先週末の米国株高の流れを引き継いで始まった、週明けの東京株式市場ですが、空売りの踏み上げの影響もあり、少し高めに始まりました。

こういう場合は寄付きが天井になるパターンが多いのですが、それ程飛ばし過ぎた訳でもないので、後場は伸びに期待できるかと思っているところです。

先週の28500円割れまでの突っ込みは買い場として、メンバーにレポートしたのですが、ひとまずは成功だったとは思います。

ただ、今週末はMSQがあり、まだどうなるか分からないのです。

先週の突っ込みで、大分買い方もやられましたし、調整は一気に進んだ感じはするのですけどね。

まあ、しばらく上にも行けそうもないので、慌てて買う必要はないのですが、9984ソフトバンクや9983ファーストリテイリングの様な値がさのバリュー株ばかりが騰がる異様な相場には変化が見られます。

先週は大型のグロース株である7004日立造船が大幅に買われる場面がありましたし、流れは変わって来ています。

ただ、グロース株が騰がりだすと、材料株はダメになるイメージがあるので、あまり期待できないかも知れません。

しかし、大きなスイッチとしては、値がさバリュー株から他の銘柄へ向かった資金の流れではないかと思いますので、小型のバリュー株は面白くなりそうです。

まだ盛り上がりには欠けていますが、決して悪くない動きですし、どこかが飛び出してくるのではないかと期待しながら相場を眺めているところです。




さて、今後相場を揺るがしそうな材料をいくつかピックアップします。

例えば、今日の日経一面の記事ですが、中国外相「内政不干渉を」という事で、ウイグル人へのジェノサイド問題を攻撃してくる米に対しての強い反発を示しました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69752880Y1A300C2MM8000/

半年前なら日経はウイグルの記事をまともに書く事はなかったと思われますが、書いたは良いが、他人事のように「米中関係の溝の深さを浮き彫りにした」と締めくくっていました。

まあ、事実を伝えたという点では合格ですが、新聞なら問題点の整理ぐらいしておくべきでしょう。

少なくとも、ウイグルでの虐殺は現在進行形であり、こんな国と国交がある事自体がおかしいレベルです。

まあ、中国に進出している日本企業の事を思うと、そうは行かないというのが日経の立場なのでしょうね。

ただ、世界中で中国に対する感情は非常に厳しく、日経がどんなに問題点から目をそらそうとも、我々の目は欺けないし、こうした記事でも反中意識は強まるばかりです。

また、4面には関連記事として中国外相の発言が出ていましたが、中共が勝手に制定した「海警法」についての記事で、中国側が、これは国際法に適合しているとの記事もありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM072GW0X00C21A3000000/

もちろん、こんなのは中共の勝手な言い分ですが、日本の領海は荒らされる一方で、何時尖閣諸島が奪われてもおかしくないのです。

事実を伝えるのは大事ですが、もう少し危機感は持てないのか?と強く感じます。

まあ、こんな状況でして、未だにメディアは中国の問題を隠したがり、あまり大きくは取り上げません。

こんな国で、どうしてオリンピックが出来るのか?

今更、他国に変更は難しいでしょうから、多くの国がボイコットという事になりそうですが、そうなると、オリンピック参加企業がダメージを負う訳です。

今のところはコロナ終息の利益と、バラマキの恩恵が残っているので、問題ないのですが、いずれこれらの問題はオリンピックの是非につながるはずです。

日経もこのぐらいのところまで記事を書いてくれたら高得点なのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日も良く下げますね。

頑張ってた銘柄も下落に転じてきている物が多く、今日は流石にきついなと思いながら見ていました。

ただ、それでも下げない銘柄もありますし、こんな場面だからこそ、仕込めると思った銘柄を今朝から推奨しています。

一昨日、良い材料を発表したのですが、相場が悪すぎて株価が伸びなかったのです。

どう考えても買いなので、この酷い場面でコツコツ拾って行けば良いでしょう。

本当に皆弱気ですが、米金利が上昇し、米国株は調整局面入りしたのですから、当然と言えば当然です。

極端な話、FRBが国債を買い取ると言えば、それまでの話なのです。

日本だって日銀が国債を買い取るから超低金利が維持できているのです。

今の世界情勢で超低金利を維持しなかったら、経済は崩壊に至ってしまいますからね・・・。

米は日本よりも余力がないとも言えますので、簡単に買い取るとは言い難いのかも知れませんが、やらない訳には行かない状況になり始めているとは思います。

ただ、米国の場合は余力がなくても、景気は悪くないのです。

バイデンに壊されたら分かりませんが、今のところはまだ大丈夫だと思います。

危ないとすれば、今回は見送った最低賃金の引き上げが現実のものになるとか、増税を実行に移す時でしょうか。

現時点でも国境の壁の建設を中止し、不法入国者がどんどん米国を目指しているので、安い労働力による経済崩壊の可能性は高まってきていますけどね。

ただ、今すぐにという問題ではありませんし、本格的に株価が崩壊する前に、こうしたバカげた政策にはブレーキがかかるのではないかと期待しているのです。

まあ、ブレーキがかからないならば、米経済は先々本当に危ないかも知れません。

風力発電や太陽光発電だとか言われてますが、トルネードが発生すれば多くが破壊されます。

太陽光は昼間しか発電できないですし、晴れていても雪が積もると、発電出来なくなります。

これらの発電機を作るコストもメンテナンスも大変ですし、廃棄コストもバカになりません。

結局、CO2を敵にしようとすると、必要以上のコストを払う事になるのです。

地質学者に言わせれば、何億年も前の恐竜時代の地球は、今よりCO2濃度がはるかに高かったそうです。

だから温暖だったという話ですが、地球は緑に覆われた豊かな大地が広がっていたそうです。

人間がCO2を排出しなくとも、濃度が高い時は高い。

それが地球の摂理だと思うのですけどね。




また、CO2は植物に欠かせない食料みたいなものです。

ですから、ハウス栽培ではCO2を添加したりもします。

という事は、雑草とか、街路樹なんかはCO2が増えると成長が促進されるので、CO2が敵だというなら伐採や除草をしなければ良いのです。

下手に投資するより自然で良いと思いますけどね。

このCO2敵視政策がどこまで続くのか分かりませんが、少なくとも我々の生活から豊かさを奪うでしょう。

そして、その費用は税で持って行かれる事が多くなるはずです。

せめて、コロナが終わって、経済活動が正常化してからにして欲しいのですが、何故かどんどんそちらの方に進んで行っています。

まあ、その方がカネを集めやすいし、商売もやりやすいのでしょうね・・・。

環境に優しいと言えば、優しくないものより高く売れますからね。

納得が行きませんが、株がそっちを向いているなら、そっちで利益を狙うしかないでしょうね。

まあ、環境関連銘柄は結構多いですし、落ち着けば買われてくるでしょう。

今は色々売られて嫌な感じですが、売られている中から良いものを探し出して買って行くべきだと思います。

下げてはいますが、トレンドは下に向かったのではなく、横に向かい始めているのだと思うのです。

今は横に行く前に、下を試しておこう・・・。

そんな局面ではないかと。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は、目先は下の可能性が高いとは思っているのですが、騰がっていなかった材料株まで一緒に下に向かう必要もないだろうに、とは思ってるところです。

まあ、毎度の事と言えば、毎度の事ですし、仕方ないと諦めながら今日の相場を眺めています。

ただ、期待できる銘柄はあるのです。

この酷い相場の中で逆行高していますし、3月末に向けて大きく上昇すると期待しています。

とは言え、多くの銘柄はダメですね・・・。

ただ、225も下げても後500円から1000円位だと思いますし、落ち着くのを待ったら良いでしょう。

見込みのある銘柄は、復活してくるものです。

米国の起債が上手く行かず、利上げへの催促が起きている状態ですが、基本的にバラマキ政策に変わりはありませんし、カネ余りも解消する見込みはないのです。

目先、金利が上昇しているので、それに対して相場が震えてしまっているだけ。

今は金利が乱高下している状態で、どちらに向かっているのかも分かりませんし、相場が荒れるのも仕方がないのですが、おそらくターゲットは来週末のMSQです。

ですから、ここまでの間にどこまで叩かれるのかは分からないのですが、売られてもその辺りまでと思って取り組んでいれば良いでしょう。

また、売りのピークは来週、金曜日か、水曜日か、もしくは今週末に勝負が決まってしまうという事もあり得ます。

ですから、どのタイミングになるかは分からないのですが、ピークで売られている様なところで買いに行けるようにするか、売らされないようにしておくべきだと思っているところです。

こうして下げてくると、色々な事が悪材料として思い浮かんできますが、主たる問題は金利の上昇でしょう。

ですから、この局面で悪材料を探すと大きな間違いを犯してしまいますので、これは気を付けた方が良いと思っているところです。

上がっている時に、何か嫌な事が起こるかも知れないという事で、悪材料を探しておくことは重要なのですが、下げている時に悪材料を探すのは危険なのです。

今は、ぐっとこらえて、突っ込んでいる銘柄を買いに行く準備をすれば良いでしょう。




ただ、今日も買い場だと思っている銘柄はあります。

あまり下げてはいませんが、買っておいたら良いと思い、今朝新規で推奨しました。

さほど押さずに切り返してしまい、先程まではプラス圏でしたが、ようやくマイナス圏に落ちてきたので、こうした局面は買って行けば良いと思っているところです。

色々ありますが、大事な事は下げているところで気を落とさない事です。

そもそも、買い残が溜まっていないので、下げてもそんなに酷い事にはならないと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は寄り付きこそ高かったものの、すぐに値を消して前日の終値を挟んだ揉み合いとなっていますね。

どちらに動くにせよ、米国株次第といった感じで、来週末にはMSQが控えていますので、そういう意味でも動きにくいでしょう。

ただ、こうした局面では通常、材料株が動く可能性が高いのですが、動いていても微妙なものが多いですね。

悪くはないですし、期待は継続ですが、思ったようには動いてくれていないので、もどかしいと言えばもどかしいところです。

225はMSQに向けて、もう一段押してくるのか?

それとも、押し切れずに上に行き始めるのか?

まあ、このまま29500円前後の揉み合いで通過する可能性もありますし、難しいのですが、下の可能性が少し高そうだとは考えています。

さて、今朝は大したニュースは無かったのですが、相場への影響は如何ほどかと思うものはありました。

既に何度か取り上げている話ですが、来年の北京冬季オリンピックは、やはり開催は難しそうです。

中共の人権弾圧はあまりに酷く、トランプ政権が強力に中共を攻撃したので、それまでオバマ・バイデン政権が隠していた人権弾圧が完全に捲れてしまい、世界が見て見ぬふりを出来なくなったのです。

ウイグルやチベットでの民族浄化政策とか、香港の民主化運動の弾圧。

こんなことをやっている国でオリンピックをやれる訳がないのです。

もう来年の話なので、第三国に切り替えて開催するにしても、間に合わない可能性がありますし、中止もしくは大多数の国がボイコットという事になるのでしょう。

今のタイミングで日本が手を挙げれば長野とか札幌で開催出来そうですけどね。

ただ、中共に逆らって日本でやるとしたら、親中議員が暴れそうですし、普通に中共のテロでおかしくなる可能性もありそうですから、頼まれたらやるが・・・位で良いのかも知れませんね。

中共はバイデンで一息ついたかも知れませんが、このまますんなり回復軌道には乗れないでしょう。

ちなみに、トランプに攻撃されて具合が悪くなった中国企業の一つにファーウェイ(Huawei)があります。

半導体も自国生産して、OSも作ると言ってましたが、完全にとん挫したようです。

既に通信機器での生計は諦めたようで、養豚事業に乗り出すそうです。

なんでも、顔認証システムを豚に応用し、個体識別をIT化して行くそうです。

耳に札を付けるより早いでしょうし、これは素直に凄いと思いました。

何より平和利用ですし、中国での豚肉は日本のコメ、欧米の小麦の様な存在ですからね。

豚コレラで養豚が壊滅状態でしたし、IT技術で食糧生産が上手く行くなら、素晴らしい事です。

もしかするとITの導入で飼育環境も変わる可能性はありますからね。

我々にとって害にしかならない産業は衰退して欲しいですが、こういう世界にも通じる独自の技術は伸びて欲しいものです。




さて、最後に久しぶりに韓国の話題です。

コロナの感染率がまずい事になっているみたいで、経済状態はボロボロです。

航空会社は飛行機のリース契約切れを機に、再リース契約をしないで飛行機を返す事を考えているようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d09d4026ee9499d9d7625c52c0840021800993ea

最初に潰れるのはLCCでしょうが、リース元はオリックスが多いとか?

返却された飛行機をどう処分するのかは分かりませんが、上手くやらないとオリックスも大打撃かも知れませんね。

そう考えると株に影響しそうな話ですが、この話の核は韓国経済が相当ヤバいという話です。

このまま経済崩壊すれば韓国は中国や北朝鮮に飲み込まれる可能性もあります。

さて、バイデン政権は日本にどんな要求をしてくるでしょうか?

助けろ?それとも、韓国はもう要らないとするのか?

韓国がなくなると、日本が防衛ラインの最前線になってしまいますので、社会構造が大きく変化してしまう可能性はありそうです。

今のところは株高の状態が続いていますし、大波が来るとすれば米国からだと思ってはいるのですが、意外と近いところから大波が来る可能性もあるのかも知れませんね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が大幅に上昇し、先行していた日本株も触発されて大幅上昇で始まりましたね。

昨日は空売り比率が41.1%と高く、踏み上げもあったのでしょう。

しかし、225は30000円近辺まで付けたものの、そこからは急速に上昇力を失い、29700円台まで下げて来ているのが10時半現在です。

今朝のメンバーレポートでは、寄り付きは高いが、その後は揉み合いと予想していたのですが、思ったよりも上昇したために反動が出ているのだと思われます。

この調整的な動きがどこまで続くかは分かりませんが、225が揉み合いになれば、材料株が動きやすくなるだろうと期待しているところです。

これも今朝のメンバーレポートで解説している事ですが、30000円はコールの売りが大量に入ってきてますし、抜くのはちょっと難しそうです。

ただ、抜けてくると大量の踏みが入るので、意外な上昇相場に発展する可能性もあります。

まあ、現時点では何とも言えないのですが、あまり弱気になり過ぎない方が良いとは思っています。

押したところは頑張って買うか、投げずに耐える。

これが、今の相場で勝利するのに必要な事だと思います。

さて、今回の大幅安の原因の一つとなったのは米長期金利の急上昇でした。

一気に1.5%台まで行きましたからね・・・。

これでは株が大荒れとなっても仕方がないでしょう。

ただ、この二日間は反落し、これで少し安心感が出たのだと思います。

相場が懸念していたのは1.5%の金利ではなく、止まらない金利上昇ペースだったのではないかと思います。

ですから、大して下がってはいないが、金利上昇が一服しただけで株価が大幅に上昇という事になったのでしょう。

まあ、バイデン政権がヤバい政策を出し続けていますので、先々は株価もダメージを受けるのではないかとは思います。

例えば、パイプライン建設の中止ですが、これは確実に失業率を上げます。

カナダとの関係も悪くしますし、中東依存を再度高める事になります。

せっかく、トランプがエネルギーの独立を果たしたのに・・・。

トランプと言えば、昨日CPAC(共和党大会)で1時間半の演説をしました。

久しぶりの演説でしたが、本当にこの人はパワフルで、人の心を掴むのが上手いですね。

凄いと思ったのは、プロンプターに目を向ける事もしていませんでした。

バイデンなんて、酷い時はプロンプター棒読みですからね。

そもそも、1時間半も演説できないでしょう。

こんなところからも、格の違いが見えますが、これから州知事選や地方選挙でどう戦って行くのか?

とりあえず、民主党からもNOを突き付けられた、ニューヨークのクオモ知事は終わりでしょうから、次に誰が勝つのかに注目しています。

思惑通りにトランプ側の候補者が当選するかどうかに注目したいと思っているところです。




という訳で、色々厄介な状況ではあります。

今まで支えとなっていたのは、超低金利政策でしたが、これを続ければ米国は起債できないという状況に至ります。

故にここのところ金利が大荒れとなり、相場も荒れた訳です。

見通しが非常に立てにくくなりましたが、それでも株価を暴落させる訳には行かないでしょうし、出遅れている材料株は、ここから進化を発揮するのだろうと思っているところです。

「30000円だからバブルだ!」とか「高過ぎる!」という決めつけはしません。

金利の急上昇さえ抑えられれば、夏には40000円になってもおかしくないと見ているところです。

まあ、その前に一度押すかも知れませんけどね・・・。

しっかり観察して、舵取りを間違わないようにしたいと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

200円か300円は反発するかな?と予想していた今朝の東京株式市場ですが、225はあっという間に上げ幅600円を超えてきましたね。

意外と強いなと思いながら見ていますが、そもそも先週末の下げは完全に下げ過ぎです。

想定していたのは、29500円位の下げで、流石に29000円割れはオーバーシュートです。

ただ、あまりに酷い下げ方をしたので、何か不測の事態が起こっているのか?とか、色々考えさせられました。

投げようとまでは思いませんでしたが、一気にあそこまで行くと流石に恐怖を感じてしまいます。

ただ、何度も書いていることですが、株の利益というものは恐怖の先にしかないのです。

怖い思いを乗り越え、耐えた者だけが相場から利益を得る事が出来るのです。

株の世界は楽しいですが、楽ではありません。

よく株の利益は不労所得だと言う人もいますが、勘違いも甚だしいです。

こんなにも不確かで、訳の分からない世界で真剣に勝負するのですから、それが不労のはずがありません。

ただ、ギャンブラーとあまり変わりはないかも知れませけどね・・・。

とは言え、他のギャンブルとの違いは一目瞭然です。

パチンコ、競馬、宝くじ、どれも利息はありませんし、勝負の時間は決められています。

パチンコは閉店したら、その日の勝負は終わりで、競馬もゴールしたらそこで終わりです。

比較的、楽しみが続くのは宝くじですが、楽しみが長い分なのか、勝率は最悪です。

その点、株は今日はダメでも、次の日にそのまま勝負を継続でき、配当もあるのです。

まあ、配当がもらえるはずが、落ち日の後に無配を発表するという悲惨な事もありますけどね。

株もやり方によってはギャンブルですが、総合的に見れば、投資枠で良いでしょう。

他のギャンブルでは、何をどう取り繕っても投資にはなりませんからね。




では、株の何が投資とギャンブルを分ける要因になるのかと言えば、信用取引です。

現物取引ならば、何円下がろうと売らなければ損は確定しません。

配当さえあれば、時間を味方にし、その内に元を取れる可能性があります。

しかし、信用は大きく下がってしまうと売らなければいけません。

もちろん、追証を入れられるなら良いのですが、だったら最初から現物でやるべきです。

株をギャンブルではなく、投資としてやるには、それなりに考えなくてはならない事もあるのですが、他のギャンブルに比べれば安全です。

ですから、カネを増やしたいならば、株を始めれば良いのです。

まあ、銘柄を選ぶ必要はあります。

また、銘柄そのものが良いかどうかも大事なのですが、最重要ポイントではないのです。

重要なのは、その銘柄を買おうとしている資金がどれ程あるかです。

どんなに良い銘柄でも、誰も見向きしなければそれまで・・・。

これが株の世界です。

よく人気投票に例える話がありますが、投票すべき相手は「あなたが思う美人」ではなく「みんなが思う美人」です。

ですから、株は人の意見が結構大事なのです。

特に金持ちが判断した美人は絶対です。

あなたが絶対に違うと思っても、それは美人なのです。

という訳で、人の意見も大事にし、情報を常に集めなくてはなりません。

難しい世界ですが、楽しめる情報を配信できるように日々精進しています。

まあ、先々怖いのも事実ですが、株で怖いなんて日常茶飯事です。

ただいま3月メンバー募集中です。

2007年から14年間にわたり、延べ16万人の方が選択する私の情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

初入会で納得できなければ、理由を問わず全額返金しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

無料では決して得られない、良質な情報のお届けをお約束致します。

本日入会が一番お得です。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。