日本国債も格下げのピンチ!?

 某格付け会社が日本の国債発行額が47兆円を超えたならば格下げするというコメントを発表しましたが、46兆円だったら格下げはしないのでしょうか・・・。鳩山政権の出している目標は44兆円以下ですから、あと少し余裕がありますが、そもそもその47兆円の根拠は納得の行くものであるのでしょうか?

 もし、私が格付け会社であるならば、税収を超える国債を発行した時点で格下げにしますが、そもそも95%近くを国内で賄っている国債に対しての格付けには興味がなく、好きにしておけと言った感じで放置しておくこととします。自身で保有しているとしても大した金額ではないのは明らかであり、こんな脅しとも取れるようなコメントはどうかしていると思います。 → ranking

 まあ、実際はヘッジファンド等へ向けたカラ売りの支援の様な格付けだと思いますが、それにしても先に宣言するというのはどういう事でしょうね。もはや売り仕掛けの準備は整ったということでしょうか?それとも、是が非でも国債を大量発行させたくないと言う思惑なのでしょうか?

 何も決められない政権が、唯一数字も具体的に入れて来たのが国債発行額を44兆円にするという事でしたが、誰もがそれは無理だろうと思っているでしょうし、もしかしたら外資もそれ以上の発行は望んでいないとするならば、こんな発言が有ってもおかしくはないように思います。 → ranking

 本当に残念なことではあるのですが、世界は借金を元にはしゃぎすぎたのです。何の生産性も持たない銀行の頭取が、トヨタの利益を上回るボーナスを受け取ったりするというのが異常だという事に早く気付かなくてはならないのです。お金をばら撒いて経済を潤わせても何の意味もない!行き過ぎた経済は一度正常な所まで戻るしかないのです。それは、時としてショックという事にもなるのですが、行き過ぎたものは時としてドラスティックな調整も必要なのです。

 ITバブルの崩壊により、大事な年金資金等が傷付き、その傷を癒す為に更に危険な債券へと資金を投じる・・・。そもそもITバブルで年金が損を出したのは、ヘッジファンドを通じて不透明な投資をしたからだと言うのに、未だに同じ事が繰り返されているのです。自分の所の年金運用だけは上手く行く!そんなバカな話は有り得ないのです。儲けるのはヘッジファンドであり、投資銀行だけであります。 → ranking

 大事な事は、失った年金は返って来ないという事を認め、損失を確定し、正常な運用を心がける事です。運用効率の良い投資商品を探している様では何も解決はしないのです。

 私もまたお金の運用で飯を食っているのですが、その多くは自己資金であり、全ては株であり、ゴールドであり、為替でありと、直接的な投資活動であります。CDO(複合債券)の様に何が混ざっているか分からないと言う物ではなく、あくまでも自身で厳選した物を売ったり買ったりするので、例え運用成績が悪くなったとしてもそれを人のせいにする事はありませんし、問題があれば直ぐに手直しする事も出来るのです。 → ranking

 しかし、多くの年金運用は、リスクを嫌う為という性質もあるにしても、直接的な運用よりも債券などの運用をする事が多く、リスクをヘッジしたかのように見える安全に見える債券は必要以上に買ってしまう傾向にあると言えるでしょう。こうして問題は拡大して行く一方なのですが、ITバブルの崩壊と、米住宅バブルの崩壊を持ってしても、未だにお金にお金を生ませる事しか考えていない人が多く、そもそも年金として預けている人がその危険性を認識していないのです。

 そんなところに預けている人が悪いのか?それとも、単純に運用者が悪いのか?この答えは正直言って分からないのですが、お金が大事だというのであれば、人任せにせずに自身で管理すべきでありましょう。人に無くされる位なら、自身でなくした方がまだ納得行く事でしょう。 → ranking

 まあ、人がなくしたものであれば、騒げば取り返せるかもしれませんけどね・・・。しかし、日本は既に税収を上回る国債を発行するはめになっているわけですし、借金を引いた国民の資産は1100兆円弱だそうです。現時点で900兆円近い借金ですので、国民の金融資産を全て没収して返済するという荒業も使えなくなる日が近づいております。そう考えると、やっぱり日本国債は格下げなのでしょう・・・。とりあえず、もっと買ってから言えと言いたいところではありますけどね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。