魔の月末ですね。

ここ何か月も月末は株価が安いという現象が起こっていて、今月もまた安く終わりそうですね。

数えるのが面倒なぐらいにこんな状態が続いていますが、こういうパターンは、普通は続かないのですけどね。

何故かと言えば、パターンなんてものは、多くの場合は誘い込むエサに過ぎないからです。

いつまで、このパターンが続くのかは分かりませんが、下げが出たら買いという事で考えて行けば良いだけです。

今日の動きを見て、今月も同じだな・・・とだけにしておけば良いと思っているところです。

また、米国株が騰がっても、日本株は売られています。

まあ、米国は大引け後に発表されたAmazonの決算が悪く、NASDAQ中心に売りが出ている様なので、単純に米国株高に乗れていないという訳ではありませんが、それにしても厳しいなと思っているところです。

ただ、下げているという事は安いという事であり、仕込みと考えれば良い場面です。

安く買えば、高く売れる可能性が高まりますので、こうした嫌な場面こそ、強気で行くべきだと思っているところです。

ところで、下げの要因は何でしょうか。

目立っているのはコロナ感染者数の増加ですが、冷静に見れば死者も重傷者も微増に留まっていますからね。

なにより、米国は日本以上に感染者が増えていますが、株価は高値更新に向かっているのです。

この差となりますと、やはり中国かな?と。

今の中国は、素人目にも危ないという事が分かるのですが、欧米の締め付けは日に日に厳しくなっていますし、中共も必死で抵抗はしているものの、瓦解は時間の問題だと思うのです。

この瓦解の引き金を引くのは、おそらく今回の大洪水です。

記録的な大雨だったからと言って、5分でトンネルが水没というのはおかしいのです。

まあ、排水溝が蓋だけで何処にもつながっていないというような手抜き工事がある様ですが、いくら何でも降っただけでああはならないでしょう。

上流のダムから無警告で放水とか、間違いなく人災と言える事が行われたのでしょう。

そして、中共は隠蔽して、被害者は泣き寝入りでしょう。

酷い隠蔽ですが、あれだけ大規模だったのですし、日本人の被害者もいるのではないかと思うのですけどね。

本当に恐ろしい話で、この大洪水は色々な不満を爆発させるきっかけになる可能性が高いのです。

今回の大洪水で、壊滅的な被害となっている農村もあり、更に食料自給率は下がると見られます。

深刻な食糧不足に至り、これが引き金となって、習近平は倒れるかも知れません。

その時に株価がどうなっているのかですが、良質な銘柄は買われて行く事になると思います。




もちろん、中国に傾斜し過ぎた企業は危ないと思いますが、ソフトバンクはどうでしょうか?

今は投資している企業のIPOが見えなくなってしまっていて、これを嫌気した売りに晒されていますが、習近平の対立勢力がもっている銘柄が多いので、習近平が倒れるだけならプラスに働く可能性はありそうです。

ただ、中国は不動産バブルが行き過ぎていますからね・・・。

これも同時に崩壊となると、中国そのものが危ないという事も考えられます。

現時点では読み切れませんが、西側の追い込みは相当きついですし、ここに洪水が加わっているのです。

近い将来、世界の構造も大きく変わるかも知れません。

見る度に下げている指数にがっかりしていますが、そろそろ底が見えてくる頃ではないかと思います。

中国がこのまま崩壊すれば問題ですが、まだそこまでではないと思いますし、225も27250円位が良いところでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株がFOMCを終えても落ち着いているという事もあり、買われて始まった日本株ですが、上げ幅は徐々に縮小してきていますね。

問題は中国で、何がどうなってもおかしくない環境で、仕方がないとも言えるのですが、それにしても多くの銘柄が売られるほどの話か?とは思うのです。

昨日しっかりしていた銘柄が反落していたりもしますが、推奨銘柄では5%を超える値上がりとなっている銘柄もあります。

この銘柄は、一昨日から強くなっていて、昨日の時点で何かありそうな気配を見せていましたので、メンバーには改めてコメントしたところでした。

現時点で2番目に期待している銘柄で、ここからの発展に期待しているところです。

今月も明日で終わりですし、この銘柄だけでもそこそこの値位置に行ってくれたら嬉しいのですけどね。

どこまで行くかは分かりませんが、高値更新位はと思っているところです。

この他は、悪くはないのですが、良くもないですね。

一言で言えば、ぱっとしない感じですが、この相場環境では仕方がないとも言えます。

明日は週末ですし、持ち越したくないという投資家も多いかも知れません。

連休ではないのですが、最近はコロナ感染者が増えている!とマスコミがガンガン煽っていますからね。

冷静に見れば、重傷者や死者が目立って増えていませんし、病床にも余裕があるのです。

流石にこれで大変だと思う人も少なくなると思いますし、そろそろ落ち着く様な気もするのですけどね・・・。

ただ、良く分からないのですが、ワクチン接種者が感染すると、より多くの人を感染させる可能性があるという報告が米CDCのDr.ロシェル・ワレンスキー所長から発表されていました。

https://bonafidr.com/8L9sM

今までの話だと、ワクチンを接種すれば感染しないとか、しても軽症で済むという話だったのですが、二転三転で良く分からないですね。

残念な話ですが、とにかく株で儲けても元気は出てくるものです。

良い銘柄を買って、しっかり利益を出し、免疫力も高めて頂ければと思っています。




さて、冒頭でお話しした推奨銘柄ですが、上げ幅は7%を超えてきています。

高値更新にもじりじりと近づいてきていますし、なかなか良い感じです。

また、先ほど入った情報によりますと、私が一番期待している銘柄は8月には上昇を再開するそうです。

推奨価格からはしっかり上で推移しているのですが、今は押し目となっていて、何処を買っても良い状態です。

このチャンスがあと何日続くのかは分かりませんが、つまらないと思わずに、8月に入ってもこの押し目をしっかり拾って行けば良いでしょう。

今は、利益を確保して動きそうな銘柄を買うような投資家がぽろぽろと売ってきている様な局面ですが、これを超えた後は高値更新という事になって行くでしょう。

株の利益は恐怖の代償ですが、つまらなさを乗り越えた先にもあるものです。

乗り換えた結果、元々持っていた銘柄が暴騰なんて話はいくらでもありますし、この銘柄を売った投資家は、きっと後悔するででしょう。

相場自体がつまらないのですが、このつまらない時に良い銘柄を買うしかないのです。

サポートして行きますので、今はこの銘柄を自信を持って仕込んで行って頂ければと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

思ったよりも米国から帰って来た225先物は27500円近辺で、今日も思わしくない相場かと思いながら寄付きを待っていたのですが、始まってみるとそうでもないですね。

10時過ぎ現在、200円安程度まで戻っていますし、思ったよりは悪くない相場となっています。

下げの原因は様々ですが、米のFOMCとか、企業決算待ち等はほぼ問題になりません。

感染拡大中のコロナも、感染者は確かに増えていますが、死人が増えている訳ではありません。

また、IMFから経済成長率が下方修正された事も重石にはなっていますが、行動制限がどうとか書かれていましたが、実際は行動制限なんてものはありません。

日本の場合は、単に自粛要請だけであり、強制力のあるものは法律上出せません。

幸か不幸か、日本の憲法にはロックダウンを認めるような記述はないのです。

まあ、こういう材料で売り仕掛けが行われるのですけどね・・・。

ただ、冷静に見れば死者は殆ど出ていない状態で、恐れるに足らずと言って良いと思います。

ですから、これをネタに売り仕掛けをするにも勇気が要るのではないかと思います。

今はオリンピック観戦をする人が多く、人出は少ないのですが、デリバリーやお持ち帰りは増えている様ですし、今後の景気回復にも期待がかかります。

まあ、もったいなかったのは、やはり無観客試合ですね。

あんなにも沢山の日本人選手が活躍しているのに、それを生で観ることが出来ないのは非常に残念です。

以上は、騒がれてはいるが、あまり問題にならないだろうと思っている部分です。




問題はここからで、相場の足を引っ張っている者の正体という事になりますが、おそらくは中国です。

香港が強引に併合され、欧米資金は逃げ始めていたのですが、ここへ来て次々に出てくる資金調達に関する規制が、更に欧米資金の流出に繋がっています。

中国に自由はない?今頃気付いたの?とも言いたくもなります。

今までは香港があったから、まだ何とかなっていたのですが、香港は既に西側への窓口としての機能を失ったのですから、それはまあそうなります。

もちろん、中国が抱えてる問題は山ほどあります。

それらを解決するためには、このまま鎖国へ進むか、首を挿げ替えて世界中に謝罪をして、生き方を改める必要があります。

今のところは、敵対勢力を粛清しまくった習近平が強く、誰も逆らえない状態で鎖国へ向かっている様に見えますが、流石に危機感を覚えている共産党員も少なくないと思うのです。

こんな状態がいつまでも続くとも思いませんので、いずれ何か大きな反乱が起こるのでは?と。

ただ、誰が何をやっても中国の不動産バブルは崩壊するしかないので、崩壊の責任を習近平に押し付けてからかも知れませんね。

正直、現時点でトップになるのが一番のリスクの様にも思えます。

こんな理由があるので、なかなか相場は盛り上がらないという事になっているのでしょう。

しかし、中国依存の企業があるとしても、それは大多数ではありませんし、良い銘柄は結局買われると思います。

こんな環境でも逆行高している銘柄がありますし、不安は抱えながらも、銘柄選びを間違わなければ、良い利益につながって行くのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225はプラスですが、今日も28000円が重く、冴えない動きですね。

理由は色々ありますが、最大の問題は中国です。

無茶が祟って天罰が下っているとでも言えば良いのでしょうかね?

何がどうなってもおかしくないのが、今の中国で、その主たるところは不動産開発です。

誰もが目にしたことがあるとは思いますが、所謂新築ゴーストタウンです。

ほぼ人が住んでおらず、単に投資目的で作られたマンション群。

まあ、いずれは誰かが住むのかも知れませんが、問題なのは、このマンション群が一か所や二か所ではないということです。

全国各地に存在するそうですが、誰も住んでいないという事は家賃収入もないのです。

多くが借金をして買っているのですが、ローンの返済が滞っている人が増えているそうです。

これに追い打ちをかけているのが、中国不動産大手の恒大集団で、負債総額は33兆円にも上るのですが、多くが不良債権化しているようです。

銀行は同社への融資を断り始めていてるので、実質的にデフォルト状態になっていると言えます。

更に、今回の洪水被害で、傾いて使い物にならなくなったマンションもありますし、道路などのインフラも陥没で大きな被害が出ています。

この状態で不動産価格を維持するのは難しく、バブル崩壊の切っ掛けになるのではないかと予想しているところです。

今回の洪水で、もう少し深堀りしたいのが、何百台か何千台かが水没した地下道の件です。

当局発表では数十人の死亡とされていますが、実際は数千人との見方もあります。

それなりの大雨だったのでしょうが、無理な都市開発が招いた人災だと思います。

本当に気の毒で、ショッキングな動画が沢山上がっていますが、中共は隠蔽する気満々で、事故処理のために人民解放軍を導入し、地元の警察や消防は使わないという決定をしたようです。

秘密裏に多くを処理して行く様ですね。

今回の事故では多くの地元共産党幹部も巻き込まれているので、地元民を使っての復旧では秘密が守れないという事なのでしょう。




このように、不動産は滅茶苦茶ですし、インフラも酷いことになっています。

流石に、何事もなかったとは行かないと思うのですけどね・・・。

大きく変化する時は近いと思っているところです。

心配なのは、バブル崩壊の余波がどれ程海外に影響を及ぼすかですが、西側諸国の銀行は自己資本比率がしっかりしていますし、潰れる程の話にはならないでしょう。

目先は苦しくなる場面もあるでしょうが、結局は買い場となりそうです。

ただ、その時に叩き売られる中国の不動産を誰が買うのか・・・。

日本の不動産は外資が安値で買って行きましたが、中国の不動産を外資が欲しがるのでしょうかね?

それと、大打撃を受けているのは、色々規制されてIPOがままならなくなったソフトバンクですね。

習近平が倒れれば、復活の目はありますが、不動産バブルが崩壊しても厳しいでしょうからね。

不動産バブルの崩壊=中国経済の崩壊です。

我々に火の粉が飛んでくるのかをしっかり考えて行くしかないでしょう。

ただ、株式投資から撤退するべき案件だとは思いません。

注意深く観察すれば、対処は可能でしょうし、現に、ここまで酷い事になっていても、225は28000円付近にはいるのですからね。

決して無茶な売買はすべきではありませんが、銘柄をしっかり絞って、基本的には強気で良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高の流れから始まった連休明けの日本株ですが、取引の中心は28000円で、あまり強さを感じない始まりですね。

先週は連休を警戒した空売りが結構入っていましたので、もう少し踏まれて上昇するのではないかと思っていたのですけどね。

まあ、元々テクニカル的にも重いラインですし、色々な問題を抱えていますので、上値が重いのも仕方がないかも知れません。

大きな問題はいくつかあるのですが、その内の一つは間違いなくコロナです。

もう、何度も取り上げていて、流石に飽きてしまっているのですが、既に脅威の対象ではなくなっているという事です。

相変わらず、騒いでいる人もいますが、現場の医師からすれば、症状が一般的な風邪程度になっていて、危険な状態ではなくなっているという事です。

無症状や、喉の痛み程度で終わる人も多いそうですからね。

危ない状態に至っている人はかなり少ない様です。

いくら頑張ったって、コロナゼロには出来ませんし、そろそろ気持ちを切り替えても良い頃だと思います。

ちなみに、最近はワクチンパスポートの話がよく聞かれるようになりました。

フランスや英国も導入するような話をしていますからね。

日本でもそうしようという動きが強い様に思います。

しかし、その一方で欧州では10万人規模のワクチンパスポート反対デモが各地で起こっていますし、自由を尊重すべきという意見も多いのです。

パスポートを提示しないと公共交通機関を利用できないとか、飲食店に入れないとかは流石に行き過ぎだと私も思います。

株は買うも買わぬも個人の自由で、選択肢がありますが、こうして選択の自由が奪われて行く世の中はどうかと思うのですけどね・・・。

結局、ワクチンパスポートというのは、全体主義への入口になると思うのです。

民主主義を続けたいなら、ここは自由にしとくべきです。




しかしまあ、日本は酷いですね。

飲食店に自粛要請を出しても、最近は随分出し渋っているみたいです。

自粛をしている飲食店はどんどん減って、夜の街も随分と明るくなってきました。

メディアは叩いていますが、誰も経済的に死にたくはないですし、営業を再開して行く飲食店は今後増えて行くでしょう。

残念なのは、やはりオリンピックで、商機につなげられたら良かったのですけどね。

つなげている飲食店や企業も一部にはあるようですが、現状は巨額の開催費用を投じてIOCと選手を喜ばせているだけです。

始まれば盛り上がっていますし、無観客はやり過ぎだったと思うのですけどね。

まあ、今更言っても仕方がない事ですが、日本も随分と左派の良いようにやられている気がしてなりません。

可哀想なのは上場企業で、流石に国や都の要請で営業自粛に逆らえないところが多いのです。

そう考えると、米国株が高値更新しても、28000円を抜ききれない225の理由というものも見えてくるような気もします。

ただ、冴えない動きの本当の理由は、またちょっと違うのかも知れません。

一番気になるのは中共の動向で、日本が台湾防衛に参加したら、日本を核攻撃するなんて言ってきました。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66147

かなり強烈な恫喝ですが、日本のメディアはほぼ無視を決め込んでいます。

オリンピック開会式では、一つの中国論を無視して、台湾だけを一括りにして入場させて、普通に「台湾」とアナウンスが入りました。

誰の意向かは分かりませんが、何気に台湾を支援し始めている様にも見えます。

まあ、TSMCを誘致したくてゴマを擦っているように見えなくもないですが、それにしても中共の反発を報道しないのはどうかと思います。

この内容はほぼ宣戦布告だと思いますけどね。

実際「尖閣も沖縄も中共のものだ!沖縄を奪還して中国に戻すか、独立させる!」とか言ってますからね。

気が狂ってとしか思えないのですが、こういうのは無視して良い話ではありません。

と言いますか、そもそもこんな連中と仲良くする必要ってありますかね?

まあ、始めると長くなってしまうので、今日はこの位にしておきますが、とにかく我々は銘柄を厳選して、株で利益を上げて行くしかないでしょう。

幸い、推奨銘柄はしっかりしていますし、明日以降は面白くなって行くのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が反発し、日本株も反発していますね。

反発タイミングはほぼ予想通りですし、面白くはなかったですが、恐怖を感じない下げでした。

まあ、下げがこれで終わっていれば・・・ですが、おそらくは終わったと思います。

現時点で不測の事態は起きていませんし、まだしばらくは問題ないでしょう。

昨日もレポートしている通り、下げの理由は米国でコロナが再拡大とされていましたが、実際は連休の日本株を狙った売り仕掛けでしょうね。

ですから、連休に入ってしまえば、今回の悪材料は終わると思います。

まあ、連休前でどこまで戻れるかは分かりませんが、戻りが鈍かったとしても、ピークは過ぎたと思います。




さて、今回の下げの件はともかく、今後相場を揺るがしそうな材料はいくつかあります。

特に気になるのは中国で、確実に世界から除外されて行ってますし、中国国内もおかしくなっています。

国内のデフォルトは去年の総額を現時点で上回っているのです。

共産国家なので、力業で問題を先送りし続けていますが、資本主義国家で言ったら大問題が次々に起こっています。

例えば、三井不動産がデフォルトしそうになったら、大騒ぎになりますよね?

しかし、中国では恒大集団(中国不動産大手)がデフォルトを起こしそうになっても、そこまで大騒ぎにはなっていません。

結局、銀行からすれば貸せない状態になるのですが、中共から圧力がかかり、それで持ちこたえるだけ。

今の中国はゾンビ企業で溢れているのです。

そこへきてキューバです。

中国にとって大事な共産国仲間のキューバで大規模な民主化デモが起こっているのです。

これを鎮圧しないと、中国人民も勢いづいてしまう可能性があり、何としても潰したい中共はキューバに肩入れしていますが、これが上手く行くかどうかですね。

とりあえず、ネットを封鎖して、SNSを使えなくしている様ですが、いくらキューバが共産国家だとしても、中共みたいに凶暴な事はしないでしょう。

キューバにとっての頼みの綱は、共産党政権を後押ししてくれたオバマの子分であるバイデンが味方をしてくれる事だったと思うのですが、バイデンはそっぽを向いていますからね。

選挙中は、トランプがキューバを制裁したから駄目なんだ!としていましたが、今のところはキューバへの制裁を止める気配はありません。

就任当初は、トランプがやった事を全て覆す勢いでしたが、なんだかんだと言いながらもトランプ政権の踏襲をやるようになってきています。

流石に彼らでもやってはいけない事のラインはあると思うのです。

とまあ、そんな訳で、米国はキューバの民主化を支援する方向の様ですし、これが上手く行けば中共は大打撃でしょうね。

まあ、中国人民が同じことをすれば、血の海になるだけで、民主化運動が成功するとは思いません。

ただ、天安門事件の様な事が再び起きれば、欧米諸国は黙っていないと思います。

問題は人民の命などどうとも思っていない中共が核兵器を持っている事です。

ここが読み切れない部分なのですが、いずれにせよ経済封鎖で事足りると思います。

もはや中国は国内で経済が回らないのです。

食糧自給率がどんどん低下していますし、経済封鎖をやれば、あっという間に潰れるでしょう。

人口が減少し続けていて、超高齢化社会に向けて何の対策もなく突き進んでいます。

まあ、日本も何の手も打てずに突き進んでいますが、中国の速度は更に上を行っていますし、そもそも国が豊かではないのです。

共産党員は豊かでしょうが、多くは奴隷の様な生活をしていますからね。

中国の実態を北京や上海の様子で判断してはいけないのです。

ああいう町は一握りで、多くは間違いなく貧しいのです。

とにかくキューバ民主化の動きが政権をひっくり返すところまで行くと、中国もそういう動きになると見ていて、その先に待っている形が完全には見えていません。

上手く民主化してくれればプラスに働きますが、その前に多くの企業が倒産するでしょうし、中国にカネを出している国があるとすれば、そこも苦しくなると思われます。

まあ、リーマンショックの様にはならないでしょうけどね。

目先はショックは起こるかも知れませんが、結局そこはチャンスになるでしょう。

そうした事態でも売らされないような形での投資を実行しなくてはなりませんが、その基本中の基本が現物の範囲での取引です。

これさえ守っていれば、何かあっても死ぬ事はありません。

そして、死ななければ取り返しがつくのがこの世界です。

しっかりコントロールして頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株の動きを見て、今日も酷い一日になりそうだと思いました。

想定の範囲とは言え、随分な売り仕掛けだなと・・・。

ただ、米国株が売られた原因はコロナの再拡大で、ロックダウンに入った街もあるとの事でしたが、実際にはそれ程問題ではないのでは?と思っています。

そもそも、現在流行っているのは、デルタ株で、元々感染力が強く、致死率が低いとされているタイプですからね。

感染力が強いので、恐怖を煽るのは簡単ですし、ロックダウンをするには良い材料という事になります。

現在、日本は無観客オリンピックを目の前にし、誰も観戦に行かないのに木曜日と金曜日は休日です。

この微妙な連休は、かなりの悪材料であり、格好の売り仕掛けポイントとなる訳です。

ですから、この辺が狙われてのコロナ煽りなのでしょうし、これのピークは今日明日辺りで終わりだと思います。

まあ、そんな訳で、相変わらずコロナをネタに恐怖が煽られ、調子が悪い相場が今日も続いている訳ですが、225は思ったほどに下がらず、下げ幅を縮小していますね。

材料株もプラスに転じている銘柄もありますし、意外と冷静に相場を見ている投資家が多いのかも知れません。

騰落レシオも随分低下しましたし、欲しい銘柄が下げていたら、買うだけの場面だと思います。

随分な売り仕掛けには驚きはしましたが、売られても27000円位だと思いますので、一応想定内です。

SQが絡んでいないので、買戻しは考えておかなくてはならないのですし、そんなに引きずらないとは思うのですけどね。

ですから、耐えるにしても、買うにしても、今日か明日という事で良いでしょう。

銘柄によりますが、ここで売ったら後悔する事になるでしょう。




具体的には、米上院議会はウイグルが絡んだ製品は輸入しないと決めました。

これで、ファーストリテイリングは米国への実質輸出が出来ない状態になりました。

この他、米国で再生計画で動いていた、無印良品は撤退を余儀なくされる可能性がありますし、他にも危ない企業は出てきます。

現時点では国内であまり騒がれていませんが、多くの人がこの件を認知するようになれば、これらの企業の売上は国内でも激減する可能性が高いと思います。

ですから、売り場ではないと思うのですが、こういう特殊な事情を抱えた銘柄に関しては、撤退でしょう。

まあ、それでも今日明日ではなく、来週の方がスマートに撤退できるようには思いますけどね。

最後に、オリンピックの相場に与える影響ですが、そこそこ織り込まれていると思うのです。

今更悪材料にはしにくいですからね。

ただ、業種によっては大打撃になっているところがあり、これはちょっと心配だと思う銘柄もあります。

まあ、空売りする人にとっては好材料でしょうけれども、こんな調子では日本企業が苦しくなるばかりですからね。

詳しくはメンバーに向けてレポートしています。

ただ、織り込まれていないと思うのは中国です。

不動産ローン等に規制をかけ始めているみたいですが、いよいよ不動産バブルの崩壊の時が来たかと思っています。

暴落はさせないように頑張るのでしょうが、時間の問題だと思います。

いよいよ崩壊となった時に、世界がどれ程の影響を受けるのか・・・。

まあ、本当にヤバい話なら、既に反応しているはずですが、この話が現在一番気になっている悪材料です。

大事なところを見逃さないように注意して行きたいと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

予想通りですが、連休前の日本株は弱く、225は再度200日線割れまで売られていますね。

目立った好材料はありませんし、仕方ないのですが、逆を言えば陰の極だと思っています。

テレビを見れば、相変わらずのコロナで、3兆円もかけて準備したオリンピックは無観客で、外国人も受け入れない。

こんな分かり易い悪材料が目の前にあって、相場もこんなに弱くては気も滅入りますし、投資意欲も沸かないと思います。

ただ、それでも今は陰の極であり、弱気になるべき場面だとは思いません。

オリンピックの話になりますが、多くの国民が3兆円かかったことは知らないとしても、株を仕事としているところは承知の事です。

そして、無観客開催は突然決まった訳ではなく、そうなる空気はあったのですから、悪材料には見えますが、出尽くしの悪材料とも言えます。

これ以上悪くなる事がないのですし、言い方を変えれば損失確定です。

まあ、本当にバカバカしい話ですが、責任を取りたくない政治家が多いので、仕方がないのです。

ですから、開会式を前にして相場の世界ではオリンピックは終わったと言えます。

今後、何かあるとすれば好材料が多いでしょう。

例えば、予期せぬ選手が金メダルを取ると、関連した企業が買われるという事が起こりますが、逆に期待された選手が負けても、その企業が売られるという事はないでしょう。

ですから、好材料はあっても、今後はオリンピック関連での悪材料の可能性は低いと思っているところです。

本当は好材料でも提示できれば良いのですが、現時点ではカネ余り以外に好材料がないのですよね・・・。




こうして、色々見えるだけでも材料はあるのですが、目先の最も大きな悪材料はオリンピック開会式のために用意された連休です。

無観客で誰も会場に行けないのですし、休日にする意味はないと思うのですけどね・・・。

先の東京オリンピック開会式の日は、後々体育の日として休日になって行きましたが、今回も変化させて継続するのでしょうかね?

一般の人は休日が増えれば嬉しいかと思いますが、相場に関してはいつも連休は悩みの種です。

連休のために崩された相場が何度あった事か・・・。

崩れる可能性が高いと思っていても、目立った悪材料が無ければ買われてしまう可能性もありますし、本当にやり難いのですよね。

ですから、売られたら買うスタンスが正解だと思います。

という訳で、面白くない相場ですが、来週からは高くなる可能性もありますし、この嫌な場面で仕込んで行くようにしたら良いと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週末で売られやすい環境ですが、それにしても日本株だけが随分と酷いですね。

先週売られたのはETF絡みの売り仕掛けというお話はしました。

今週も、コロナコロナとやっていますし、オリンピックの無観客開催についても色々言われていますが、これが売り材料だとは思っていません。

確かにマイナス材料ですが、突然発生した問題ではないのです。

まあ、オリンピックを無観客でやるのは残念ですが、世界中から非難を浴びている訳ではないので、仕方がないのかも知れません。

ただ、忘れてはならないのは、無観客によって生じる損失は、税金で補填されるという事です。

しかしまあ、今回のオリンピックは、男性が女性部門で出場するとか、訳の分からない感じですね。

男性ホモルンが一定値以下なら問題ないというのが、今回のオリンピックからのルールですが、変だと思うのは私だけですかね?

二言目には差別とか言ってないで、やる事をやって、変な方向に向かわないような努力はすべきです。




ちなみに私は中共が嫌いですが、これは中国人全般を嫌っての事ではなく、体制が嫌いなだけですので、差別とは言わないでくださいね。

差別の話ついでですが、差別が更に進めば人権弾圧にも行く訳です。

そして、人権弾圧に関わっているのが中共で、中心はウイグルです。

そのウイグル産の綿花を使用している疑いを持たれているのが9983ファーストリテイリングで、ここは危ないという事は何度もレポートしました。

その結果、米国では輸入を差し止められるなどして業績を落とし、下方修正を発表したのですが、これで株価は急落。

元々下げ基調でしたが、52週線も下げに転じそうですし、長期下落も視野に入れるべきでしょうね。

日銀は225のETF買いを止めましたし、もはやファーストリテイリング株を支える勢力はありません。

現時点でもPER46倍で、PBRは7倍台。

このような数値は、成長企業だけに許されるものであり、衰退企業に許される数値ではありません。

中国を切り離せば、下げ止まれるかも知れませんが、このまま中国を切り離せないでいると、PBR1倍割れまで売られてもおかしくはありません。

おおよそ1万円てところですかね。

下げる可能性は高いと思っていても、売り屋ではない私は見ているだけですが、そうなる日が来るのでは?と思って観察を続けています。

まあ、どうなるかも分からない企業よりも、成長する可能性が高い企業を買いましょう。

特に来週のオリンピック開会式前までの間は相場が軟調である可能性が高いので、ここで上手く仕込んだ投資家が、その後の相場で大きな利を得るのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

少し安いだろうとは思いましたが、225は寄り付きからどんどん売られて200円以上下げていますね。

材料株も軟調で多くの銘柄が下げています。

今日は材料株が買われると思っていたのですが、読みが浅かったか!?と思いながら、相場を眺めています。

ただ、全滅している訳ではありませんし、下げている銘柄も良い買い場との認識の銘柄が多いです。

昨日ブログで公開した4714リソー教育は、上方修正を発表して買い気配スタートとなり、現在8%以上高い状態となっています。

この上方修正が開始の合図であり、本当に面白くなるのはこれからだと思っています。

好位置での公開銘柄でしたので、買われた方もいるかと思いますが、短期でも取れる可能性の高い銘柄はメンバーにはもっと有利に配信しています。

今日はぱっとしない相場なので、面白くない気持ちでこの相場を見ている投資家も多いのでしょうが、儲ける投資家はこういう場面で目を輝かせているものです。

一番仕込みたい銘柄は、意外と押してきて、再度良い買い場になっています。

決算も通過しましたし、そろそろ上昇を期待していたのですが、相場の弱さが影響してか、一日遅れの出尽くし判定?でばらばらと売りが出ています。

ちなみに、本格的な上昇に転じるのはオリンピックの開会式後の26日以降ではないかと思っています。

オリンピックの開会式のために来週はザラ場が3日間しかないのです。

大口やファンドは連休を嫌いますからね・・・。

本格的に買いを入れるとすれば、連休が明けてからという事になるでしょう。

それまでの間に押し目があれば強気で買うだけで今は良いと思っているところです。

まあ、面白くない局面ですが、上記の通り、面白くない局面こそ、本気で買いを考える時です。

株で儲けたいならば、こんな時こそ強気で行けば良い。

そんな風に思っているところです。




さて、色々と話題はあるのですが、解散総選挙について人と話をする機会が最近ありました。

面白いと思ったのは「解散するとして、それは何解散だ?」という事でした。

過去にも解散がありましたが、それぞれ呼び名があり、郵政解散とか、バカヤロー解散というのもありました。

しかし多くは、解散を宣言する与党が有利だと判断して解散する訳です。

解散を宣言して、選挙で負けたら元も子もないですからね。

そう考えると、解散の名前は意外と重要です。

下手な呼び名を付けられると、得票を得られない可能性が高くなりますからね・・・。

しかし、今の政権は菅人気がどんどん落ちていますし、今回の緊急事態宣言だって、バカバカしいです。

特に飲食店は激怒し、自民党と公明党に投票するな!という運動も始まっています。

飲酒を止めて感染拡大が止まる可能性は低いですし、止まったとしても、再開すればまた拡大です。

まあ、ワクチンが効いてきている様には見えますので、いずれ再拡大はなくなるかも知れません。

ただ、海外の状況を見ていると、デルタ株にはワクチンが効かないとか、問題はありそうですけどね。

本気で感染拡大を止めたいなら、電車やバスを停止すれば良いのですが、何故か標的は飲食店だけ。

虐めやすいところだけ、虐めている感じで、本当に最悪な連中です。

この緊急事態宣言を裏で操っているのが小池ですが、何故かマスコミは彼女が好きみたいで、悪い面をほぼ報道しません。

ただの風見鶏で、横文字ばかりで雲に撒くという卑怯な手段を得意とする奴ですが、どうしてそんなに小池が好きなのでしょうね?

まあ、とにかくこんな状態で解散とするなら、何か良い呼び名が必要です。

と、考えていて気が付いたのですが、解散できない状態になったという事なのかも知れませんね。

先日まではオリンピック後には解散という話が強かったのですが、今解散しても勝てる気がしないのが自民党の本音では?

まあ、野党側も勝てるとは思っていないでしょうけれども・・・。

出来れば、まともな新勢力が欲しいのですけどね。

立憲は論外ですし、維新も中共に媚を売っている様な奴が多いですしね。

新たな勢力に期待したいのですが、出て来ても、れいわとか変なところばかりです。

相場のためにも、良い政党が出てくるか、自民党が保守として再構築されるのを待つしかない感じですかね・・・。

気長にやるしかなさそうな話ですが、相場も世界も待ってくれないような気がします。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

安く始まった225でしたが、ジリジリと下げ幅を縮小していますね。

下げて始まった理由は米国株安ですが、そもそも米国株が下げた理由は大した事がないのです。

問題になったのは物価上昇率が5.4%と利上げを連想させたためですが、物価を押し上げているのが原油高とか、半導体不足による新車販売不振を起因とする中古車価格の上昇などです。

新車が買えないから、中古車を買おうという人が多くなれば、中古車の価格が上昇するのは当然です。

このような状況のために物価上昇率が高くなっているので、気にしなくても良いでしょう。

ザラ場中はNASDAQ、S&P500は史上最高値を更新していますし、大引けがマイナスだったとしても、それ程弱かった訳ではないのです。

そう考えると、朝から100円以上の下げで始まった225の方が違和感があるという事になります。

ただ、気になっている事があるのです。

中国の話ですが、米国への輸出入も増えているとの記事が今朝の日経新聞にありました。

コロナの封じ込めが上手く行っていて、景気も良くなっていると・・・。

その一方では、地方政府が困窮していて、公務員のボーナスと手当てを大幅にカットしているとの報道もありました。

その代わりに増やしているのは人民解放軍の給料だそうです。

どう考えても、不満を力で制御しようという動きですし、過去の王朝も何度かこのパターンで潰れてきました。

最近では北京も大洪水に見舞われていていますし、各地で何百万人もが被災しています。

これで本当に景気が良いのでしょうかね?

主流メディアの記事では中国は好調に見えるのです。

株式市場にも大きな問題は発生していませんし・・・。

ただ、色々問題は見えてきています。

先日もお話ししたDiDiですが、これは中共内の権力闘争の結果なのです。

中共内部が一枚岩ではないのは、誰もが知るところですが、争いは相当激しいものになっていると想像できます。

個人的には、このまま中共に潰れて欲しいのですが、流石にショックは出るでしょうからね・・・。

いくらデカップリングが進んでいるとはいえ、貿易は好調な様ですし、何がどう影響してもおかしくないと思うのです。

不動産バブルも行き過ぎていて、どこで崩壊してもおかしくないですからね。

国有企業のデフォルトも続いていますし、どうしてこんなに平和なのでしょう。

好調だと思っているところに大打撃となるのか?

それとも、結局それらは織り込み済みなのか?

判断し難いのですが、売られたとしても目先になるでしょうし、売らされないで済む銘柄を中心に仕込むようにして行けば良いでしょう。

事前に危機を回避出来ればベストですが、なんだかんだと言いながらもカネが余っているのですから、予め売って待つというのは得策ではないのです。

あくまでも強気で攻めながら、危機が発生したら上手く対処して行くのが最善策です。




さて、今日は推奨銘柄を一本公開します。

メンバーが仕込んでから、大きな動きになっていないのですが、そろそろ動くのではないかと思っている銘柄です。

この企業は、先日決算を発表したのですが、22年2月予想である当期利益206%増の予想をそのままで出してきていました。

良い数字ですし、これだけで買えると思っているのですが、株価は330円付近での揉み合いを続けています。

ただ、ジリジリと25日線が近づいてきていますし、そろそろ何かがありそうな気配を感じているのです。

揉み合いは十分ですし、決算も通過している。

おとなしい内に、この辺で買っておいた方が良いのではないかと感じています。

この企業はブログランキングに掲載しておきます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は良い感じで、相場全体もまずまずなスタートですね。

軟調な銘柄もありますが、酷くはないですし、期待の持てる相場だと思います。

さて、今日の日経新聞一面の記事に注目したいのですが、やはり脱炭素が相場のメインテーマになるのでしょう。

まあ、一部酷い記事も混じっていて、こういうのを読んで騙される読者が大勢いると思うと吐き気がしましたけどね。

どう考えても、太陽光利権者が書かせたと思うのですが、太陽光発電のコストが原発を下回るという話です。

有り得ないと思って記事を読み進めたのですが、結局、太陽光発電のコストを下げるのに必須なのが、パネルの低コスト化です。

一般的に、工業製品の低コスト化に必要なのは、1量産化、2原材料価格低下、3輸送コスト低下、4設置コスト低下が挙げられますが、どこまで実現可能なのでしょうか?

1、量産は機械化を更に進めれば可能でしょうが、既にガンガン作られているので、量産化の恩恵は少なそうです。

2、原材料価格はウイグルでの強制労働と環境破壊をものともせずに行った結果が、今の価格であり、これ以上下げる事は難しいでしょう。(低下どころか、騰がり続けている状態)

3、輸送コストはやってやれないことはなさそうですが、生産地を沿岸にして、すぐに船に積み込むとかですかね。

4、設置コストは特に日本は上がる傾向が強いですね。

先日の熱海の土石流災害の件で、上流に作られたパネルが怪しいと思っていますが、谷を違法残土で埋め尽くしていたという事実もあり、複合的災害か、単に残土の問題でもあるのかも知れません。

まあ、複合災害だとは思いますが、メガソーラーだけが悪いとも言い切れないかとも思います。(発生当初はメガソーラーが悪いと思ったのですが、この件に関しては修正させてください)

ただ、森林伐採を行ってのメガソーラー建設は明らかに不合理です。

自然を破壊して、発電所の建設は仕方がないにしても、同じ電力を得るために切り開く面積は、明らかに原子力や火力の方が少ないのです。

また、景観が悪すぎます。

メガソーラーを見て、素晴らしい光景だと思うのは、施主と業者だけで、他人が見ても不快なだけです。

まあ、砂漠にでも並べて発電するなら有益な面も多いとは思いますが、国土の狭い日本で推し進める事業ではないと思います。

特に東北・北海道は雪が積もるところが多いので、冬場の発電効率が落ちます。

やるなら、雪が積もらない地域で、利用できない平地を中心にという事になるでしょう。

山は設置コストが今後さらに上がるはずなので、総合的に考えて設置コストは上がる一方です。

現場を見たことがありますが、ろくな基礎工事もないですからね。

下手をすれば嵐で飛ばされるのでは?と思う程です。

色々と書いてきましたが、素人がぱっと思い浮かぶだけで、こんなにもおかしな点があるのです。




しかし、これらを無視して日経一面に「原発より安くなる太陽光!」という記事が載るのです。

これが世の構造とも言えますが、流石に酷すぎます。

ただ、こういう記事が出ると「原発より太陽光!」と原発反対論者が騒ぎ出すのではないかと思うのです。

まあ、私としても放射性廃棄物は気になりますし、メルトダウンなんて二度とごめんです。

しかし、このままでは電気代は上がるばかりです。

二酸化炭素なんてどうでも良いのですが、ここで更に電気代が値上げとなれば、日本経済は益々立ち直れなくなって行ってしまいますからね。

製造業は、税金の安い国に逃げますが、同時に電気代の安い国にも逃げるのです。

例えば、新興国は原発を作れないので、今でも火力を新設しています。

日本は火力を作らないようにしたので、火力の技術は売られ、多くは中国に買われている様ですね。

そして、新興国の火力は中国が仕切る事になる。

何かおかしくないですかね?

脱炭素なんてどうでも良い中国だけが儲かる構造。

せめて原子力の力だけは伸ばして行くべきですが、太陽光となると、これまた中国が儲かるシステムです。

まあ、気付いている人は増えていると思いますし、今後太陽光の話はどんどん少なくなって行くと思います。

これからの電気を支えるのは、原子力と水素でしょう。

ですから、これらに関連した銘柄を買って行くべきだと思いますね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

波乱のSQ週が終わり、7月第三週が始まりましたね。

先週は下がると予想していましたが、色々な悪材料が重なり、想定以上の下げになってしまいました。

ただ「想定以上の下げは、想定以上の買い場」とレポートしていましたし、良い感じで仕込めたメンバーも多かったのではないかと思います。

先週末の動きをおさらいしますと、ニュースは「緊急事態宣言が再発令され、日本経済に打撃を与えるのを懸念して売り」という解説が多かったです。

しかし、あの下げはSQ狙いの売り仕掛けで、ETFの分配金を確保するための売りを利用したものです。

これが分かっているだけで、あの場面で慌てて売る必要はなかったと分かると思いますが、分かっていないと恐怖に負けてしまったかも知れませんね。

結果として後場には下げ幅を縮小して行ったのですが、これも完全に予想通りでした。

ただ、予想外のこともありました。

株価回復の要因の大きなところに、空売りの買戻しがあると見ていたのです。

しかし、空売り比率は驚愕の50.4%でした。

信用取引の半分以上が空売りで、あの戻り!?

正直、驚きましたが、ならばボーナスステージはまだ続く可能性がある訳です。

これからの相場が実に楽しみですね。




ただ、どうしてここまで売ってくるのかが良く分からないのです。

ヤバい材料があるのか?

単に売りたい病か?

まあ、どちらも有りそうですし、答えは出ませんね。

相場は上を向いていると思いますし、225が再度3万円を抜く日は近づいて来ていると見ています。

米国株は高値ですし、もう騰がらないと思っている投資家も多いのかも知れませんが、なんだかんだとブレーキを踏みながらの相場だったと思います。

あれをバブルと称する経済評論家もいますが、本当にバブルを知ってるんですかね?

バブルは誰もが先行きが明るいと信じ、タガの外れた行動をする状態を言うと思うのです。

コロナでばら撒かれたカネが株価を押し上げた程度ではバブルだとは思いません。

少なくとも今の米国はバブルとは呼べないし、バブルだとしても入口を覗き込んでいる様な感じでしょう。

まあ、中国の不動産なんかは間違いなくバブルで、終焉も近いでしょうけどね。

これも一つの悪材料ですし、売りたい気持ちも分からなくはないのですけどね。

ただ、今は買った方が儲かる相場だと思います。

例えば、一般公開した6768タムラ製作所は、先週は流石に押し目を作りましたが、順調に値上がりしています。

今日は先週末にかけての下落場面を取り戻していますが、そろそろどこかで大きな上げ局面があると思っています。

こういう中身のある銘柄は、急騰後の調整局面は買いなのです。

怖いかも知れませんが、ここで出られる投資家は、勝利をつかむのが早いのです。

さて、本日から新たな銘柄を推奨しました。

随分前からマークしていた銘柄で、当時は相場に乗り切れずに悔しい思いをしたのですが、気が付けばこんな値段になっていた・・・。

この世の構造を変えるほどの製品の発売が近いのではないかという話が入ってきたのです。

タイミングは分かりませんが、ほぼ底値ですし、待ち伏せには良い銘柄だと思います。

推奨後、ちょっと値段が騰がり始めてはいますが、まだ時間はあるでしょうし、メンバーは押し目をコツコツ買って頂ければと思います。

ちなみに、この銘柄は新製品が発売されてS高にでもならない限りは一般公開しません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は寄付きが意外とあっさりしていたせいか、なかなか売りが止まりません。

コロナ拡大でオリンピックが無観客試合になるという悪材料はありましたが、意外性はありませんし、こうしたものに反応して下げている訳ではなく、あくまでもSQに向けての売り仕掛けだと思っています。

ただ、今週はETFの分配金に絡んだ売りがあり、これが一番の悪材料になっていると思っています。

まあ、この売りも今日の大引けまでで終わりますし、最後の売りが出てくる頃には機関投資家が買う準備をして待っている事でしょう。

下げのピークは前場の内ではないかと思っています。

とは言え、昨日は中国株が大幅に下げましたので、今日もあんな感じで売られると痛いと言えば痛いです。




中国はおかしくなっていますし、いつ崩壊してもおかしくないと思います。

習近平が主に問題の中心なのですが、敵対勢力にカネを持たせないために、胡錦涛の息のかかった企業への妨害が日に日に強まっています。

先日は、NYに上場した直後のDiDiに対してアプリのダウンロード禁止という嫌がらせをし企業価値を下げ、株価を暴落させるという事をしましたし、その前にはアリババにも嫌がらせをしていました。

今後も中国企業がNY市場に上場する予定でしたが、多くが延期か中止という事になるそうです。

詳しく調べていませんが、多くは敵対勢力が絡んだ企業だと思っていますし、このとばっちりと言いますか、この件で計画が狂っているのはソフトバンクです。

上場が延期とか、中止になっている企業に結構投資していますからね・・・。

ミラクルを起こすかもしれませんが、今は期待しない方が良い企業でしょう。

また、お隣のインドは中国との国境に5万人を増派し、20万規模の軍隊をヒマラヤ地域に駐屯させました。

去年も戦闘があった地域ですし、インド軍はやる気でしょう。

これまで強気でガンガン攻めてきていた習近平ですが、恐怖を感じているかも知れませんね。

中国国内の話になりますが、現在も電力供給の半分以上は石炭火力に頼っているのですが、これが原材料の値段が騰がりすぎて赤字になり始めているそうです。

電気料金を上げればそれで終わりかも知れませんが、庶民の反発を恐れているので、電気料金は据え置いている様です。

こんな状態でEV政策とか、本当にバカですが、何故にEVを進めるのかと言えば、エンジンよりもモーターを作る方が簡単だからだと思われます。

いくら技術を盗んだとしても、トヨタやベンツに勝てるエンジンは作れないのです。

そんな努力をするなら簡単なモーターを作れば良いという訳です。

しかし、EVというのはエネルギー効率が非常に悪いのです。

そして、電気を作らなければいけないのですが、これが原材料の高騰で上手く作れない。

それ以前に不動産価格が騰がりすぎていて、庶民が生活できる家屋が無いのです。

未だに投資商品として住む予定もないマンションを作り続けているのですが、これがまた色々なものを圧迫しているのです。

作るからには原材料が必要で、これが鉄や銅などの値段を上げているのが問題な訳です。

そう遠くない内に中共は破綻すると見ていますが、これがプラスに働くか、マイナスに働くか?

世界中でチャイナデカップリングは進んでいますし、破綻する頃にはそれなりに影響がないような形になって行っているのではないかとは思っています。

まあ、日本企業の対応は遅いですし、政治家も官僚もクズばかりで、最悪の場合は日本も中国と共に沈みかねないですからね・・・。

人口も増えないし、無駄な工事で借金まみれになっている中国は、お荷物でしかないのです。

しっかり切り離して、発展著しいインドと手を組めるようなところが、今後伸びて行く企業だと思っているところです。

まあ、とりあえず中国に肩入れしすぎていない企業が良いですね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225の下げはそれ程でもないのですが、マザーズの下げが少しきつく、全体的に下げている銘柄の方が多いですね。

明日のSQに向けての下げ相場は想定内ですが、それにしても弱いというのが感想です。

今週は悪材料が多く、昨日は東京が再度の緊急事態宣言を発表しましたからね。

アフターコロナで景気回復期待があったのですが、一気に剥がされた格好です。

ワクチンが効くのなら、どんどん打てばコロナは終わるはずですし、ここで弱気の緊急事態宣言はどうなのでしょう。

ワクチンを接種している人達が増えているので、専門外のことであまり否定的なことは書きたくはないのですが、医師390名と地方議員60名が連名で、ワクチン接種中止を求める請願書を提出したというニュースも先日ありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bcd75d652b40b1e4880c44c9885597b4eab4fcc

ちなみに、私の懇意にしている医者は、絶対打たないし、勧めないと言ってました。

考え方は人それぞれですが、私自身はまだ接種するつもりはありません。

開発から1年も経たないで発売されるワクチンなんて、未だかつてないのです。

まあ、効くかもしれませんし、副反応なんて気のせいかもしれませんけどね・・・。

ちなみに、私はインフルエンザワクチンも毎年スルーしています。

そこそこ効く薬はありますし、恐れることなどないと思っているからです。

コロナに関しても、効果的な薬があちこちで報告されていますし、そこまで恐れる必要はないと思うのですけどね。

どうもバイオ系の連中は、新薬じゃないと効かないと決めつけていますが、要はカネが欲しいのでしょう。

全く酷い世の中になったものだと思っています。




とまあ、思惑は色々ですが、政府が言っている事が確かならば、そう遠くない内にコロナはワクチンによって終わるはずですし、相場はそれを先取りして動くはずなのです。

ただ、放置していてもコロナはそろそろ終わりだと思いますし、今この局面で弱気になる必要はないでしょう。

色々悪材料があるにしても、ターゲットは明日のSQでしかないと思いますし、今日明日の下げで買いたい銘柄を買って行けば良いだけです。

一番のお勧め銘柄が、ばらばらっと売りが出て25日線を割ったのですが、利を失いたくないと思った投資家からと見られる売りが出て大きく下げました。

がっかりな展開ですが、逆を言えば天与の買い場ですね。

揉み合いに入っていたので、少し安く買えそうだとは思っていましたが、ここで買えるとは・・・。

まあ、高いところだけで買っているとすれば、苦しいかも知れませんが、強気にナンピンしておけば良いでしょう。

良い銘柄はチャンスだと思って行動した方が良い結果になりそうな場面です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

予想通りですが、弱く面白くない相場ですね。

今週はETFの分配金を用意するために、総額で7000億~8000億円程の売りが出てくると見られているのです。

日々の売買代金が3兆円もあれば余裕ですが、最近は2兆円にも届かない日が多いですからね。

流石にこの出来高では消化しきれないので、必然的に値段が下がって行く事になります。

しかも、今週に入ってからは、こうした売りが出てくることが予想されているために、誰も積極的に買おうとはしないのです。

故に、相場のボリュームは下がる一方で、益々売るに売れない状態になってしまっている訳です。

残念ですが、この状態だとSQまでダラダラ下げるのかも知れませんね。

場合によってはきつめの売り仕掛けも有るかも知れません。

全く面白くもない週ですが、逆に言えば仕込みチャンスの週なのです。

来週はETFの売りがありませんからね。

悪材料が追加されれば別ですが、今週の安い場面は良い買い場になると見ています。

ただ、本当に買いたい銘柄は、この状態でも下がっていないのですよね・・・。

現在、2銘柄を強く推奨していますが、どちらも小幅ながらに高いのです。

また、先日ご紹介した6768タムラ製作所も良い感じで騰がっていますね。

今日みたいな全体が苦しい日は、目立つ上昇が出ると資金が集中しやすいので、仕掛けてくる可能性は高いと見ています。

メンバーには850円割れが仕込み場だとレポートしていましたので、仕込みから100円幅の含み益を得ている方もいるでしょう。

ただ、こういう動きをしている銘柄って、怖がって買わない方が多いのですよね・・・。

まあ、仕手株なら怖いですし、何があってもおかしくはないのですが、同社の場合は中身が良いのです。

はっきり言って、この値段では安過ぎますし、こんなもので終わるはずがありません。

目先上手く行かずとも、持っていれば取らせてくれる値段だと思っています。

シリコンを使わない半導体で、しかも高性能なのです。

原料を中国に依存しないのも良いですし、これから伸びない訳がないのです。

ですから、高いところですが、押し目は買いとしてご紹介していた訳です。

今日はなかなか良い感じですし、後場は更に目立ってくるのではないかと期待しているところです。




さて、一昨日225の下落の主犯となっていたのが9984ソフトバンクですが、同社株が下落した理由は、NYに上場した中国企業DiDiが、上場直後に中共からの嫌がらせでアプリを配信停止にされた事が原因となっています。

そう考えると「あれ?ソフトバンクは中共系企業では?」となるかとは思いますが、中共と言っても一枚岩ではないのです。

現政権の習近平派もいれば、旧勢力の江沢民派もいるのです。

そして、DiDiに出資していたのが、この江沢民派なのです。

ちなみに、アリババグループもアントの上場が取り消され、大打撃を受けたのですが、こちらも江沢民派です。

という事は、孫正義も江沢民派になるので、もしかすると習近平が失脚すると元気になるのかも知れませんね。

ただ、中国は経済構造がおかしいので、習近平が失脚する時は中共の崩壊もセットかも知れません。

その時はどうなるのでしょうね・・・。

ところで、何かと問題発言の多い麻生太郎ですが、集団的自衛権を行使してでも台湾を守ると言いました。

台湾が奪われたら、次は間違いなく尖閣と沖縄です。

話し合いで何とかなる連中ではありませんし、こうした対応は必要です。

裏では中共とべったりという事もありますが、こういう発言は政治家らしくて良いなと思えたニュースでした。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-05/QVSOPEDWRGG201

左翼連中はまた騒ぎ出すのでしょうかね?

という訳で、色々話が飛んでしまいましたが、中身のよく分からない有名な銘柄を買うよりは、無名でも中身がある銘柄を買って行ったら良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は独立記念日の振替で休場でしたので、様子見スタートの日本株ですが、ジリジリと値を上げてきていますし、悪い感じはしません。

昨日の下げも9984ソフトバンクが足を引っ張っていただけで、実際はそれ程大きな下げではありませんでした。

正直、225からソフトバンクを外すだけで、大分落ち着くのではないかと思うのです。

そもそも、225は日本経済の代表として日経新聞が勝手に選出したものですが、ソフトバンクのどの辺が日本経済を代表しているのでしょうか?

選出した頃は、確かに成長企業でしたし、選ばれてもおかしくはないとも思える部分もありました。

ただ、今尚借金は膨大ですし、クレディスイスはソフトバンク株は担保にならないとして、孫正義から貸し剥しを実行しました。

そもそも、ソフトバンクの投資格付けはムーディーズでBa3、所謂ジャンク債扱いなのです。

先日は4050億円を劣後債で手に入れていますが、カネを出した投資家の気が知れませんし、こんなもので資金調達している企業の株を買っている投資家の気も知れませんね。

サウジの王族でも同社にカネを貸すのに7%の金利を要求したのですが、それが国際的な評価です。

先日、投資で巨額の利益を得たなんてことがありましたが、株価はそれ程反応しませんでしたし、その後は下落の一途です。

それはまあそうです。

今のソフトバンクは単なる投資会社で、浮き沈みの激しい一攫千金企業でしかないのです。

こんなのが225採用で相場を荒らす原因の一つになっているのです。

上場廃止にしろとまでは言いませんが、やはり225からは外すべきです。

こうして考えて行くと、近い将来本当に225から外されそうな気もしてますね。

外されてから売るのでは大損なので、さっさと乗り換えておいた方が良いと私は思います。

例えば、パワー半導体で大きな成長を遂げそうな6768タムラ製作所を昨日のブログで取り上げたのですが、今日は4%を超える上昇場面もありましたし、なかなか良い感じの動きです。

昨日の時点で買っていても利益ですが、こういう中身のある企業に投資すべきだと思うのです。




さて、メンバーには詳しくレポートしたのですが、熱海の土石流は人災の可能性が高そうです。

水源地近くはソーラーパネル建設中で、豊かな自然は破壊され、保水力を失った山が崩壊したというのが真相の様です。

建設を許可した知事はばれたくないので隠していますし、ソーラー利権の大物政治家でもある小泉一家が色々圧力をかけているのでしょうか?それともマスコミがバカなのでしょうか?

真相は分かりませんが、まだソーラーが問題だという話にはなっていませんね?

沢山の方が亡くなられましたし、このまま自然災害で片付けられるとは到底思えません。

既に原料がウイグル産という事で、世界がそれ以外の原料を求めているために、ポリシリコンの価格は5倍に高騰し、パネルの価格も日本で3~4割も値上がりしています。

それでもメガソーラーを作るのか?

少なくとも建設の規制は強まるはずです。

建設規制が強まれば、当然工事の代金も上がります。

それでもパネルを使い続けるのか?です。

以前に、電気料金がとんでもない事になりそうだとレポートしましたが、時代はどこに向かって行くのでしょうか?

まあ、世界的な流れを見れば、行先は決まったようなものですが・・・。

とにかくソーラーパネルの時代は熱海が切っ掛けで終わると見ています。

何年も前から問題を訴えてきましたが、遂にその時が来たと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は強いのですが、日本株はかなりの不調ですね。

こういう相場は材料株が動くと思って、割り切って行くしかないでしょうね。

例えば、先週から850円割れは仕込み場として推奨した6768タムラ製作所ですが、朝から900円近くまで買われています。

先日、新素材を基にしたパワー半導体の開発が前進したという事で連騰していたのですが、その後は調整入りとなっていました。

急騰してそのまま終わる銘柄も多いのですが、同社の材料は素晴らしく、この程度で終わるはずがないというのが私の分析です。

内容が伴った連騰の後の押しは基本的に買いなのです。

これは相場格言で言う「初押しは買い」ですね。

ただ、経験上押した初日に買うべきではありません。

買うべき場面は必ず存在するので、そこを見極めるのが重要となってきます。

まだ、本格的反発ではありませんが、いずれ高値更新に向かうと思います。

ここから買っても間に合うと思いますので、同社の材料が面白いと思えば買えば良いでしょう。

タムラに関しては、ある所からの情報でずっと監視していたのです。

メンバーに「タムラを推奨する予定です」と事前に宣言していたのですが、調べている内に材料が出て連続S高となった悔しい銘柄でした。

ただ、情報に関しては申し分ないという事が分かるかと思います。

今から買うなら、この情報源から来ている他の銘柄という事になるのですが、ここからの情報による推奨銘柄は2銘柄あります。

どちらも底値ではありませんが、良い感じで調整を続けていて、これらもその内タムラの様に・・・と、期待を込めて仕込みを続けているところです。




さて、相場をぱっと見渡して、9984ソフトバンクの下げが目立ちますね。

古いメンバーはご存知でしょうが、私は昔からソフトバンクアンチで、このまま中共の手先みたいな事を続ければ、いずれ退場もあり得ると思っています。

まあ、大き過ぎて潰せないから貸し続けるという日本の銀行はあるかも知れませんけどね。

結果は分かりませんが、引き続き動向は見守りたいところです。(空売り推奨ではありませんので誤解のないように)

他に問題なのは、7453良品計画ですが、先週末に「ウイグル綿は問題ないので使い続ける」と、宣言してしまったのです。

同社のことは何度か取り上げてきましたが、今の社長は元々中国担当だったそうですし、完全に篭絡されているのでしょうね。

日本のマスコミはスポンサー様には優しいので、まだ攻撃はされていないようですが、世界の流れに逆らい続けられるのでしょうか?

一応、NHKはこの問題を報じていましたね。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210702/k10013116181000.html

また、これに関連して、ファーストリテイリングがフランス当局から捜査されているというニュースも有りました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210702/k10013114801000.html

柳井社長は、ウイグル綿の使用に言及していませんでしたが、現在は使用していないという立場の様ですね。

ただ、中国での生産が多いですし、使っていないとは思えないのです。

中国以外で生産していても、結局原料がウイグル産だったなんてことが、あちこちで発覚していて、多くのアパレルが原料を中国が絡んでいないところから調達するようになっているのです。

中国で生産していてウイグル綿の使用はないとするのは無理があるのです。

そもそも、中共がウイグル綿の使用を推奨していますからね。

ウイグル綿を使わないと言ったら、中国市場から締め出しを食らう可能性すらある訳です。

大丈夫か柳井?

今ならまだ方向転換をすれば間に合うとは思うのですけどね・・・。

ただ、方向転換という事は、中共を裏切るという事なので、これはもう前門の虎後門の狼という奴です。

正直、ファーストリテイリングがどうなろうが知った事ではありませんが、相場に悪影響を及ぼすのだけは勘弁して欲しいですね。

皆様も、問題企業に巻き込まれないように注意しながら、良質な銘柄を仕込んで頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が雇用統計を前にしても堅調ですね。

あまりの強さに少し引いてしまいますが、弱くて悩むよりは良いでしょう。

ただ、こんな調子では、雇用統計が良くても悪くても売り材料になりそうで嫌な感じはします。

だからと言って、この雇用統計で相場の流れが大きく変わるとは思いませんし、あくまでも目先どうなるかだけなのですけどね。

投資環境としては良好な状態が続くでしょうし、特に材料株は強気姿勢で良いと思っています。

まあ、大分円安になってきていますし、企業の設定している為替想定レートは1ドル106円が平均なので、中間決算に向けて輸出関連企業は大幅に上方修正してくる可能性があります。

また、コロナで日本経済が疲弊していた訳ですが、税収が想定を上回っていた事を考えると、企業決算が良いところが多いのかも知れません。

もちろん、飲食や宿泊・旅行などは酷い有様ですし、実際に多くの企業は苦しかったはずです。

このままコロナが終わってくれれば良いのですが、まだまだ不透明ですし、発生が人為的であったにしても、ウイルスというものは自然のものです。

人為的に中共によって作り出され、それが人為的に撒かれたのか?

それとも、人為的に作ったものが、間違って流出してしまったのか?

中国人自体が被害に遭っているところを見ると、事故だとは思いたいのですが、多くの場合で死者は高齢者な訳です。

超高齢化社会に向けて世界最速で進んでいる中国ですからね・・・。

子供を生ませる工夫をするなら、高齢者を減らした方が良いと中共が考えても驚きません。

ただ、中共幹部も高齢者が多いので、有効なワクチンを作れていない以上は、事故による流出の可能性の方が高いのかも知れません。

まあ、詳細については、米国に亡命したと言われている中共幹部の情報提供が必要でしょう。

何が真実であったのかは分かりませんが、考えているよりも裏が黒い可能性はありますし、情報の中身次第では米国は本気で怒るでしょう。

ここで本気の経済制裁があれば、中国経済は崩壊し、中共も崩壊するでしょうね。

中共100周年記念式典の直前に大洪水とか、中国人が嫌う政変の予兆が色々起こっていましたからね。

コロナが終わっても、平和になるとは思えないような状態で、ちょっと不安ですが、あっという間に地獄に突き落とされるような話ではないと思います。

中共崩壊まで行けば、逆に世界は平和に向かって進み出しますし、中国人が自由を取り戻せば、経済活動も普通の国の様にはなる可能性があります。




ところで、日本の政治家はどうしてあんなに中共礼賛なのでしょうね?

良く分かりませんが、もはや期待しても良い事なんてないと思いますけどね。

少なくとも、人権侵害を止めないと西側諸国は再度手を結ぶなんてことはしません。

天安門事件後は、日本が主導して中国を世界経済に招き入れましたが、もうそういう訳には行かないのです。

そんな真似をすれば、西側から日本も中国同様の国という事にされます。

そう考えると、今回の祝電の嵐はちょっと怖いですね。

日本は本当に大丈夫なのでしょうか?

今考えている懸念はこの辺なのです。

景気回復期待はあるのですが、世界から孤立しないか?と。

もはや逃げられないのも分かるのですが、9983ファーストリテイリングは相変わらず中共礼賛で、ウイグル綿を使用し続けるみたいですし、危ないと思うのですけどね・・・。

そんなこんなを考えながら、相場の先行きを予想している訳です。

まあ、今は材料株の売買で問題はないと思いますし、これで儲かるのが7月の相場だと思っているところです。

例の大化け予想の銘柄は、良い感じで揉み合っていますし、今の内にコツコツ拾って、上昇を待っていれば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

小幅高で始まった225でしたが、すぐに下げに転じてしましましたね。

方向感なく揉み合いか?と思いながら見ていたのですが、先程から下げ幅を拡大してきました。

まあ、大した下げではありませんし、安くとも100円安程度かな?とは思っています。

また、材料株が動いても良さそうな日に見えるのですが、多くが軟調ですね。

推奨銘柄も高安まちまちで、今日は大幅に上昇している銘柄はありません。

朝から飛ばして行きそうな感じの銘柄もあったのですが、値上がり幅を縮小してきていますし、今日はぱっとしません。

ただ、こうして月初にもたもたした感じだと、新メンバーが推奨銘柄の高値を追わずに買う事が出来るので、これはこれで悪くないでしょう。

ただ、心情的には上げ続けて欲しいですし、そちらの方がワクワクします。

間違いなく、一番楽しいのは上げている場面ですからね。

まあ、上げ続ければ恐怖心も増大しますので、やはり休みは必要ですし、こんな日があっても良いのだと思いながら見ているしかないでしょう。

良い銘柄は結局買われますので、下げる場面こそ真剣に観察し、ここぞと思うところで買って行けば良いでしょう。




さて、話は変わりますが、中共が創立100周年の様ですね。

世界中が中共に反発し、祝辞を送らないところが多いのですが、日本は本当に酷いですね。

でっち上げの従軍慰安婦問題で、韓国に謝罪した河野洋平、小沢一郎、枝野幸男等どんどん祝辞を送っていますね。

彼らは一体何を祝っているのでしょう?

ふざけた連中ですが、こいつらを選んでいるのは我々ですからね・・・。

本当は我々が、反省しなくてはならないのではないかと思っているところです。

なんて、書いている内に225は下げ幅を少し拡大して130円安ぐらいになってきましたね。

明確な売り材料はないですし、様子見の中での小口の売り物が相場を崩している感じでしょうか?

確かに上に行きそうな感じはしませんが、下に行きそうでもありませんし、様子見しているしかないような日なのですけどね。

ただ、今日から7月相場になった訳ですが、来週の金曜日はSQなので、余裕があると思っていると揺さぶられるかもしれませんね。

まあ、今週末の米雇用統計次第かもしれませんが、売り仕掛けのSQになるとも思えませんし、それ程問題はないと思うのですけどね。

引き続き、期待度の高い材料株をコツコツ拾って行くべきでしょう。

SQの頃には、推奨銘柄のどれかが、大幅に値上がりして行っていると思います。

ただいま7月メンバー募集中です。

2007年から14年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報をお届けします。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。