米国株が反発し、225も反発で始まりましたが、高いのは寄りだけで売り優勢の展開となってきておりますね。

とりあえず、第三弾の追加関税までは織り込んでいると思うのですが、第四弾は強烈ですからね・・・。

市場としては、流石にこれが発動される前には手打ちになるだろうと見込んでいるのだと思いますし、私もそう思います。

とにかく、中国は面子が重要であり、ここで弱腰になる訳には行かないのです。

トランプ政権の狙いは、中国を叩き潰し、二度と覇権争いを仕掛けてこられない様にすることなのです。

ですから、丸く収まって今まで通りに行くという希望は持たない方が良いでしょう。

このまま中国は徹底的叩かれて、夢も希望も無くなるのです。

今後はバブルも崩壊するでしょうし、もはや助かる見込みはありません。

なぜこうなったか?

それは、多くの人と同じなのですが、トランプの強さを見誤った事です。

一部の有識者は別として、一般のメディアはこぞって反トランプで、グローバル万歳でしたが、反グローバルのトランプ大統領は日に日に強さを増して行っているのです。

その強さに米国民は打ち震えており、今の米国に反トランプなどと言う人は少ないのです。

反トランプの中核であるCNNは視聴率を激減させている様ですし、最近は中国の本当の姿が報道されるようになったようで、中国へ対する怒りは頂点に達している様です。

ですから、習近平としては次期大統領選挙まで耐えていれば、次の選挙では大統領が変わり・・・という事に期待していた節もあるようですが、それはもろくも崩れ去っているのです。

例えトランプが落選したとしても、対中政策は大きく変わることはなさそうです。

今の中国は米国の敵とみなされており、共和党も保守党も関係なく、反中政策に向かっているからです。

そもそも習近平はトランプが大統領になるとは夢にも思っていなかったのです。

まあ、ここから間違いが始まっておりますし、この時点で中国は終わっていた。

ちなみに、一部で噂になっている話なのですが、先日トランプが習近平から美しい手紙をもらったと発表しているのですが、これを誰が渡したのかが謎だそうなのです。

通商交渉団の到着前でしたし、いったい誰が?

意外と、習近平とトランプの間では何かしらの密約は出来たのかも知れません。

まあ、想像しか出来ない話ですし、考えても仕方がない事ではあるのですけどね。

そんな訳で今の相場は第四弾の前に手打ち・・・。

これに期待している向きはあると思っていますので、引き続き不安定さはあると思っています。




ただ、不安定ながらも落ち着きは見えてきているように思いますし、やりようが出てきた相場だと思っているところです。

まあ、中国傾斜が強い企業の株は見送った方が無難ですが、売りか?買いか?となれば、断然買いを選択したい相場です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

正直な話ですが、見通しはちょっと甘かったと反省しております。

今回の下げは先週のSQがターゲットで、その目的は達せられたと思っていたのですが、折れると見ていた中国が徹底抗戦の構えで戦いは激しくなってしまいました。

よくよく考えれば、中国は呑むしかない話なのですが、呑めば共産党自体が崩壊しかねない話なのです。

米の要求を実行するという事は、国を支える泥棒と、奴隷の使役が出来なくなるのですからね・・・。

それはまあ、確かに戦うしかないでしょう。

ここまで追い詰められたら観念するのではないかという日本人的感覚で考えてしまったのがいけなかったのかもしれません。

結局、誰かが立ち上がって立て直さなくてはならない状況に至っているのが今の中国なのですが、共産党の連中は汚職まみれでしょうし、習近平に代わって甘い汁を吸いたい奴は居ても、国を立て直したいと思っている奴は党内に居ないのでしょう。

ですから、本来はここまでの失態で失脚すべき状況の習近平ですが、今更ここでトップが変わっても、米との関係は変わらないのです。

もはやどの共産党員が対峙しても、上手くやれない状況に至っている訳で、だからこそこうした愚かな戦略が続いているのでしょう。

まあ、今頃主要な共産党員は中国から逃げる準備をしているのではないでしょうかね?

はっきり言いますが、これで中国共産党は終わりです。

もはや立ち直れる道は残っていないです。

随分前から日本企業は中国から手を引くべきだとしてきましたし、大分手を引いていると思いますが、まだまだ多くの日本企業は残っています。

この後すんなり帰ってこれれば良いのですが、最悪の場合は令和の中国残留孤児が生まれるかも知れません。

共産党が完全に崩壊すれば良いのですが、崩壊しなければ難癖をつけて刑務所に放り込むでしょうし、簡単に出国もさせてもらえないでしょうからね・・・。

本当にそうなる前に逃げ帰って欲しいと願っているところです。

さて、目先の予測を間違ってしまった訳ですが、ここまで下げてしまうと2万円割れまではありそうです。

ただ、とにかく買い残が少ないので、その手前で止まる可能性もあります。

今日も寄付きからは戻し始めておりますし、意外と本格的には崩れないかも知れません。

叩いたところで埃も出ない様な相場ですから、売り仕掛けにも限度はあると思っています。

もちろん中国傾斜の企業は厳しいと思いますが、そうではない企業に関しては、今後も活躍が期待できますし、こうした弱い相場でも諦める必要はないでしょう。




例えば、売られている半導体セクターですが、中国が沈没しても、半導体が要らなくなる訳ではありません。

他のところには確実に需要が生まれるのです。

今は火中の栗ですが、必ず冷えて拾える時が来ます。

慌てず急がず、回復を待てばよいと思っているところです。

目先の相場は見誤りましたが、大きな流れではそろそろ買いの局面であると思っているところです。

まあ、今日ではないかとは思いますが、決して弱気になる場面だとは思っておりません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

日経新聞とテレビ東京の世論調査によりますと、内閣支持率が7ポイント上昇して55%になったようですね。

かなりの高水準ですが、消費税増税へは反対が賛成を上回りました。

流石にここでの増税はまずいと、多くの国民が気付き始めているのではないでしょうかね?

ここでの増税は世界中から愚かだというコメントが出てきておりますし、流石に強行は出来ないのではないかと思っているのですが、これでも増税を断行するならば、私は絶対に自民党には投票しません。

ただ、そうなると誰に投票したらいいのかが分からなくなるのが、今の政治の悲しさです。

単に自民嫌いで民主党に政治をやらせた結果は、ご存知の通りの地獄でしたし、ある意味では八方塞がりの悲惨な世であります。

本当にどうなって行くのやらですが、現状では増税に耐えられる状況ではありません。

それと、話は少し変わりますが、中国と上手くやっていれば、いずれまた儲かるとか思っている人がいるようですが、例え儲かったとしても中国は力を持つと直ぐに他国を侵略して行くのです。

特に経済が中国頼みとなった国の末路は本当に悲しいものです。

街に中国人が溢れ、中国の政策に異を唱えられず、なされるがままに国が侵略されて行く。

本当にそんな社会を望んでいる国民がいるのでしょうか?

企業が一時的に儲かれば、国がどうなっても良いのか?

米はその辺にしっかりと気付いており、だからこそこうして中国と戦っているのです。

未だに中国傾斜の企業や政治家が多いのですが、よく見て行動しないと危ないという事に気付かなくてはならないでしょう。

ちなみに、米は中国へ対する関税引き上げで大幅に税収を伸ばしました。

消費税増税よりも、よほど賢い選択だと思うのですけどね。

そういう事を掲げる政党でも出てきてくれれば良いのですが、いずれにしても次の選挙には間に合わないでしょうね。

さて、企業決算が思わしくなく、上場企業の多くが3期ぶりの減益となっている様で、多くの企業が決算を機に売られるような状態です。

まあ、決算期待だった銘柄は仕方がないのですが、決算期待ではない銘柄も売られているのは残念なところです。




本当に夢も希望もない相場で、こういう相場が一番よくないのですが、買い場だと思って見れば悪くはないです。

どう考えても売られ過ぎた銘柄がゴロゴロありますからね。

今はそういう銘柄を狙って、買って行けば良いと思っているところです。

この観点で注目しているのはアレで今日はちょっと騰がっていますが、今後に期待大の銘柄です。(ヒントは3100番台)

安い内にコツコツ拾って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。