やはり押したところで弱気では勝てませんね。

売買動向を見ていると、先週も個人は大幅な売り越しでしたし、恐らく今週も売り越しでしょう。

先週は外資もやや売り越しでしたが、これまでの買いを考えれば何てことのない売りでしたし、あそこまで上昇すれば利食いも出るでしょう。

今週も同じような感じか、買い越しに転じたかでありますが、売りのピークは日経平均のチャート通り15日だったと思われます。

と言いますのは、外資が年内に利益を確定させる場合のピークが15日であった事と、水曜日が最も弱くなる事が多い事から、15日が下げのピークになる可能性が高いと予想できていたのです。

もちろんメンバー向けにレポートしておりますし、安いところで弱気はないとしておりましたし、ついでに買いたい銘柄を推奨しました。(7782シンシア)

その後、1000円のクオカードを100株以上の株主に贈呈すると発表し、微妙に高くなってきたのですが、16日は大幅に買われて高値にあと一歩のところまで来ましたし、本日は高値更新の可能性がありそうです。

決算が良いのに全体相場の影響で売られた銘柄であり、経験上こういう銘柄は美味しいとの判断でしたが、意外と短期で利食いできそうで満足しているところでした。

とにかく、日経平均の動きは相当きつく、買い方は追証になったでしょうし、売り方はここぞとばかりに売り乗せしたかと思いますが、流れがしっかりと見えていないと本当に恐ろしいですね。

追証でも頑張った投資家は救われそうですが、投げた投資家は苦虫を噛み潰したようでしょうし、売り乗せした投資家はまたも踏まれる事になるでしょう。

何度も「上昇の相場であり、押し目は強気で買い」だとして来ましたので、メンバー、ブログ読者各位におかれましては、まずまずの成績となっているのではないかと思われるのですが、世間一般の投資家の多くは儲け損なっているか、売りでやられているかが殆どでしょう。

まだ買いで取れる相場だというのに、本当に残念です。




では、ここから何を買ったら良いのか?

225は最高の買い場が過ぎてしまいましたし、一番買っておいた方が良いと思っている銘柄も、じりじりと上がってきており、最早安いところでは買えなくなってしまいました。

もう一回500円割れがあって欲しいな・・・と思っているのですが、流石にちょっと厳しいかも知れません。

まあ、未だ500円台前半ですし、この辺なら買ってもらってもいいかな?とは思っているのですが、やはり買い場は15日でした。

買うべき銘柄として当日もレポートしましたが、やはりあのような場面で買うのは美味しいですね。

また有ったら嬉しいのですが、仕込みは十分でしょうし、このまま行ってもらっても良いかなと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日の東京株式市場は大幅に下落し、多くの銘柄が大幅に値下がりしました。

個人があまり参戦していない相場ですから、兜町からの悲鳴は聞こえませんでしたが、それなりに唸り声位は聞こえてきました。

もちろん、投げさせられた投資家も結構いると聞きましたし、ミニクラッシュの様な一日であったと思いましたが、こういう場面は非常に美味しいですね。

安いところから買っているメンバーばかりであれば、別にこんな場面はなくとも良いとも言えますが、今月からのメンバーもいますし、これから買いたいという意欲的な投資家も居られるのです。

昨日の下げは、そんな勇気ある者に与えられたチャンスであったと思うところです。




銘柄によっては空売りも入ってきておりましたし、昨日は大分売りも増えたのではないかと思っているところですが、私が売り方だったら昨日は売れませんね。

空売りを仕掛けるとしたら、完全に相場が壊れてからであり、昨日の様な許容範囲での下げに関しては売ろうとは思いません。

昨日の様な下げは、あくまでも買いであり、売りではないのです。

随分弱気な意見もありましたし、あとで振り返ってみれば、買い場としてはなかなかのポイントだったと思っているところです。

まあ、急反発して一気に高値更新とか、そこまで都合のよい相場だとは思いませんが、とにかく安いところで弱気は禁物と思うところです。

しかし株というものは本当に難しいものですね・・・。

上がり続ければ怖くて買えないし、急激に下げても怖くて買えないのです。

程よく下げれば買えるのかな?とも思いますが、この様な上げ相場においては都合のよい場面はあまり出て来ません。

ただ、今回は急速に下げたものの、なかなかの下げだと思いますし、こんな局面で買って行けば良いだろうと考えているところでした。

まあ、後は銘柄の選別という事になるのですが、やはりお勧めはあれです。

もたもたしている内に、しっかりと仕込んで行って欲しいと思っています。

仕込みは安い内に行うのが吉ですからね。

多少の恐怖を感じる相場だとは思いますが、この恐怖の中にこそ、本当のお宝が眠っているのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

昨日は高い場面もあった日経平均でしたが、結局は値を消す展開となり、今朝も米国株などが安かったこともあって、マイナスでのスタートですね。

調整局面であり、あのまま上昇するはずはないと判断しておりましたので、昨日の朝のメンバーレポートでは「反発しているところの225は絶対に手出ししない様に」としておりました。

では、今日は安いという事は買いなのか?

まあ、詳しい事はメンバーレポート限定になります。

とにかく、日経平均は調整局面であり、現時点で一番力を入れているのは材料株です。

特に昨日は急騰する推奨銘柄がありまして、メンバー共々興奮していたのですが、大引けにかけては値を戻してしまいまして、つまらない思いをしたりしておりました。

吹いた場面を追うのはどうかと思うところですが、値を消したところは買い場として適切だと考えており、引き続きこうした緩い場面は狙って行って欲しいと思っているところです。

予想通りに、相場は材料株が主役になってきておりますし、ここで利益を得て行くには、こうした材料株を買って行く必要があるのです。




また、優良株で待ち伏せしたいであるとか、高い銘柄はより高くの相場であるので、上昇を続ける銘柄に乗って行きたいという考えもあると思いますが、やはり素直に材料株を買って行ったら良いのではないかと思うところです。

一つのポイントとしては、決算が良かったし、特に買われていたという程でもないのに何故か売られた銘柄とか・・・。

これは、今朝メンバーに推奨した銘柄なので、今ここでは発表しませんが、こういう安いところを買っておくと、後々利益につながって行くだろうと思っているところです。

今は日経平均はつまらないですし、決算が出ると売られたりするので、怖い銘柄が多いのですが、大分決算も出揃ってきましたし、通過した銘柄であれば、3か月は大丈夫ですからね。

この材料株相場を生かして、年末に向けてしっかりと利益を手にして行って頂ければと考えているところです。

昨日も書きましたが、この程度の下げを見て売りの事を考えてはいけません。

弱気になるような記事が増えてきておりますが、強気の記事よりも買えるものと判断して良いでしょう。

基本的に株は弱気で安いところを買いに行くものであり、強気で高いところを買いに行くものではないのです。

昔はこの程度の注意喚起でよかったのですが、最近は弱気のところを空売りする投資家が多く、本当に困ってしまいますが、注意して欲しいなと思っているところです。

まあ、とにかく日経平均は横目に、上手く材料株を買って行けば、明るい正月を迎えられるだろうと思いますので、是非とも、良質な銘柄を買って行って頂きたいと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。