() () () () () () () ()
%

225は反発スタートですが、揉み合いとなり方向感がありません。

マザーズはマイナススタートからプラスに転じましたが、すぐに値を消し変わらず付近となっていて、こちらも方向感がありません。

先週末は空売り比率が50%を超え、流石に売り過ぎという感覚がありますし、買われているというよりは、この空売りの買戻しではないかと思います。

あまりに久しぶりで見逃していたのですが、先週末の28000円割れのところで日銀が買っていました。

流石に28000円は割らせたくない様に感じました。

今までは、前場で〇%下げたら、後場に買うというルールだったのですが、これにボーダーラインが加わったような感じですね。

まあ、ルール設定はあるはずですが、公開されないので、動きから推測するしかないのですけどね。

ただ、28000円以下と、大幅な下げという条件が整えば、日銀は買いに来る可能性が高いという事が分かりました。

ここのところの不調は日銀が買ってこない・・・というものもありましたので、この点に関しては少し良いような感じはしています。

ただ、日銀が買わないと騰がらない相場という時点で、今の日本株に魅力はないのでしょう。




特に危ないのは、予想通りとは言え、原油がじりじりと値上がりしています。

去年の高値に面合わせとなっていますが、若干救われているのは円高に振れた事です。

とは言え、無茶な口先介入での円高であり、続かないと思うのです。

岸田政権も相変わらずで、株価が下がりそうな話しか出てきません。

特に酷いと感じたのは、経済再生担当大臣が株価は気にしないと発言をしたことです。

流石に酷すぎますし、これが先週末の下げにつながっていました。

レジ袋有料化で業績悪化となった3945スーパーバックはリストラを発表しました。

更に岸田はこれでも温いと言わんばかりに、スプーンやストロー、ホテルのアメニティに至る、あらゆる無料製品を有料にする案を出してきました。

もはや正気とは思えない政策であり、またどこかの企業が苦しむのでしょう。

本当に変な世の中になってしまったものです。

とりあえず、相場は大型のバリュー株から、小型のバリュー株も買われる動きが出てきていますし、入ってくる情報の多くがバリュー系のものが多くなっています。

そんな中で、高値に向かって動いて行きそうな銘柄がありましたので、後ほど推奨したいと思います。

なかなか難しい相場ですが、銘柄を厳選して行けば、まだ何とかなるだろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。