() () () () () () () ()
%

225は上昇を再開したのでしょうかね?

まだ高値には届いていませんし、現時点では何とも言えないのですが、高値に向かいそうな気配は感じます。

何がこの上げを主導しているのかは、はっきりと分からないのですが、NYの大引け後に出された半導体関連企業の決算が良かった事や、米中通商交渉が合意に近づいているという話が相場を後押ししているのかも知れません。

まあ、どれもいまいち弱いですし、多くの投資家はこの上げに対して懐疑的に見ているようだと聞いておりますが、実はそうした弱気こそがこの上げの原動力なのではないかとは思っています。

少なくとも1357ダブルインバースの買い残が増え続けている間は、大きな下げはないだろうし、今しばらくは強気で見て行けば良いでしょう。




さて、気になるのは米大統領選挙ですが、民主党がトランプ弾劾を目指して公聴会を開きましたね。

以前も書きましたが、この件で弾劾は無理でしょうし、この件で追い落とされるのは民主党のバイデン氏です。

黒幕はほぼ間違いなくバイデンで、オバマも裏で繋がっている可能性すらある。

これもあって次の大統領選挙にクリントンが出てこないのではと考えているところです。

そして、大統領選挙と時を同じくして行われる上下院の選挙ですが、このままでは民主党が大敗するでしょう。

弾劾して勢いを付けたかったはずの民主党は巨大ブーメランが命中している状態ですが、事情通によれば最初からバイデン落としの狙いだとも言われております。

今後どんな変化があるのかは分からないのですが、基本的にウクライナの件ではトランプは100%潔白だと言い切れます。

まあ、ウクライナの大統領との電話会談の録音だけが本物のやり取りであるならばですけどね。

次に米中通商交渉ですが、一部合意が近いという報道が度々出ますね。

何としてでも農産品を輸入しなくてはならない中国と、国際ルールを守らないなら関税を引き上げると主張をしている米国の間の妥協点って何なのでしょう?

しかも、米は何の譲歩もするつもりがないのです。

中国では豚肉が去年から2倍に値上がりしておりますし、他の農産品も大きく値上がりしており、物価が全体的に10%以上、値上がりしているそうです。

そして景気は悪化しているのですから、完全に※スタグフレーションです。

※スタグフレーション(stagflation)
スタグネーション(stagnation:停滞)と インフレーション(inflation:物価上昇) を合成させた言葉で、景気後退局面にありながらもモノ不足によりインフレの状態。


あまり話題になっていませんが、相当まずい状況でしょう。

それに加えて、香港問題の解決策が無いのです。

北京政府が諦めて香港の民主化を受け入れるか、香港市民を虐殺するしかないのですが、虐殺したら世界から孤立するのは間違いないですからね。

正直、中国は既に「詰んでいる」と思います。

不動産バブルも崩壊していますし、来年は今年以上の利払いが待っているのです。

一帯一路どころではないし、軍拡の余裕なんてどこにもないと思うのですけどね。

そもそも陸の国が海に手を出している時点で負けだと思うのですよね・・・。

ちょっと脱線気味ですが、ともかく米中が一部合意と言われても、何をどう合意するのかがさっぱり分からないのです。

そもそも、関税の掛け合いが争いの原因ではないのですからね。

そう考えますと、結局決裂で売られる可能性はあるのですから、この上昇を見ても安心はできません。

ただ、何度も言いますが、「そもそも、米中合意に期待した相場なのか?」という疑問はあります。

中国経済はボロボロになってきているのです。

少子化で超高齢化社会を迎えるのは誰でも分かっている事ですし、今後さらに発展していく可能性は極めて低いという事も分かっているのです。

ですから、見るべきところは、そこではないと思いますし、その辺に期待して売るべき相場ではないと思うのですけどね・・・。

さて、個別ですが、先週末にメンバーに推奨した6709明星電気は、相場の弱さに負けずにどんどん値上がりしております。

今日は相場は強いのですが、先行していても売られる事なく堅調です。

良い銘柄を推奨して行くつもりですので、次の銘柄にもご期待頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は調整局面入りに見えますが、この調整は値幅で行うのか?それとも期間で行うのか?

昨日は前場で大きく下げたので、大引けにかけて日銀買いがあるかと思われていたのですが、日銀は昨日の下げをスルーしました。

日銀はしばらく買っていなかったですし「久しぶりに買うか?」と私も思ったのですが、購入想定値段を超えているのかも知れません。

購入条件が何かあると思う反面、もしかしたら気分次第なのかも知れませんので、あくまでも想像なのですが、別の見方をすれば「余力は残している」という事です。

まあ、大きく下げれば買ってくるでしょうし、売り方が鳴りを潜めた相場にとっては大きな力という事になるでしょう。

外資が有無を言わさず売ってくる相場では日銀買いは役に立たないのですが、買いの相場であれば支えとして優秀です。

また、引き続き個人投資家が空売り姿勢である事も上昇相場にはプラスだと思っています。

一時的には勝つこともある個人投資家ですが、大抵は負けますからね・・・。

時と場合に応じて逆張りと順張りを上手く使い分ければ良いのですが、何故かいつも逆張りなのです。

もちろん順張りの投資家も居るのですが、大多数が逆張りなのです。

せめて売られている時に買うだけとすればよいのですが、欲張って空売りするからこんなことになるのです。

ここ数か月で破綻した個人投資家が結構居るらしいですからね・・・。

下げている時に比べれば、悲鳴は聞こえないのですが、これはまあ、私の周りが買い屋が多いからかも知れません。

状況からすれば期間的調整だとは思うのですが、問題は海外情勢です。

特に気になっているのが香港で、中国本土や台湾から香港からの脱出命令も出ているとか!?

明確なソースはつかめていませんが、事実だとすれば天安門事件の様な残虐な事態が引き起こされる前触れかも知れません。

そうなれば米中通商交渉が決裂するのは確実ですし、中国は世界から孤立するのは明らかです。

確かに香港は行き詰っていますが、何としてでも米中通商交渉を一部だけでも合意したい中国が、このタイミングで香港で強硬手段に出るのか?

常識的に考えれば、出ないはずですが、北京のはらわたが煮えくり返っているのは確かでしょうからね・・・。

何があってもおかしくはありませんから、一応は警戒しなくてはならない場面でしょう。

北京が強硬手段に出れば株は一時的に暴落する可能性はあります。




さて、話が変わりますが、9984ソフトバンクが3938LINEを買収するような感じですね。

企業構造が複雑なのでちょっと分かりにくいのですが、現在Yahoo! JAPANは米Yahoo!とは完全に切り離されており、今はソフトバンクの持ち物という事になります。

それが韓国資本のLINEと統合してソフトバンクの物になると言った感じです。

ソフトバンクはまたマジック発動といった感じですが、日本人のSNSの情報は完全にソフトバンクに乗っ取られるような状態になります。

本当にこれで良いのでしょうかね?

まあ、私もLINEは使いますが、流石に少し考えなくてはならないところまで来てしまったような気もします。

先行きが本当に怪しい話ですが、ソフトバンクがこれで安泰とは言えません。

まだまだ、これから色々問題が出てくるでしょうし、このニュースで浮かれてソフトバンクの購入はやめた方が良いと思っているところです。

まあ、とにかく相場の先行きは難しいのですが、単純に下げるとだけは考えない方が良いでしょう。

常に冷静に相場を見極めて行く必要がありますし、今は調子が良くなってきている材料株を見て行くべきだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

取り引き開始1時間ほどが経過しましたが、225はじりじりと値を下げて160円安程度のところまで来ました。

何かあったというよりは、何もないままに買われた昨日の後場の反動といったところでしょうか。

特にどうという事もない動きだと思っているところです。

さて、個人投資家の心理ですが、信用取り組みから見た感じでは空売りに慎重になり始めている様な感じはします。

また、買いも少し増えてきておりますので、売りでは取れないというような空気が出てきているのかも知れません。

ただ、1357ダブルインバースの買いは大分増えましたからね・・・。

買いは増えてきたと言っても、まだまだ個人の動向は大きく変わってはいないでしょう。

ですから、今のところはまだそれ程大きく下げる相場にはならないだろうと考えているところです。

さて、個人投資家の動きは相変わらず売りが主体のようですが、買い始めているのも事実でしょう。

実際に材料株の動きが徐々に良くなってきておりますからね。

このまま材料株が賑わってくれればと思っているのですが、水を差してしまったのが推奨中の4582シンバイオです。

悪材料とみなされたのが「第47回新株予約権の行使前倒し」の発表なのですが、普通に考えて新規で新株予約権を発行した訳ではありませんし、ここまで悪材料視されるのはどうかと思うのですけどね・・・。

まあ、知らない人にとっては「え!47回!?聞いてないよ!」と言ったところなのかも知れませんが、こうして提灯筋が落ちてくれるのは好ましいと思っているところです。

ちなみに、単に金欲しさに権利行使の前倒しを迫っているだけとは思えませんけどね・・・。

どういう事かと言えば・・・。

まあ、流石にこれは一般向けにはお話しできない事ですが、とにかく言えるのは「うろたえるような話ではない」という事です。




さて、材料株以外に目を向けてみますと、上昇する可能性があるとして、6502東芝をメンバーにご紹介しました。

結果、昨日は東芝にしては大幅高となりましたが、ご紹介した理由は、そろそろ東証一部に復帰するのではないかという事情通からの話が聞けたからです。

東証一部に復帰すれば、それなりには買われる可能性がありますからね。

ただ、ここから推奨して上手く上昇しても、せいぜい1割程度ですし、これはもう推奨せずとも良いだろうとの判断で、正式推奨ではなくご紹介だけに止めました。

今のところは良い感じですし、これからも推奨せずとも良質な情報があればご紹介だけはして行こうと思っているところです。

さて、決算で荒れる銘柄が多いのですが、よほど悪くなければ、それ程売られやしないだろうという銘柄があります。

良い噂もありますし、買って良いと思うのですが、出たとこ勝負になるので割り切りで行けるならばという前提で、3・・・を推奨いたしました。

本日決算の銘柄なのでこの情報だけでも分かってしまうかも知れませんね。

見つけられたら是非注目してみてください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。