動かぬ日本人

 今日、インド洋での給油活動が終わります。人的被害が最も少ないポジションでの活動であるのに、比較的国際評価が高かったこの活動ですが、我らが首相はその活動を公約通り停止させ、民生支援と言う形でお金だけを出す方針に切り替えるのです。

 今尚アフガニスタン等で平和の為に戦っている外国の兵士達が居る中で、その戦いが終らない内に一番安全な所から撤退するというのは、例えその戦いが正しくない物だとしても、国際協調の中でやるべきことではないのではないでしょうか。もし、他国のやり方に不満があるのであれば、率先して人を送り込み、自身のやり方を主張していくべきなのではないでしょうか。米兵が毎年何百人も死ぬ中で、日本の被害はゼロなのです。少なくともアルカイダが主導したとされる米同時多発テロで日本人も死んでいるのですから、それを単にお経を上げて終わりという事にして良いはずはないのです。 → ranking

 また、ハイチの大地震が伝えられておりますが、世界中のレスキューが続々と現地入りする中、日本は調査団6名を派遣だそうです。調査が終る頃には埋もれた人は死んでしまう事でしょう。中国もレスキューを現地に派遣していると言うのに、一体日本政府は何をしているのでしょうか。人助けは大事だが、お金は掛けても命は掛けられない・・・。何て酷い国になってしまったのでしょうか。

 また、最近の株価は外資主導の下で堅調に値上がりして行っておりますが、こちらもまた日本人不在の相場展開となってしまっております。強烈な外資の買いに対し、年金はリバランスもせずに傍観し、個人は売るか様子見といった感じであります。確かに去年は上昇しませんでしたし、世界の株価から見れば出遅れとも取れますが、世界中でお金をばら撒いている事以外に何か材料があるとでも言うのでしょうか? → ranking

 相場の世界に関しては動かなくて正解だとは思っておりますが、ここまで上昇して来ているのにリバランスを無視して動かない年金は問題ではないでしょうか。もしかして、本気で相場が上昇するとでも思っているのでしょうか・・・。普通は感情や予測は抜きで冷徹に売買して行くものですが、年金は政府が関与している部分もありますので、もしかしたら売るなという指令が出ているのかもしれませんね。

 本当は、「外資が山ほど買うと言う情報が入っている!ここは当分奴らに買わせておいて、高いところで売りぬけよう!」という話だったら心強いのですが、年金はその様な行為をしてはならないのです。そもそも年金は相場の上げ下げに賭ける様な事はしてはならないので、こんな連想は馬鹿げているのですが、こんな事も連想をしてしまうほどおかしな動きをしているのです。いずれは大きな問題となってくるかもしれませんね。年金は相場を張ってはならないのですから・・・。 → ranking

 確かに自民党政治は利権ばかりにスポットの当たった時代遅れの悲惨な政治でありましたが、民主党のそれも大差ない状態であります。特に古株の議員の資金管理は元自民党議員が多いせいか、本当にどうにもならない様なものばかりでありますし、その筆頭である小沢氏は、特捜部の捜査が入っている状態でありますから、もはや逃れる術はないと言ったところでしょうか。検察の事情聴取も受け入れないという暴挙ですが、こういう動かないはあってはならないものではないでしょうか。

 また、盛んに景気の回復が伝えられておりますが、少なくとも私の知り合いで景気の底打ちを感じている人は居ませんし、誰もが消費を拒んでおります。先行きが見えないのですから当然といえば当然です。投資に関しては、今は動かないのが正解だと思いますので、しばし様子を伺って行きたいところです。 → ranking

 ただ、国際貢献に関しては、政府主導でしっかりと実行して頂きたい!いくら苦しいと言っても、世界から見れば日本は黒字国家であるわけです。これ以上日本の評価が下がらないようにするのは政治家の大事な仕事であります。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。