() () () () () () () ()
%

今日の東京株式市場は続伸での始まりとなっていますね。

先週はどうしてここまで・・・と思う程に売られていたのですけどね。

理由を誰に聞いても「良く分からない」と、同じような回答ばかりでした。

私の見解は「予想外の下げは予想外の買い場」です。

今は本当に嫌だと思うような局面で買わないと勝てないので、相場としては難しい部類に入ると思います。

しかも、ファンダメンタルズが全くと言っていい程に役に立たないのです。

今の相場は、夢と希望だけで成り立っているのですからね。

ただ、昨日から違和感を感じてはいるのです。

詳しくはメンバーにレポートしておりますが、もしかしたら何か重大な変化が起こる前兆かも知れません。

思い過ごしだったらいいのですが、そうではない可能性もありますからね・・・。

何度も言うようですが、一番のリスクは中国であり、中共が暴れ過ぎて完全にピンチなのです。

武漢コロナも含めて、三つの脅威が中国を襲っています。

イナゴの大量発生による食糧生産への打撃。

大雨による各地の大洪水。

各地でダムが決壊しているようで、その災害レベルは日本の比ではなく、被災人口は3億人とも言われております。

我々は助けたくとも、被害の全容が隠されているので、何の手助けも出来ません。

向こうに言わせれば、大きなお世話なのでしょうし、中国国民が中共を排除してくれるのを待つしかないですね。

そして、この洪水が収まった後に待っているのは疫病の蔓延です。

中国では洪水の後に疫病が蔓延するのです。

これは歴史上、何度も繰り返してきたことですし、今回もまた同じでしょう。

現在、欧米諸国は中共の脅威に気付き、チャイナパージを進めているところですが、放置していても崩壊レベルの被害だと思います。

さらに、最近では買い支えていた不動産価格が暴落し始めている様です。

これは、明らかに外貨不足が原因で、こうした状況を招いたのは香港を弾圧して取り込んだからに他なりません。

香港弾圧は自滅としか言いようがないですね。

そして、中共は国内の不満を国外にぶつけてきております。

被害を被りそうなのが日本で、現在中共は尖閣諸島への侵略を本格化させてきているのです。

8月16日に休漁が明ける(中共が勝手に設定)ので、それを機に大船団で尖閣諸島周辺での漁を行うのだとか。

どさくさに紛れて尖閣諸島に上陸する可能性もありますし、状況は切迫しております。

中共のこの発言は実質的に宣戦布告です。

普通の国ならこんなことをされたら相手の船を撃沈するでしょう。

現在も国際法と照らし合わせて、ぎりぎりの対応を海上保安庁と海上自衛隊が取っているのでしょうが、大船団で侵略されたら守り切れない可能性が高いでしょう。

本当にこのまま領土を奪われる程に日本は無能なのでしょうか?

そろそろ本気で防衛の意思を見せないと、本当に危なくなる可能性が高い。

まあ、本当に侵略されれば流石に日本も動くでしょうし、米国も手伝ってくれるとは思いますけどね・・・。

ただ、日本がやる気を見せないと、米国だってやる気を出してくれません。

政府にやる気を出させるためには、多くの国民がこの事実を知らなくてはならないと思っているところです。

https://www.sankei.com/politics/news/200802/plt2008020007-n1.html

まあ、ここで尖閣に手を出せば、世界も黙ってはいないとは思いますけどね。

ただ、日本も悪いと言えば悪いのです。

自分の領土だと胸を張って気象観測所や海洋観測所を作ったり、自衛隊のレーダー基地を作るなりすれば良いのです。

もちろん漁業の拠点を作るのも悪くはないです。

また、石油などの海底資源も豊富な様ですし、これらの開発も悪くはないですね。

そもそも、中共の狙いは石油だと言われておりますからね。

何を遠慮しているのだと、心底思っているところです。

ただ、こうして考えて行きますと、チャイナパージはダメージも大きいですが、チャンスでもありますね。

このまま中共を叩き潰せば、誰にも文句を言われずに尖閣周辺を開拓できますからね。

まあ、台湾も領有権を主張しているので、ちょっと難しいかも知れませんが、台湾とならば話し合いが出来るような気はします。

とにかく、中共に忖度せずに色々出来るようになるのは好ましいと思っているところです。




さて、今日はまた面白そうな話が入ってきました。

完全に割り切りにはなるのですが、第二のテラになるのではないか!?という噂の銘柄の話です。

こういう話はよくありますし、大抵は怪情報なのですが、2割やられる覚悟を決めれば数倍の利益を得られるかも知れません。

怪情報ではありますが、夢があるのは悪くないですし、情報源も決していい加減なところではありません。

意外とありそうな・・・。

まあ、そんな感じで見ている銘柄です。

この後メンバーに向けてレポートして行きます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。