() () () () () () () ()
%

主要国の金融政策の発表が行われてきましたが、最後に日銀が発表し、目先の政策発表は終わりました。

結果は日銀以外はほぼ緩和姿勢であり、金利は低下する一方です。

そして、本来日本も緩和しなくてはならないはずなのですが、これを見送りました。

見送った背景を考えますと、おそらくは10月の消費税増税です。

ここで緩和とすれば、増税に対する疑問が出てきてしまう・・・。

何と言いますか、物凄くお役所的な考えだと思います。

もちろん、これ以上マイナス金利を拡大させても貸し出しが増える訳でもないし、効果が出るどころか銀行が潰れてしまうという危機感もあるとは思います。

実際に日銀単体で取れる手段は少ないと言えるでしょう。

やれる事は国債や株を買う事ですが、国債は既に売り物が枯渇している状態で、買いたくても売り物がありません。

株はまだまだ買えますが、流動性の問題が出てきますし、値下がりリスクも高まってしまいます。

特にこれから増税で景気が悪くなるのが分かっているのですから、基本的には株価も下がるのです。

そんなものをこれ以上買いこんでたまるか!というのが日銀の本音なのではないでしょうか。

ですから、金融政策だけで何とかしようというのは難しく、政府との連携が必要となるのです。

例えば、国債の増発ですが、多発する災害の復興と国土強靭化を目指して、目的を明確にした国債を発行し、復興と称して行った増税分を減税するというのも良いかと思います。

とにかく、日銀単体でやれる事が、もう殆ど残っていないのです。

偉そうに様子見というような感じで会見をしておりましたが、見栄を張っているだけとしか思えません。

政府と連携して行かなければ、やりようがないはずですし、このままでは円高の道だと思うのですけどね。




そもそも、どうして世界中で金利を下げるようなことになっているのかと言えば、やはり景気が悪くなって行っているからだと思うのです。

そして、どうして景気が悪くなっているのかと言えば、それは中国の構造にあるのではないかと思います。

中国はGDPで世界二位まで上り詰めたのですが、富が偏在し、一部の人間が大量の資産を保有し、それを使わないのです。

故に世界二位まで上り詰めても貧しい人が山ほどいるのです。

一部の人間が独占している富の半分でも庶民に行き渡れば、中国は本物の成長を成し遂げ、世界の景気も良くなるとは思うのですが、どうも彼らは富を独占する事ばかりを考えている様で、それが国内だけではなく国外にも牙をむき始めたために、米国の攻撃が始まったのです。

溜め込まれて使われないカネが動き出せば良いのですから、このまま米は中国を徹底的に攻撃すれば良いと思うのですが、中国がギブアップするまでは世界の景気は悪くなり続けるでしょう。

とまあ、苦しい話になってしまいましたが、米中関係は変化の兆しがあると思っています。

間に合えば、この件は来週にでも書いてみたいと思っているところです。

まあ、故に不安はあっても売り姿勢ではないという話なのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

10連騰後は反落となった昨日の東京株式市場ですが、今日は即座に反発してますね。

しかも300円近い上げ幅・・・。

本当に信じられない程の上昇ですが、実際に信じて買っているという事の表れではないようです。

これは売買動向を見れば明らかなのですが、買い残が減少し、売り残が増加している状態です。

要するに、下がると思って、買いを手仕舞って空売りするも、上昇で踏まれてしまう。

しかし、踏まれてもまた空売りという悪循環が、この上昇の要因と捉えられるのです。

10月からの増税で、景気は悪くなる可能性の方が高い状態で、期待して買う方が愚かというものです。

しかし、相場はそう単純ではなく、多くが下がると思って売れば下がらなくなるものなのです。

逆を考えれば分かる事ですが、多くが騰がると思って買いに行くと、買い残が溜まって上値が重くなるのです。

そして、期待して買うのに投げさせられ、遂には崩落してしまうのです。

今の相場は、この真逆の現象が起こっているのです。

これに加えて9月末までに貸株の返済を行わなければならないために、売りの手仕舞いが急ピッチで行われている。

これらが複合した上昇と見るべきであり、続く可能性は低いとは思っています。

しかし、誰の目にも下げが確実な相場ですから、相場というのはこの逆を行く可能性が残っている。

この見極めが大事なのですが、こういう事実を知らない投資家は振り回されて終わってしまいます。

よって、普通に考えれば下げだとは思うですが、決めつけずにいた方が良いでしょう。




さて、サウジの件なのですが、昨日は誰が得をするのか?と、色々考察していたのです。

そして、反体制派による国内問題である可能性があるのではないかという事もレポートしていたのですが、昨日のサウジ当局の発表は9月末には生産量が元に戻るという事でした。

生産が半分にも落ち込むほどの破壊が行われたのにです。

という事は、そもそも重要な施設が壊されていないのでしょう。

偶然?いや、流れからは有り得ないでしょうから、これは内部犯行だと思うところです。

原油価格に不満を持ってなのか?

それともイランを攻撃する材料を作る為だったのか?

真相は分からないのですが、本当につまらない話である可能性が高い。

発生当初は中東戦争に発展してもおかしくない危険な事件だったと思ったのですけどね・・・。

本当に困った奴らです。

まあ、断定は出来ないのですが、おそらくは自作自演で、この件は今後あまり問題にはならないかとは思います。

時間と共に明らかになるのは、くだらない権力争いの話位でしょうし、本当にバカバカしいと思っているところです。

もちろん、どう発展するかは分からないので、追い続けますけどね。

さて、個別でちょっと面白そうだと思っているのは8085ナラサキです。

北海道地盤でIR(統合型リゾート)で利益を得る可能性が高いのですが、臨時収入として来週木曜日に上場する6597HPCシステムを28万株ほど保有しているのです。

これが1990円で公開となるのですが、この値段でもなかなかの利益になります。

しかも、HPCシステムはそこそこ人気があるようですし、相場が荒れなければ更なる利益が期待できる訳です。

ナラサキは業績も好調で低PERで低PBRでもあります。

まあ、逆に考えれば期待されていない銘柄という事ですが、業績はじりじり良くなっておりますし、増配の可能性も高い状態です。

これに臨時収入もあるのですから、益々割安という事になるでしょう。

IRで火が付くのかも知れませんし、今後目の離せない銘柄になる可能性が高いと思っているところです。

ただ、板が薄いのが難点で、薄いが故にメンバーには正式推奨までは出来ない。

そう思っている銘柄であります。

まあ、興味のある方は少しでも買っておいておく価値はあるかな?と。

腕に自信があれば見ておくべき銘柄でしょう。

後は、メンバー限定にもう一つご紹介だけしておく銘柄があります。

それは・・・

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

サウジの石油施設攻撃は何だったのか?

普通のシナリオで行けば中東戦争に発展する話の序章でしょう。

ですから、株式市場はほぼ様子見状態ですが、基本的には売られて行く可能性が高い話だと思っています。

ただ、イランがサウジに腹が立って攻撃を開始したとか、所謂利害関係のもつれのような普通のシナリオならばという条件付きです。

しかし、どうも事はそう単純ではなさそうなのです。

それが故に様子見になっているのでしょうが、現時点で真相が見えてきておりません。

こういう話は、大抵は「誰が得をする」のかを考えて行けば見えてくるものです。




とりあえず順番に考えていきます。


ロシア

原油価格の上昇で息を吹き返しますし、サウジの防衛力の低さに対し防衛システムS400の売り込みを開始したとされております。

これを売る事が出来たら更にウハウハです。


イスラエル

ネタニヤフ首相が追い詰められており、再選を果たすためにはイランへの攻撃を実現する必要があると言われております。

どこかの国と一緒で、ナショナリズムを煽れば何とかなるようなところがあるようです。

そう考えますと、これを機に強硬手段に出る価値はあるし、画策した可能性もあるでしょう。


アメリカ

とにかく影響力を持ち続けたい国で、イランへの圧力を強めていたのは事実です。

世界の火種は軍需産業にとってプラス。

世界が混乱すればするほど儲かる国という現実があります。

意外とトランプ大統領は暴力が嫌いで、出来るだけ血を流さずに終わらせたいと思っている節がありますが、単純に中東戦争という事になれば上手く儲ける事が出来そうな感じはします。

また、原油価格の上昇もプラスに働くでしょう。

さらに原油価格上昇で大打撃となりそうなのが中国で、中国を叩き潰そうとしている米にとっては美味しいサプライズとなる訳です。


サウジアラビア(反政府勢力)

反政府勢力と呼んでいいのかは分からないのですが、王位継承権のある多数の王子からすれば、今の体制面白くないのです。

ドローンで1200キロメートル先から攻撃してきたというのもどうかと思いますし、意外と国内問題である可能性もありそうです。


日本

石油関連施設の再建で儲かる企業は出ます。

ただ、金の為にこういう工作をする国ではないと信じてますし、この可能性はほぼないと思っていますが、一応得をする国だとは思っています。


という訳で、サウジ攻撃から派生する利益は色々なところにあるのです。

ですから、どこの誰が何を狙っての事なのかが分からないので、現時点では判断が出来ないのですが、前述したように概ね悪くなって行く話だとは思います。

原因や思惑はどうであれ、中東がこのまま平和になって行く可能性は非常に低いのですし、今回もまた何らかの利権に絡んで血が流れるという事でしょう。

本当に悲しい話です。

さて、原因はともかく、多くの投資家が忘れている事があります。

それは、これだけの破壊が行われたのですから、保険の支払いでイギリス辺りは結構苦しくなるのではないかと思っています。

それと、単純にサウジが投資している株式の売却も行われるのではないかと思うのですけどね。

少なくとも原油の売り上げの半分は消えるのです。

その穴埋めは資産の売却で補われるのではないか?

やはり10月の相場はちょっと怖そうな気がしております。

今はサウジの件に関しては無反応なのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。