株式市場が平和ですね。

急落が起こらないので、本当に平和でやり易い良い相場でありますが、この平和もいつかは崩壊するのでしょうね・・・。

常に危機はありますし、何処でどうなってもおかしくない相場ではあるのですが、どうにかなる可能性はかなり低いように思えてなりません。

利上げに動いて来た米と、追随して来た欧州でありますが、いずれも賃金が上昇し難いという病巣が完治しておりませんし、物価の上昇も思うようには行っていないのです。

結局、多くの国が年金などの公的資金の運用を行っているのですが、リーマンショック前までは債券中心でそこそこ回っており、低リスクで運用することが可能だった訳です。

ところが、どこもかしこも超低金利で、金利が高いのは新興国位になってしまいましたので、これでは運用が厳しい訳で、債券市場から溢れたマネーは株式市場に向かった訳です。

年金資金は短期運用ではありませんので、比較的安定的な株主となる事が多く、これが異常なまでの強い株価の形成につながっているのでしょう。

これに異を唱え、いずれは暴落するのだから、株は売りだ・・・と言うのは簡単なのですが、そんなに簡単な話ではないと思うところであり、見送る位ならまだいいのですが、空売りまではすべきではないと思うところです。

私がいつも見ている1552国際のETFVIX という商品がありますが、もはや80円も割れそうなところまで来ております。

2011年のギリシャ危機の局面では17900円まで買われたのですけどね。

普通の株なら上場廃止です。

基本的に、時間と共に価値はなくなって行く商品だそうですが、それにしても80円ですからね・・・。

100円の時も、買ってはどうでしょうか?との質問が結構来ましたが、長期で考えるならば買っても良いと思いますが、買い場ではないと思いますと、レポートしました。

ただ、今に思うと、本当に100円も回復出来るのだろうか?との疑問さえ浮かぶ状態になっていると言わざるを得ません。

まあ、いずれは年金だって売らなくてはならないのですし、本当に金利が上がりだせば、株を売って債券に資金は流れて行きますので、必ず巻き戻しの局面はあると思うのですが、本格的に金利が上がるためには、物価の上昇であるとか、賃金の上昇が必要なのです。

しかし、当分これは無理な感じで、少なくともこれらが実現するためには、トランプ大統領の政策である「移民の制限」「公共事業の拡大」「大規模減税」などが必要であり、その他の多くの国々が突き進んでいるグローバル化政策では物価も賃金も上昇しませんので、利上げは無理と言わざるを得ません。

昨日は黒田総裁が記者会見で渋い顔を撮られて新聞に載せられたりしておりましたが、2%の物価目標は今回で6回目の先送りでした。



相変わらず発言内容には自信がみなぎっておりますが、ここまで来るとオオカミ少年であります。

結局、何が間違っているのかと言えば、日銀のは既に物価を上げる能力がないという事です。

マイナス金利まで行っている状態で、どうして物価を上げられるのか?

そもそも、物価が上がらないのは消費者が消費税増税で委縮しているからであり、これだけでも解決してやれば、物価は間違いなく上がるし、景気も良くなるのです。

ですから、本来日銀は「物価が上がらなくなるから消費税は上げるな!」と言えば良かったのですが、消費税増税は日銀の悲願でもありましたし、それが物価を押し下げるなんて夢にも思わなかったのかも知れませんね・・・。

さて、ここでちょっと推奨銘柄についてお話しします。

銘柄は推奨して直ぐに上昇してくれればそれに越したことはないのですが、なかなかそうも行かない銘柄もあります。

例えば某電池関連銘柄(4080田中化学)でありますが、これは将来性が抜群との判断で790円の時に押し目買いで推奨しました。

その後、だらだら下げ続け621円まで下落してしまうのですが、将来性は全く変わらないという事で、押せば押すほどに強気で買う様にと何度もレポートし続けました。その後、やっと株価は反転し、今度は押し目らしい押し目を作らずにじりじりと上昇し続け、今週になって電池関連が話題となり、一気に900円台に乗ってきました。

それでもまだまだこんなものではないと考えており、一部利食いはして良いと思っているところですが、しつこく推奨を継続して行く予定です。

S氏の相場観の推奨銘柄は、大口の投資家が買い集めている銘柄の情報以外に、将来性を見抜いて私独自の判断で決断する銘柄もあるのですが、この将来性を見抜いて行動した場合は、ちょっと時間がかかったり、思ったよりも押したりする例があります。

そうした局面の時に、どう判断し、どう行動するのか?

見ての通りですが、単に押したらロスカット・・・だけではいけないという事が分かるかと思います。

ロスカットは必要な時は必要なのですが、それはあくまでも銘柄によりけりであり、なんでも下げたらロスカットではだめなのです。

時には恐怖を乗り越えてぐっと我慢する必要もあるのです。

昔から言っていることのなのですが、やはり「株の利益は恐怖の代償」なのです。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株は怖い位強いですね。

この強さの背景は、原油価格が上昇してきている事や、ドル安等が影響してのことだと思うのですが、どうやらトランプ大統領によるレパトリ減税に期待する部分も出てきている様ですね。

オバマケアの代替え法案が通らないとか、公共投資が思ったよりも増やせていないとか、あっちもこっちも不発だらけであり、レパトリも無理なんじゃないの?と言うのが正直なところであり、まだやれそうな気はしないのですが、相場はそれを織り込み始めているという事なのかも知れません。

ただ、もしも予想通りこの上昇がレパトリの先取りであるとするならば、実行されても期待値に届かなければ売られるし、期待値に届いていても出尽くしで売られる可能性が高いでしょう。

サプライズがない限りは、目先天井となる可能性が高いと考えて良いかと思うところです。

そうなった場合の日本株の動向予測ですが、今日はブログでも考え方を公開してみたいと思います。

今のところですが、日経平均は米国株に追随して買われてはおりません。

底堅さは出ておりますが、上値を買って行く動きまでは見えません。

これは、為替が影響していると考えて良いと思います。

米国株が上昇しても、どんどんドル安円高に流れて行っておりますので、これで日経平均が買われる事はないと思っても良いです。

ただ、米国株が強いので、為替分を打ち消すぐらいの強さは、日本株にもあると見て良いかと思うところです。

ドル安の原因は様々でありますが、基本的には利上げは超小幅で、時間をかけて・・・としているのですが、それすらも難しくなるのではないかという見通しがある点が大きいかと思っているところです。

ですから、この見えている材料によってドル高が進んでいるのですが、為替は今回出てきていると思われるレパトリを全く織り込んでは居りません。

株は先行して織り込んで行っていると思うのですが、為替は全く織り込んでいないのです。

となれば、レパトリが発表されたとしたら、どう動いて行くのか?

この辺の解説はメンバー専用になります。

さて、引き続き材料株は好調でありますし、今日も何かしらの面白い銘柄が出ると思うのですが既に面白くなっているのが、このブログでもご紹介した2338ファステップスで、二日連続でS高になっております。

ただ、ここからは利食いだけを考えておりますし、買いはお勧めしておりませんので、変に触発されて買いに行ったりしない様に。

まあ、未だ行くと思いますし、買いたければ買っても良いと思うのですが、どうせ買うならこんな風に爆発する前に買っておきたいですよね?

しかし、今の相場でそんな銘柄が本当にあるのかと、疑問に思われるでしょうし、疑うのが普通でしょう。



まあ、お約束は出来ませんが、可能性のある銘柄はいくつか用意しております。

私も、確実にこれが、この時にとは言えないのです。

神様じゃないので、そんな予想は無理なのです。

しかし、この銘柄は買われる可能性が高いとしてレポートした銘柄のほとんどは、時間はかかっても、最終的にはほぼ上昇しております。

まあ、そんなに長くは待ちたくないでしょうし、私も待たせたくはないので、出来るだけ早そうなものを優先して推奨しているところであるのですがね。

ちなみに、以前ブログでご紹介し現在進行形で推奨を宣言している某銘柄(6723ルネサス)は押し目をコツコツ拾って頂いておりましたが、じりじりと上昇してきておりますね。

私の見立てでは1200円、1400円と進んで行く可能性の高い銘柄だと考えておりますので、このままメンバーには保有を継続して頂こうと考えている銘柄です。

まあ、気が変わって利食い指示を出してしまう可能性はありますが、現時点では中長期志向での保有をお勧めしているところです。

安いところでじっくり買えたはずですし、放置しても資産株になると思うのですけどね・・・。

まあ、配当を貰う銘柄にするか、短期で値幅を取る銘柄にするのかは、人それぞれの好みでありますし、そこは自由にやって頂きたいと思うところです。

ただ、お勧めはバランスよく組み合わせる事ですけどね。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

2338ファステップスがビットコイン関連の材料を発表してS高気配となりました。

メンバー向けに安いところをコツコツ拾って頂き、吹いた場面では一部利食いを入れて頂いたりしながら、本格上昇を今か今かと待ち続けて来た銘柄で、本当に思い入れ深い銘柄でしたが、これでやっと花咲いた感じです。

当初から4桁も狙える出世株になる可能性がある銘柄と説明して来たのですが、これでやっとといったところでしょう。

何処まで行くかは分かりませんが、楽しみにしながら動きを観察して行きたいと思っているところです。

「S氏の相場観」はこうした銘柄にも出会える機会がありますが、流石にこういう情報を無料でばら撒いたりはしません。

重要なところは、あくまでもメンバー専用であります。

ところで、このビットコインですが、正直言って私はあまり好きではありません。

今でもこんなものは詐欺的であると思っておりますし、いずれどこかで崩壊するだろうと考えているところです。

1年で倍にもなるようなものが通貨として利用出来るはずがありませんし、厳しすぎる銀行に代わるマネーロンダリングの舞台でしかないだろうと思います。

政治家もマネロンをしたいからなのか、野放しどころか支援までしている様な状態ですから、当分はなくならないと思うところですが、こんなものを野放しにしておけば、いずれ大変な事に成るのではないかと、危惧しております。

ですから、こんな材料を出すファステップスなる会社も、微妙だと思うところでありますが、私は株価が思惑通りに動いてくれれば利用させて頂くだけです。

そんな自分も・・・と思ったりもしますが、少なくとも私はメンバーの皆さまには喜んでいただいていると思いますし、やれることは何でもやりたいと、常に意気込んでいるところです。

とにかく、私の願いはメンバーの皆さまに勝利して頂くことであり、そのためには情報を集め、分析して行くのです。

まあ、法律は守っておりますので、その点はご安心して頂きたいのですが、ぎりぎりまでは切り込みます。

このぎりぎりがプロだと思うところですし、その位出来なければ10000円もの会費はいただけないなと思うところです。

ところで、長らく決着がつけられずに保有を継続して来た4100戸田工業と言う推奨銘柄がありまして、これを買ったまま退会されてしまったメンバーの方も居られました。

ですが、この銘柄は電池関連でよい技術を持っており、戦略もなかなかでありましたので、保有していれば必ず相場は出ると確信しておりまして、少なくとも推奨値段ぐらいまでは戻るだろうと考えており、ロスカットはせずに保有を訴え続けておりました。

それが、結果として電池相場の再来となり、買値を上回るところまで上昇してきてくれました。

泣く泣く退会されてしまった元メンバーの方も、これで大分助かると思いますので、特に来月は戻ってこられる方が増えるのではないかなと思っているところです。

以前にも書いたことがありますが、S氏の相場観の入会者の多くは一度退会した方なのです。

大抵は一度退会したら戻ってこないのがこの業界の常識ですが、うちは全くの逆で、殆どが再入会者であります。

派手な宣伝など何もせずとも、ちゃんと運営できているのは、こうした理由があるからなのです。

ちなみにですが、この電池相場がどこまで続くのかは分かりませんし、目先は何処までなのかも分かりませんが、世界の電気自動車はこの10年で何百倍、何千倍にも増えるだろうと思うところであり、10年後には多くの自動車が電気となっていると思います。



その時に優秀な電池が必要なのは言うまでもない事であり、それまでの相場を取りに行く相場が出るとすれば、戸田工は1000円越えでも全くおかしくないという事に成ります。

まあ、どこまで取りに行くのか?

そして、それはどのタイミングでなのか?

これは分らないのですけどね・・・。

ただ、ここまで来たら付き合ってみたいなと、思っているところでもあります。

最後にランキングをご確認ください → 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。