トヨタリコール問題はGMの恨みか!?

 米のトヨタ自動車の不具合発覚し、その件数は次から次へと増え、遂にはリコールにまで発展したのですが、その後も新たな不具合が次から次へと出て来る始末・・・。一体トヨタに何があったというのでしょう?

 今回の主な不具合は、アクセルペダルが戻らなくなるという現象が死亡事故を引き起こしたという事から始まり、多くのトヨタ車で同等の現象が起こる可能性が高いという事でリコールになったわけですが、それは米で生産された車だけに見られる異常なので、日本国内で作られている車に関しては問題はない様です。 → ranking

 そして、私は専門家ではないので詳しい原因までは分からないのですが、そのアクセルべダルは米国製であり、トヨタ車以外にも納入されているという事です。トヨタ車との相性が悪くてそんな不具合が出ているだけなのか?それとも、根本的にそのペダルに不具合があるのか?例えペダル自体に問題があったとしても、その問題に気付かずに採用していたトヨタの方が悪いとは思いますが、どうも問題が大きくなり過ぎている様な気がしてなりません。

 去年、世界一であった米のGMが倒産となった訳ですが、それを救えるとすればトヨタしかなかった訳です。米の感情もそうだとは思いますが、特にGM関連の人からすれば、自分たちの仕事を奪って世界一に成長したトヨタは、自分たちを見捨てたと感じたことでしょう。 → ranking

 確かにトヨタがGM再生に手を出しても共倒れになる可能性はあったと思います。しかし、やはり米国民の感情を無視した行動ではいけなかったのではないでしょうか。米のおかげで世界一になれたのであれば、少々無理があってもその恩は返すべきであったのではないか・・・。私にはそう思えてならないのです。

 そして、そんな恩をものともせず、GMをあっさりと見捨てたトヨタに降りかかった災難がこれです。本来ならばこんな大事になるはずもない事だと思いますけどね・・・。更に今度は日米市場共に主力のプリウスにも不具合が報告されてきているなどという報道が出る次第で、事故が相次いだいつかの三菱を見ているかのようです。 → ranking

 実際問題プリウスは、ホンダのインサイトが信じられないほどの低価格で発売されてしまった為に、想定以上の価格競争に入ってしまいましたので、主力とは言っても儲からない車であるのですが、間違いなく今のトヨタの顔である事は確かなのです。この顔までが潰れるようですと、トヨタの先行きも相当厳しいものになるかもしれません。

 まあ、それでも同社が潰れるほどの被害にはならないと思いますが、怖いのはGMを見捨てた恨みは、我々日本人には分からない程深い様な気がしてならないのです。資本主義が正義だ!この考えは間違ってはいないと思います。しかし、正義の名の下に切り捨てられるのは、全てが悪人というわけでもないのです。 → ranking

 税金を投入して被害を広げ過ぎない内に倒産させた方が良いと言う考えに変わりはありませんが、民間同士では今までのように競争だけを意識した経営ではなく、恨みを買わずに丸く収まるような経営をする様な姿勢も必要な時代になってきているのではないでしょうか。

 トヨタのミスは、アクセルペダルの不具合ではなく、GMへの姿勢だった様に思えてなりません。これ以上酷い話が出てこなければ良いのですが、一度不具合が・・・となると、なかなかその流れは止まりません。この値段でトヨタをカラ売りするのは怖いですが、駄目押し狙い買いは面白いかもしれません。駄目押しが出るタイミングを計るのが難しいのですけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。