() () () () () () () ()
%

コロナウイルスの恐怖で売られて始まった今週の東京株式市場ですが、取引開始から1時間で少し落ち着きを取り戻してきた感じはしますね。

全く迷惑な話で、感染者は日に日に増えておりますが、死者はそれ程増えてはいないようですね。

まあ、怖いのは変異であり、毒性が強まれば死者が増えることも予想できますが、異常なまでに感染力が強いとは思いません。

中国の病院の映像が出回っておりますが、満員列車状態では感染していない人も感染するだろうな・・・と。

武漢を封鎖しているので、世界中に感染が拡大して行かない可能性はありますが、今のところは状況を見守るしかないですね。

感染症予防は手洗い・うがいで出来るという事ですが、概ね手洗いが重要だそうです。

感染の7割以上は手からという事だそうで、手の除菌だけはしっかりしておいた方が良いかも知れません。

私の場合は清潔すぎる方が危ないと思っているので、普段はあまり除菌に神経を使いませんが、こうしたウイルスの危険がある時だけは少し気を付けたいところです。

まあ、基本的にあの環境で流行しているのであり、日本で同様に流行するとは思えないのですけどね・・・。

ただ、今後も世界中で感染者は見つかるでしょうし、残念ながら日本人にも感染するのではないかとは思います。

そして、株式市場がどこまで影響を受けるのか?




今回の感染騒ぎだけならば、それ程問題なく、下げても買いで、投げる必要はないと思っているところです。

ただ、一つ懸念があるとすれば、米中冷戦でガタガタになっている中国経済が持ちこたえられるのか?というところです。

景気は間違いなく悪くなりますし、人々の不満は高まる一方でしょう。

既に中国の不動産バブルは崩壊しているのですが、これを資金投入で何とか食い止めている状態です。

落ち着かせるためには価格が下がっても売却するしかないのですが、これが出来ない。

しかし、支払いは待ってくれない。

こんな状況なのに、コロナで経済活動が低下すれば、不満は一気に共産党に向かう訳です。

ただ、分からない点はあります。

普通の資本主義経済ならば、既に崩壊している状態なのですが、共産党が支配しているので何とか強引にやりくりは出来てしまっているのです。

まあ、それでも対外債務が膨らんでおりますし、流石にごまかし切れないと思うのですけどね・・・。

とりあえず、春節が終わって会社が残っているのか?

まずはここが気になるところです。

株価は荒波に呑まれる状態となりそうですが、それでも中国人がいなくなるわけではありませんし、共産党が崩壊すれば資本主義国家となって立ち直って行くとは思います。

まあ、ズルい商売は出来なくなるので、今までのような国力ではなくなると思いますけどね。

とにかく、まだまだ騒ぎは続きそうですし、色々起こるかも知れませんが、足元の騒ぎよりも一歩先を見て行動したいものです。

今日は期待できる銘柄が押しているので、こういうところを買いに行きたいものです。

まあ、買い場は今日ではなく明日かも知れないし、来週かも知れません。

ただ、いずれにしても買いで負ける相場だとは思っておりません。

目先は気にせず、先の利益を考えて行動したいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株に大きな動きはありませんでしたが、先行して下げた225は反発となっておりますね。

昨日は空売り比率が上がって44%となっておりましたので、多くは買戻しなのだとは思います。

弱い場面を見せては空売りが入り、最終的には大幅に上昇する時が来るというのが、私の想定しているシナリオなのですが、この予想を危うくさせているのが中国の新型コロナウイルスです。

情報が少なくて、どうにも対応が分からないのですよね・・・。

患者数から考えれば1100万都市の閉鎖は行き過ぎですが、その何十倍も居るとすれば当然とも言えます。

ただ、人権のない中国なので、本当にどの程度の脅威なのかが読めないのです。

知りたいのは本当の患者数であったり、致死率なのですが、体力がない状態で肺炎になるときついですからね。

まあ、体力がないから肺炎になるとも言えるのですが、特にご高齢の方はご注意いただきたいです。

武漢からは人が出てこないとしても、既にある程度は中国全土に広まっているでしょうし、今日から春節で大型連休ですから、本当どうなる事やらです。

この辺が読めれば楽なのですけどね・・・。

まあ、分からないものは仕方がないですし、分からないなら、分からないなりにやるしかないでしょう。

とりあえず、影響が少ないか、無い様な銘柄を狙って行きたいですね。

特に影響が大きいのは中国傾斜が酷い企業となりますので、とりあえずここは避けます。




それと、外食系も苦しくなる可能性があります。

皆が外出を控える可能性がありますからね。

狙い目は、こうした影響を受けない様なところで、力強く動いている銘柄です。

動き始めてはおりますが、良質な銘柄でもあるという事で、メンバーには新規銘柄を推奨しました。

出来高はそこそこ多いですし、ここのところ大化け銘柄を手掛けていた筋が参戦してきているようです。

昨日から動き出してはおりますが、まだ乗ってよい銘柄でしょう。

上手くすれば、大きく育つ可能性があろうかと思っているところです。

後は、やっぱり公共工事関連ですね。

とにかくこの分野は手堅いです。

日本でコロナが蔓延しても、まず仕事は無くならないでしょう。

買ったらしっかりホールドしておけば良いと思っているところです。

良質な銘柄を買って、大人しく春を待つ。

そんな投資も良いのではないでしょうか。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は軟調なスタートですね。

強かったJASDAQもぱっとしませんし、ほぼ全面安です。

貿易統計は2か月連続赤字でしたし、今日から決算発表が本格化しますので、警戒ムードなのでしょうね。

今日の注目は6594日本電産の決算で、悪い可能性はあるのですが、為替の想定レートが105円だったので上振れ余地はあろうかと思っているところです。

どうなるかは、分からないのですが、今日の全体の動きは過敏に反応し過ぎている様に思えているところです。

まあ、こうして押し目を作ってくれないと、買うに買えない銘柄もありますし、これから買いたいと思っている投資家には良い機会でしょう。

「弱いところでは強気」これが今の相場で勝つための秘訣だと思います。

さて、国会が始まりましたね。

相変わらず野党は下らない質問ばかりをしていますが、メディアはそれをただ垂れ流しております。

そして、野党の言い分に賛同するようなコメントばかり・・・。




NHK発表の最新の政党支持率をご覧ください。

自民党 40.0%
立憲民主党 5.4%
国民民主党 0.9%
公明党 3.4%
日本維新の会 1.6%
共産党 2.9%
社民党 0.7%
れいわ新選組 0.2%
NHKから国民を守る党 0.2%
特になし 38.5%

野党系を合計しても10%程度です。

少なくとも40%の自民党の意見が民意であり、10%以下の意見など民意も何もない。

まあ、自民党にブレーキをかけるために野党は必要ですが、下らない質問ばかりしているから、支持率が落ちているという自覚を持って欲しいところです。

メディアも下らない質問を取り上げないようにすれば、野党も反省して本気で動くのではないかと思うのですが、下らない質問をしてもメディアが取り上げてくれる・・・。

もしかしたら、下らない質問をした方が、メディアが取り上げてくれるのかも知れませんが、とにかく野党とメディアの体質は問題です。

また、最近のやり取りで気になっていたのは、自衛隊の中東への派遣に対する反対意見です。

「危険な地域に自衛隊を送るなんておかしい!」と、野党が騒いでおり、メディアも同調しておりました。

しかし、ちょっと待って欲しいのです。

この危険な地域を日本にエネルギーを運ぶ民間船が丸腰で往来しているのです。

丸腰なら攻撃されない、という考えなのかも知れませんが、だったら警察も自衛隊も要らないという事になります。

あんまり、人様をバカバカと言いたくはないのですが、本当にバカの集まりとしか言いようがないですね。

平和ボケと言うよりも、日本破壊工作にしか見えません。

まあ、このままバカを続けて絶滅すればいいのですが、残念ながらそれでは日本の為にはならないのです。

自民党にもバカは沢山いますからね・・・。

バカを炙り出し、清浄化させる能力のある野党の誕生が望まれるところです。

さて、とある推奨銘柄がじりじり上昇してきております。

今日は一部利食いとした銘柄なのですが、結構良い感じですし、意外と化けるかも知れません。

安く買っているので、今更ここから買いたいとは思っておりませんが、大事に見守りたいとは思っている銘柄です。

近々発表するかも知れませんので、お楽しみに。(ヒントは銘柄コード「9000番台」です。)

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。