() () () () () () () ()
%

世界経済、そして日本経済も危うくなっているというのに、ふとテレビに目を移すとワイドショーでは今日も丸山議員を叩いておりますね。

野党議員はそれ程叩かないのが左翼メディアの共通事項ですが、野党でも右寄りだと叩かれるのですね。

確かに発言すべき場所は好ましくなかったと思いますし、酒に酔っていたというのも問題だとは思います。

しかし、個人的には彼の認識自体はそれ程間違ったものだとは思いません。

奪われた領土を取り戻そうと思えば、戦争という選択肢は当然あるものです。

実際にロシアはクリミアを武力で取り戻しましたからね。

確かにあの場であの発言は不用意であったと言わざるを得ませんし、そういう意味では資質に問題はあると思いますが、あの位パワーのある若者が議員をやってくれているというのは、国の一つの財産です。

人間誰だって間違いは起こすし、もう少し経験を積んでいけば素晴らしい議員になる可能性もあると思うのです。

それを、議員を辞めろとか、言い過ぎでしょう。

議員であり続けられるかどうかを判断するのは選挙民であり、メディアではないのです。

コメンテーター達は、誰も彼の味方をしませんし、本当に酷いとしか言いようがありません。

少なくとも武力で領土を取り戻したロシアに対し、謝れという話ではないと思いながら見ているところでした。

こんなくだらない番組を作っている暇があるならば、米中戦争についてもっと詳しく述べるべきです。

そろそろ気づき始めている気はするのですが、これは単に貿易不均衡というカネの問題ではないのです。

根本にあるのは、中国を儲けさせると領土拡張を狙い、人権弾圧も酷くなる。

これ以上中国を好きにさせてはならない。

というものであり、人道的戦いでもあるのです。

おそらく、中国企業が世界のルールを順守して世界一の経済大国になり、世界と富を共有できる国であるならば、こんな戦いは起こらなかったでしょう。

しかし、実際に行われているのは、人民から搾取し、他国から技術を盗み、巨額の補助金で企業を育てて他国の企業を圧倒。

さらにはウイグルやチベットを侵略し、反発する奴らを再教育施設に収容し、殺害して臓器を売買するという暴挙。

中国に行って臓器移植の申請をすれば、48時間以内にドナーが見つかるというのは、こういうからくりなのです。

そういうことを世界は既に認識してきており、それらに対する戦いなのです。

ですから、米が中国に対して厳しく当たっているのは、決して経済問題だけの話ではないのです。

多くの日本人は、いまだにこの事実に気付くことも出来ていないのは、偏にマスコミの影響でしょう。




今後の話になりますが、米は中国が普通の国になる事を求めているので、それを中国が認めない限りこの戦争は終わりません。

もちろん中国共産党が崩壊すれば、それも一つの終わりですが、とにかくそれまではこの戦いは続くと思います。

G20で折り合いがつくとか、何か変な期待をしている向きもあるようですが、その可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

中国に近いと思われるシャープでさえ中国から逃げ出そうとしているのですからね。

未だ決断できていない日本企業は多いようですが、これ以上被害が大きくなる前に、さっさと行動したらいいと思っているところです。

おそらく、この戦いは終わらないので、世界的損失はそれなりに大きくなります。

そして、その被害の規模はリーマンショックを上回る可能性が高いのです。

マスコミがしっかりしていれば、被害は最小限に抑えられるはずですが、現状では厳しいでしょうね・・・。

ただ、中国寄りだった日経新聞が、最近は中国を批判するような記事が多くなってきました。

マスコミも多少は舵を切ったかな?という気もしなくはないです。

このまままともな流れになっていけばいいのですけどね。

さて、消費税増税の話ですが、株価も下落してきましたし、これ以上放置すればアベノミクスは失敗であったという話になっていくでしょう。

アベノミクスは成功したのですが、詰めが甘かったために大成功になっておらず、このまま増税したら大失敗になりかねません。

まあ、このまま増税は不可能と思っていて良いでしょう。

日米首脳会談からG20までのどこかで撤回を表明すると思っているところです。

どう考えてもこのままの増税は無理筋ですからね。

そうなれば、株価も変わってくるでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

最近話題になっているMMT(Modern Monetary Theory・現代貨幣理論)ですが、今日は日経新聞でも取り上げられてましたね。

MMTを簡単に説明しますと、ゼロ金利状態で、インフレ率が低く、国内で発行できるならば財政規律を無視して国債を発行できるという理論です。

この話は米のバーニー・サンダース議員のブレーンのでもあるステファニー・ケルトン教授が唱えた理論が5月12日のウオール・ストリート・ジャーナルで取り上げられた辺りから広がり始めているのだと思いますが、この理論で行けば日本は既にMMTを実践しているし、成功しているというような話です。

それがここへ来て国会などで取り上げられ、日本のメディアにも出てくるようになったのですが、財務省からすると恐ろしい話ですから、躍起になって火消し作業をしている状態です。

基本的な理念は私も賛同なのですが、流石に無制限に国債を発行できるというのは行き過ぎですし、この流れで行くと日本は社会主義国家という事になりかねません。

まあ、既に社会主義国家の様な状態ですが、これ以上はやり過ぎであろうと思うところです。

確かに国内で消化できる国債の発行は、何の問題もないのですが、財政出動が緩み過ぎるのもどうかとは思うのです。

今は締め過ぎだと思いますが、ここにMMTをはめ込むのは如何なものかと思います。




そもそも、日本の何が問題であるかと言えば、個人個人はそこそこカネがあるのに、使わないために景気が良くならないのです。

そして、何故に使わないかと言えば、貯蓄をしないと将来が不安だからでしょう。

確かにそうとも言えるのですが、その不安を取り除くために増税で社会保障を・・・というのは、明らかに間違いです。

思うに、この「将来が不安」の中には増税不安も大きくあるはずなのです。

また、大災害があった時に復興増税をしたのも悪かったと思っています。

これは、今後も大災害があれば、増税してくるという不安も生んでいるのです。

100年に一度の大災害を、増税でカバー・・・。

世界中どこを見ても例を見ない愚行です。

そして、消費が落ち込んでいるのが明らかで、更にこれから世界的に消費が落ち込もうという時に増税。

しかも逆進性の高い消費税です。

こんなバカな話があってはたまらないですし、おそらくは回避に向かって政治は動くものと思いますが、とにかく景気が悪いのは国内のせいではなく、海外のせいである。

政治家の考えているのはそんなところであろうと思いますが、景気が悪くなって行っている時に一番有効なのは減税なのです。

増税して政治家がカネを使うところを決める・・・。

こんなことをやっているから景気がいつまで経っても良くならないのです。

消費税増税を今まで3度の実行し、全ての局面で景気は悪化しました。

そして、ここで4度目の増税になる訳ですが、99%景気は悪くなるでしょう。

劇的に米中が折り合って、イランと北朝鮮が核開発を放棄し、イギリスがブレグジットを取りやめて、引き続きEUを助ける。

そんな奇跡のような事が次から次へと起これば、もしかしたら景気は悪くならないかも知れません。

しかし、それでも個人消費は落ち込むでしょうし、儲かるのは大手輸出企業ぐらいでしょう。

それ位確実に景気は悪くなるのです。

そうなれば、令和は不況の幕開けとなり、アベノミクスで名を残したかった安倍首相は「消費税増税で令和不況を作り出した総理」という不名誉な首相という事になってしまうでしょう。

まあ、おそらくはこの辺は安倍首相も分かっているとは思うのですけどね。

とにかく、米中の戦いはまだまだ続くのです。

ぼやぼやしている企業は追い込まれますし、国も危うくなるのです。

増税なんてバカな事を言わず、多少はMMTの理論を取り入れつつ、減税という皆に分かりやすい政策で景気を良くしてほしいと思っているところです。

成功している米を見習うべきであり、いつまでも足踏みしているべきではないのです。

足踏みが過ぎて、今や床が抜けそうな状態なのですからね。

おそらくは増税は出来ないと思いますし、回避出来れば株も少しは沸き立つでしょう。

増税でも値上がりする可能性の高い銘柄はありますが、今はそこまで考えずとも良いのではないでしょうか?

まあ、増税されたら、絶対下がると自信のある銘柄を空売りしつつ、それでも騰がると思う銘柄を買って行く。

そんな感じで良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株の上昇理由が怪しいのですが、この上昇で今日は日本株も落ち着きを取り戻したような感じがしますね。

225はともかく、材料株の売られ方があまりに酷かったですからね・・・。

ただ、少し気になっているのは、日経新聞にあった「中小型株海外主導に」という記事です。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45071390R20C19A5EN1000/

所謂、外資が買っているというような内容の記事ですが、こういう記事が出てくると「売りたいのかな?」という思惑を感じてしまいます。

まあ、多くは大分安いところに居ますし、未だ問題はないと思うのですけどね。

それでもこうした記事が出てくると、少し警戒は強めなくてはならないと思っているところでした。




さて、全体の話ですが、米国株がファーウェイに対する微妙な執行猶予を発表し、それが株高につながったと解説されておりますが、私は今週末のトランプ大統領の来日が関係しているように感じております。

トランプ大統領は、安倍首相とゴルフをして、大相撲を観戦して優勝トロフィーを手渡す役だそうですね。

その後は安倍首相と食事をし、その翌日は天皇陛下と謁見の後に首脳会談と、宮中晩さん会。

その翌日は海上自衛隊の護衛艦に乗艦するとか。

歴代最高のもてなしではないかと思うところですが、この過程で日米が対立するようなことが起こるでしょうか?

まあ、消費税増税なんて止めた方が良いという圧力はあるでしょうし、首相もそれには応えられないのではないかと思うので、最悪の場合は護衛艦に乗らずに帰るという事も有り得るかも知れないとは思います。

頭に来れば帰る人ですからね・・・。

ただ、日本が折れる形になると思いますが、悪いことは起こらない様な気がしているところです。

ところで、これも日経新聞一面の記事ですが「日本企業対応に苦慮」という記事がありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45094440R20C19A5MM8000/

一覧で目を引いたのはシャープで「生産拠点の見直し未定」となっておりました。

経産省が間抜けだったために、台湾企業だが、実質的には中国企業に近い鴻海へ身売りしてしまったために、脱中国が出来ない状態が鮮明で、本当に悲しい限りです。

しかし、どうしてこうも中国に良いようにやられるのでしょうね?

巷でよく言われるのはハニートラップですが、誰もがそういう罠があるのを知っていて中国に行っているはずなのです。

日本人ってそんなにダメな奴ばかりなのかな?と、思ったりもするのですが、ある意味ではそれ程普段のストレスが多いのかな?とも思ったりもします。

企業も役人も、多くが罠にかかっていると言いますが、それで国も企業も売り渡すというのはどうなのでしょうね?

全く気概も何もあったものではありません。

詳しい事は分かりませんが、決別するものとはしっかり決別し、ダメな隣人とは付き合うべきではないです。

ダメな隣人と言えば、韓国が悲惨な事になってきている様ですね。

ウォン・ドル為替レートが1200ウォンを超えそうで、当局が介入で防衛に入っているとか?

あくまでチャート上で、実際はどうかは分かりませんが、相当危なくなっている様です。

そろそろ格付けも下げられるだろうとの話ですし、無くなる日は近そうです。

さて、今日は久しぶりに銘柄の話をします。

少し前から推奨しているのですが、ここのところの混乱相場でもしっかりしていた銘柄です。(ブログランキングに掲載中)

仮想通貨が値上がりしてきており、これが後押しする形となってか、一気に上値を取ってきました。

これからが非常に楽しみな銘柄です。

動き始めてからのご紹介ですが、まだまだ初動の範囲ですので、ここからでも注目してみるとよろしいかと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。