225は米国株安の影響で弱い始まりでしたが、為替が円安に振れ始め、株も買われてきましたね。

まあ、買われたと言っても225で100円も上がっていないのですが、弱いだろうと思って見ていたのがプラスになっただけでも少し驚きでありました。

SQも通過してしまいましたし、先々円高要素しか見えないので、ここで株を買い進める理由は無いのですが、誰もが弱いと思っていれば買い仕掛けが入ることもあるという事でしょう。

この上昇に乗って買い進めたいとは思いませんが、この程度の強さの場合は材料株が主役になりやすいのです。




ですから、225ではなく、現在材料株中心で攻めている私にとっては嬉しい限りの相場です。

今のところ、多分に漏れず先々安い予想ですが、それでも材料株では買いで行けるとの判断ですし、こんな相場は適温相場という奴で、とにかくやりやすいのです。

まあ、時には怖いところも買いに行かねばならない時もあるのですが、やりようはある良い相場だと思っているところです。

さて、7日に当ブログで一般公開した3541農業総合研究所は覚えておられますか?

先週末にまずまずの決算を発表し、更に5分割の発表もありましたし、日本郵政との新拠点設置のニュースもありまして、本日S高買い気配となりました。

朝方は相場全体が弱く、S高手前で寄り付いてしまいましたが、その後は旺盛な買いでS高まで上り詰める事が出来ました。

商いが薄い銘柄で、取り組み難い銘柄なので、皆さまが買っていたかどうかは分かりませんし、買っていても目先の下げで売らされていたかも知れません。

メンバーには「下げても買い場であり、諦めるような場面ではない」とサポートしておりましたが、流石に一般の方にまではそこまでサポートする訳にも行かず、売らされていなければ良いな・・・と、願うしかありませんでした。

そこまでやってしまいますと、流石にそれはメンバーの不利益になりますし、仕方のない事でしょう。

この他にも色々ありますし、今日はメンバーに新規銘柄を推奨しようと思っておりますので、そういう銘柄を買って行って頂ければと思っているところです。

さて、先々相場は安くなると見ている訳ですが、根拠としましては、今の政策では止めようのない円高の進行が挙げれます。

これは、米が金利を上げなくなる可能性が高まっているためですが、金利を上げないだけでも円高要素となります。

そして、円高となれば輸出企業は厳しいので、225はとても苦しい状況に至ります。

その状況で秋には消費税増税・・・。

もはや国内経済は壊滅的ダメージを負う事になるでしょう。

軽減税率だとか、補助金だとかではどうにもならないでしょう。

また、この軽減税率ですが、小売業にとっては逆に大きな負担になるのです。

一律の方がよほど楽ですし、カネもかかりません。

一部の商品だけが税率が低いとなりますと、そのデータ入力もさることながら、新しい会計システムも必要になるのです。

新聞屋は新聞だけを売っているので問題はないと思いますが、コンビニなんて大変な事になりますからね・・・。

どう考えてもよい事なんてありませんし、このまま行けば日本経済は大打撃も良いところであり、回復には10年どころの騒ぎではありません。

これほど酷くなるのは素人にも分かるのですから、財務官僚も分からない訳がないのですし、政治家だって分かっているはずです。

となれば、増税先送りか、凍結という選択肢が現実味を帯びる訳で、それがいつどう出てくるのか?

まあ、いずれにしても5月頃か?と思っているところであり、それまでは相場は荒れ放題という事になりそうです。

政策次第では色々変化する可能性はありますが、5月頃までは荒れる可能性が高い。

そんな風に考えておくべきだと思っているところです。

とは言え、やりようがない相場ではありません。

やりようによっては大きく利益を出すチャンスでもあるのです。

それが出来るのは、小口の投資が出来る個人投資家の強みであり、これを生かさない手は無いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

SQ通過後にどう動くのかが気になって観察を続けているのですが、意外としっかりな展開が続いておりますね。

今回のSQは21000円程度まで上昇して迎えるのではないかと私は予測していたのですが、それには及びませんでした。

まあ、目標には物足りなかったのですが、上昇はしておりましたし、方向的には舵取りを間違えていなかったので、悪くはないでしょう。

という訳で、思ったよりは上昇しませんでしたが、その分だけSQ算出後の反動が少ない状態であると言えます。

ただ、今週末は三連休ですし、これを前に20300円台を守り切れるのかどうかが一番気になっているところです。

さて、色々と気になる相場ではあるのですが、アナリストの予想を見ていると、いつの間にか上昇予想をしているアナリストが居なくなりました。

私自身も上昇の可能性は低いと思っているのですが、10人中10人が下げ予測で、本当に下がるのか?という疑問は沸いてきております。

経験上、相場というのは皆が予想する方向には動きませんからね。

ただ、一つ思うのは、弱気は弱気でも、「売れる弱気」と「売れない弱気」があるのです。




売れる弱気の相場というのは「とにかく持ち株を全て手放したい!更には空売りも!」となります。

まあ、空売りが入ってきますと、これはこれで下げを止める効果があるのですが、皆が手持ちを投げてしまう程の相場になりますと、瞬間的には下げても実はそれほど酷い下げにはならないのです。

一方、売れない弱気の相場というのは「希望が持てる状態が続いているとか、下がるとは思うがもう少し持ったままで良いだろう・・・」の様な場合ですが、これが一番危ないのです。

この程度の弱気ですと、じりじり下げて、いずれ売らされるような酷い動きになるのです。

そういう視点で見た場合ですが、今は意外と後者の様な感じで、弱気は弱気なのですが、売るまでではない・・・。

そんな風に思うのです。

そう考えますと、皆が弱気でも弱気の質には注目したいところです。

ただ、これはもう少し情報を集めながらじっくり考えたいと思っているところです。

まあ、とりあえず、皆が弱気ですので、逆に上昇する可能性もあると頭の片隅には考えておくべきだと思っているところです。

とは言え、やはり225はどこかで下に向く可能性は高いでしょう。

材料株も中国や韓国に絡んでいる様な企業はかなり苦しくなると思っています。

米中冷戦のせいではありますが、これは間違いなく米に正義があるのです。

中国は自由貿易をと言いながら、補助金は出すし、情報は盗むし、奴隷は使うし、輸入制限はするしで、何処に自由があるのかさっぱり分からないのです。

そもそもこんな国をWTOに入れたのは誰なのか?

本当に酷い話ですが、とにかく今まで放置してきた問題に、やっとメスを入れてくれたのがトランプ大統領なのです。

日本はこれを応援しなくてはならないし、今まで中国に加担してきた企業は制裁されていくでしょう。

ですから、そういう危険性のある企業の株は買わない様にしなくてはならないですし、余裕があるならば空売りもして行けば良いと思っています。

225が上昇したとしても、そういうところは下落して行く可能性が高いですからね。

後は米中がどうなろうと、日本企業がどれ程制裁されようとも問題ない企業を買って行けば良いのです。

特に2019年からテーマとなる銘柄に絞れば、もっと良い結果に結びつくでしょう。

動きを見ながら色々推奨して行きたいと思っておりますので、メンバーは銘柄の発表を引き続き心待ちにして頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

大発会は大幅安で始まった東京株式市場でしたが、その後は米国株高と円安の影響で戻り歩調でありました。

米国株高はまだ続いているのですが、為替は円高になってしまったために225先物は売られておりますね。

今回の戻りはSQを意識したものであり、本格的な上昇だとは考えておりません。

ですから、いつ反落しても全くおかしくはないのですが、それでもこの反落はまだ少し早いだろうと感じているところです。

この反落をどう捉えるかですが、これはなかなか判断が難しいところでしょう。

明日のSQに向けて買いで入るべきか、それとも様子を見て行くべきか、はたまた売りとするのかでありますが、未だ本格的な下げの再開とは思えませんので、とりあえずは様子見が正解でしょうね。

ただ、やはり気になっているのは空売り比率で、連続で20日以上40%越えの状態であるような記事を見ましたが、実質的には去年の10月からずっと空売り比率はほぼ40%越えなのです。

ですから、多少戻ってはいるが、売り勢力は引き続き売りから入っておりますし、まだまだ下がるとの見方なのでしょう。

そして、私自身もまだまだ下がると考えているところです。

ただ、目先としては一旦止まるところまで売ったと思っておりますし、このまま下げ続けるとは思っておりません。

下がるにしても、一旦は反発するでしょうし、下がるならば目先は買いで考えれば良いと思っているところです。

まあ、あくまでも目先ですが、売りは目先とは言え間違うと厄介な事になってしまいますからね・・・。

買い以上に気を付けて売りを行っていく必要があるでしょう。




ただ、やはりそれでも買いで!と考える投資家も多いですし、私自身も買いの方が得意ですから、こんな相場でも目先買われるであろうセクターは既に見つけております。

後は銘柄を絞るだけなのですが、この様な相場ですので、慎重に選定を進めているところです。

大口の投資家であるとか、ファンドなどの動向も考えなくてはなりませんので、なかなか難しいところではあるのですが、メンバーには良い銘柄を提供できるであろうと思っているところです。

まあ、世界情勢は厳しいですし、2019年は買い方にとってはあまり良い年ではないのでしょうが、それでも何とかするのが私の仕事です。

ただ、本当に気を付けないと大変痛い思いをする結果になりかねませんので、十分に注意してこの相場に挑んで頂ければと思っております。

とりあえず売りから始まる今日の東京株式市場ですが、積極的に売り叩ける程の状態ではないので、安く寄ってからどうなるのかをしっかりと見極めて、そこから次の行動を考えて行けば良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。