() () () () () () () ()
%

GDPが発表されましたね。

前期比+0.5%で、年率+2.1%は、意外でした。

どう考えてもマイナスだろうし、年間成長率もマイナスになると予想していたのですが、これがプラスですからね・・・。

マイナス成長で増税は不能だと踏んでいたのですが、これでちょっと分からなくなってしまいました。

ただ、個人消費はマイナスでしたし、設備投資もマイナスでした。

消費税増税とは、個人消費を狙い撃ちにしたものであり、増税では更に個人消費は落ち込みます。

また、GDPは外需頼みという事になりますが、好調な米も中国との冷戦で、今後はダメージを受ける可能性が出てきます。

そして、中国は死ぬまで折れないでしょうし、今後更なる需要減は約束されたようなものです。

更にブレグジットは確実な情勢ですから、これも目先的には混乱要因となるでしょう。

あと、イラン情勢の問題と、原油高の問題も出てきております。

たとえ、GDPがプラスであったとしても、これからリーマンショック級の経済損失は避けられないと思っているところです。

そういう意味では、まだまだ回避可能な状況ですが、それにしてもここでプラス成長は予想外でしたし、増税回避は少し遠のいたのかも知れないとは思っております。

しかしまあ、今日の日経新聞を読んでいて思ったのですが、一面トップが「副業解禁、主要企業5割」と言う記事でした。

社員成長だとか、新規事業に期待と副題を付けておりますが、要するに社員に満足な給料を払えていないという事でしょう。

副業を認めるという事は良いことだと思いますが、全く情けない話としか言いようがありません。

また、「氷河期世代」職なお不安定という記事もありました。

無職やフリーターがこの世代だけで90万人もいるという事ですが、そういうのを放置して外国人を働かせる政策を採っておりますからね。

こうした人々も皆働いた上でも「労働力が足りないし、更に20年経っても難しそうだ・・・」となれば、最終手段として外国人労働者の受け入れというのもありだとは思います。

しかし、こういう問題を放置したまま、更に安い労働力を求めて外国人の導入ですからね。

一面トップの記事にもつながっていて、結局そういう環境を政府が作り上げているという事になるのでしょう。

それと、茂木経済財政再生大臣が、消費税は予定通り上げると宣言しておりましたね。

景気が腰折れする心配はないと・・・。

そもそも景気が良くないというのに、全く何を言っているのやらですが、この役職名には疑問があります。

再生ということは経済も財政も壊れているという話ですよね?

経済は壊れたところから再生したのでしょうか?




そして、財政はそもそも壊れていない。

国内で国債が消化できている内は、心配する必要は全くないのです。

日本国債のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を見れば明らかで、誰も日本国債が不履行になると思っていないのです。

壊れてもないものを再生とはいかがなものか?

だったら米国の方がよっぽど再生しなくてはならないでしょう。

読んでいて具合の悪くなるような記事ばかりでしたが、本当に予定通りの増税ならば、色々とカラ売りたいと思っているところです。

今回のGDPで違和感のあるプラス成長でしたが、こんな程度のプラスではあっという間に吹き飛ぶ事が確実ですからね。

実は、今の最大の悩みというのは、増税が有るか無いかがはっきりしていないところです。

はっきりしてくれればどちらでも良いのです。

回避なら買い、実行なら売り。

基本的には、それだけの事なのですからね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

私の周囲にはあまり居ないのですが、日本でもトランプ支持者は増えている様ですね。

確かに乱暴と言えば乱暴だと言えますが、基本的には筋が通っている人物なのです。

彼の印象が悪いのは、メディアのせいもあろうかと思うのですが、所謂、米国第一主義。

これが利己的で悪い印象を与えている最大の要因ではないかと思います。

ただ、冷静に考えて欲しいのですが、自国が一番であると言うのは当然の願いであり、そこに向かって努力するのが国民であり、政治家であると思うのです。

そして、言ってみたい言葉でもあると思うのです。

その言葉を言って、しかもこの実行力。

好き嫌いはあるでしょうが、これでトランプ大統領を馬鹿にするというのは変な話でしょう。

しかも、米がやろうとしているのは、危うい中国頼み経済を改めて行こうという事だけなのです。

結局、今の欧州も日本も、自国の経済の調子が悪くなってきた時に、中国頼みにしてきたのです。

オバマ時代は、中国が豊かになれば、世界も豊かになると信じられていた訳ですが、実際はそうではなかったのです。

そして、取り返しがつかなくなるギリギリのところで、トランプ大統領が強引に止めてくれたのです。

先週もサンデーモーニングはトランプバッシング一色だったのですが、この番組は中国資本で運営されているのか?と本気で思う程、酷い内容です。

こんな左翼的な啓発番組のスポンサー企業の商品は個人的には買わない様にしたいところです。

メディアの偏向番組が多いせいか、未だに反トランプ的な日本人が多いのですが、物事の本質を見極められないと、重大なミスをしてしまう事になるでしょう。




レッテルを剥がし、色眼鏡を外して、無職か低所得に喘ぐ米国民になったつもりで、トランプ大統領の言動を見てみると、意識は少し変わるかも知れませんね。

さて、困った状態になっているのは中国です。

今回はファーウェイを完全排除の方向ですし、このままファーウェイは大幅弱体化は避けられないでしょう。

よって、中国の弱体化も避けられません。

しかも、米の攻撃はこれで終わることはないのです。

通商交渉で中国が妥協してくれれば終わるという見方もありますが、妥協しても中国は終わりなのです。

こうして追い詰められて行く中国を見て、日米開戦時と重ねる人が居ますが、あの当時の日本には間違いはあったとしても、正義や信念はあったと思います。

しかし、今の中国に正義のかけらも存在しないし、本気で戦う信念もないのです。

ですから、戦争での解決という事にはならず、ただただ崩壊に向かって行く。

そう考えているところです。

ちなみに、私も「悪いのは中国」と言うような論調で表現をすることが多いのですが、人民は別に悪くないと思っています。

悪いのは、あくまでも中国共産党であり、多くの中国人は悪くないと思っています。

ただ、残念だと思うのは、貧しい中国人は、何とか抜け出して富裕層に入りたいと思っているところです。

決して世を変えたいとまでは思っていない様で、共産党が崩壊するまで中国は何も変わらないでしょうね。

まあ、貧しい人達はその日食べるので精一杯でしょうから、そこまで期待するのも酷な話ですがね・・・。

共産党が崩壊時に内戦にならなければ良いのですが、中国は昔から内戦を繰り返している国ですし、今回もまたそうなのかも知れないなと。

それだけはちょっと心配と言えば心配です。

さて、そんな訳で、今後は「中国が」ではなく「中国共産党が」という表現に改めて行く必要があるかも知れません。

まあ、大したことではないのですが、中国批判と言っても、人民を非難している訳ではないという事だけは誤解しないようにして頂きたいです。

さて、今日は流石に反発している225ですが、大引けまで勢いを残せますでしょうか?

ボロボロのまま終わって、週明けのGDP速報で酷い数字を突き付けられる方が良いような気もしなくもないのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

世界情勢がこんな状況ですので、相場が落ち着かないのですが、それにしても弱過ぎるなと思いながら相場を見ております。

昨日は令和に入って初めてプラスで引けた225でしたが、今日はそれ以上に下げておりますし、本当に重症だな・・・と。

まあ、現状では確かに仕方のない事だとは思っています。

米中貿易戦争と呼ばれておりますが、実際のところは米国が中国に仕掛けた戦争なのです。

武器で攻めるのではなく、経済で相手を追い込むというやり方なのですけどね。

中国は反撃しようにも対抗手段がないのです。

中国の持っている米国債を売れば良いとか、色々意見はあるようですが、戦う相手国の国債が武器という時点で負けです。

そもそも中国に渡っている米国債が凍結されたらそれまでですし、実際に売ったとしたならば、中国の信用は国際社会からガタ落ちとなり中国経済にも大きな被害をもたらす訳です。

ですから、どうやっても米に勝てる戦争ではないのですから、さっさと降伏して、まともな国としてやり直せばよいのですけどね。

とは言え、まともな国としてやり直すためには、共産党は全ての利権を手放さなくてはならないでしょうし、それは出来るだけ手放したくない物だと思うのです。

しかし、実際問題として、中国軍というのはカネが一番大事であり、国が大事だと思っている軍人は少ないと言います。

ですから、もうだめだと判断すれば、とっとと共産党を見限るでしょう。

まあ、その後にどうするのかは見えてきませんが、米はそうなるまで攻撃の手を休めることはないと思います。

とりあえず、今回の第三弾の追加関税に関しては、合意がなされれば10%までには戻す可能性はあります。

おそらくは第三弾までの追加関税は、米にとってプラスに働くでしょう。

メディアは愚かだと罵っておりますが、決してそんなことはありません。

まあ、第四弾まで行くと、流石にダメージもあるでしょうが、それでも中国の受けるダメージに比べれば大したことはないでしょう。

要は相手より長く生き残っていれば勝ちなのです。

何も体力100%で勝利する必要などないのです。

極端な話、体力50%となっても、相手が倒れれば勝ちです。

まあ、流石に10%とかまで減ってしまえば、その後の立て直しが難しくなると思いますし、やり過ぎは厳禁ですが、例え第四弾まで行ったとしても米はそれ程大きなダメージは受けないでしょう。

メディアが騒ぐほどの事にはならないと思います。

故に米国株は強さを維持しているのだと理解しているのですが、日本は中国に地理も経済も近いので、どうしてもダメージは大きくなります。

これを乗り切り、米中戦後も米と共にあるならば、米のさらなる成長の恩恵も受けることは出来るのですが、このまま消費税増税ならば中国と共に地獄を見る結果になりかねません。

トランプ大統領のお友達とされる安倍首相はそこらは分かっているはずですし、避けてくれるのではないかと思うのですけどね・・・。

まあ、私は増税は凍結で、もしかしたら減税も?と予想しているのですが、これがなされなければ日本沈没とまでは行かないまでも、相当なダメージを負う事は覚悟しなくてはならないでしょう。

まあ、頭の固い自分達の利権のみを守るために増税を画策している連中は、相当強固であるでしょうし、地獄に連れて行かれる可能性はあろうかと思っているところですが、実のところ、そうなるならそれでもいいのではないかとも思っているところです。

やれば確実に経済は落ち込む訳ですし、そこまでやれば、いかに愚かであったかを全国民が知ることになるでしょう。

消費税を増税しても、低所得者の生活は全く良くならないどころか、ますます困窮しますからね。

流石に次の選挙では誰も許してもらえないでしょうね。

さてさて、まともな政治家はどれ程居るのか?

とにかく、ここは見ものです。

ポイントは、引き続き来週の20日となります。




さて、225は非常に弱い動きですが、しっかりしている材料株もありますね。

特に良いと思っているのは例の銘柄ですが、そろそろ本格的な上昇になるのではないかと思っています。(ヒントはブログランキングに掲載中)

現在1400円近辺ですが、そろそろ2000円を目指す展開になるのではないかと期待しているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。