米国株は米中通商協議に期待する向きがある様で、思ったよりも上昇しておりました。

中国は既に経済的に困った状態に至っているので、協議と言っても米の要求を飲むかどうかだけであり、飲むしかない状態であるのです。

ですから、米にとっては今と変わらないか、有利になるだけの話ですから、それはまあ期待しても良いところではあります。

問題は中国の発展はこれ以上は望めない点で、間違いなく弱体化への道を辿っているのです。

その影響として分かりやすく現れてきているのが、確実に売れなくなっているiPhoneです。

元々iPhoneの高機能・高価格化が行き過ぎており、売れにくい状態になっていたのですが、これに加えて中国の問題が重なってappleの決算が不調になって行っているのです。

その結果として株価は急落し、時価総額が大幅に減少となりました。

中国に進出している日本企業の多くも苦しくなると思うのですが、この影響が出てくるのは3月以降でしょうかね・・・。

そう考えますと、やはり今年の春は相当厳しい相場になるでしょう。

引き続き中国関連企業、中国進出企業、中国輸出依存企業等は注意が必要でしょう。

また、大分苦慮しているのが日に日に悪化して行く日韓関係です。

昨日のブログで書いた様に、付き合う必要はないし、これを機に離れれば良いと個人的には思っているところではありますが、やはり日本への経済的な影響がどこまで出るのかが分からないのです。

中国に比べたらそれ程でもないのでしょうが、影響が全く無い訳ではありませんからね。

例えば、韓国は半導体を製造するのに必須のフッ化水素を日本から輸入しなければならないのですが、これの輸出を日本が止めれば韓国の半導体は製造できなくなる訳です。

当然フッ化水素を売っている企業はお得意様を失う訳ですから、目先大損失となる訳ですが、その分国内の半導体製造が伸びれば損失はペイは出来るのです。

ただ、国内半導体製造業が設備投資をしてまで増産するかは分からないですからね・・・。

国を挙げて韓国とは付き合わないとして、国が導体製造をバックアップするとまでやれば、問題はない事だと思いますが、とりあえずは輸出しないとなれば、その分の経済的損失だけがピックアップされてしまう訳です。

考えようによっては日本にとってはチャンスなのですが、全ては取り組み次第であり、相場はそこまで考えてくれない可能性が高いですからね・・・。

強気の相場ならば、想像力豊かに連想ゲームの如く、あちこちに手が伸びるのですが、今のような弱気の相場ですと、あれも悪いこれも悪いと、粗探しを始めてしまうのです。

さて、どちらを向いて行くのでしょうか?

どうも日本はこういうチャンスをつかむのが苦手ですからね。

いつも気を使い過ぎていると言いますか、どうもダメなのですよね。

まあ、諦めずに注目を続けたいとは思っているところです。




さて、このappleの時価総額減少の反面で抜き出てきたのがAmazonですね。

年末商戦も好調で、株価は上昇し、遂にappleを抜いて時価総額世界1位(7970億ドル・約87兆円)に躍り出ました。

Amazonの影響で従来型の小売業は苦戦していると思いますが、これも時代の流れでしょうし、当分この流れは変わらないのでしょうね。

今後は一人勝ちになるのか、それとも他の企業と競争が激化して行くのかに注目したいところです。

後は、何気に原油価格が50ドルを回復しておりましたね。

原油安は中国の消費が大幅に落ちている事の表れでしたが、先日の42ドル台というのは、やはり仕掛け的要素があったのでしょう。

何処が落ち着き所なのかは分かりませんが、動きから察しますと、50ドル付近が居心地が良いのではないかと思っているところです。

まあ、中国経済はまだまだ落ち込むと思いますし、先々は安いと思いますけどね・・・。

引き続き原油価格の推移も注目して行きたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

大発会は大幅に安く始まった今年の東京株式市場でしたが、二日目となった昨日はその下げを一気に埋めてしまいましたね。

本当に乱高下が続く嫌な相場ですが、昨日の上げは読めておりましたし、投資方針通りに行動していれば利益は得ていける状態ではあります。

さて、とりあえず今週末のSQに向けては高いと見ているのですが、それを裏付ける材料がありました。

それは、先月末の東証信用残高なのですが、買いが12%も減少していたのです。

かなりの下げで追証が相当出ていましたし、投げさせられた投資家も多かったですからね。

おまけに先行き不透明で、夢も希望もない状態でしたから、この位減っても不思議ではないのですが、それでもこの減少はかなりのものであったと思っています。

また、原油が下落し続ける動きから横ばいになってきており、この安心感もあると思っているところです。

原油が安くなりますと、どうしてもサウジなどのオイルマネーが金に困って換金売りを出してきますので、株が割安であったとしても、無関係に下がってしまうのです。

結局、株価というものは需給で決まるものですから、他に大口で買いたいという向きがない限りは、割安でも関係ないのです。

それが株の怖さであり、注意しなくてはならないところですが、同時にこれが面白さでもあるのですけどね。

とまあ、そんな訳で、SQへ向けて上に向かうと判断しておりましたし、そうなると思いますので、これでまた利益を取って行けると考えているところです。

まあ、その後はまた問題が山積ですので、日々動きを見ながら臨機応変に対応して行かなくてはならないのですが、とにかく今は柔軟に対応できる余裕だけは持っておいて頂きたいです。

ところで、米中冷戦も問題ですが、お隣の韓国は一体何をやっているのでしょうね?

今回のレーダー照射問題もそうですが、徴用工問題で、国際法を無視した判決を出してくるとか、我々の常識では考えられない事が次から次です。

生まれた時から反日教育を受けているために、反日バイアスがかかっているにしても、国際法を無視するのは道理ではないのです。

日本に対しては法も何もなく、何をやっても構わないのだという事なのでしょうか?

まあ、こうして韓国が暴れている背景にあるのは、左翼日本人が裏で糸を引いている可能性が非常に高く、もしかすると韓国人も被害者なのかな?と、少し同情的に見てしまう自分も居るのですが、いくら左翼日本人に先導されたとしても、もう少しまともな判断が出来そうなものですけれどもね・・・。

という訳で、レーダー照射問題ですが、いつもならば騒いだ者勝ちで、韓国が勝つ可能性もあったのですが、今回日本政府が上手かったのは、自衛隊の証拠映像をYouTubeで公開した事です。

https://www.youtube.com/watch?v=T9Sy0w3nWeY&ab_channel=modchannel

これをメディア向けだけに出しますと、それこそ韓国が作ったような反論動画の様なものを作り、自衛隊が悪いとか言い出しかねませんからね。

トランプ氏がオールドメディアをフェイクニュースだと罵っておりますが、それは全くその通りであり、日本もまた多くがフェイクニュースなのです。

特に自衛隊絡みになりますと、本当にどうしてそんなにひどい表現しか出来ないのだ?と言わんばかりのものばかり作りますからね。

ですから、今回の政府の対応は上手いと思いましたし、今後も大事なものは編集されない状態でYouTubeを活用して行けば良いと思っているところです。

しかし、韓国の作った動画は酷いですね・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=OXraPE9y958&ab_channel=%E4%B8%89%E7%A5%9E%E5%88%A9%E4%BC%91
(日本語訳)

そこらのネット民の方が、よほどマシな動画を作ると思いました。

証拠映像にBGMとか、自衛隊側の映像の無断流用とか、実は自衛隊の呼びかけ無線が傍受できていたとか、粗を探せばいくらでも出てくる状態です。

この映像により、国際社会からの信用は失墜し、もはや韓国企業が国外で大きな仕事を得る事は難しいでしょうね・・・。

朝鮮半島は完全に北朝鮮化して、共産党幹部だけが美味しい思いをする国になって行くしかないのかも知れませんし、そういう道に行こうとしているようにしか見えませんね。

以前から中国に進出している企業は、一刻も早く引き揚げるべきだと申し上げてきましたが、韓国に進出している企業もまた引き揚げるべきでしょう。

国交も考えた方が良いですし、攻撃する必要は無いとしても、相手にする必要もないと思うところです。

結局、株も同じで、ダメだと思えば売るし、休むべきなのです。

いずれ騰がる見込みがあるならば、持ち続けても良いと思いますが、ある程度見込みがあるならば・・・が必要なのです。

今の韓国にはそれが見えないのです。

せめて倒産前に回復するならば、持ち続けても良いと思いますが、韓国は倒産の可能性すらある危険な状態だと思いますので、個人的にはさっさとロスカットしたらいいと思っているところです。

相場と同様に外交も臨機応変に対応して行かなくてはならないのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

本年2日目の東京株式市場ですが、高く始まっておりますね。

大発会は大幅下げで始まり、散々なスタートでしたが、一転大幅上昇の朝という事になりました。

年末から乱高下の東京株式市場ですから、ちょっと舵取りを間違うと沈没しますが、舵取りが良ければ大きな利益を得られるチャンスでもあります。

頑張ってこの荒波を乗り越えて行くか?

それとも大人しく嵐が過ぎ去るのを待つのか?

今回の乱高下ですが、実は酷いのは225銘柄ばかりであり、材料株はそれ程酷くないのです。

私がお勧めしている銘柄の中には逆行高するものもあるぐらいです。

また、ここのところの乱高下に巻き込まれた有望株を買うチャンスでもありましたし、そういう行動をされたメンバーも多かったでしょう。

今朝のメンバーレポートでお伝えしたのは「高いところは利食いするところであり、買いに行くところではない」という旨です。

株は安く買って、高く売るか、高く売って、安く買い戻さなくてはならないのです。

もちろんそんなことは、誰でも頭では理解しているのですが「言うは易く行うは難し」とはこのことです。

結局のところ、高い銘柄がもっと高くなるのではないかという心理が強く働くので、高いところを買うというのは、怖さがある割には意外と簡単に実行できてしまうのです。

しかし、高くなると予想している銘柄が下がっていると、もっと下がるのではないか?という不安に駆られてなかなか買いに動けないものです。

結果として、高いところで飛びついて、安いところで怖くなり投げさせられるのです。

せめて現物で、見込みのある銘柄であれば良いのですが、高いところを買いに行く投資家程信用取引が好きですし、勢いだけの銘柄を買いに行きたがるのです。

まあ、高いが目をつぶって買いに行かなくてはならない局面も、場合によってはあるのですが、これは相場慣れしている上級者の売買方法なので、初心者は無理にすべきことではありません。

今のような相場で高いところを追って買いに行っている様では、いつまで経っても利益が出せません。

ですから、耳にタコが出来ようが関係なく、しつこくレポートで取り上げているのです。

また、どうしても勝てないという相談を聞いていると、大抵は信用でやり過ぎているのです。

「今までどれ程負けていようとも、現物取引でやり直すべきだ!」と回答するようにしておりますが、そこまで強くお伝えして、それが伝わった方は、上手く立ち回れるようになっている方が多い様です。

失った資金を取り返すため、焦る気持ちもよく分かるのですが、とにかく落ち着いて欲しいと思っているところです。

兜町からカネを持ち帰った人間は少ないのですが、それは多くが欲にまみれて信用取引で無理をやっているからだと思うのです。

現物の範囲の取引に収めておくと、不思議と余裕が出て勝ちやすくなるのです。

現物で勝てないとなれば、更に取引量を減らして現金を多く持つとか、とにかく己の実力に合った取引を心掛けるべきでしょう。

勝てないという事は、実力以上の建玉があるという事に他ならないと思っているところです。




さて、必勝法をお伝えしたところではありますが、やはり重要なのは情報です。

良い情報が無ければ、いくら売買手法が確立していても大きく勝てないものです。

勝てる可能性の高い銘柄を、安く買えるかどうかが大きなポイントですからね。

では、具体的にどの銘柄をどのタイミングで買うべきなのか?

まあ、見ての通り今日は全面高ですし、この場面で買いたい銘柄はありません。

さて、どの銘柄の押し目を狙うべきか?

とりあえず、年末には押し目を形成していた3541農研を推奨いたしました。

詳しい理由まではお伝え出来ませんが、この値段でも押し目ならば買っておくべきだと判断してからです。

未だ勝敗の結果は出ておりませんが、これを機に注目して頂ければと思っているところです。

きつい相場ではありますが、やり方さえ間違わなければ、十分にやっていける相場です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。