まだ安心はできませんが、相場に多少の変化が出てきましたね。

反発している銘柄に買う気力が蘇ってきているものがありますし、そろそろ売り叩きも終わりであろうと思っているところです。

ただ、まだ気になっているのは、世界的な投資資金という事で考えた場合、日本株担当者というものがピーク時の3割程度に減っているそうで、日本株を発掘して投資しようという向きが減少しているのです。

その代わりに増えたのがアジア担当者で、アジアを一纏めにして運用しているそうで、彼らにとっては中国も韓国も日本も同じなのだそうです。

ですから、中国が悪いから、アジアは売りという事になると、日本株も巻き添えを食う結果になるのだそうです。

この状態がいつまでも続く訳ではないとしても、しばらくはこの傾向が強いと思いますし、中国のリスクが日本株へのリスクという事になってしまう可能性は高いという事になるのです。

とりあえず、中国の高官が米に呼ばれており、今月末には訪米で貿易問題を話し合うようですから、今のところは貿易戦争にも落としどころが探られるのではないかと思うのですが、とにかく中国は米を甘くみているといいますか、見誤っているので、結果がどうなるかは分かったものではありません。

売り叩きは最終局面だと思っているところですが、そういう意味では大幅に上昇出来る環境ではないという事になるかも知れません。

ただ、225はともかく、地の底まで売り叩かれた新興市場には妙味ありの銘柄が多いと思っております。




辛い局面を乗り切った投資家には、しっかりご褒美が用意されていると思いますので、これを取りこぼさないようにして行って頂ければと思っているところです。

ところで、甘くみているといえば北朝鮮ですね。

ここへ来て反発的な発言が出てきており、本当に状況を分かっているのかと、疑問に思うような行動に出てきておりますね。

結局のところ、金正恩とトランプ氏の話し合いは成功だったと思うのです。

おそらくは金正恩もやる気になっていたのだと思うのですが、軍部がそれを許さない。

そんな国内情勢なのでしょう。

約束を守らなければ経済制裁は継続するし、最終的には米の攻撃対象になるだけなので、選択肢などある訳がないのですけどね・・・。

国際社会の見守る中で交わした約束を、一方的に破棄すれば、攻撃されても世界は「当然ですね」としか思わないのです。

もしかしたら中国は味方をするかも知れませんが、さてさてどうなりますか。

いずれにしてもこの辺は日本の経済にも影響を与えてきますので、今後も見守り続けたいと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

酷い相場が続きますね。

決算発表を見ていても、米国経済を見ていても下げる気はしないのですが、夏枯れをいいことにすっかり売り仕掛けに飲まれているのが今の東京株式市場でありましょう。

今の動きは中身も何もあったものではないし、期待も何もあったものではない。

決算が出て、次の材料がないとなれば売る。

ただそれだけの相場になってしまっております。

本当に馬鹿馬鹿しい相場ではありますが、これも相場です。

ただ、こんな相場がいつまでも続く訳はないのです。

こういう状態になってきますと、「ロスカットした方がいいのでは?」とか「空売りの銘柄を推奨してくれ」などのご意見を頂くのですが、こういったご意見が増えてくると相場は大体底です。

耐えるべきところは耐えて、上昇機会で利食いして行く方が、買っちゃ投げのロスカット戦術よりも良いのです。

まあ、10銘柄中9銘柄が上昇するようなイケイケ相場ならば、そうした作戦の方が良いとも思いますが、今はそういう相場ではないのです。

正直、推奨銘柄も軟調なものが多いですが、悪い銘柄ばかりではありません。

しっかりした値動きを続けてきて、ここへ来て本格的に動きそうな気配を見せている銘柄もあります。

昨日動いてきたのは5G関連で注目している某銘柄(ヒントはブログランキングに掲載中)ですが、この上昇で4桁回復に期待しているところです。

ここから本格的な上値追いになる可能性が高そうです。

未だ初動ですので、見つけたら買ってみると良いかと思っているところです。

それと、夏枯れ相場もそろそろ終わりに近いですし、これからは9月以降の事を考えて行くべきです。

9月に動く可能性が高いのがバイオセクターです。

面白くなりそうな銘柄がいくつかありますので、そういうものを今の内に買っておくと良いと思っているところです。




面白くない相場と感じられている方が多いと思いますが、面白くない相場でどう行動するかが重要なのです。

皆が楽しい上昇相場で楽しいのは当たり前ですが、そういう時に本当に楽しめるのは、こうした面白くない相場で的確な行動が出来ていたかどうかだと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

ここのところ貸株売りが相場を荒らしており、あり得ないほどに下げる銘柄が多く見られます。

特にここ数日は決算を機に売ってくるところが多いのですが、特に悪くもない決算で、しかも安値圏にいても売り仕掛けをしてきている銘柄がありますが、結局は買戻しをしなくてはならないのですし、売り仕掛けでどれほど下げようとも、投げ売りを誘い出されなければ仕掛けたところの売りが増えるだけであり、とても買い戻せるとは思えないのですけどね・・・。

新興市場でこの傾向が強いのですが、所謂信用の売りが出来ない銘柄を狙っての貸株売りでありますから、貸株売りが出来るところの独壇場と言えます。




ただ、先にも書きましたが、貸株売りは返済の期日がある訳ですし、買い戻さなければ利益にならないのです。

本当にこのやり方で利益が出るのでしょうか?

私は基本的に買いで相場を見るのですが、買い仕掛けで利益を出そうと思った時に、例えば、高値で買いを煽ったとして、自身も買いに行く事により、より買いを集めて勢いをつけて売り抜けを考えていく事になります。

そうすることによって提灯がついて、相場が形成されて行くし、勢いに乗れば売りに回って利益を確保して行く事が出来る訳です。

しかし、貸株の売りの場合は、買い方が投げさせられるような相場にならない限りは買戻しが出来ないのです。

売り方の提灯が物理的につかないのですから、これはもう仕方のないことです。

売りの場合は、あくまでも投げ売りを誘うしかないのです。

買いが溜まっている場合は、そうした効果で上手く行く事も考えられますが、よほど中身が悪くなっているとか、何か売らなくてはならないと思えるような状態でなければならず、単に物理的に下げさせるだけでは成功できる可能性は低いのではないかと思うのです。

特に新興市場の場合ですが、そもそも収益が上がっていない企業も多く、足元の決算は悪いことが前提での取引でありますから、普通は決算が多少悪くても売り材料にはならないのです。

特に安値圏においては、全く問題のない話です。

しかし、ここのところの相場は、そうした銘柄も狙い撃ち状態であり、信じられないような値段に叩き落されている銘柄がいくつもります。

現時点では売り方が上手くやっていると言えますが、売り仕掛けたとしても、それをどうやって買い戻すつもりなのか?

これが全く見えてこないのです。

今日も本当に愚かな水準まで売り叩いている銘柄がありますが、こういう銘柄は断固買いで対処して行きたいと思っているところです。

新興市場で貸株売りのない銘柄はほぼありませんし、決算は3か月ごとにあるのですから、どのみち避けようがないのです。

利幅を目指せばどうしても新興市場に目を向けなくてはなりませんし、こんな売りには徹底的に立ち向かっていけば良いと思っているところです。

特にこの夏休み期間は市場参加者が少なく、売り仕掛けが横行しておりますが、買いの機会としては絶好であろうと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。