近いうちに新値を取りに行くのではないかと期待しているところです。




さて、色々書いている内に225は寄り付きの値段まで上げ幅を縮小してきましたね。

30000円を超えたところから売りがどんどん出てきましたし、流石に30000円越えは簡単ではないといったところでしょうか。

ただ、この相場は上を向いていると思いますし、下げてきたら買いで考えれば良いでしょう。

とりあえず、30000円越えで踏みが一巡し、29900円付近で再度上昇エネルギーを溜めていると考えて良いでしょう。

まあ、そんなことより材料株ですけどね。

これを上手く仕込めるかが、今後の利益の幅に大きな差をつけてくると思っています。

いずれは売りの相場が来るのでしょうけれども、しばらくは買いで考えて行った方が取れると思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225はあっという間に29500円も超え、再度30000円が見えてきましたね。

多くの投資家がこの上昇には懐疑的ですが、それがこの上昇の手助けをしていると思います。

下げている相場において、買っては投げというのが起きますが、今はその真逆の動きです。

225は30000円手前であり、バブル時の高値38915円には遠く及びませんが、TOPIXはバブル時の高値を更新しているのです。

また、騰落レシオは120を超えていますし、目先は過熱していると見ることも出来なくもないのですが、大事なのは中身です。

詳しくはメンバーに解説していますので、ここでは割愛しますが、とにかくこの相場は上を向いています。

儲けたいならば、天井よりも、次に何が騰がるのかを考えるべきです。

最新の予想ですが、イレギュラーな事が起きなければ、年内36000円もあるかと思いますし、来年はバブル時の高値を更新する場面も出てくるかも知れません。

もちろん、一直線では騰がるとは思いませんが、基本はそういう相場だと思っています。

今まで何度も言ってきたことですが、相場は多くの人が思う方向には行きません。

ですから、周りの投資家の行動をよく見て、何をしようとしているのか考える必要があります。

私が見た限り、現在は多くの投資家が売って踏まれているか、売りを狙っています。

売りを狙うのは一見妥当ですし、常識的な判断ですが、多くの投資家がそうした行動をとれば、相場は上に行くのです。

相場で勝利するという事は、生き馬の目を抜く必要があるのです。

皆と同じような行動を取って勝てるはずがないのです。

まずはこのことを理解し、行動することから始めれば良いでしょう。

世界には様々な悪材料があり、その多くが致命的にすら見えますが、本当に致命的なら株価が日米共にこんなところにいるはずがないのです。

ここで売られていないという事は、多くの悪材料は金の力によって無力化されていると言う事です。




さて、相場の中心は225となり、多くの材料株は静かなスタートですね。

225は更に上昇すると見ている訳ですが、一気に行く訳ではありませんし、一休みの場面で材料株が動き出すと見ています。

ここから225を買えと言われても、流石に買いにくいと思いますが、お手頃で買いやすい材料株はいくらでもあります。

そんな中、メンバーが仕込んでからまだ少ししか値上がりしていない状態で、今週末辺りから本格的に上昇すると見込んでいる銘柄を今日は特別に一般公開致します。

最近は一般公開しない銘柄が多かったので、読者の方に対するサービスが足りなかったかと反省していました。

一部上場の素晴らしい銘柄ではありませんし、色々噂が出ては消えていた銘柄ですので、印象はよろしくないかも知れませんが、今回の上昇には乗っておくべきだと思っています。

業績が悪過ぎることもありませんし、配当もありますので、割と良い銘柄だと思います。

銘柄名は3121マーチャント・バンカーズです。

商いはやや薄いですが、極端に薄い訳でもありません。

340円前後でコツコツ拾っておけば、週末にはちょっとしたお小遣いを手にすることが出来ると思います。

1000株も買っておけば、それ程かからずにうちの年会費ぐらいにはなるでしょう。

まずはこれを見ていたら良いと思っているところです。

ところで、東証は3年後を目途に大引けを3時半にしたいみたいですね。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-03/QYUP7BDWX2QN01

また証券関係者から時間を奪うのか!と怒っている証券関係者が多いのではないかと思います。

昼休みをなくすとか言う話も以前ありましたし、本当に自分達の利益しか考えない会社ですね。

取引時間が長くなれば、売上が伸びるという発想でしょうし、利益を追求する企業という意味では当たり前のことですが、証券取引所というのは企業であると同時に公共サービスでもあると思うのです。

取引時間が長くなれば、証券関係者の自由がその分奪われる訳です。

多くの証券関係者がそれで喜ぶなら、私も反対はしませんが、喜ぶ人は皆無ではないかと思いますけどね?

少なくとも、私の周りに喜んでいる人は一人も居ません。

3時を過ぎたら、明日の検討に入る。

本当にバカな事しかやらない東証には嫌気がさしますが、どうにもならないと諦めるしかないのでしょうかね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株よりも日本株のほうが上がる様になってきましたね。

変化の切っ掛けは8月31日で、多くの市場関係者が12か月連続で月末安と見ていたのですが、大きく上昇して引けてきたのです。

私は高いと予想していたのですが、ここで多くの売り投資家の目算を狂わせたと見ています。

そして、それについていけていない投資家が多いのではないかと思っています。

昨日の時点で、誰と話をしてもショートでしたし、今日も週末で大引けにかけて下げると見ている投資家は多いはずで、おそらくは売りで入っていると思われます。

残念なことに、今のところは踏まれていると思われます。

ちなみに、今朝のメンバーレポートでお伝えしたのは、29000円絡みの相場になってもおかしくないという事です。

現時点では遠いいですが、この相場を下げと見ていたら間違いになる可能性が高いと思っているところです。

そんな訳で、引き続きロングで利益を出したいと思っているところです。




さて、レポートにはいつも中国の悪口といいますか、酷い点ばかりを取り上げていますが、悪いながらも実はしっかりしているところは結構しっかりしているのです。

例えば、アフガンで大量の米国人が取り残されてしまいましたし、日本人も多くが取り残されていますが、中国はアフガンの危機を察知して、随分前に撤退が完了していたそうです。

また、世界は自動運転を目標に、車に道路情報などを収集させて、そのデータを共有するという流れにあります。

それは自動運転にとっては重要なのですが、国の詳細な地図データが海外に流出する可能性もあるのです。

そして、多くの車がIoTでつながれば、いつどこで、誰が運転しているかの情報も駄々洩れになる訳です。

性善説上なら問題ないのですが、特に日本は近隣に狙う奴らがうごめいているのです。

攻撃兵器も小型の自立特攻型のドローンが開発されていますので、日本においてもこうした小型ドローンで狙われる日が来る可能性が高いのです。

ですから、詳細な地図データの収集というのは、実は非常に危ない話でもあるのです。

平和ボケしている日本人には今一理解できないのかも知れませんが、自動運転を推進すればするほどに、命の危険は増していくという事になります。

一方中国は、地図データの収集を認めていません。

外国勢力に使われる事を恐れているのだと思いますが、それは極めて正しい判断だと思います。

そして、恐れるという事は、自分たちがそうしようとしているからに他ならないという事でしょう。

習近平はどうしようもない奴だと思いますが、ああいうのばかりを見ていると、本当の中国の力を見誤る可能性があります。

多くは嘘に塗り固めらていますし、自滅の道を歩んでいるようにしか見えませんが、しっかりしているところは、日本も見習うべきです。

最後に、連日大騒ぎのコロナですが、グラフを見る限りは新規感染者数はピークアウトしていますね。

感染者が増えれば、免疫を持つ人が増えますし、ピークアウトは当然でしょう。

これをワクチン効果という人もいますが、2回接種者の感染も報告されていますので、自然と減ってきたと見て良いと思います。

まあ、新たな変異株もある様ですし、まだまだ先は見通せませんが、次第に落ち着きを見せるのではないかと思います。

菅首相はこれを「ワクチンのおかげだ!政策の勝利だ!」と宣伝し、総裁選に臨むのでしょう。

誰が勝つのかは分かりませんが、コロナの具合次第では菅再選もあるのかな?と。

ただ、再選までもっていくのであれば、現在の二類からインフルエンザ並みの五類に引き下げ、どこの病院でも治療できるようにする必要はあるでしょう。

結局、自宅療養でまともな治療ができないから重症化しているだけで、早い段階で治療すれば、インフルエンザ程度の脅威しかないと思うのです。

ちなみに、二類はエボラ出血熱などで、感染者の10%が死に至るウイルスが分類されるカテゴリーです。

当初はそうなる危険性もありましたが、もう発覚から2年近く経つのですし、恐怖の程度がエボラ出血熱並みに高くない事は誰もが分かるでしょう。

後は行政が後押しするだけで良いのですけどね。

ただ、面白くないのは、やはり政府関係者は増税を検討している様です。

ワクチンを無料配布しても、結局それは増税で回収するつもりのようです。

まあ、こんな奴らですからね・・・。

何か、この嫌な感じを打ち破る動きが出てくれると良いのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は高く始まっていましたが、すぐに値を下げ、マイナス場面も出てきましたね。

こうした動きになってくると、材料株に資金が回ることが多いのですが、マザーズ指数は0.8%程安い状態が継続しています。

正直、先は読みにくいのですが、一つ言えるのは、私の周りで上昇を予測している投資家や、証券関係者はほぼいません。

誰と話をしても、ショートの話ばかりで、売り一辺倒です。

既に売った人、売りを検討している人、売り上がりをしている人・・・皆ショートです。

では、私もショートかと言われれば、今のところはショートは考えていません。

皆がショートで下がるものか!というのが、私の考えです。

確かに、世の中悪材料だらけで、ショートの気持ちも分かるのですが、多くの悪材料は既に織り込まれていると思うのです。

例えば、韓国経済は悲惨な事になっていますし、デフォルトは秒読みだと思われます。

デフォルトとなれば、日本経済にも悪影響があるのですが、予測されたデフォルトならば、特に問題はないという事にもなるのです。

これは、中国にも当てはまります。

中国経済も、相当ヤバい状態で、不動産バブルを潰すために新規住宅ローンも停止してしまいました。

全国に新築ゴーストマンションが、数えきれないほどあるのですが、これらは投機目的で作られ、転がされてきたものです。

しかも、多くが借入での購入で、現金で買われている訳ではないのです。

不動産価格に多大の影響を及ぼす、ローンが停止されたという事は、少なくとも不動産の値上がりは止まるでしょう。

そして、中国経済は、こうした住むわけでもないゴーストマンションを大量生産したために回っていた部分が大きいそうです。

コンクリートや鉄筋が大量に必要ですからね。

そうしたものが大量に消費され、GDPが上がったとやってきた訳です。

しかし、結局は不動産バブルが生まれただけで、国全体は豊かにならなかったのです。

現在はそのツケを払わなくてはならないステージで、それが大金持ち潰し政策になっているのだと思われるのです。

大企業が政府に接収されたり、有名人が逮捕されたりという事につながっているのでしょう。

こんな状態であと何年持ちこたえるのかは分かりませんが、行き詰っているのは確かです。

既に上半期での中国で起こった社債のデフォルトは2兆円を超えていますからね。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB295T70Z20C21A6000000/

日本でこんなことになったら大騒ぎですが、中国は共産党パワーで無理矢理借金を肩代わりさせて延命している状態です。

しかし、そんな無理がいつまでも続くはずもないのです。

相場はこの状況をどこまで織り込んでいるのか?

まあ、こんなのはプロだったら誰でも認識しているはずですし、織り込まれている可能性は高いとは思っています。

ただ、この問題を売り仕掛けの材料に使う可能性は否定できませんので、どう動くかは観察を続けなくてはなりませんが、こういう事実は認識しておくべきです。




ところで、解散総選挙があるとかないとか、様々な情報が飛び交っていますね。

どちらなのかは分かりませんが、解散総選挙は相場にとってプラスに働く事が多いです。

過去においては全てプラスだったと記憶していますし、それがあるからこその上昇相場になっているのではないかと思います。

今でも、このまま上は難しいのではないかと思っているのですが、それでも買うべき相場だと思っているところです。

先日、船株相場があったのですが、意外とあれは選挙資金を獲得するためのマルセイ相場だったのかも知れません。

あの相場で選挙資金を手にし、解散総選挙に向けた準備は進んでいるように思うのです。

ただ、総裁選もありますので、解散のタイミングは見えないのですよね・・・。

解散となって、相場が盛り上がり、売りが踏まれて大きな上昇につながる相場になると思っているところです。

今は仕込み時の銘柄がいくつかありますので、メンバーはこれらを仕込んでいけば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日は月末安に期待した空売りが踏まれて大幅に上昇したため、行き過ぎ感があったので、今日は小安い感じで28000円の値固め相場かと見ていたのですが、朝からガンガン飛ばしていますね。

上げ賛成ですし、歓迎すべきですが、マザーズ指数は上げ続けていた反動と、225が飛ばしている影響もあって売りが出ています。

マザーズらしいと言えばそれまでですが、朝から下げて現時点で1.3%程の下げとなっています。

この影響で、強く始まっていた新興市場銘柄にも売りが出やすくなっていて、マイナスに沈む銘柄も増えてきました。

ただ、買われるものは買われていますし、決して雰囲気は悪くないです。

昨日の上げは予想通りでしたが、今日の上げは予想外ですし、このまま何処まで行くのかと思いながら見ているところです。

さて、気になるコロナに関しては、情報が錯綜していて判断が難しいです。

一方ではワクチン効果で感染が減少しているという情報があり、一方ではデルタには効いていないという情報もあります。

ワクチン接種後に感染して死亡するケースもありますし、高齢者の死亡例は減っているとか、何が何やらです。

また、最近話題の異物混入ですが、ゴム片が注射針によって削られて入ったという話ですが、そういうものなのでしょうか?

たとえ、無害でも筋肉注射でゴム片を体に入れられるのは嫌ですね。

とにかく色々な情報が飛び交っていて本当に良く分からない状態ですが、一つ確実に言えることは、治療薬は普及し始めていますし、新薬の期待も高まっています。

半年後には、騒ぎ過ぎた反省をしてそうです。

だからこそ、相場は高くなっているのではないかとも思っているところです。

さて、複雑怪奇で、何が何だか分からないのがアフガン情勢です。

相変わらずメディアはフェイクで無能です。

誰が何の思惑で事を起こし、何が予定通りで、何が予定外なのか?

大手メディアから伝わっている情報では、単にバイデンが撤退の方法を間違ったというだけの話ですが、知りたいのは、それが予定通りなのかどうかです。

バイデンがダメなのは最初から分かっている事ですが、今起こっている事は計算通りなのでしょうか?

DS(ディープステート)の捨て駒としてなら、バイデンは役割を全うしているとも言えます。

結局、今回の件で誰が得をするかと言えば、米国中心の戦争屋です。

トランプは戦争が嫌いですし、DS排除を誓っていたので、DSからの攻撃が凄かったのです。

その結果、選挙で不正が横行してもそれを暴くところまでも行けずに敗退となった訳ですが、トランプによって被った戦争屋の損失を埋めるためには、新たな火種を作らなくてはなりません。

それがバイデンの仕事だったとすれば、大量の武器弾薬、そして巨額の金までもを放棄して逃げ帰ってきたというのは、混乱の火種をまくという点では大成功です。

更に米国民を置き去りにしてきたのですが、今後置き去りにされた米国民が殺害されう可能性もある訳です。

さっさと撤退した米軍ですが、このまま終わるでしょうか?

トランプはアフガン戦争を終わらせたかった訳です。

バイデンはDSの言いなりなので、戦争を拡大させたい。

そして、ここまで荒らせばトランプが再選しても、戦争をせざるを得ない・・・。

そんなところなのではないかと思いますけどね。

まあ、相場的には、戦争利権で儲かる訳ですし、米国本土が攻撃されない限りはプラスに働くのではないかと。

と書いている内に、225はちょっと落ち着いてきましたね。

そして、マザーズの下げも落ち着いてきました。




さあ、材料株の出番ですね。

何を買うかはあなた次第ですが、今日も推奨銘柄で大幅高するものが出てきています。

先程入った話によりますと、分割後に分割前株価に戻るとか言ってました。

分割時の値段次第ですが、おおよそ今の4倍です。

目標は年内だそうですが、ここから4倍なら嬉しいですね。

結果は分かりませんが、期待できる情報だと思っています。

ただいま9月メンバー募集中です。

2007年から14年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。