年初から上昇して24000円手前で揉み合っていた日経平均ですが、米国株高に連れられて24000円を超えてきましたね。

高くて買えないとか、怖くて持ち続けられないとか、色々な相談を受けるのですが、方針は年初に示した通り「買ったら売るな」であり、これを貫いているだけで利益になっている訳です。

また、メンバーには22100円付近で、1570日経レバレッジETFや225先物はここから買いであるという事をレポートしていたのですが、そこから変わらず買いとホールドを推奨し続けております。

これにより、大幅な利益を得ているメンバーも多いと思われますが、今後も利益を膨らませて行く事と思っているところです。

何故に今、この値段においても買いであるのか?

この一番の根拠は3月末には日経平均のEPSが1700円ぐらいを見込んでおり、16倍まで買って行けば27200円であり、今尚割安な水準であるという事です。

ですから、「買ったら売るな」が最善の投資判断であると考えているところなのです。

まあ、怖く感じる水準ではありますし、高い時に買うと嫌な思いをさせられることも多いです。

長年個人投資家の皆さまと交流してきているのですが、いつも思うのは「押した時より上げている時の方が買いたくなる人が多い」という事です。

そして、大抵は押し目で具合が悪くなってしまうのですが、これをどうすれば良いのかと質問を受ける事が多くあります。

多くの場合ですが、高くなったところで全力で買うから問題が起こるので、まずは高くなって買いたくなったら5000株買おうと思っていても1000株だけを打診買いしておくことです。

そして、そのまま上に行ったら諦めて他の銘柄に行けば良いし、下げたら喜んで買い増しすれば良いのです。

全ては大きすぎる欲望がそうさせるのですが、完全に我慢しろと言われて我慢できるほど人間は強くありません。

まあ、何度も失敗を重ねて行く内に上手くできるようになるのですが、上手く行くようになるまではこの様にすると良いと思います。

確かにそのまま行ってしまうケースもあるのですし、何でも我慢すれば良いというものでもありません。

ただ、やはり押す可能性の高い場面では、押し目を待って欲しいと思うところです。

そのまま行ってしまう可能性もあるとしても、思惑が外れて押し目が入る可能性もあるのです。

しかし、その押し目でどう行動するかによって、その結果は大きく変わるのです。

例えば、某推奨銘柄(ブログランキングに掲載中)ですが、去年の7月から1915円で推奨し、その後2890円まで行きました。

その後予想外の調整で3か月以上お休みとなっておりましたが、この下げは買いであるとして推奨継続し、再度高値に近づいて来ているところです。

時間はかかりましたが「未だ本格的な相場が出てきていないので、このまま終わる事はない」と推奨を継続してきた訳です。

株というものはどうしても思惑とは外れた動きをすることがあるのですが、そうした場面でどんな行動を取るかで勝敗が大きく分かれるのです。




ダメなものならさっさと切って次に行けば良いのですが、良いところは信念で持ち続け、買い増しして行くと良いのです。

まあ、その見極めはかなり難しいのですけどね・・・。

信念を持って対応すべき銘柄と、そうではない銘柄。

この差が判断できるようになると、株の面白さはより増して行くものとなるのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国株が大荒れでしたね。

NYダウは高寄りの後に26000ドルを突破し、一時は上げ幅が300ドルを超えたのですが、その後は一気に値を消して10ドル安となりました。

今年に入ってからほぼ調整なしで上げて来た訳ですから、この程度の下げはあって当然ですし、あのまま上げ続けられるよりも良いと言えますが、心理的には恐怖を感じてしまうチャートですね。

25575ドルには窓が開いておりますし、この位までは下げるかも知れませんし、この辺位までの下げは何ら強気に変化はないのですが、25000ドル位まで下げてしまうと、流石に目先の天井になってしまうかも知れませんね。

どうなるかは分かりませんが、少し警戒してみておく必要はあるでしょう。

対する日経平均ですが、昨日は安くなりそうだと思って見ていたのですが、このNY株高を先読みする形で買われて行きました。

ただ、その後の下げに巻き込まれ、日経平均先物は往ってこいの状態になっており、今日は軟調なスタートになっております。

とは言え、乱高下しているのは日経平均だけであり、多少煽りはあるにしても材料株は引き続きいい感じだと思います。

昨日は買われていたバイオ株を中心に調整っぽい値動きになった銘柄が多かったのですが、こうした調整局面は買いチャンスと見て行動して行けば良いと思っているところです。

先行き高くなる期待が大きい銘柄は、こうした目先の下げを見逃さない様にしたいものです。

ところで、ちょっと心配なのはビットコインの急落ですね。

相変わらず強気の意見もありますが、流石にピークは過ぎたのではないかと思いますし、ここまで下げが酷いと大打撃となる投機家も居る事でしょう。

株式市場への影響は限定的だとは思いますが、NYにはビットコイン先物が上場しておりますし、どうなるか少し警戒しているところです。

残念な事ではあるのですが、ビットコインの利益は雑所得であり、損金として計上出来ないため、株の利益に対する税を軽くすることが出来ません。

確かに動きは激しく、大幅な利益を得るチャンスはあるのですが、株と違って非常に分の悪い勝負になると言わざるを得ません。

感覚的には完全に競馬であり、所謂馬券の購入が経費にならないが、勝利すれば課税されるというものと同じです。

競馬の場合は、大抵申告せずに逃げれる訳ですが、ビットコインはネット取引が中心なので、逃げる事は不可能となっていると言えます。

普通に株で儲けを狙ったらいいのではないかと思うのですけどね。

値上がりしている時はお祭り騒ぎで、下げてくれば右往左往は株も為替もビットコインも同じと言えますが、単に資金量のバランスだけで値動きが決まるビットコインよりは、業績や材料などで動く株の方が値動きが分かりやすいですし、やはり損金が認められている株が良いと思うところです。

しかし、何故にここまで個人投資家が乗り気にならないのですかね・・・。

思い起こしてみると、利益に対する軽減税率が廃止されて、10%になっていたものが20%になった辺りからおかしくなってきたような気がします。

こうした個人投資家を軽視した税制を執り行うから、株離れを起こしているとも言えるでしょう。

個人投資家に戻ってきて頂くためには、再度の軽減税率が必要だろうと思っているところです。

20%なんて取り過ぎだ!と、どんどん議員に訴えて行くべきだと思うところです。

再度の軽減税率を手に入れれば、個人投資家はまた戻ってくるきっかけになるし、ビットコインの様なものにはそれ程資金は流れないでしょうし、乱高下による被害も減るだろうと思っているところです。

まあ、株が上昇しているところで軽減税率なんてやるはずもないのですけどね・・・。

そういう意味では、個人投資家が戻ってくる日は遠いのかも知れません。

という事は、相場の寿命は長くなるし、既に参戦している方達はしばらく有利に戦う事が出来るのかも知れません。




個人が本気で買ってくる様になると、その相場は終わりに近くなりますからね。

これは、ビットコインの多くが日本人が所有している状態となり、相場が天井を打ったのと同じ原理です。

個人が本気になって買ったらその相場は終わりなのです。

相場の世界で勝ちたいならば、これは覚えておくべき重要事項だと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

米国はキング牧師記念日でしたので、昨夜の米国株式市場は休場でしたが、円高が進んでおりますので、今日の東京株式市場は日経平均を中心に荒れそうな感じがしますね。

ただ、上げ続けるよりは良いと思っておりますし、何より相場の中心となっているバイオ株や多くの材料株には何の問題もないレベルの話だと思います。

まあ、押す銘柄もあるでしょうし、全く影響なしとまでは言いませんが、こういう場面を見逃さないようにしないと、儲かるものも儲からないという事になるでしょう。

さて、何度も当ブログで取り上げている2160GNIですが、メンバー向けには422円から、このブログでは600円程度からの推奨ですが、昨日は743円までありました。

メンバーの買っている値段に比べれば高いところからのご紹介でありましたが、それでも問題なく利食いできる状態になっておりますね。

詳しい売買方針はメンバー限定になりますが、まだまだこんなものではないと思っているところです。

何時でも好きに利食いして頂いて結構ですが、どうせなら高いところを目指して行って頂ければと思っております。

ただし、流石にここまで上昇してしまいますと、現時点で一番買って欲しい銘柄ではありません。

まだ上げ始めたばかりの銘柄もありますからね。

メンバー向け推奨価格は749円で、既に800円台ではありますが、今の2160GNIを買いに行くならば、やはりこちらの方が良いだろうと思っているところです。

他には、130円から推奨して160円台になっている銘柄もありますが、今日はちょっと押してのスタートですから、こういうところは狙って行ったらいいと思って見ているところです。

さて、今年の2月はちょっと警戒だな・・・と、思って見ているのですが、多くの個人投資家は相変わらずの売り越し姿勢でありますので、場合によっては空売りで儲かるのかも知れませんが、それでも目先は上昇と見て稼げるだけ稼いでおくべきだと考えているところです。

あくまでも警戒でありますので、今から売って行くのでは行動が早過ぎるでしょう。

良く相場を観察しながら、しっかりと引き付けて行動して行く事が重要だと思っているところです。

先行きは決めつけず、あくまでも臨機応変に。

これが今の相場で重要な事だと思います。




2月は警戒ですと言うと、すぐに「売りですか?」となる方が居られますが、警戒であり、売りではないのです。

その辺をよくご理解頂ければと思っているところです。

そして、その警戒の時が来るまでに、出来るだけ稼いで行く事です。

バイオ相場はまだ続くと思いますし、これをしっかりと取り逃さない様にすれば、今年も勝利に一歩近づくことが出来るというものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。