() () () () () () () ()
%

コロナ一色のまま4月を迎えましたね。

2月下旬から3月中旬にかけての暴落は未経験の激しさでしたが、ここまで来てこんな酷い下げを経験するとは思ってもみませんでした。

ただ、相場とはこういうものであり、こんな事があっても大丈夫な投資手法があるのです。

まあ、誰でも知っている手法なのですが、知っていてもなかなか実践できないのです。

それは「現物投資法」です。

現物投資で分散さえしていれば全滅という事はまず有り得ません。

また、成長期待の高いところならば、目先含み損となっても問題なしです。

もちろん、時間もカネと考えれば、長期で寝かせておくのはどうかと思いますし、ロスカットルールを徹底するのも良い方法だとは思います。

しかし、必ずしもロスカットが上手くできるとは限らないのです。

毎日毎日株価とポートフォリオを睨み、寄り付き前に警戒値段に毎日売り注文を出しておくという手はありますが、おそらく現実的に不可能です。

専業投資家とか、間がある人なら出来るとは思いますけどね・・・。

そこで役に立つのが「現物投資法」で、これさえ実行していれば、退場にはならないのです。

銘柄の選定を間違えなければ、目先やられてもまた戻ってこられるのです。

情報も大事ですが、是非とも現物投資法でしっかりした利益を手にして行って頂ければと思っているところです。

さて、相場の運命は全てコロナ次第の状態が続いております。

もちろん経済の運命もコロナ次第です。

これが落ち着くまでは経済も株価も元気になるはずがありません。

何とも酷い状況ですが、ゴールは必ずやってきます。

決して先の見えない戦いではないのです。

もちろん、どんなエンディングになるのかは分かりません。

最悪のシナリオは、世界中でパンデミックに至り、世界人口の1%位の人が亡くなる。

医療が行き届かない国では死亡率が高いでしょうから、もしかすると10%ぐらいの人が亡くなるのかも知れません。

しかし、そこまで行けば生き残った人々は免疫を手にするので、そこから先は脅威ではなくなるのです。

最良のシナリオは、皆で頑張ってパンデミックをこれ以上拡大させず、その間にワクチンが治療薬が確定し、精度の高い検査が行き渡り、重症化する前の治療が可能となり、更にはワクチンが世界中に行き渡って行く。

もちろん、スピードの問題が出ます。

検査速度や検査件数は飛躍的に上昇しましたので、この点はクリアーでしょう。

まあ、韓国でも検査キットを開発できるのですから、これはそれ程ハードルが高いものではないのでしょう。

笑えるのは、この検査キットを世界に売ろうとしているのか、配ろうとしているのかは知りませんが、キットの名前を「独島」にすべきという案が出ているそうです。

韓国って本当に・・・。




余談はさておき、現状はアビガンの臨床試験がスタートしております。

そして、おそらくは良好な結果が出るのではないかと思われます。

効果ありと認められれば、今後はどんどん検査をして、症状がきつくなり始めているならばどんどん薬を投与して行くのも良いかと思います。

全国どこの医療機関でも検査が出来て、何処でも薬を処方できるとなれば、コロナの脅威は一気に終息して行くでしょう。

そうなれば、株価も一気に戻りに入って行く。

問題はそのタイミングです。

1週間後か2週間後か?もしくは1か月後か2か月後?あと半年はかかる?

これが良く分からないのです。

結局ワクチンが出来るまでは騒ぎが続くのかも知れませんしね。

J&Jが来年初めにはワクチンの供給が出来るとコメントしておりますので、最悪そこまで続くかもな・・・という予想もあるのですけどね・・・。

もちろん、その時の患者数次第でもありますが、治療薬と検査体制さえしっかりすれば、次第にインフルエンザ程度の扱いになって行くものとは思われます。

今は10代の子が亡くなった!と、衝撃を受けている状態ですが、インフルエンザだって10代の子は死にます。

インフルエンザで死んでもニュースにならなくとも、コロナならニュースになる。

ただこれだけの事です。

何度も書いてきておりますが、罹患したら大半が死んでしまうような殺人ウイルスではないのです。

一気に病人が増えれば助かる人も助からないという事態には至ってしまいますので、それだけは回避したいところですが、騒ぎ過ぎてもいけないとは思っています。

ですから、今はまだちょっときつい感じはしますが、下げたら買うぞ!ぐらいの感じで行けば良いでしょう。

そして、買い場だと思う場面ではレポートして行きたいと思っているところです。

これだけ下げたのですから、基本的にはチャンス到来だと思っております。

ただいま4月メンバー募集中です。

13年間にわたり、多くの個人投資家が選択する私の投資情報を、1か月だけでも試しにご利用になってみてください。

新規入会の方で、納得ができなければ理由を問わず返金も致しております。

自信があるのにはそれなりの理由があります。

平日は朝昼晩の3回以上のレポートをお届けし、新情報や、相場に変化があれば、即座に臨時レポートを発行しており、相場対応が臨機応変に出来ます。

また、メンバーは私に直接、質問が可能で24時間以内に回答するようにしております。

情報を基に売買してみたいと願っているならば、私の情報を利用してみてください。

無料では決して得られない、良質な情報のお届けをお約束致します。

→ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

少し前のレポートで、4月に入ったら都市封鎖も有り得るという話をしました。

これは、3月末の株価は何としてでも高くしておきたいために、4月までは引き延ばすであろうとの読みからでした。

その後、「4月2日ロックダウン」という話が急速に広がり、昨日は本当に色々なところから、この話が入ってきました。

あまりにも多くのところが言ってくるので少々困惑していたのですが、ほぼ全員が4月2日説でした。

話を聞いていると、それぞれの情報がそれぞれの風味を持っているのです。

おそらくは途中で憶測が追加されて色々と変化したのだろうとは思いました。

ただ、共通していたのは、概ね永田町界隈からの話でありました。

まあ、最終的に菅官房長官が4月2日ロックダウン説を否定しましたし、官僚から流されたリーク情報なのか、デマなのかは分かりません。

ロックダウンの衝撃を和らげるために撒いた情報との説が有力にも思えましたが、日に数十人程度の患者発見で都市封鎖なんてどう考えてもやり過ぎだと思います。

言う事を聞かずに出歩く人はいても、今の東京を見ればいかに日本人が従順かが良く分かります。

何の補償もしないくせに、「集まるな!出歩くな!清潔にしろ!」と言うだけで、雑踏だった東京が静まり返っているのです。

仮に全員が従って、誰も外出しなくなったら更に多くの飲食店や旅館などが潰れるでしょう。

政府はお願いだけで補償はしませんし、本当に浅はかな連中だとしか言いようがありません。

まあ、それでも生きて行かなくてはなりませんし、我々投資家は儲けている会社を探して行かなくてはなりません。

もちろん、空売りと言う手段もありますが、コロナに目途が立てば踏まれますからね。

そして、そうなる可能性は日に日に高まって行くのです。

ですから、ここまで傷んでいても、いや、傷んでいるからこそ、買いを考えて行きたいのです。




さて、今後どんな企業が儲かって行くのか?

コロナ騒ぎにより、テレワークや、オンライン授業が浸透するきっかけにはなっていると思います。

実際、今起こっているのは「なんだ!出社しなくても仕事ができるじゃないか!」とか「学校行かなくても勉強できる!」と言ったところでしょう。

人とのつながりも、顔を見ながら会話が出来ますし、オンラインで結構行けるという話になっていると思われます。

故にオンライン系の銘柄はそこそこ値上がりしているのですが、意外と見落とされているのが通信環境です。

多くの人がオンラインになって行くと、トラフィックが増え、これだけ通信網が整備されていても速度が遅く感じてくるのです。

これは仕方がないのですが、それを解消して行くには設備投資しかないのです。

そして、こうした設備投資の為のカネは国から公共事業として出てくるのです。

5Gには問題は色々あると思います。

そもそも、4Gの投資資金を回収しきっていないのに、どうして5Gなんだとか、電気量が10倍から100倍とも言われていますので、このままでは普及させられないのではないかという意見もあります。

しかし結局は、この業界は前に進むしかないのです。

ですから、売られはしましたが、6754アンリツなんかは今後買われる銘柄になるのだろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

週が明けてもコロナコロナですね。

明るいニュースも、ちらほらあるのですが、不安の方が大きくで、全てはかき消されておりますね。

また、4月には東京が封鎖される可能性も高そうです。

しかも2週間から3週間・・・。

とにかく、経済界から3月中の封鎖だけは不味いという事で、関係省庁への圧力が凄いそうですから、3月中の封鎖は無いとしても4月は危ないと思っているところです。

どうなるかは分かりませんが、とにかく世界中で景気後退は間違いないでしょう。

日本も閑散とした東京を見れば分かり通り、景気後退は間違いありません。

消費税増税でダメージを受け、コロナでとどめを刺された状態です。

これに対して世界で一番対策が遅いのが日本。

現金を配ると言いながらも2万円とかしょぼい事を言ったと思えば、商品券を配ると言ってひんしゅくを買い、一世帯に20万円を配るが、収入が下がった人だけとか・・・。

条件とかどうでもいいから、早くカネを配るべきです。

ただ、一つだけ条件を付けるとすれば、配布金を課税対象にすれば良いかもしれません。

そうすれば、金持ちは税金で半分ぐらい没収されるので不公平感は減ります。

ただ、金持ちだってコロナのダメージは一緒です。

とにかく日本政府は遅いですね。

今からやると不安が高まって3月中の都市封鎖と、企業決算がえらいことになる!

そういう思惑でぎりぎり伸ばしているだけかもしれませんけどね・・・。

真相は分かりませんが、4月になれば色々と分かってくるのかなという気はしております。




さて、相変わらずコロナばかりですが、コロナの先が読めないと相場も読めないのですから、コロナを調べるのは仕方のない事だと思っています。

日に日に恐怖は増している状態ですが、飲み込まれずに冷静に世界を見て行く必要はあるでしょう。

とにかく、最悪で人類の1%が死ぬ病気で、しかもその中心は高齢者。

非難を恐れずに言えば、それ程問題はない話なのです。

若者がバタバタ死ぬ病気なら脅威です。

しかし、そうではない。

また、現在パンデミックを起こしている国は、いち早く免疫も手にするのです。

今は混乱の最中ですが、無限に続く地獄ではないのです。

混乱はまだまだ続くとは思いますが、そろそろ混乱の先も考えておく必要はあるでしょう。

とは言え、コロナはリーマンショックよりも厄介な事は確かですし、はっきりと未来像は見えてきませんけどね・・・。

特にここから数か月先は本当に分かりません。

ただ、数年後は簡単に予想できます。

コロナの免疫を多くの人が獲得し、散発的に流行する風邪になる。

それだけの事だと思います。

問題は、それまでの間にどれ程経済が壊れるか・・・。

崩壊さえ止まれば、金融緩和でばらまかれたカネでバブルが発生すると思います。

まあ、バブルも発生できない程に壊れると厄介ですけどね。

ただ、そこまで行く前に何とかなるとは思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。