日経平均が乱高下気味になっておりますね。

依然としてボックスの中で上にも下にも抜けて行きそうもない感じはしますし、ボックスの中では荒っぽい感じになってきておりますね。

先物の売買を中心にされている方にとっては、多くの場合は苦しいのではないでしょうか。

まあ、乱高下もうまく乗れれば爆益でありますが、なかなかこの情勢下でそこまでは上手くは行かないだろうと思っているところです。

また、相変わらずではあるのですが「押したら買って、上げたら空売りして」と活発な取引をしたい方からの225助言要請もあるのですが、私の方針は基本的に押し目買いであり、余程のことがなければ空売りは推奨いたしません。

先物の勝負は、本当に勝てる可能性が高いと思った時にだけやればいいのです。

毎日、毎日、ポジションを持って勝負しようとするから負けるのだと、何度も助言しているのですけどね・・・。

特に今の相場は本当に分かり難いです。

感覚的には見えておりますが、それにしても今は様子見が正解でしょう。




一番分かり難いのは、やはりトランプ氏による貿易戦争の勃発です。

貿易戦争に発展するとか言われていたのは、もう過去の話であり、既に貿易戦争は勃発したのです。

そして、この戦いの行方がどうなるのかが、世界の誰にも予想できていないのです。

もちろん私も予想できない事ですが、一つだけ確かだと思っているのは、米はこの貿易関税によって「デフレに引きずり降ろされる懸念」は後退するだろうということです。

関税を引き上げることにより、間違いなく物価は上がりますからね。

ただ、問題は需要増による物価上昇ではないので、今のままでは悪影響しかないでしょう。

日米欧の中央銀行総裁が20日に経済シンポジウムを開き、皆で話し合ったようですが、いくら中央銀行が資金供給をしても物価は上がらないとの認識で一致したようです。

物価の上昇は、確かにマネーがばらまかれれば、上がる部分はあるでしょう。

しかし、生産性がここまで向上して来てしまいますと、単にカネをばらまいただけではインフレにはならないのです。

必要なのは、仕事なのです。

確かに経済人が言っていることも分からなくもないのです。

例えば、インターネットや携帯電話の普及が進み、皆が欲しがるようなものが既に無くなった。

これも間違いではないのですが、次に皆が欲しがるものが出るまではデフレになるしかないのでしょうか?

世の中にはまだまだ足りないものが沢山あるではありませんか?

高度経済成長期に沢山作られた道路もトンネルも橋もボロボロになってきており、水道や下水道も老朽化していっている。

これを民間に何とかしろというのはおかしな話であり、これらは行政主導で行うべき事業ですが、これを行っていけば労働者は確実に利益を得るのです。

それはまあ、ゼネコン幹部はピンハネして儲けたりするでしょうし、面白くないことも多々起こるとは思いますが、確実に労働者は潤うのです。

流石にそろそろこの辺に気が付いてほしいと思うのですが、トランプ大統領はこの辺を分かっているのだと思います。

未だ実現しておりませんが、巨額のニューディール政策は、彼の公約ですし、これまでの行動からすると、これもまた実現してくるものと思うのです。

この政策が実行されれば、米は確実に今の景気を伸ばして行けるでしょうし、実現が難しかったインフレ目標も達成できるでしょう。

まあ、問題は所謂財政規律でありますが、米は他国に借金の状態ですからね。

しかし、何の勝算もなく実行するとは思えませんし、実行となれば勝算ありとなったということになるでしょう。

貿易戦争を仕掛けながらも、米国株は非常に堅調である理由は、この辺への期待もあるのではないか思いますが、全く付いて行けない日本は、情けないの一言です。

何故にここまで付いて行けないのか?

それは、やはり消費税増税への警戒感でしょうね。

米は大幅減税も実行しておりますし、とにかく景気に配慮した政策が多いですが、対外債務がない日本が増税に動くのですからね・・・。

国益よりも自分たちの省益しか考えていない官僚と、官僚の言いなりの無能な政治家・・・。

これでは株価も低迷して当たり前でしょう。

これまで2度の消費税増税の延期がなされましたが、その間も消費は鈍るばかりなのは、この影響が大きいのです。

誰もが増税を睨み、消費を細らせる。

ただこれだけのことです。

「もう増税はしません!」「公共工事もやります!」と米のように減税まではしなくとも、この二つだけで十分景気は上向くでしょうし、インフレ目標も達成していくでしょう。

今までバラマキを続けた日銀は、これでやっと正常化に向かえるのです。

増税ありきでは、いつまで経っても日銀の悩みは消えないでしょうけれども、ちょっと変えるだけで、日本の未来は明るくなるのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

寄付きから1時間ほどが経過しましたが、今日は狭いレンジで方向感のない展開ですね。

ただ、マザーズ指数は1%以上の値上がりですし、材料株は悪くない値動きですね。

全てとはいきませんが、昨日は大分叩いておりましたし、目先としては下げもここまでかと思って見ているところでした。

ただ、現状は緩やかな下降トレンドであり、ここに変化が出るかどうかには注目しています。

トレンドが変わらなければ、今回の上昇は1150ポイント付近であろうし、頑張っても1200ポイントまでは届かないでしょう。

ただ、ここを超えてくると状況の変化に期待は持ててくると思っているところです。

ところで、先日の大阪の地震でお亡くなりになられた5人の方々には、改めて心からご冥福をお祈り致したいと思いますが、中でも心を痛めたのはブロック塀の倒壊で犠牲になってしまった小学生でした。

この地震大国日本で、しかも小学校であんなに高く危険なブロック塀を未だに残しているのがどうしても納得がいかないのです。

今までブロック塀の下敷きで、何人の命が奪われ、何人の負傷者を出したのか・・・。

二言目には予算がないと切り捨てる行政と、政治家でありますが、緊縮の結果とも言えます。

確かに無駄な箱モノは要らないと思います。

田んぼの真ん中の鉄筋コンクリートのコンサートホールとか、意味が分かりませんし、本当に無駄な箱モノをいくつも作ってきましたので、国民の目からは「公共事業=悪」のように映ってしまうのかも知れませんが、やらなくてはならない公共事業は山ほどあるのです。

高度経済成長期に沢山作られた橋やトンネルは築50年を迎えるものが多く、その内大地震によって倒壊する可能性が高くなってくるのは明白であり、本当にこのままでは大変なことになってしまうでしょう。

何かやると言えば、直ぐにプライマリーバランスがどうだとかと言いながら、何かをやるとすぐにどこかにしわ寄せが行くのですが、日本の景気が良くならないのはこの辺に大きな原因があるのは明らかなのです。

基本的に日本は外国に資金を頼っている訳ではないのですから、国内で調達できるカネがあるならば、それを活用して必要な公共事業をやればいいのです。

無尽蔵にやれとは言いませんが、明らかに今よりは沢山やるべきです。

特にお上はこれから消費税増税を実行しようというのですから、これはもう「国内の経済を壊滅させる気か?」としか、言いようがありません。

公共事業と言いますと、直ぐに無駄と言いたがる人がいますが、たとえそれが建設業者を儲けさせることになったとしても、建設業者が日本の会社であれば、納税だってするでしょうし、多くは国内の消費に使われるのです。

しかし、これからは外国人も受け入れて、建設業などをやらせようというのですから、もはや富のバラマキ以外の何物でもないですね。

人手不足という問題があるのでしょうが、外国人の受け入れは一時的な効果しかなく、根本的な解決にはならないのです。

日本人の若い人が建設業に入ってこないから安易に外国人に頼るのではなく、若い人が入ってくるように創意工夫するのが国の役割なのではないでしょうか?




デフレとは、需要がないことから始まっているのですから、デフレを脱却したいならまずは需要を作ればいいのです。

それこそ、全国のブロック塀の法的禁止でもいいでしょうし、とにかく危ないものはなくさなくてはならないでしょう。

もう二度と、地震でブロック塀が倒壊して人の命を奪うようなことはあってはならないのです。

大津波のような、本当に避けられない、どうしようもない災害ならともかく、ブロック塀位なら大した金もかからないですしね。

やれることはどんどんやるべきだと思いますし、国民一人一人が少しでも安全な地域を作り上げていくことによって、国もまた安全になっていくのであろうと思います。

さて、株の世界も時々災害のような場面に出くわします。

予想できればいいのですが、全てを予想するのは難しいですし、どうしても被害が出てしまうのです。

場合によっては、本当に回復不能と思われるような大損害も出ます。

しかし、それは日頃からの備えによって回避はできるのです。

損失を完全に回避することはできずとも、最悪の事態だけは避けられるのです。

まあ、実はそれほど難しいことではないのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

寄付きは堅調だった225でしたが、じりじりと値を下げて先ほどからマイナス圏に入ってますね。

信用買い残が減少してきておりますし、大分整理は進んできたかとは思うのですが、未だ叩かれるのかな?と見ているところでした。

ただ、日米の相場を見ていて思うのですが、昨日のNYダウは確かに大幅に下げたと言えますが、値段的には高いところですし、特にNasdaqはいつでも高値を抜けるところにいるのです。

これはどういうことかと言いますと、結局は貿易戦争の問題があろうかと思うのです。




賛否はありますが、米は先日の米朝会談で、北朝鮮問題には一定の目途をつけたのだと思いますし、やはりあれは成功であったのであろうと思うのです。

北は約束を守らないとか、色々と批判もありますが、今まで北が約束を守らなかったのは、守らせようとしている側が甘かったからに他ならないのです。

「約束したんだから経済制裁を緩める、経済支援をする・・・」と北が約束事を実行する前にアメを渡してきたから約束が破られたのです。

約束事を実行するまで妥協しなければいいだけですし、今は日米共にその姿勢に変わりはないのです。

ですから、あの米朝会談は、完全に米の勝利であります。

そして米の狙いですが、これは間違いなく中国なのです。

「中国をこれ以上のさばらせない!」

これを実行するのに邪魔だったのが北だとも言えます。

この問題を放置したまま中国問題には取り組めないのですから、米朝会談の後に、早速中国に対する関税の引き上げを実行に移したのだと思うのです。

焦った中国は何とかしようと金正恩を北京に呼び出しましたが、おそらくは米朝会談の報告を受けただけ。

「もう少し頑張れよ!」と言ったのかもしれないとは思うのですが、金正恩にしてみれば、「俺はホワイトハウスに招待されるんだぞ!お前らの言うことはもう聞かない!」ということではないかと。

その結果が、米朝首脳会談の中身をそのまま支持するというような中国側の発表につながっているのでしょう。

習近平はさぞかしがっかりであったに違いありません。

米の狙いは、あくまでも中国ですが、その政策は着々と進められているということになるでしょうし、トランプ氏の手腕を疑うべきではないでしょう。

「拉致問題は解決していないではないか!」という意見もありますが、あれをあのまま解決されていたならば、嬉しい反面日本は米の奴隷に成り下がるでしょう。

もう何も意見も言えないし、なんでもかんでも言う通りになる存在になりかねません。

9月に日朝会談ということの様ですが、拉致問題はここで一定の解決は見いだせるでしょうし、ぎりぎり米に対しても面子が保てるのだと思うのです。

まあ、それでもトランプ氏はその辺も計算に入れているでしょうし、結局は裏での要求が強まるとは思いますけどね・・・。

それでもまあ、あのまま解決されてしまうよりはましでしょう。

ですから、今はがっかりだとしても、諦めることはないと思っているところです。

さて、株の方に話を戻しますが、貿易関税の問題は、グローバル企業にとっては明らかにマイナスです。

ですから、グローバル企業が多いNYダウは売られやすいし、日本株もまた売られやすいと言えます。

しかし、米の内需系企業などはしっかりですし、Nasdaqは高値圏。

要するにこれだけ貿易戦争がどうだと大騒ぎしながらも、米国株は堅調であると考えてよいのです。

また、今のところは全体的に売られている日本株ですが、日本株もまた、本来はグローバル企業が売られるだけでいい相場であるはずなのです。

ただ、日本は米のように内需刺激が出来ていないですからね・・・。

政府はデフレ脱却を掲げながら、最大のデフレ推進策である消費税増税を実行しようとし、安い労働力確保のために外国人を実質的な移民受け入れを推進するなどしております。

これではデフレ脱却が出来る訳がなく、やはり国内には問題が多すぎるなと。

安倍首相の外交手腕は素晴らしいとは思いますが、経済に関しては結構愚策が多いです。

移民を受け入れ続けたイギリス、ドイツ、イタリア、アメリカなどを見て、何も学べない悲しさ。

官僚はトップが考えていることに賛同する部下だけを昇進させるといいますから、もはや負の連鎖が止まらないのかも知れません。

トランプ氏位の良くも悪くも破壊力のある、愛国心の強い指導者が現れないと、日本は助からないのかも知れません。

さて、先にも述べましたが、目先は失敗だ何だとされる米朝首脳会談でありますが、目先はどうでもいいのです。

その後に結果が出てくれば、全て問題はないのです。

これは株の世界にも言えるのことで、誰しもが目先の動きは完全に読むことはできません。

しかし、しばらくじっと待っていれば、よい結果が出ることが多いのです。

特に魅力が見いだせている銘柄ならば、目先どうなろうと待った方がいいと思っているところです。

ここのところ全体が弱いので、どうしても慎重姿勢となって、一旦手放した方がいいか?などと正直私も考えたりするのですが、こんな相場でも急騰する銘柄がありますし、それらを見ていて思うのは、やはり見込みがある銘柄は簡単に手仕舞いすべきではないなと。

私自身も大いに反省しつつ、メンバーにより利益を手にしていただくために、精進を続けたいと思っているところでした。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。