米国株安の影響で日本株も概ね下げとなっておりますね。

225の下げは300円を超える場面もありますし、先週のSQの値段をも割り込んできてしまいました。

これが日本株だけの下げであるならば、遂に相場は日本の未来を売りに来たな・・・となるのですが、米国株安から始まっておりますし、この下げはあくまでも世界の流れの中の一つとでも捉えておけば良いでしょう。

とりあえずはまだこの下げは問題ない相場の一場面だと考えております。

折しも今日はNY市場のSQ算出日ですし、これを狙った売り仕掛けとでも考えておけば十分だと思っているところです。

ただ、今後の日本の事を考えますと、確かに売っていた方が確実性が高い相場の様な気はしてきております。

今のままであれば、いずれ下げる可能性は高いですからね。

とにかく気になるのは、来週の首相訪中です。

先日の日経新聞で伝えられたことが約束として取り交わされると、日米通商交渉の行方がガラッと変わる可能性があります。

今は米は日本を仲間だと思ってくれているはずですが、あの内容で中国と約束したら、米は日本も敵とみなしてくる可能性が高いですからね・・・。

これは恐怖を感じない方がどうかしていると思うのですが、新聞を見ていると、基本的には「中国と仲良くすることは良いことだ」という論調で書かれている事が多いですし、メディアもまたそういう方向に報道している様に思えてなりません。

本当に危機感で一杯の訪中ですが、国民の多くがこの危機に全く気が付いていないような気がしてなりません。

消費税とは、そもそも低所得者程負担が大きいものであり、低所得者ほど声を上げるべきなのですが、全くそういう声は聞こえてきません。

また、円安にしてもそうです。

低所得者程円が高い方がものが安く買えて良いのです。

特に輸出企業に勤めていない人にとっては、円安は悪でしかありません。

そもそも自国通貨の価値が下がって何が嬉しいというのか?




多くの製造業は、既に海外に出て行っているので、それ程円安にこだわる必要はないだろう?と、トヨタやキャノンが儲かったって、俺たちの給料は上がらないと、声を上げるべきなのですけどね。

まあ、一つだけ輸出企業が儲かって、我々庶民がその恩恵を受ける手段があります。

言わずと知れた株式投資でありますが、これならば儲かっている輸出企業の株を買えば、配当がもらえますし、買値より騰がれば売却益も得られるでしょう。

それなりに見る目が必要となりますが、株式投資までやって、輸出企業を買って「円安を望む!」なら分からなくもないのです。

ただ、多くの国民は、株はやらないし、円安にも文句を言わないのです。

本当に損だけさせられて黙っているという愚かさ。

理不尽もありますし、思わぬ結果が待っている事もありますが、真剣に株と向き合い、経済、政治と向き合う事により、日本のために必要なことが見えてくるのではないかと思うのです。

人間は、儲けたいと思うと物事を真剣に考える事が出来ますし、株式投資が経済や政治の勉強の入り口になって行けば良いなと思いながら、今日もレポートを書いているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

あまり危機を煽るのようなことは言いたくないですが、どう考えても日本の将来は暗いですね。

原因は多岐にわたりますが、とにかく日本の政治が酷すぎるところが一番の問題だと思っています。

消費税増税は特に酷いと言えますが、財政健全化という言葉を持ち出し、公共事業を縮小し、更には増税で国民からカネを巻き上げる。

見直すべきは公共事業の質でありますし、民主党が政権を取った時に行った事業査定は正しいものでありました。

問題は、査定能力が無かった事であり、国民の関心を集めやすいところを狙い撃ちした劇場型査定であったから問題だったのです。

ダムは要らないとか、コンピューターの性能が世界一でなければだめなのか?とか、マスコミ受けはするでしょうが、本当に馬鹿な事ばかりを並べて査定しておりましたからね。

理念は正しいのに、やっている事が酷すぎました。

本当にどうしようもない人達で、その結果が今の地位という事になるのだと思いますが、とにかく事業査定は確かに必要なのです。

街の中をぱっと見ただけで、その工事は不要であろうというものが、素人目にもありますし、どう考えても要らない建物も沢山あります。

景気とは無駄の上に成り立っているものだとも思いますが、税金はカネを生む事業に使うべきであり、存続する限りカネがかかるものを作るべきではないのです。

民間が利益を出せない分野で、行政主導で利益を出せる訳がないのです。

まあ、中には特殊な例もあるかも知れませんが、概ね駄目であることは確かなのです。

ですから、間違っているのは使い道であり、使うべきところを間違わなければ、今より国債を発行して資金を募って公共事業をやっても良いのです。

子や孫に借金を残すのかと、言い返されそうですが、借金しても資産が残れば良いのではないですか?

我々だって借金をしながら生活していますし、今は借金でも資産になるならそれでよいでしょう。

さて、既に死語の様な気もしますが、アベノミクスはカネをばらまいた振りをして何とか今までやってきました。

振りというのはいうのは、銀行金利は下げるが、公共事業はやらないので、需要を作らないので意味がないという事です。

銀行にカネを貸せと迫りつつ、貸し倒れが発生すれば銀行は処罰。

本当に馬鹿げているとしか言いようがないのです。

その結果として生まれたのが円安で、輸出企業はそれなりに儲かって来ました。

しかし、それもそろそろ転換点ではないかと思うところであるのです。

原油も高いですし、円安も進んでいます。

輸出企業は儲かっていたとしても、我々庶民は完全に狙い撃ちされた犠牲者なのです。

それに加えて消費税増税。

どれだけ鬼なのでしょうね・・・。

そして、何より愚かなのは、これらの事に庶民が気付いていない、もしくは諦めているのです。

しかし、現実に生活が破壊されれば、流石に庶民も騒ぎだすのではないかなと、思いますし、騒がないまでも景気は確実に悪くなるでしょうね・・・。

元気なのは外国から受け入れる外国人ばかり。

本当に最悪の国になりそうです。

今はまだ円安で儲かるし、株も騰がると思っています。

しかし、必ず転換点は来ます。

「円安は悪!」

そんな時代がもうすぐ来るかも知れません。




相場の世界はそこらが転換点。

それでも儲ける企業はあるかも知れませんが、多くはまずいでしょうね。

輸出も米国の対中政策により環境が激変しますから、生き残れない企業も出てくる事でしょう。

株で儲けて行くのがどんなギャンブルよりも確率が高いのですが、見極めが出来ないと危ないという事も知っておく必要もあるでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

来年10月の消費税増税を首相が語ったのは衝撃的でした。

政府以外の有識者の多くが反対する中、どうしてここまで愚かなことが出来るのか・・・。

賛成しているのは御用学者ぐらいなものなのですけどね。

問題となるのは財政赤字ではなく、資金の調達先なのです。

日本に無駄があることは確かですし、本当にやるべきことに資金を集中させれば、もしかしたら今の予算でも間に合うのかも知れないな・・・とは思ったりはするのですが、とにかく資金の調達で国債を発行すれば、国内で瞬時に消化されるのです。

日銀が買っているという現実もありますが、買わずともそれなりに需要はあると見てよいのです。

本当にダメなら既に国債は暴落なり、値下がりなりしているはずですからね。

とにかく、対外債務どころか、対外債権があるのですから、余裕のある内に改革を進めるしかないのです。

今回の会見で衝撃的だったのは、とにかく首相は国民を見ていないし、日本の将来も考えていない可能性があるという事です。

外交の上手さはありますが、それ以外はどうも問題ありだと思えてなりません。

ただ、その外交も26日の訪中でおかしくなる可能性も出てきているように思います。

16日の日経新聞一面からの抜粋ですが、経済と金融において話し合われるとしているのが、

・通貨危機時に人民元と円を交換する通貨スワップの再開

・先端技術、知的財産分野で連携する新たな枠組みを創設

・第三国でのインフラ開発協力で覚書締結

・東日本大震災以降続く食品の輸入規制の緩和

・安全保障では制服組トップの統合幕僚長が11年ぶりに訪中

・海難救助の協力の在り方を定める協定に署名

全て問題ありです。




これらの約束を交わす前にやるべきことが山積みなのです。

中国は連日日本の領海を侵犯し続け、虎視眈々と尖閣諸島を狙っています。

最近侵入してきているのは、中国海軍の船であり、これを海上保安庁が追い払っている状態で、少なくともこの状況が改善しない内に中国との対話はあり得ないのです。

また、ウイグルやチベットに対する弾圧に関しては、米ではトランプ大統領と争った有力議員であるルビオ氏が中心となり、この問題に切り込んでいっておりますし、イギリスや欧州のメディアもまた、この問題に切り込み始めております。

世界は中国包囲網を形成しつつあるのに、日本が助け舟!?

馬鹿だとしか言いようがないです。

このまま中国を助けるような方向で首脳会談が行われるようならば、本当に日本はどうなってもおかしくないと思っているところです。

残念なのは、これほど危機的状況であるにもかかわらず、マスコミはこうした大事な事をまともに報道していないのです。

今、もしこのまま増税に走るのであれば、完全に先行きは暗いとしか言いようがないのですが、それでも一つ日本が豊かになれる方策はあるのです。

それは、尖閣諸島付近で、堂々と資源開発をすることです。

国際法上は間違いなくあそこは我が国の領土であるのですから、対中包囲網を生かし、資源開発に乗り出すべきなのです。

いつまでも中国の顔色をうかがう外交ではダメです。

中国を支援し、今まで良いことが何かあったでしょうか?

今までもないし、これからもないのです。

支援の話をするのは、中国共産党が崩壊してからで良いのです。

さて、株の話ですが、先々不安要素は沢山ありますが、今のところはこれを目指して売るべき相場だとは思っておりません。

崩壊するのは行くところまで行ってから。

これが株の世界の常識です。

先日の225急騰で行くところまで行ったのかですが、今のところそれは無いと思っておりますし、まだ先はあると思っています。

では、その後の急落は何であったのか?

それは、あくまでもSQに対する仕掛けであり、一時的な下落であったと考えているところです。

難しい相場ではありますが、動きに対する理解さえ出来ていれば問題はないのです。

これからも色々と起こるとは思いますが、的確に情報を分析し、戦い抜いていって頂ければと願っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。