誰もが毎日目にする事であり、誰もがこの問題を意識していると思うのですが、郵貯の問題は大きく、少なくとも亀井氏という郵政票で当選した議員が扱って良い問題ではありません。郵政族からもらった票で当選した議員が、郵政に対して不利な事をする訳がなく、最終的にはそのツケは郵政関係以外の国民が支払わせられる損失になって行くのです。 → ranking

 今、最も大きな話題になっている郵貯の限度額引き上げですが、亀井氏は1000万円を2000万円にと主張しておりますが、過去に700万円から1000万円にあげた時にも銀行などから郵貯に資金流出が起きております。これは、暗黙の政府保証に対する安心感からの資金移動と見られますが、今回も限度額が上がれば同じ様な現象が起こることでしょう。

 特に地銀からの資金流出は経営難に陥っている地銀の業績を直撃する事となると思うのですが、今の地銀の体力ではこの状況を乗り切れないところが出てきてもおかしくありません。何せ中小企業は設備投資どころではなく、必要なのは目先の運転資金という状況にあり、苦しい企業に貸すお金はない訳です。そこへ来て公示価格の下落が示すとおり、不動産価格の下落が鮮明となっている訳ですから、目先はともかく将来的な担保不足感が否めないのです。

 郵貯への資金流出と不動産価格の下落・・・。もはや地銀に生き残る術はないのではなかろうか?非常に大きな不安が襲ってきている状態です。 → ranking

 亀井氏の考えに近い人達は別として、閣内でもこの問題については調整不足の様で、同じ番組で亀井氏と菅氏がやりあうという恥ずかしい姿を晒したりしているのですが、選挙前は郵貯の限度額を下げるべきだとして来た民主党なのですから、増額などあってはならないことだと、少しは考え直したのかも知れません。

 ただ、この解決が2000万円は無理だけど1200万円になどという玉虫色の解決になったに日には、もはや民主党に票は入らないと見ても良いでしょうけれども、ここで怖いのが国民新党の郵政票です。一般の国民が呆れて選挙から離れれば離れるほど、強大な組織票である郵政票は国民新党を押し上げる事となるのです。ですから、絶対に呆れてはいけないのです。呆れさせるのが彼らの手なのかも知れませんからね・・・。何せ対抗馬の自民党は、ここまで政府への支持率が下がっても、それ以下であり、伸びても来ないのです・・・。 → ranking

 また、郵貯と直接関わっている部分ではないのですが、ここのところの相場はどうも異常であると感じませんでしょうか?財政再建の道筋も描けてなければ、政治の落ち着きも見えない状態で、どうして外資の一手買いが続くのでしょう?ここのところの上昇の買いはほぼ全てが外資なのです。

 そして、ここでまた重要なのが、年金資金が殆ど売りに来ないという事です。これは、年金が相場で儲けようとしているのか?という行動であり、本来行うべきリバランスが実行されていないのです。こんな信じられない事があって良いのでしょうか?またも我々の年金は訳の分からない運用方針で運用されているのです。 → ranking

 そして、何より問題なのは、年金は売りに来ないと確信しているかのような外資の買いです。売ってきても買うつもりだというなら話は別ですが、そこまで状況はよくありません。何せ財政再建の道筋は見えておりませんし、日本国債を支えている貯蓄は高齢化によって切り崩される運命でしかないのです。年金が売らないという確信を得る何かでもない限り、この相場で日本株を買う理由などないはずなのです。私も年金が売らないという事を確信していたならば買ったのですが、常識に捕らわれすぎて買えませんでした。

 しかし、ここから先もリバランスをしないのでしょうか?しない訳には行かないと思うのですけどね・・・。そして、このリバランスをしないという事は、年金機構の独断なのでしょうか?ここには政府の関与があるのではないか?そんな気がして成りません。こんなことをする政府が、郵貯までも牛耳った場合。それは単に国債価格の安定化に郵貯が使われて終わりという事になる可能性も高いかと思います。 → ranking

 皆は忘れてしまったのでしょうか?運用先がない為に、余ったお金をグリーンピアや簡保の宿などにつぎ込み、それらが大赤字を生み出して居た事に・・・。全ては亀井氏等が自民党時代に実行していた事で、そもそもああいう輩が当選する事自体おかしな話なのです。

 日本の再生は、まずは政治家から始めなくてはならないはずなのです。何とか、これ以上道を踏み外さぬように、我々国民が眼を光らせていかなくてはらないのではないでしょうか。 → ranking

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。