小沢氏関係先を一斉捜索

 鬼より怖い東京地検特捜部が動き出しました。特捜部が動いて空振りに終るという事はなく、よほどの材料をつかんでいるからこその一斉捜索でありましょう。特捜部に対して、知らなかっただとか、悪意はないだとか、そんな言い訳は通用しません。もはや小沢氏とは言え、特捜部から逃れる事は出来ないというのが現実ではないでしょうか。 → ranking

 民主党の党首であり、総理大臣である鳩山氏もまた政治資金の疑惑があったわけですが、基本的には親にもらったお金を隠して税金を逃れようとしただけであり、脱税(重罪ではある)以上の罪はないわけですが、小沢氏の場合は大手ゼネコンが絡んでいたりするので、単に修正申告だとか、追徴課税という話で終わるはずもないといったところでしょう。鳩山氏とは黒さのレベルが違い過ぎますし、その程度で済むなら特捜部は動かないと言う事になります。今後の捜査の行方が気になるところです。




→今日は何位?

 民主党は、党首と幹事長が揃って資金管理がずさんと言うか、汚い訳ですが、これで民主党政権が揺らぐか?と聞かれたならば、おそらくそれはないだろうという風に見ております。民主党には力はないが色々な顔が揃ってますし、クビを挿げ替えれば何とかなる政党というか、こんなにも悪いのに、国民には自民党の方が更に悪く見えているのです。鳩山氏も小沢氏も元は自民党じゃないか!そういう見方も出来るわけですしね・・・。 → ranking

 民主党は悪いが自民党はもっと悪い!よって、次回の選挙も民主党が勝ってしまう可能性が高い訳ですが、もっと汚れていないまともな政党が出てきてくれれば、あるいはそちらが勝つかも知れません。本当に悲惨な様相ですが、これは今の世界の経済にも似たような状態であると言えそうです。

 と言うのも、日本の経済は本当に悲惨な状態にあるわけですが、リーマンショックの時よりも遥かに円高になっているわけで、どう考えても今の経済状態は為替に反映されていない様に見えるのです。こんなにも悪いのにどうして円高なんだ!それは、それ以上に米の経済が悪いからであります。

 特に国債の購入の殆どを国内で賄っている日本に対し、多くを外国に頼っている米。これを比べたならば、円高は当然の流れであるのです。今回の日本の国債発行は税収を上回る発行となるわけで、非常に憂慮すべき厳しい状態にあるのですが、米の状況はもっと悲惨なのです。次の消費国として中国が注目されておりますが、中国は大量のお金をばら撒いてバブルになっている事は明らかであり、流石にこのままではまずいという事で金融の引き締めも始まっているのです。しかも、為替が自由レートではありませんから、どう考えても相対的に円が買われる運命なのです。民主党の様に、他に代わる物がないからという悲惨な理由でですが・・・。 → ranking

 しかし、この国内で賄っている日本国債ですが、最近はその需要は国民の貯金をしている銀行が、運用の為に国債を買うことによって賄われているという報道をするようになってきており、こんな借金だらけの国の国債を買うなんて!という判断をする国民が増えてもおかしくはないのです。そうなると逃げ出した貯金は何処へ行くこととなるのか?単にタンスに眠る事となるのか?それとも、新たな運用先を探しに行くのか?行くとするなら何処なのか?

 政治も経済も似た様な状況にあるわけですが、一つだけハッキリしているのは、両者とも止まることはないという事です。そして、必ず何処かへ行き着くわけです。そして、おそらくではありますが、行きつく先は相当厳しい場所ではなかろうかと思うのです。現状では、誰もが平和に暮らせるような理想郷に行かない事だけは確かではないでしょうか。 → ranking

 何とか光を見つけたいところですが、現状ではなかなか難しそうです。ただ、私は常に良い変化を期待しておりますし、願ってもいます。そうした変化は絶対に見逃しませんし、そうした変化を見つけて買い越しする日を心待ちにしているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。