今日の東京株式市場は米国株安の流れを受けて大幅安での開始となりました。

またもや荒れ模様の相場展開ですが、原因はappleの不調と、ゴールドマンの不正問題という事でした。

appleの不調は目に見えていたことであり、特に驚きも何もないのですが、ゴールドマンの不正は他の問題の発覚の可能性もありそうで、この辺の不透明さがいけないと思っているところです。

株式市場というのは、とにかく「不透明」という言葉が大好きで、これをネタにどんどん売ってきますからね・・・。

ただ、先月末に不安を煽って21000円割れまで売り叩いた相場がありましたが、現時点でこれを上回る不安を作り出せるでしょうか?

まあ、不安は色々ありますし、可能と言えば可能ではあるのですが、それでも今回の下げは緩やかに調整すると思っていたのが、急激な調整となっただけの様な気がしているところです。




大分弱くて225は21500円割れまで売られてきましたが、一応ここまでならば想定の範囲内ですし、とりあえず買って見ても良いかな・・・と、思っているところではあります。

ただ、正式に225を推奨する程の自信ではなく、とりあえずここは買って大引けにかけて再度売られて21500円を割り込んで引けるようならば、手仕舞いしてしまうべきだとは思うところです。

さて、ざっと見ていて思うのは、225は大分酷いのですが、材料株はそこまで酷くはないなと。

特に今、期待大で推奨している銘柄があるのですが、それなりに下げてはいますが、かなり強い印象を持っています。

特別目立った売り物も出てきませんし、大分玉が沈むところに沈んでいるのではないかという印象です。

こういう動きをしている銘柄は、気付いたらプラスになり、高値更新になっている。

そんな感じで見ているところです。

こうした押し目は仕込み場としてなかなかよい場面であり、見逃してはならないと思っているところでした。

出来る事ならば、もう少し押したところで買いに行きたいのですが、思惑通りの押し目までは期待できない可能性の方が高そうです。

その他でも色々面白そうな銘柄があるのですが、とにかくこの押しは弱気というよりは強気で見て行ったらいいように思っているところです。

ただ、先にも申しましたが、大引けで21500円を割り込んでくるようならば、少し警戒は強めなくてはならない場面だと思っているところです。

底割れはしないと思っているこの場面で底割れすると、非常に痛いですからね・・・。

特に12月はソフトバンクの上場があります。12月に入りますと、同社のための換金売りも出てきますし、市場にとっては重しとなります。

それを上回る好材料でもあれば良いのですが、なかなかそこまでのものはないのではないかと思っているところです。

あるとすれば、全体的な割安感・・・。

ただ、今日この瞬間は強気で買ってみたいと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は何の変哲もなく反落しましたね。

教科書通りと言いますか、まあとにかく面白みも何もない動きです。

とりあえず、目先は売り叩ける材料はありませんし、買い上がる材料もありません。

まあ、どちらかと言えば売り叩かれる可能性の方が高いようには思いますが、それでもまあ揉み合いではないかと思っているところです。

ちなみに、売り叩かれる可能性のある材料としては、一見好材料に見える原油安ですが、産油国としての米には打撃の部分が大きいです。

また、何故に原油安かと考えますと、やはり中国経済が思わしくないのでしょう。

中国から発表される経済指標は全く問題ないとしても、それが真実のものである訳がないので、それを信じる投資家がどれ程居るのか?でありますが、現実に取引される原油価格には経済の現状がストレートに表れますからね。

ここまで連続で原油価格が下がるという事はほとんどありませんし、それだけ状況は厳しいという事になるのだと思います。

今のところ中国は開かれた国になるとか、寝言の様な事を言っておりますが、現実はこういう事なのだと思うのです。

ですから、ここから先何年かで何百兆円だか千兆円だか興味がないので忘れましたが、外国のものを買うとか言っておりましたが、現実的には無理なのではないでしょうか。

金に困ってドルを売るとか、そんな話が脅しを含めた感じで発信されたこともありましたが、中国がドルを売ったら、それこそ中国元の裏付けが無くなるのですから、ドル売りの後に待っているのは元の暴落しかないでしょう。

そう考えますと、中国は最後の最後までドルは売れないであろうと思うところです。

さて、この中国ですが、所謂「米中貿易戦争」という言葉が最近多く聞かれますが、貿易という枠で見ては全体像が見えません。

事の発端は十何億人だか居る人民を顧客にするために、中国を豊かにしてやろう・・・から始まったのだと思いますが、豊かになった結果中国がとった行動は、あの大陸何千年の歴史通りで、侵略の再開であったのです。

本来、他国を侵略し始めた時の大統領であったオバマ氏は、これを止めなくてはならなかったのですが、世界の警察はもうやらないと宣言し、南シナ海の軍事開発を見逃したのです。

その結果、アジアは中国の脅威にさらされ、日本もまた脅威にさらされる結果になりました。

本来自衛隊は、米に頼らずとも、あの軍事開発を止めさせるべきでしたが、日本もこれを見逃しました。

そのツケを清算しなくてはならないという事で出てきたのがトランプ大統領であり、解決するための作戦の中の一つに貿易関税が含まれているだけであり、起こっているのは貿易戦争ではなく、米中戦争であるのです。

南シナ海の軍事開発は容認しないし、ウイグルの虐殺も見逃さない。

ですから、貿易問題が多少良い方向に向かいそうだと思っても、それで米中が仲直りすることはあり得ないのです。

実際のところ、中国は他国から産業技術、軍事技術を盗みまくっており、今のところは未だ脅威に達しておりませんが、このまま放置すれば本当に脅威に達するでしょう。

仲良くしていれば良いという解決策はないのです。

彼らは、自分よりも弱いと思ったら簡単に侵略して行くのです。

本当にどうしようもない国であり、放置していてはいけない国なのです。

それをよく考えて行かないと、本当に先行きを見誤ると思っているところです。

ですから、最終的には中国は潰されるところまで行くか?

それとも米国をしのいで覇権国になるか?

米をしのぐと思えば、中国は買いですが、しのげないなら売り。

それだけの事です。




さて、日本株ですが、225はともかく、材料株は面白くなってきておりますね。

この状況ですと、大化け株が出てくる可能性が高まっていると思っています。

特に今仕込んでいる某銘柄は非常に有望です。(ヒントはブログランキングに掲載中)

ただ、気になるのは12月19日に上場が決まったソフトバンクです。

これを買うための換金売りが、12月に入ると本格的になってきます。

個人投資家ももちろんですが、機関投資家もまた構図は同じです。

個人と機関投資家、どちらの影響が大きいのかは分かりませんが、いずれにしても株式市場の外からの資金流入はほとんど期待できないので、どうしても売り圧力が出てくるという事になります。

そう考えますと、12月の相場はちょっと気が重いな・・・と。

ただ、IPOが終わってしまえば、後は落ち着いていくと思いますので、国際情勢に問題が無ければ、そこから株高シナリオかな?とは思います。

まあ、国際情勢は問題だらけですので、そう簡単には行きそうもありませんけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は無難にSQを通過しましたが、その後は方向感なく小幅な値動きで彷徨っておりますね。

まあ、テクニカル的には非常に重いところですし、このまま上昇するのも難しいでしょうから、こんなものであろうとは思っているところです。

予想としましては、横ばいか上昇ですが、横ばいの可能性の方が高いと思っているところです。

一方マザーズですが、どうにか1000ポイントを回復してきましたね。

地獄の底まで売り叩き、本当にどこまで売るのやら・・・と思いながら見ていたのですが、あそこまで売って、ここまで戻ってきたのですから、当面の底値は確定と思っていて良いでしょう。

個人の売買も活発になってきている様ですし、とりあえずは良い流れですが、いずれ個人の回転が効かなくなって来れば、また酷い下げを演出されて、多くの個人が殺されるような相場になるでしょう。

そうなるまでの間に、いかに稼いで行くかが重要なポイントとなる訳ですが、ここ数日で新たなテンバガー候補銘柄を発掘しましたので、これをメンバーにご提供しているところです。




前回のテンバガー候補銘柄は、大幅に上昇する局面はあったのですが、今のところは未だその域に達しておりません。

時間も経ってしまいましたし、当初の目標までは行けない可能性の方が高まっているのですが、新たな銘柄にも資金を振り向けて頂き、利益を目指して行って頂ければと思っているところです。

さて、世の中で気になっている事ですが、所謂軽減税率であるとか、ポイント付き電子マネーであるとか、いかに増税ダメージを減らすかについてが話し合われておりますが、そもそも増税に耐えられるのでしょうか?

軽減税率の話は、どさくさに紛れて新聞が公共性が高いとかの理由で8%据え置きというのが馬鹿にしている話だとは思うのですが、イートインの利用なら10%で、持ち帰りなら8%。

飲食禁止の掲示をすれば店員が意思表示を求める必要が無いという事ですが、持ち帰りを宣言して店内で食べて行く客を取り締まれるのでしょうか?

そもそもレジ打ちの時に、品目ごとに消費税を打ち込まなくてはなりませんし、最近流行りのセルフレジなんてどうするのでしょうね・・・。

消費者がそこまで対応してくれるでしょうか?

それと、そもそも消費税を増税して日本経済は大丈夫なのか?

外国人も連れてきて安く働かせる計画の様ですし、我々の所得が上がりそうな話は何処にもありませんね。

バカな政治家を送り込んだ我々の責任でもありますが、本当によく考えて投票して行かないと、我々の生活は苦しくなる一方です。

せめて、声を上げて、消費税には反対すべきだと思っているところです。

日本は黒字国家であり、大至急財政を健全化する必要などないのですからね。

まあ、当分所得が上がりそうもありませんが、騰がりそうな銘柄はありますので、株式市場からお金を持って帰って頂ければと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。