郵貯と簡保の限度額引き上げ検討

 政権交代が生んだ最大の悪行である郵政官営化ですが、ここへ来て1000万円を上限としていた郵貯と簡保の限度額を2000万円から3000万円程度に引き上げようと言う動きになってきました。完全に民営化した後なら何ら問題ない話でありますが、官営に戻した状態でこんな事をすれば民間の銀行を苦しめる結果になるのは明白な事実でありましょう。業界からの反発は必至であり、素直に限度額が引き上げられるかは分からないところですが、どう言う意図でこんな検討を始めたのでしょうか。

 郵貯の限度額が引き上げられた場合ですが、引き上げられた限度額まで貯蓄を増やそうという人の殆どは、タンスから持ってくるのではなく、民間銀行から持ってくると思われますので、郵貯の限度額が引き上げられると民間銀行は非常に苦しくなります。預金流失により預金残高が減れば貸し出しも減らさざるを得ない訳ですから、一般企業もまた影響を受ける事となるのですから、せめて完全民営化の状態でそれをやるならば納得も行きますが、官営の状態でやられたら大変な事となるのです。 → ranking

 しかし、民間からの反発が必至である預金残高の増額ですが、国はそれだけ国債の発行に危機感を覚えているという所でありましょうか。去年までは多くの国民が知らなかった事ですが、銀行預金の多くは日本国債で運用されているという報道が多くなってきておりますので、国は銀行からの預金を流出するのではないかという危機感を抱き始めているのかも知れません。郵貯は銀行と違ってまともな融資業務はしておらず、その運用の殆どを日本国債で賄っているのです。しかも民間よりも明らかに国に従順であるのですから、民間銀行に預けさせておくよりは郵貯にという考えなのでしょう。

 ただ、国民も郵貯が銀行よりも国債を買うという事を理解する人が増えていると思いますし、ここまで国の借金が増えてくると、国営だから大丈夫という感覚も薄れてきている事でしょう。そして、未だ多くの国民が気付いていない事かと思いますが、預貯金が国債で運用されているという事は、利息は国債の利息から支払われている事になるわけですから、我々が銀行や郵貯に預けて得ている利息は、結局は国の借金から支払われている事となるのです。 → ranking

 国の財政事情は悪化する一方であり、そもそも子供が増えて行かない限り明るい未来はないわけで、先行きが暗く映れば映るほど貯蓄をしたくなるのでしょうけれども、貯金した状態で国にパンクされる事も考えて行動すべきではないかと思うのです。税収を上回る国債の発行と、借金の総額が1000兆円にも迫ろうという状態を見て、それでも尚、銀行や郵便局にお金をという考えが何処まで続くのかは分かりませんが、必ず大きな転換点が来ると考えております。堅実と思われる人ほど危険な状態にあるという事を、この郵貯と簡保の限度額引き上げ検討というニュースが警告していると捉えるべきで、国は必死でお金を確保しようとしているという事の表れだと見ておくべきではないでしょうか。

 私は民間だろうが国営だろうが、生活費以外を貯蓄しておく必要はないと考えており、余裕の有るお金はすべて運用しております。ただ、株も債券も買える状態ではないため、その運用は非常に難しいものとなっておりますが、それでも貯蓄しておくよりはマシでありましょう。 → ranking

 本来、寅年というのは春を意味するという事で、耐え忍んだ冬が終り、新しいものが始まる時であるという事なのですが、今回の寅年は恐怖の寅と成りそうな気配が濃厚であります。上がれば上がるほどに、注意をしなくてはならないのではないでしょうか。何せ世界で起こっている株高の根拠は巨額の財政出動が支えているに過ぎないわけで、その勢いが定着するはずもないのです。

 今、世界で一番景気が良いと言われる中国も、50兆円もの財政出動のお陰でそれを維持しているに過ぎないのです。今は溢れ出したお金が不動産価格を上げ、それらを転がしている民間人がその利益で車を買ったりテレビを買ったりとしているだけなのです。それが腰の据わったしっかりとした経済に移行するわけがないのです。問題は、そういうイカサマの状態でも、当分は勢いで続くという事です。 → ranking

 今の世界経済は、ババ抜きの状態であるに他ならず、しかもババの数は日々増えているのです。ババを二枚引いたら捨てられるのら良いのですが、ババはあくまでもババなのです・・・。その内誰かが言い出すはずです「ババしかないじゃないか!」と。まあ、そうなるのはもう少し先かも知れませんが、ゲームが続行されている内に手を打っておくべきでありましょう。騒ぎに巻き込まれたら終わりです。

 そして、大事な事は、銀行に預金しているだけで、その恐ろしいババ抜きに参加させられているという事ですし郵貯に預ければ更にその割合は増えるという事になります。知って参加しているなら何も言う事はありませんが、郵貯に預けるというのはそういう事です。郵貯と簡保の預かり増額を見て、決まり次第銀行は解約などと考えている方もいらっしゃるかも知れませんが、その辺を良く考えてから行動して行くべきではないでしょうか。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。