3月最後の取引の東京株式市場ですが、225は軟調なスタートですね。

TOPIXもそこそこ下げていますが、マザーズはしっかりしていますので、材料株はそこそこ賑わっています。

円安を好感してトヨタなどが買われていますし、材料株ばかりではないのも良いです。

ただ、騰がっていても値を消してくる銘柄が多く、全体的にはちょっと神経質な感じはします。

3月はそこそこ儲かった投資家が多かったかと思いますが、4月はもっと良い月になるのではないかと期待しているところです。

まあ、先々を揺るがす様な発言があったりはしました。

公明党の山口が「ジェノサイドの証拠がない」として、日本は中共制裁に動くべきではないとしました。

こんな事では欧米から敵視される可能性もあろうかと危惧しているところです。

まあ、この件は今朝メンバーレポートに書いた内容なので、この辺にしますが、日本の政治は思ったよりも中国を向いています。

進出している日本企業を思えば、仕方のない部分はあるのですが、中国がヤバいという話は何年も前から出ているのですし、今更逃げ遅れたとか言われてもね・・・。

まあ、中国進出を後押ししていたのが、政治家連中ですし、今更ダメだとも言い難いのかも知れません。

上記の様に先々危ない材料もあり、安心な相場ではありませんが、こうした悪材料があるが故に、相場は暴走することなくブレーキを踏みながら、的確なコーナリングを続けていると思います。

加速するところは加速し、ブレーキを踏むところは踏んで減速。

実に良い感じの相場です。

その内、欧米の怒りを買って、日本売りと言う制裁を食らわせられる可能性もありますが、そこに行く前に政治家は発言を撤回させられるでしょうね。

多くの日本人は中国と心中したいとは思っていませんし、欧米が制裁をチラつかせたらビビるでしょうからね。

このまま突き進めば怖いですが、そこまでの根性はないでしょうし、民意にも逆らう形になるので、日本が制裁の対象になる前には止まるとは思っています。

ですから、危ない材料ですが、今のところは適度なブレーキ材料だと思っていれば良いでしょう。




さて、前引けが近づいてきて、高安まちまち散った感じになってきましたが、今日から新規推奨した銘柄に期待しています。

少し前から入っていた情報にプラスして、更に期待大の情報が追加されました。

好材料があって、大口投資家も入ってきている。

条件が整うと、大化けする可能性もありそうですし、とりあえずは仕込んでおきたい銘柄です。

短期で大幅に騰がるというよりも、一か月かけてジリジリ上げて行くのを想像していますが、大きく動く前にコツコツ仕込んでおきたいところです。

話を相場全体の方に戻します。

世界には悪材料がゴロゴロありますし、どこでどうなってもおかしくない相場だとは思います。

ただ、大事なところは、多くの悪材料は、金融緩和で暴騰しそうな相場に対するブレーキであるという事です。

悪材料がないと、ブレーキの無い車でレースをやるような状態になってしまうのです。

今はこのぐらいの悪材料があっても良いと考えているところです。

まだまだ仕込める銘柄はありますし、4月もお任せいただければと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

本日は権利落ち日という事になるのですが、相場は良好で権利落ち分をほぼ埋めていますね。

昨日は米国でヘッジファンドのアルケゴスが破綻し、ここに融資していた金融機関が続々と損失が出そうだと発表してきました。

この影響で日本では野村證券が急落していたのですが、同社も2000億円以上の損失を出しそうです。

まあ、巨額と言えば巨額ですが、野村の1年分の稼ぎが吹き飛ぶだけで、潰れるとか、経営難とかの話では決してありません。

また、金融ショックが起こるというレベルの話ではないでしょう。

しかしまあ、野村もね・・・。

1件の貸し出しが焦げ付いただけで、1年分の利益を吐き出すとか・・・。

アルケゴスは中国系で、投資先の多くは中国株。

結果は随分前から見えていたのではないでしょうかね?

他の日本の証券会社は今のところ名乗り出ていませんし、おそらく大丈夫なのかな?と思います。

ただ、米国では大手金融機関が続々と損失を出すという話になっていて、先週日本株を大量に売っていたところは、アルケゴスの処理のためだったようですね。

第二のリーマンショックを懸念する意見も出ていますが、現時点では問題ないでしょう。

まあ、危ない兆候が見られれば、方針は修正して行きますが、現時点ではほぼ有り得ないシナリオだと思っています。

ここで根拠も書きたいのですが、これは今朝メンバーに解説済みですので、詳しい話はここでは割愛します。




さて、ちょっと厄介な悪材料が出た訳ですが、引き続き強気姿勢で行けば良いでしょう。

特にMSQを過ぎた辺りから材料株の動きが良くなっていますし、4月に入るとこの傾向が強まるのではないかと思います。

先日は2437SHINWAで大幅な利食いを実現し、次なる銘柄も仕込んでいるのですが、こちらもジリジリと値上がりしてきています。

更に新しい銘柄の話も入ってきています。

31日は配当分が再投資される日なので、早ければ明日にも盛り上がり始めると思いますし、4月はなかなか面白くなりそうです。

良質な銘柄を仕込み、4月相場でしっかりとした利益を手にして頂ければと思っています。

ここで注目したいのが「あれ」です。

何年か前にも推奨して上手く行った銘柄ですが、これがまた動いてきそうな気配を感じています。

1300円を抜けずにウロウロしていますが、ここを抜いてくると景色は一変する可能性があります。

ただ、先月までは1400円ラインがネックになっていたので、本格的な上昇となるかの見極めは1300円を超えてからが重要でしょう。

EVにも絡んだ重要銘柄ですので、メンバーは是非注目してください。

さて、EVですが、数年はこのネタで盛り上がると思います。

多くが国策ですし、盛り上がらない訳がありません。

ただ、これが終着点ではなさそうです。

カナダの大学が、使えなくなったレベルの油田から従来の十分の一程度で水素を大量生産できる技術を確立しそうなのです。

石油産業も潤いますし、燃料の最終形態は水素かな?と。

そうなりますと、トヨタの独り勝ちです。

まあ、今のところはEVに主役を取られている状態ですが、いずれ状況は変わると思っていた方が良いでしょう。

数年先かとは思いますが、今後も水素に絡んだ技術からは目を離せません。

実際、EVはエコではありませんからね。

いずれ、皆気付くと思いますが、心の中にでも置いといてください。

きっと役立つ日が来ると思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高の流れを引き継ぎ、高く始まった週明けの日本株ですが、寄り付き後は多くの銘柄が値下がりに転じていますね。

指数自体はプラスを保っていますし、値下がりしている銘柄も大して下げている訳ではないので、気にはしていないのですが、思ったよりはピリッとしない相場という印象です。

まあ、今日は権利付き最終ですし、後場にはしっかりしてくるのではないかとも思います。

とは言え、今日は大した材料はありませんし、ちょっと動きにくいでしょう。

注目すべき点は、明日の配当落ち後に株価がどちらに向かうかですが、私の予想は上です。

強気の意見も増えてきましたが、まだまだ懐疑的な人が多いですし、特に連休前後は危ないとか?

まあ、連休まで1か月ありますし、今から連休の心配をしていてもね・・・とは思います。

先々も無視は出来ないので、弱気の人達を煽る感じになりますが、弱いと思える材料について少し話します。

私が一番気になっているのは、今の相場を牽引している米国の政治です。

暗黙の了解で、おかしなところがあっても新大統領を叩かないという不思議なルール。

所謂ハネムーン期間ですが、これがそろそろ終了します。

元々、左派メディアを味方につけて大統領になったのがバイデンですし、ハネムーンを過ぎても叩かれない可能性はありますが、あまりのボケっぷりにマスコミも流石に危機を感じている様に思えます。

この辺りはYouTubeやネットニュースでも色々と取り上げられているので、気になる方は探してみてください。

この大統領をどうにか下ろそう・・・。

左派メディアのそうした考えの一端は随所に見られます。

また息子のハンターがやらかしていますし、そろそろ本格的なバイデン叩きを始めるかも知れません。

それと、米中と言いますか、中国と西側諸国が一触即発の状態です。

日本は相変わらずぼやぼやしている感じで、もしかして我々は中国側なのか?と思える程ですが、戦争が始まれば、確実に巻き込まれますので、安心できるような状況ではありません。

ただ、中国に、中共のために命を賭けて戦う戦士はあまりいないと思われますので、実際は戦争にまでは至らないとは思います。

しかし、負けたら全ての利権がなくなる様なものですし、もしかしたらカネのために戦うかも知れません。

どうなるかは分かりませんが、何が起きても不思議ではない状態である事は確かです。

さらに、コロナも問題と言えば問題です。

暖かくなってきましたし、普通に考えれば終息して行くはずですが、ここのところ急速に感染者が増えています。

死者が増えていないので、問題はないと思うのですが、ワクチンを接種させたいための感染拡大作戦にも見えますし、何だろうな・・・と思いながらニュースを見ています。

そして、ワクチンを2度目に接種した人の多くが副作用で倦怠感があるとか、やはり怖そうな感じがします。




こうして色々と問題を並べてみましたが、これらを見ていると株を買う気は沸きませんね。

しかし、それで良いのです。

そうした考えがあってこそ、相場は育つのです。

何度も書いていますが、皆が上だと思ったら相場は終わりです。

多くの参加者が、次はどれが騰がるんだ!と考え、テレビでは株高が華々しく報じられるようになる。

大成功した人々が特集され、株の話がドラマにも入り込んでくる。

大抵、これが終わりのシグナルです。

ただ、現状225が30000円付近ですが、そうした浮かれた話は全くありません。

という事は、この相場はまだまだ終わっていない可能性が高いのです。

強気に転換するのが早ければ早いほどに、利益を得られる可能性が高くなると考えているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

東京オリンピックを目指して聖火リレーが始まりました。

今年開催しないとIOCがデフォルトしそうですから、カネという事で考えれば、やるしかないのでしょうね。

IOCは放映権だけで儲かるのですから、観客が入ろうが、入るまいが、開催さえすればカネにはなる。

私個人としては、コロナなんて気にせずにやれば良いとは思っているのですが、世間の目がありますからね・・・。

感染者が出てくるのは確実ですし、開催できない競技や試合が出てきそうです。

まあ、夏までにワクチンが徹底され、感染者が0なら良いのでしょうが、どんなに頑張っても不可能でしょう。

何より、外国から観光客を呼べないので、日本は丸損でしょうね。

運営費用だけ搾り取られ、悲惨な結末しか待っていないでしょう。

多くの費用は税金ですから、我々はそのツケを払わされる事になります。

本当に理不尽な社会ですが、最近改めて理不尽だと思ったのは、飲食店への休業補償です。

確かに、飲食店はコロナで大打撃を受けていますが、大打撃を受けているのは飲食店だけではないのです。

病院も人が行きませんし、映画館などの娯楽施設にも人が行きません。

しかし、保証が受けられるのは飲食店だけ。

多くの業種が補償してもらえるなら、休業しても良いと思っているはずです。

こういう時こそ、共産党や立憲民主党はまともな意見を述べるべきであり、支持者を多少は増やせるチャンスだと思うのですけどね。

しかし、これらの野党がポンコツなために、いつまでも特定の人しか恩恵を受ける事が出来ません。

こうした不公平な社会が変わる日は来るのでしょうか?

結局、何時まで経っても誰かの利権でカネが動いているだけ。

困っている時は、もっと手広く救済しても良いと思うのです。

所得税や消費税の引き下げをすれば、多くの人が公平に恩恵を受ける事が出来るのですけどね。




さて、ダラダラとこんな話をしていると、株価の先行きが暗そうな気がしてしまうかも知れませんが、基本的には明るいと見ています。

多くの投資家が強気になるまでは、行ったり来たりしながらも相場は上に向かうと思うのです。

特に来月からは日銀が相場を支えるためにTOPIX型のETF購入します。

まあ、一日501億円では焼け石に水ですが、額は変更してくる可能性がありますし、少なくとも買って来るのは確かなので、買い方の支えにはなります。

一撃の破壊力は小さいのですが、逆に今までは大き過ぎて相場がおかしくなっていたので、良いと思います。

後は投資家がこの状態を生かし、適切に投資できるかどうか?

これから夏に向けて稼げる相場になるでしょうから、注意して欲しいところです。

では、何をどう買って行くべきか?

先日2437SHINWAが急騰しましたが、メンバーは一昨日までにほぼ売り抜けています。

次の銘柄はジリジリと値上がりしてきています。

4月はこれが本格的に値上がりしそうですし、大人しい内に買っておくべきでしょう。

今後も、楽しめる銘柄を推奨して行きたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225はプラスで始まりましたが、10時半現在、ジリジリ売られてほぼ変わらずまで値を消してきていますね。

材料株もボロボロですし、あまり良い銘柄は見当たりませんし、ちょっと嫌な感じの相場です。

とは言え、何度もレポートしている事ですが、この場面で弱気になる必要はないと思っています。

予想以上に弱ければ、予想以上の買い場である可能性が高い。

ただ、ロスカットはしっかり守った方が良い事もあります。

まあ、こういう全体が弱い時は判断に迷う事が非常に多いです。

全体が上げているのに、個別で下げているならロスカットで正解の事が多いのですが、全体が下げている時は予想以上に下げる事がありますからね。

ですから、全体が下げている時に巻き込まれている銘柄をロスカットすると後悔する事も多いのです。




さて、この荒れ模様の相場で特に酷いのがマザーズですね。

再度1150ポイントを割っていますし、200日線も割ってしまいました。

10日頃もこんな水準で揉み合っていたのですが、再度ここまで来るとは思っていませんでした。

ただ、この辺で二番底形成という事になるのではないかと思います。

明日辺りは追証の売りが出るでしょうし、その辺が買い場でしょうかね。

このまま下げ続けるとは思いませんし、特に巻き込まれているマザーズ銘柄は慎重に判断した方が良いと思っています。

近い内に大きな材料が噂されているあれは、リスクが高めなのでロスカット値段も高めに設定しているのですが、これは修正して買い下がった方が良いと思っています。

個別の問題ではなく、全体の問題でしかないのですし、ここで弱気ではどうにもならないと思っています。

材料の中身は分かりませんが、出たら倍増は行くだろうと、情報源「は」言っていました。

もちろん、信じるも信じないも・・・ですが、そこそこ当たる情報源なので、期待はしているところです。

という訳で、まだちょっと荒れ気味の相場ですが、そんな中でも期待を持っている相場です。

しっかりと銘柄を選別し、今後の上昇に備えて頂ければと思っています。

とは言え、嫌なニュースもありますね。

コロナの影響で、デフォルトしそうな国があちこちにあります。

最近話題なのはトルコですが、韓国だって相当まずいでしょう。

韓国アイドルが日本でも大人気ですが、華やかなのはテレビの世界の中だけです。

国自体はもうボロボロで立ち直りようがないのではないかと思う程ですね。

文政権が酷かったので、こんなことになっているので、本当に政治って大事だなと、改めて思いました。

いくら日本の政治家も腐っている奴が多いとはいえ、あそこまでバカではありませんし、あそこまで酷い事になる可能性は低いでしょう。

ただ、中国に対する非難決議を行っていないのはG7では日本だけです。

どの国もジェノサイド認定で中国に対して非難決議をしているのです。

進出している法人を守らなくてはならないから・・・という事もあるのかも知れませんが、どうせ中国で儲けたってカネを持って帰れないのですし、撤退推奨で良いと思うのですけどね。

邦人の安全をしっかり確保してから、非難決議。

まあ、既にG7各国は非難決議を出した後なので、今からこんなプロセスでは遅すぎますけどね。

どうなる事やらですが、こういうことは足並みを揃えた方が良いでしょう。

中共によるジェノサイドは事実であり、それを指摘し、制裁を加えるのは内政干渉ではないのです。

日本も堂々と意見を述べ、制裁はすべきです。

いつまでも中国にすがろうとせず、独立して動いて欲しいと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

下げても基本的には強気なのですが、ちょっと弱すぎる印象です。

今年は、節分天井ではなかったのですが、彼岸底という事になるのでしょうか?

だとすれば、今日が目先の底値になる可能性があるのですが、節分天井は随分ずれましたからね・・・。

そういう意味ではちょっと怖さも感じるのですが、やはり弱いところで弱気ではいけないと考えているところです。

底値の目安としては、225で28308円の安値がありますが、この辺りの値段を気にして見て行けば良いと思います。

ちなみに、前場ある程度下げると日銀が後場から買って来るという動きがあるのですが、今後はこれがTOPIX型に代わるのです。

これまでは225だけを買っていたので、主要5銘柄(9983ユニクロ、9984ソフトバンク、2413エムスリー、8035東京エレクトロン、6367ダイキン)しか騰がらないようなバランスの悪い相場が続いていたので、これが変わるのは良い事なのですが、一日の買い入れ額が501億円(決まっている訳ではないが、直近実績として)となっているので、この額でTOPIXを買っても買い支えにはならないと思います。

必然的に額を増やしてくるのではないかとは思うのですが、とにかく売り方に対するカウンターパンチというよりも、ボディブローなので、効果が出るまで時間がかかる可能性が高い。

また、市場関係者がこのパターンに慣れるまでも時間がかかる可能性が高いのです。

逐次修正されて行くのだとは思いますが、しばらくは波乱要因という事になるかも知れません。

バイデンのバラマキ政権を支えるためには増税が必要だという話が出てきました。

これは、選挙前から分かっていた事ですし、米国人は増税も仕方ないと思ってバイデンを選んだはずなのですが、どうも彼らは増税の可能性には気付いていなかった・・・。

まあ、ウォール街の強者は分かり切っていたと思いますけどね。

ただ、一般人が分かっていなかったとすれば、これは売り叩くには良い材料です。

とは言え、ここで増税では流石に米国経済は崩壊してしまうでしょう。

トランプ減税で好景気だったのに、コロナでダメージを受け、更に増税なんてされたらひとたまりもありません。

その分、公共事業を増やすとかいう話でしょうが、社会主義的なので米国人には受け入れられない政策だと思うのですけどね。

まあ、バイデンは実行するかも知れませんけどね。

ただ、やったら中間選挙で負けるでしょうし、議会も議員選挙も民主党が大敗するでしょう。

増税が必要だとしても、やるなら中間選挙が終わってからだと思うのです。




ですから、今の米国株の調整はそろそろ良いところまで来ていると思っています。

まあ、NYダウはまだちょっと高いですけどね・・・。

この状況から日本株がどうなるかですが、とりあえず権利取りの動きもありますし、年度末のお化粧も必要な銘柄がありますので、今週末から月末にかけての押し目は買いと見て良いでしょう。

特に今日の嫌な場面は買いだと思いますし、この後は30日の配当落ちの辺りでしょうか。

さて、大幅に値上がりした2437SHINWAでしたが、荒れ模様となってしまいました。

予定されていた臨時株主総会も延期っぽいですし、とりあえずは手仕舞いとしました。

本来はここからが面白いところだったのですが、この状態では本命材料が出てこないとの予想です。

改めて買い場が来れば、メンバーにレポートします。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

意外と乱高下している今日の東京株式市場ですが、思ったよりも材料株が不調ですね。

米国株はグロース株が買われていましたし、日本株も材料株がもう少し賑わうかと思ったのですが、なかなか思う様には行きません。

昨日はS高まで行った2437SHINWAが買い気配の後に寄り付いてしまい、そこから乱高下が始まってしまいました。

本命材料ではないので、そんなに飛ばされても困るとは思っていましたが、流石に提灯が付きすぎたという事もあるのでしょう。

数日はこの辺で調整して、本命が出るまで待っていれば良いでしょう。

また、好調な材料株としては、6327北川精機がジリジリ値上がりしていたのですが、今日になって加速してきました。

少ないですが、こうして好調な銘柄もありますし、楽しみながら押し目を拾って行くのが今日の作戦になるでしょう。

29日の権利取りに向け、色々動き出すと思いますし、今のところは強気姿勢で良いと思いながらこの相場を眺めているところでした。

ただ、ここで気を付けて頂きたいのは、権利を取るより利食いした方が良い銘柄も出てくるという事です。

主に配当の権利に言える事ですが、配当分以上に権利落ち日に下落する銘柄は出てきます。

特に期待が大き過ぎた場合には、下げがきつくなる事もあります。

結局は駆け引きですが、権利を取るかどうかは値上がり率次第という事になります。

また、小技ですが、優待などの権利を取る場合に貸借銘柄に限り、権利付き最終日に買いと信用の空売りを同時に入れるのです。

そして、翌日に品渡しをして、損金無しで売却すれば、権利だけを下落リスクなしで確定できます。

ただ、ここで注意しなくてはならないのは、同じような取引が多い場合に空売りが増えすぎて、逆日歩が付く事があります。

週末にやると、3日分の逆日歩がかかるので、今回は大丈夫ですが、例えば29日が金曜日だった場合は、逆日歩で結構な損失を出す事もあります。

ですから、権利だけを上手くとろうとして、逆に損する事もありますので、小技を使って稼ごうとする場合は逆日歩の有無と発生する可能性を考慮する必要があります。




さて、先週末の話題ですが、米国務長官が中国を訪問し、中国の外交トップとガチバトルを展開しました。

https://www.news24.jp/articles/2021/03/19/10842158.html

これを見る限りはバイデン政権も完全にゴミではないと言えそうです。

まあ、こうなった経緯は、トランプ政権が頑張ったからですけどね。

特にこの件はポンペオ国務長官が、中国をジェノサイド認定した辺りから問題が大きくなりました。

この他にも欧州各国からジェノサイドを非難する声明が出ているのですが、更に豪州も加わりました。

https://jp.reuters.com/article/australia-china-human-rights-idJPKBN2BE0JN?feedType=RSS&feedName=special20

さて、この流れに日本も乗るのでしょうか?

少し前までは、自民党も親中派が多くいたので、正面から喧嘩を売るような話はなかったのですが、最近は世論に押されて強気に出る議員が増えましたからね。

そして、親中派も少し勢いがなくなって来たかと思います。

尖閣諸島の防衛に積極的になってきていますし、この流れに乗って日本も中国をジェノサイド認定すべきだと思いますけどね。

中共は南京大虐殺をでっち上げ、日本からカネを揺すって来たのですし、現在進行形でジェノサイドを実行中の国をかばう必要なんて全くありません。

とりあえず、岸防衛大臣は腰抜けの茂木とは違い、よく働いていると思いますし、しっかりやってくれるのではないかと期待はしているところです。

いずれにせよ、この状態で来年の北京オリンピックはないでしょうね。

開催したところで、欧米諸国は不参加でしょうし、日本も参加は不能でしょう。

とにかく中共に対する日本の姿勢は、そろそろはっきりさせた方が良いと思います。

まあ、この流れで行くと、中国に進出している多くの日本企業が危なそうな気はしますけどね。

これが相場を荒らす材料にならなければ良いのですが、今は観察しているしかないと思っている事案です。

願わくば、毅然とした態度を示し、デカップリングを進めて欲しいのですけどね。

そして、新たなサプライチェーンで、新たな経済圏を作り上げて行ければ良いとは思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週明けの日本株は、思っていたよりも酷い動きです。

日銀がETFに買い入れ方針を225型からTOPIX型に切り替えるとしたので、225が不調なのは分かるのです。

しかし、TOPIXもそれなりに不調で、相場の流れが変わったとは思えないような週明けの相場です。

次第に様子は変わってくると思うのですけどね・・・。

まあ、弱く始まってはいるのですが、ここは信念を持って対応すべき場面だと思います。

今朝推奨したアレを買って、時を待っていただければと思います。




さて、酷いスタートですが、銘柄が全滅している訳ではありません。

特に材料株では、私が強気で推して来た2437SHINWAが、S高まで買われました。

出来高は300万株を超えてきていますし、このままこなしてS高で張り付いて終わるのではないかと期待しているところですが、あまりにも全体が弱すぎるので、予想通りに行くかは分かりません。

まあ、周りが悪いだけに、資金が集中してくるというのはあるのですけどね。

ただ、ここまで騰がってから買うのも辛いものがありますし、まだ先はあるでしょうが、今から買うなら他かな?とは思います。

それと、今は225に引っ張られる形で多くの銘柄が売られていますが、弱気になる場面ではないと思います。

こういう場面でこそ強気で仕込むべき銘柄を仕込めば良いのです。

まだSHINWAの相場は続くと思いますが、次の銘柄も準備して行っていますので、そちらにも期待して頂ければと思います。

さて、以前から指摘している事ですが、レジ袋を有料化した事により案の定、万引きが急増しています。

スーパーはレジ袋を有料化で収益が上がる可能性はありましたが、結局万引きに対抗するために警備員や監視カメラを増やしているので、レジ袋をタダで配っている方が経費が掛からなかった可能性が高そうです。

今回レジ袋を有料化した背景にあるのは、プラスチックによる海洋汚染ですが、多くの不法投棄プラスチックは日本からではありません。

日本には世界トップクラスの焼却炉がありますし、ゴミ処理能力が非常に高いのです。

ですから、必要なのはレジ袋の有料化ではなく、ポイ捨てしないモラルの強化です。

そこらにポイ捨てする日本人もいますが、やはりモラルの酷さを感じるのは外国人です。

ポイ捨てにはきつめの罰金を設けて、徹底させる方がレジ袋を有料化するよりも有意義です。

まあ、万引きもモラルの問題で、こっちの教育こそが必要な気もしますけどね・・・。

ポイ捨てよりも悪質で、こういうことをやるような人間に育たない環境や教育は必要だと思います。

「海洋汚染が大変だ!」という事で、レジ袋課金という環境省の対策はストレートすぎます。

何と言いましょうか、本当に頭が悪いです・・・。

環境省の連中が、こういう愚策を出して来たら、「お前らバカか!」と一喝して、他の案を出させる大臣であって欲しいのですが、やはり進次郎さんじゃまだ無理なのでしょう。


小泉進次郎さんへ

レジ袋有料化で、どれだけ万引きが増えましたか?

そして、どれだけ海洋プラスチックが減りましたか?

「プラスチックの原料って石油なんですよ」と、どやってる場合じゃないですよ。

マスコミの切り取り報道かと思ったら、そのまんまじゃないですか。

人間だから誰しも間違いはあります。

結果を真摯に受け止め、間違いを是正し、まともな政策が打ち出せるようになれば、私も応援します。


まあ、難しいかな・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株安から始まった今日の日本株ですが、再度3万円を割っていますね。

週末ですし、買い切れないとは思っているところですが、3万円割れは押し目買い水準として買い物が入るだろうと予測しています。

さて、米国株が安かったのは、欧州でのコロナの再拡大が影響しているようですが、やはり重要なところは金利の上昇でしょう。

これがどこまで続くかは分からないのですが、しばらくは相場に影響を及ぼしてきそうな感じですね。

金利上昇の背景にある材料の一つが、景気回復ですが、指標は指数によって様々です。

いまのところ、雇用は回復傾向ですが、悪い時もありますし、まだ安定した景気回復には至っていないと思います。

また、物価に関しても石油を除けばそれ程大きな値上がりはしていません。

という事は、石油価格を抑えれば問題ないという事にもなりますね。

今、石油価格が騰がっているのは、どう考えてもバイデンの政策が悪いからですし、政策転換をすれば石油価格は落ち着くでしょう。

ただ、この石油価格というものは、高ければ石油業界は潤うのです。

絶対的に必要なのがバランス感覚になる訳ですが、今のバランスは非常に悪いので、何とか修正して欲しいところです。

とにかく、石油価格を抜いて考えればインフレには遠い状態ですので、金利を上げる必要なんてないと思うのです。

ですから、インフレを気にした金利上昇ならば、そろそろ落ち着き始めるのではないかとは思っているところです。

まあ、利上げをしたとしても、控えめにしか出来ないでしょうし、結局はインフレの流れだとは思うのです。

インフレという事は、株価も騰がるのですから、投資家にとっては都合の良い状態であると言えますし、騰がる銘柄を探して買って行けば良いでしょう。

さて、昨日は材料発表からS高となった2437SHINWAですが、今日も好調なスタートで大幅な上昇となっています。

ただ、一時は10%を超える上昇でしたが、現在は7%位の上昇ですね。

今回の材料はなかなか良いものでしたが、本命はこれではありません。

本命は、以前から予告されている臨時株主総会です。

これがコロナで延期になっているのですが、緊急事態宣言の解除もありますし、そろそろ発表されると予想しています。

これが発表されたらどうなるのか?

詳しくはメンバーに向けてレポートして行きます。

楽しみにその時を待ちましょう。



さて、その他では3番目位に期待している銘柄が動いてきています。

現在4%位の値上がりですが、本命まではまだもう少し先でしょうかね・・・

ただ、安いところで買える日は、そう多くは残ってないのではないかと期待しているところです。

ヒントは銘柄コード「384●」です。

他にも期待している銘柄はあるのですが、この辺りを中心に考えたいと思っています。

4月の相場がどうなのかはまだ分かりませんが、配当等の権利取りの動きがありますし、目先は悪くない日が続くのではないかと思います。

ただ、配当、権利取りがメインとなっている銘柄に関しましては、利食いを勧めた方が良いとは思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は順調に3万円を回復してきましたね。

先月までならば、225が上昇しても主要5銘柄(9983ユニクロ、9984ソフトバンク、2413エムスリー、8035東京エレクトロン、6367ダイキン)ばかりが買われているだけで、材料株なんて下落している銘柄の方が多い事もしばしばでした。

しかし、状況が日に日に変わってきています。

特に先日の28500円割れの辺りで、相場の様子は完全に変わったと思います。

3万円割れから225の買いを推奨しているのですが、28500円割れは買い場としてレポートし、今でも225は継続中です。

ここまで来れば利食いでも良いのですが、せっかく買い下がったのにもったいないですし、今のところは継続で良いでしょう。

信用残を見れば、売り残が増えて、買い残が減っているのですし、ここまで来ても過熱感はありません。

過熱感がないが故に、売り屋が売ってくれるので、これをまた踏み上げるという、買い方にとっての好循環相場です。

今は材料株も買われてきているので、個人投資家にとっても楽しい相場ですし、今後も材料株を選別して買って行けば良いでしょう。




さて、今日は一年前から強力に推奨している2437SHINWAに材料が発表され、S高買い気配となっています。

多発するアート作品の複製問題をブロックチェーンを活用して防ぐという新たな試みが発表されたのですが、ブロックチェーンという流行りの材料が評価されている状態です。

非常に嬉しい材料で、これで高値を軽く更新しましたので、持っているメンバー全員が含み益を抱えていることになります。

利食いしてしまっても良いとは思いますが、まだもう少し持っていたら良いと思っています。

詳しいタイミングはメンバー限定にレポートして行きます。

この銘柄で大きく利益を取り、次の重要な銘柄を仕込んで欲しいと思います。

日々回転させて行く銘柄も大事ですが、大きく取るには信念を持てる銘柄も重要です。

そうした銘柄を取り入れながら、日々の売買も楽しんで行けば良い。

そんな風に思っているところです。

ちなみに、明日は四季報の発売日です。

ここで扱いが非常に良いと言われている銘柄がいくつかあるのですが、そうした銘柄も買って行くと良いでしょう。

また、新たな銘柄も出てくると思いますし、来週は面白くなりそうな銘柄がいくつかあります。

この辺も様子を見ながらメンバーにレポートして行く予定なので、楽しみにしていて頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

東京株式市場は、朝方は売りから始まったものの、ジリジリと盛り返してプラス圏に浮上してきました。

昨日は約一か月ぶりに場中で30000円を回復したのですが、前回とは全く違うとお気づきでしょうか?

前回は、指数寄与度の高い9983ユニクロ、9984ソフトバンク、2413エムスリー、8035東京エレクトロン、6367ダイキンが中心の相場で、多くの個人投資家は冷めたものでした。

買っていない投資家が多く、熱気らしいものがありませんでした。

熱気どころか、空売りで死にそうな投資家の話ばかりが聞こえ、憂鬱でした。

しかし、今回は熱気こそまだないものの、明らかに中身が違うのです。

ここのところの権利取りの動きが相場全体を押し上げ、非常に質の良い上昇となっている訳です。

まだ30000円のところで揉み合っていますが、前回の様に無理やりな感じではなく、じっくりこなしながら超えて行くラインだと思っています。

また、材料株もそこそこ良い感じで利食い出来ています。

先日公開した8043スターゼンも良かったですが、昨日推奨した6000番台の銘柄も良い感じで上昇しています。

それと、心待ちにしていた銘柄が、遂に動き出してきました。

今度こそ高値更新に向かうと思います。

この銘柄に関しては信念が必要で、信念なしには利益なしという事になるでしょう。

また、次に信念が必要な銘柄は、やはり「あの銘柄」です。

こちらは、ここ数日良い感じで上昇していたのですが、昨日今日は一服しているところです。

この一服しているところで買うかどうかで迷うところですが、余裕があるなら買っておいたら良いでしょう。

非常に楽しみにしている銘柄なので、まだ公開は出来ないのですが、目先の目標を達成したら公開予定です。

「あの銘柄」のヒントは354●です。




こうして、推奨している銘柄が良好な動きをしているのですが、まだこの相場は続くのだろうか?という悩みもあるでしょう。

私としても、気になるところですが、そんな事を考えていたら株なんてやれないのです。

今の局面は、倒れるまで走り続けるべき相場です。

ただし、周りをよく見ながらです。

周りのランナーが走り続けるならば、自分も走り続ける。

前述したように、信用買い残は少ないですし、過熱感はまだ無いのです。

まあ、突然全ランナーが崖から落ちるかも知れないですし、そうした場面が来れば色々バカにされるかとは思います。

しかし、走りながらも利食いを入れ続けていれば、落ちたとしても死なずには済みます。

ですから、落ちる警戒をしながら走り続けるのが大事だと思います。
まあ、明らかにダメな時もありますので、いつも走り続ければ良いという事ではありません。

あくまでも、今の相場ならば走り続けるべきという事です。

そして、自身で勝手に限界を決めない事です。

30000円は高過ぎるとか、誰が上を買うんだ?なんて、考えたら走れません。

「今日の高値は明日の安値」

バブルの頃はこんな言葉もありました。

まあ、ここまで強気になる必要はありませんが、下手に空売りするよりはずっと良いでしょう。

金融政策が変わらない以上は、カネ余りが続くのですし、相場もまた続くのです。

目先調整があったとしても、結局向かっているのは上。

これを理解しないと、当分の間は売って、踏まれての繰り返しとなるでしょう。

買いで参戦してこそ、楽しく行ける。

それが、今の相場だと思います。

では、またお会い致しましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株高の流れを引き継いだ、今日の東京株式市場ですが、意外と静かなスタートですね。

朝から30000円を意識した動きになるのかと思っていたのですが、やはり再度超えるにはパワー不足でしょうか?

以前に超えた時は、指数寄与度の高い一握りの銘柄(9983ユニクロ、9984ソフトバンク、2413エムスリー、8035東京エレクトロン、6367ダイキン)が中心となり値上がりしただけでしたが、今はバリュー株を中心に幅広く買われているので、以前よりも健全で且つ、信憑性の高い上げという事になるでしょう。

まあ、今のところは今月末の配当や優待取りを意識した売買が中心なので、当然と言えば当然ですが、この動きが出てきたのは良い事です。

去年12月の配当取りは大した事がなかったですし、9月も大したことがなかったと記憶しています。

ですから、225の動きが大した事がないとしても、実は大きな変化は起こっているのです。

・・・と書いている内に225は30000円に迫ってきました。

書き終える頃には超えているかも知れませんね。

ただ、このラインは重いところなので、抜き切れるかどうかに注目しています。

私の予想ですが、時間はかかっても30000円は超えると思います。

夏頃には居場所は変わっているのではないかと思います。




さて、3月も中旬になり、外が暖かくなってきましたね。

去年もそうでしたが、春先からコロナの感染者はぐっと減ります。

今年はワクチンの接種が始まりますので、接種が進めば年末に再拡大という事もなさそうです。

自然と免疫を手に入れている人も増えていますし、コロナ騒ぎもそろそろ終わりでしょうかね。

ファイザー製のワクチンは副作用が少ない様ですし、これならまあ大丈夫かな?とは思っています。

とは言え、ウイルスのRNAを体内に入れて本当に大丈夫なのか?という疑問は残りますし、私自身はまだ接種するつもりはありません。

ただ、ワクチンを接種していないと公共交通機関が使えないとか、マスクを外してはいけないとか、何かしらの制限を加えられるならば、接種しても良いかなとは思います。

要は、それぐらいストレスが溜まっているという話なのですが、そういう人って結構多いのではないかと思うのです。

ですから、5月頃から予防接種が本格化すると、徐々に安心感が広がりますし、効こうが効くまいが、暖かくなればコロナは終息して行きます。

ならば、改めてアフターコロナ関連を物色してみても良いのではないかと思っています。

既にメンバーに推奨している銘柄ですが、3963シンクロ・フードは飲食店の再開や、復活に欠かせない企業です。

直近安値からは盛り返していますし、3月2日に定着しそこなった400円以上で引けてくると、大きな波が来るのではないかと思っているところです。

また、全体の流れに呑まれて売られてしまい、先日ロスカットした7092FFJですが、今日の上げで25日線を越えてきていますし、ここらなら再度入っても良さそうです。

この他にもアフターコロナ関連は色々ありますが、そろそろ見直しても良いのではないかと思います。

今は配当取りに絡んだ銘柄が買われていますが、いつまでも続く訳ではありませんからね。

次に沸き立ちそうな銘柄は用意しておくべきところです。

さて、ここまで書いている内に225は一時30000円を超えましたね。

まあ、すぐに押し戻されましたが、これは仕方がない事です。

どう考えても警戒したくなるラインですからね・・・。

今日の動きで超えてくるかは分かりませんが、基本強気で見て行ったら良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週明けの東京株式市場は堅調なスタートですが、方向感が無く、225は100円高前後の揉み合いとなっています。

また、ここのところ堅調だったマザーズは1%近い反落となり、個人投資家にはあまり良い状態ではありません。

ただ、実際に買っている投資家は少なく、話をしていても、あまり買っていないか、空売りで苦しんでいる人が多い印象です。

そう考えますと、こうした局面では出遅れている銘柄を仕込むのに良い場面という事になるでしょう。

ちなみに、推奨銘柄で既に仕込みに適さない水準まで上昇したのが8043スターゼンです。

この銘柄は分割を発表し、急騰した場面で全体の急落に巻き込まれた悲しい動きだったのですが、その場面を見逃さずに推奨しました。

全体が荒れると気分は落ち込みますが、仕込みのチャンスとなる銘柄も出てくる訳です。

全体の動き、個別の動き、それぞれ考えて、適切な売買を行えば、それなりに利益は出てくるという事です。

今後もこうした銘柄を発掘して行きますので、メンバーは楽しみにしていて頂ければと思います。

さて、スターゼンの方針ですが、5000円以上になってくると分割の権利を取るか、利食いしてしまうかで迷います。

ただ、このタイミングで5000円まで来たのですから、もう少し先がありそうな気はします。

とりあえず、一部利食いを実行し、ゆっくりと権利を取るかどうかを考えれば良いと思います。

ちなみに、権利付き最終日は29日です。

この他では待ち望んでいた「あの銘柄」がジリジリと上昇して来ています。

まだ推奨値段よりは下ですが、下でも一貫して強気で推奨をしていたので、上手く仕込めている方は利益水準になっているかも知れません。

推奨値段を超えれば、この銘柄は公開して行こうと思います。

ヒントは354●です。




さて、全体の話に戻りますが、決して問題がない訳ではありません。

業績面や、景気の面を考えても、30000円なんて行き過ぎなのですからね。

しかし、株価は再度この値段を取ろうとしています。

これを疑うべきかどうかですが、元々相場は相場なのです。

業績も大事ですが、全ては思惑のぶつかり合いで、業績だけ見ても分からないのです。

もちろん、業績が良くなるというシナリオが見えれば、株価を上昇させようという力が上手く働く可能性が高くなりますので、出来るだけ業績が良くなる可能性が高い企業の方が好ましいですけどね。

ただ、業績が良くなるというのは、一つの判断材料に過ぎません。

その業績予想に対して誰が買いを入れようとしているのか?

結局はこっちの方が大事です。

どんなに業績が良くなっても、誰も買わずに放置すればそれまでです。

逆に、どんなに先行きが悪そうでも、買いたい人が沢山いれば、上昇につながるのです。

という訳で、業績ばかりを見ていても儲かる事はありません。

故に、誰が何を買おうとしているのかを調べて、その情報をお届けするのが私の仕事だと思っています。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は3か月に一度のMSQで、OPと同時に225先物も清算される日ですが、波乱なく通過という事で一息ついているところです。

相場も確実に変化してきていますね。

先月までは9984ソフトバンクや、9983ファーストリテイリングのような一部の値がさ株ばかりが上昇し、面白くない相場が続いていました。

しかし、先週辺りからバリュー株への資金流入が増え、色々と面白くなってきています。

また、今日もMSQ通過後はもたついていましたが、225もなかなか良い感じで伸びてきました。

ただ、多くの材料株が様子見のスタートとなっていたのですが、ここから上昇に転じられた銘柄はまだ多くはありません。

悪くはありませんし、推奨銘柄でも良い感じの銘柄はありますが、まだちょっと迫力不足です。

ただ、確実に相場は面白くなってきたと感じますし、次第に動きは良くなって行くと予想しているところです。

とは言え、3月のMSQはファンドの銘柄入れ替えがありますので、荒れ気味になる事も多いのです。

特に今年の場合はコロナの影響で業績を急激に落とした企業が多く、突然の無配転落も有り得ますからね。

例えば、7494紳士服のコナカですが、株価346円で年間配当が20円予想です。

利回りは5%を超えるのですが、このまま無事に配当が実行されるのか?

コロナ禍でスーツが売れず、苦しそうですからね・・・。

コロナによってビジネススタイルが変化し、コロナ終息後にどれだけスーツ需要があるのか疑問です。

とりあえず、買わなかった人が買うという動きはあるかも知れませんが、スーツの需要は落ちていると思うのです。

リモート会議は今後も継続する企業は多いそうですからね。

予定通りに配当してくれるなら良いのですが、突然の配当変更もあり得る話です。

私自身も経験した事があるのですが、酷い場合は配当を取った後に郵便が送られてきて、配当金が届いたと喜んで封書を空けたら、無配のご連絡・・・というのもありました。

配当落ち分の株価もありますし、ダブルで損をした気分でした。

平常時ならば、こんなことは多くはないのですが、コロナで大変だった訳ですから、今回の配当取りは、意外と荒れる可能性もありそうです。

まあ、配当よりも値上がり益の方が美味しいですし、今回は配当取りより値幅取りに集中したら良いでしょう。

元から無配なら突然無配になる心配はありませんし、逆に配当を開始するかも知れません。

まあ、無配株への投資をお勧めする訳ではないのですが、皆が配当取りに動くなら、その裏を行くのも面白いでしょう。

人の行く裏に道あり花の山って奴ですね。




さて、今のところはまだ静かな感じですが、今日は来週にかけて動きそうな銘柄をメンバーに推奨します。

9日朝に推奨した9479インプレスは推奨直後から値上がりして、今も高値圏です。

まあ、今日の銘柄もそう上手く行くとは限りませんが、バリュー株の流れに乗れる株です。

メンバーは慌てず急がずコツコツ拾ってください。

ヒントは東証2部の6800番台の銘柄です。

下げたら強気、上げたら様子見、的確に利食い、決して空売らず。

こんな感じで利益を出して頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日は3月11日。

東日本大震災から10年が経ちましたね。

すさまじい揺れでしたし、二度と経験したくない悪夢でした。

ただ、本当の悪夢はその後の津波と原発事故でしたね。

当時の民主党政権の対応が酷すぎて、事態は悪化の一途でした。

あの時は、民主党に投票した自分はバカだったと、真剣に反省しました。

今でも民主党は変わらないですし、日本にとって害悪でしかない連中です。

今は接待問題でNTTの社長が国会に呼ばれ、国会が空転しています。

まあ、確かに問題と言えば問題ですが、事件なら警察に任せておけば良いのです。

コロナで経済が大変なのですから、こっちの方に目を向けて欲しいのですけどね・・・。

さて、民主党が酷いと言えば、米民主党も酷いですね。

こちらも日々話題が絶えないのですが、主流メディアはほぼ取り上げていないので、多くの人が真実を知らないと思います。

バイデンの認知症は選挙の時から明らかでしたが、残念な米国人達は彼を選んでしまいました。

選ばれたバイデンはまともな議論もなく、過去最高数の大統領令を連発しましたが、それ以外は仕事をしている様に見えません。

副大統領のハリスが外交を行い、実質ハリス大統領です。

相手国からすると、大統領ではなく、副大統領が出て来たらなめられていると怒るはずですが、苦言が出てこないという事は、バイデンの認知症が深刻だとか、それに近い説明がなされているのでしょうかね?

そうでなければ、普通に外交問題に発展するはずですからね。




さて、バイデンは多くのトランプの功績をぶち壊しましたが、壊せなかったものもいくつかあります。

その内の一つが中国包囲網である日米豪印で結成しているQuadです。

今週中に初の首脳会談が開かれるのですが、どうやら米国からはハリスが出席するらしいのです。

これは選挙中から想定されていたことですが、それにしてもハリスの登場は早過ぎでしょう。

このままでは、社会主義思想の大統領が誕生する事になってしまいそうですし、先々を考えると恐怖さえ感じます。

まあ、Quad自体は壊されていませんし、上手く中国を封じ込める話し合いが成されて欲しいと願っているところです。

ところで、中国と言えば少し心配な事があります。

随分前から中国経済はおかしくなっているのですが、ここのところ大型のデフォルトが相次いでいますし、復活の兆しはどこにも見えません。

まあ、数字的には良さそうな事が言われていますが、実際はそんな状態ではないと思われます。

その証拠となるような事が色々起こっているのですが、華西村という中国で一番金持ちと言われた村がデフォルトしていたのです。

村民全員に住宅と高級車を支給していた、あの金持ち村がです。

国有企業もデフォルトしていますし、騒ぐべき話がいくらでもあるのですけどね。

ただ、コロナで世界中でバラマキが行われ、これが一時的に経済的ダメージを緩和し、本当は大ダメージのはずが、世界にとっては意外とそうでもないというのが、今の状況だと思います。

まあ、コロナで中国がおかしくなったとも言えますし、コロナの発生源が中国の可能性が高いという事を考えると何とも皮肉な話です。

天網恢恢(てんもうかいかい)疎にして漏らさずという事でしょうかね。

今後の影響も心配ですが、先々を占うのに必要なのは国際社会がどう動くかですので、先に述べたQuadの動向には注視したいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

NASDAQが大幅に反発した流れで、高く始まった今朝の東京株式市場でしたが、上げの中心は買戻しだと思われます。

そして、踏まれた分の買いが終わると静かになるのが、ここのところのトレンドですね。

ですから、米国株が高いという事で朝から買いに行くと上手く行きません。

買いたいならば、安い場面を狙うべきで、今日みたいな朝は様子見か、利食いできる銘柄を利食いすれば良いのです。

ただ、多くの投資家はあまり買っていない様ですけどね・・・。

今週末のMSQまでは何があってもおかしくはないですし、怖いのも分かるのですけどね。

いずれにせよ、バリュー株の動きが良くなっていますし、期待できる銘柄は押し目を狙って拾って行けば良いでしょう。

さて、ニュースをチェックしているのですが、ここのところ関心を高めていたのが中東情勢です。

バイデンがトランプの方針を覆し、イラン核合意への復帰方針としたのです。

これはマズイだろうと思いながら見ていましたが、更にはフーシ派のテロ組織指定解除もしてしまったのです。

この結果、中東は再び不安定化し、あちこちで戦闘が起こる様になりました。

バイデンの狙いは何だったのでしょうか?

他の大統領令からも分かりますが、トランプが壊したあらゆる利権を取り戻しに行ってるのでしょう。

中には、単にトランプ憎しだけでは?と思えるようなものもありますが、やはり利権が絡んでいる事を多くやっています。

前述の中東情勢の悪化ですが、少なくとも原油価格は上昇しているので、米石油産業は潤います。

バイデンは化石燃料を廃止する方針ですが、まだ当分の間は石油を生産しますし、石油が値上がりした方が利益が大きいのです。

もちろん、行き過ぎれば問題ですが、1バレル80ドルぐらいまでなら嬉しいのではないかと思います。

また、中東情勢が悪化すれば、武器弾薬が売れますし、米軍も再度増派出来る可能性が生まれます。

トランプは戦争を起こさなかったので、軍事産業から嫌われていましたからね。

要するに、バイデンは米国を従来の戦争利権の国に戻そうとしているのです。

実際にやっているのは、グリーン・ニューディールではなく、ウォー・ニューディールと言っても良いかも知れませんね。

本当に困った状態になりましたが、それでも騰がる銘柄もあるでしょうし、崩壊とまでは行かないでしょう。

ただ、やろうとしている政策の数々を見ていると、社会主義国家へまっしぐらですからね。

今後もしっかり観察しなくてはならないでしょう。




さて、最後に相場予想ですが、米国株はしばし揉み合いに入ると思います。

上はちょっと厳しそうで、上昇を再開するにしても時間が必要だと思います。

ただ、大きく下がるとも思いませんので、下げたら買いで良いでしょう。

そして、日本株ですが、上昇を主導していた一握りの銘柄から、他の銘柄へ資金シフトが始まっている様に見えます。

派手な動きは無くなるとは思いますが、材料株は良い感じで動くのではないかと期待しているところです。

特に今月末にかけては、配当取りの動きが加速するでしょうし、権利付き銘柄も面白いと思います。

このような視点で銘柄を推奨していますので、参考にしたい方はメンバー専用レポートを是非ご利用ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ほぼ変わらずで始まった今日の東京株式市場ですが、一時急激に値を上げる場面がありました。

しかし、結局は変わらず付近での揉み合いに戻ってきましたね。

全体の流れとしては、グロース株が売られて、バリュー株が買われてるのですが、これは米金利の上昇が要因となっていると思われます。

まあ、グロース株と言っても「指数を押し上げるためだけに買われ続けた一握りの値がさ株」が売られているに過ぎないと思うのですけどね。

ですから、多くのグロース株は大きく売られていませんし、買われている銘柄も増えてきている訳です。

とりあえずは低位のバリュー株を買うべきだろうと判断し、朝一番に推奨したのが9479インプレスです。

寄り付きはやや高い程度で、変わらずまで下落した後に一気に買われて来ました。

メンバーは上手く仕込まれたでしょうかね?

仕込めていれば、あっという間に10%近い含み益という事になっているはずです。

まあ、ここまで一気に来るとは思っていませんでしたし、ラッキーパンチですが、運も実力の内という奴です。

また、少し前から推奨しているバリュー株の8103明和産業も、ジリジリと上昇しています。

ここまで来てもPERは15倍割れで、PBRは0.6倍台です。

そろそろ加速するのではないかと思いますので、今日明日の動きには注目してください。

また、まだまだ安く、上値がありそうなPER7倍台、PBR0.8倍台の超割安銘柄もあります。

もちろん、割安という事は期待が薄いということでもあるのです。

しかし、今はバリュー株相場になってきているのです。

相場が求めているのは、期待ではなく安定なので、ここで買われる可能性の高いバリュー株をしっかり買っておく事が重要です。

そうこうしている内に、グロース株の爆発に期待する。

バリュー株を仕込みつつ、期待出来るグロース株もぽつぽつ買って行く感じで良いでしょう。

今週末はMSQなので、ちょっとやり難い場面ですが、あまり意識しすぎてもダメな場面だと思います。

何も手が出ないような相場ではなくなっているので、ここでしっかりと稼いで頂ければと思います。




さて、今日は小池ネタです。

本当にヤバい奴だなと思って、彼女を観察しているのですが、今回の緊急事態宣言の延長に関して裏工作をやっていたみたいですね。

様子を見て判断したいとしていた神奈川県知事と千葉県知事に対し、それぞれ別個に電話したそうです。

神奈川に対しては千葉は賛成してると言い、千葉に対しては神奈川は賛成してると言ったのです。

その結果、延長が決定したのですが、その嘘がめくれました。

しかし、問題にはならず、「そういう事はもうやめようね」で終わったのだとか。

マスコミはこういう事こそ叩くべきですけどね。

そして、小池は緊急事態宣言解除の条件をコロナ感染者数が一日に140人以下と設定したのですが、割りそうになってきたら、無症状者の検査もどんどんすると変更。

何としてでも、緊急事態宣言は解除したくないのでしょうかね?

マスコミは安倍ロスで困っているのでしょうし、こういうバカをやる小池は格好のネタになると思うのですけどね。

ニュースを見れば、数万円の接待の話で国会が空転・・・。

日本が良くなりそうな話はどこにもありませんね。

ただ、放置していてもコロナはそろそろ終息するでしょう。

そして、アフターコロナ関連は、賑わう事になると思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

先週末の米国株高の流れを引き継いで始まった、週明けの東京株式市場ですが、空売りの踏み上げの影響もあり、少し高めに始まりました。

こういう場合は寄付きが天井になるパターンが多いのですが、それ程飛ばし過ぎた訳でもないので、後場は伸びに期待できるかと思っているところです。

先週の28500円割れまでの突っ込みは買い場として、メンバーにレポートしたのですが、ひとまずは成功だったとは思います。

ただ、今週末はMSQがあり、まだどうなるか分からないのです。

先週の突っ込みで、大分買い方もやられましたし、調整は一気に進んだ感じはするのですけどね。

まあ、しばらく上にも行けそうもないので、慌てて買う必要はないのですが、9984ソフトバンクや9983ファーストリテイリングの様な値がさのバリュー株ばかりが騰がる異様な相場には変化が見られます。

先週は大型のグロース株である7004日立造船が大幅に買われる場面がありましたし、流れは変わって来ています。

ただ、グロース株が騰がりだすと、材料株はダメになるイメージがあるので、あまり期待できないかも知れません。

しかし、大きなスイッチとしては、値がさバリュー株から他の銘柄へ向かった資金の流れではないかと思いますので、小型のバリュー株は面白くなりそうです。

まだ盛り上がりには欠けていますが、決して悪くない動きですし、どこかが飛び出してくるのではないかと期待しながら相場を眺めているところです。




さて、今後相場を揺るがしそうな材料をいくつかピックアップします。

例えば、今日の日経一面の記事ですが、中国外相「内政不干渉を」という事で、ウイグル人へのジェノサイド問題を攻撃してくる米に対しての強い反発を示しました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69752880Y1A300C2MM8000/

半年前なら日経はウイグルの記事をまともに書く事はなかったと思われますが、書いたは良いが、他人事のように「米中関係の溝の深さを浮き彫りにした」と締めくくっていました。

まあ、事実を伝えたという点では合格ですが、新聞なら問題点の整理ぐらいしておくべきでしょう。

少なくとも、ウイグルでの虐殺は現在進行形であり、こんな国と国交がある事自体がおかしいレベルです。

まあ、中国に進出している日本企業の事を思うと、そうは行かないというのが日経の立場なのでしょうね。

ただ、世界中で中国に対する感情は非常に厳しく、日経がどんなに問題点から目をそらそうとも、我々の目は欺けないし、こうした記事でも反中意識は強まるばかりです。

また、4面には関連記事として中国外相の発言が出ていましたが、中共が勝手に制定した「海警法」についての記事で、中国側が、これは国際法に適合しているとの記事もありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM072GW0X00C21A3000000/

もちろん、こんなのは中共の勝手な言い分ですが、日本の領海は荒らされる一方で、何時尖閣諸島が奪われてもおかしくないのです。

事実を伝えるのは大事ですが、もう少し危機感は持てないのか?と強く感じます。

まあ、こんな状況でして、未だにメディアは中国の問題を隠したがり、あまり大きくは取り上げません。

こんな国で、どうしてオリンピックが出来るのか?

今更、他国に変更は難しいでしょうから、多くの国がボイコットという事になりそうですが、そうなると、オリンピック参加企業がダメージを負う訳です。

今のところはコロナ終息の利益と、バラマキの恩恵が残っているので、問題ないのですが、いずれこれらの問題はオリンピックの是非につながるはずです。

日経もこのぐらいのところまで記事を書いてくれたら高得点なのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も良く下げますね。

頑張ってた銘柄も下落に転じてきている物が多く、今日は流石にきついなと思いながら見ていました。

ただ、それでも下げない銘柄もありますし、こんな場面だからこそ、仕込めると思った銘柄を今朝から推奨しています。

一昨日、良い材料を発表したのですが、相場が悪すぎて株価が伸びなかったのです。

どう考えても買いなので、この酷い場面でコツコツ拾って行けば良いでしょう。

本当に皆弱気ですが、米金利が上昇し、米国株は調整局面入りしたのですから、当然と言えば当然です。

極端な話、FRBが国債を買い取ると言えば、それまでの話なのです。

日本だって日銀が国債を買い取るから超低金利が維持できているのです。

今の世界情勢で超低金利を維持しなかったら、経済は崩壊に至ってしまいますからね・・・。

米は日本よりも余力がないとも言えますので、簡単に買い取るとは言い難いのかも知れませんが、やらない訳には行かない状況になり始めているとは思います。

ただ、米国の場合は余力がなくても、景気は悪くないのです。

バイデンに壊されたら分かりませんが、今のところはまだ大丈夫だと思います。

危ないとすれば、今回は見送った最低賃金の引き上げが現実のものになるとか、増税を実行に移す時でしょうか。

現時点でも国境の壁の建設を中止し、不法入国者がどんどん米国を目指しているので、安い労働力による経済崩壊の可能性は高まってきていますけどね。

ただ、今すぐにという問題ではありませんし、本格的に株価が崩壊する前に、こうしたバカげた政策にはブレーキがかかるのではないかと期待しているのです。

まあ、ブレーキがかからないならば、米経済は先々本当に危ないかも知れません。

風力発電や太陽光発電だとか言われてますが、トルネードが発生すれば多くが破壊されます。

太陽光は昼間しか発電できないですし、晴れていても雪が積もると、発電出来なくなります。

これらの発電機を作るコストもメンテナンスも大変ですし、廃棄コストもバカになりません。

結局、CO2を敵にしようとすると、必要以上のコストを払う事になるのです。

地質学者に言わせれば、何億年も前の恐竜時代の地球は、今よりCO2濃度がはるかに高かったそうです。

だから温暖だったという話ですが、地球は緑に覆われた豊かな大地が広がっていたそうです。

人間がCO2を排出しなくとも、濃度が高い時は高い。

それが地球の摂理だと思うのですけどね。




また、CO2は植物に欠かせない食料みたいなものです。

ですから、ハウス栽培ではCO2を添加したりもします。

という事は、雑草とか、街路樹なんかはCO2が増えると成長が促進されるので、CO2が敵だというなら伐採や除草をしなければ良いのです。

下手に投資するより自然で良いと思いますけどね。

このCO2敵視政策がどこまで続くのか分かりませんが、少なくとも我々の生活から豊かさを奪うでしょう。

そして、その費用は税で持って行かれる事が多くなるはずです。

せめて、コロナが終わって、経済活動が正常化してからにして欲しいのですが、何故かどんどんそちらの方に進んで行っています。

まあ、その方がカネを集めやすいし、商売もやりやすいのでしょうね・・・。

環境に優しいと言えば、優しくないものより高く売れますからね。

納得が行きませんが、株がそっちを向いているなら、そっちで利益を狙うしかないでしょうね。

まあ、環境関連銘柄は結構多いですし、落ち着けば買われてくるでしょう。

今は色々売られて嫌な感じですが、売られている中から良いものを探し出して買って行くべきだと思います。

下げてはいますが、トレンドは下に向かったのではなく、横に向かい始めているのだと思うのです。

今は横に行く前に、下を試しておこう・・・。

そんな局面ではないかと。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は、目先は下の可能性が高いとは思っているのですが、騰がっていなかった材料株まで一緒に下に向かう必要もないだろうに、とは思ってるところです。

まあ、毎度の事と言えば、毎度の事ですし、仕方ないと諦めながら今日の相場を眺めています。

ただ、期待できる銘柄はあるのです。

この酷い相場の中で逆行高していますし、3月末に向けて大きく上昇すると期待しています。

とは言え、多くの銘柄はダメですね・・・。

ただ、225も下げても後500円から1000円位だと思いますし、落ち着くのを待ったら良いでしょう。

見込みのある銘柄は、復活してくるものです。

米国の起債が上手く行かず、利上げへの催促が起きている状態ですが、基本的にバラマキ政策に変わりはありませんし、カネ余りも解消する見込みはないのです。

目先、金利が上昇しているので、それに対して相場が震えてしまっているだけ。

今は金利が乱高下している状態で、どちらに向かっているのかも分かりませんし、相場が荒れるのも仕方がないのですが、おそらくターゲットは来週末のMSQです。

ですから、ここまでの間にどこまで叩かれるのかは分からないのですが、売られてもその辺りまでと思って取り組んでいれば良いでしょう。

また、売りのピークは来週、金曜日か、水曜日か、もしくは今週末に勝負が決まってしまうという事もあり得ます。

ですから、どのタイミングになるかは分からないのですが、ピークで売られている様なところで買いに行けるようにするか、売らされないようにしておくべきだと思っているところです。

こうして下げてくると、色々な事が悪材料として思い浮かんできますが、主たる問題は金利の上昇でしょう。

ですから、この局面で悪材料を探すと大きな間違いを犯してしまいますので、これは気を付けた方が良いと思っているところです。

上がっている時に、何か嫌な事が起こるかも知れないという事で、悪材料を探しておくことは重要なのですが、下げている時に悪材料を探すのは危険なのです。

今は、ぐっとこらえて、突っ込んでいる銘柄を買いに行く準備をすれば良いでしょう。




ただ、今日も買い場だと思っている銘柄はあります。

あまり下げてはいませんが、買っておいたら良いと思い、今朝新規で推奨しました。

さほど押さずに切り返してしまい、先程まではプラス圏でしたが、ようやくマイナス圏に落ちてきたので、こうした局面は買って行けば良いと思っているところです。

色々ありますが、大事な事は下げているところで気を落とさない事です。

そもそも、買い残が溜まっていないので、下げてもそんなに酷い事にはならないと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。