税金の使い道

 政府は無駄を洗いだすために事業仕分けなる作業を一般公開形式で始めましたが、この一般公開の形での仕分け作業は非常に透明性が高く、非常に良い形だと思いますが、その削減目標は3兆円という事だそうですが、民主党の国家予算は95兆円という事ですから、3兆円削減してもせいぜい3%程度の話であり、国の借金がこの半年で18兆円も増えているのです。あれだけ必至に予算を削る努力をしても、結局はその程度の話であり、まだまだ努力は足りないと言わざるを得ません。

 しかし、今回仕分けされている事業はほんの一握りであるわけで、ほんの一握りにこれほどの無駄が詰まっているのですから、全体を見たらもっともっと無駄があるのでしょうね・・・。この半年で増えた借金18兆円を帳消しにするのも不可能ではないのではないかと思えてきます。 → ranking

 事業仕分けを見ていて思った率直な感想ですが、仕分け人の方が時々口にする「それは民間で出来る事ではないのですか?」という質問があったのですが、私は郵政事業こそ民間で出来る仕事ではないのですか?と問いたくなりました。郵政を再度国有化するという事は、これこそが最大の無駄であるのではないでしょうか?

 また、アフガン支援もそうです。今朝の日経新聞を参考にして頂きたいのですが、インド洋で給油に使われている資金の何倍ものお金を民生支援に使うという方針にしている様ですが、少ないお金で汗を流して他国から感謝される給油活動を止め、汗もかかずに多額のお金をばら撒いて終りというのはどんなものなのでしょうか?少なくとも給油活動は出動している自衛隊員の給料になるわけですし、何より出費も少ないのです。財政難の日本がとるべき選択は、決して財政出動を増加させる事ではないはずなのです。 → ranking

 結局は社民党の意向を汲み取る為に給油は廃止という事にしたいのだとは思いますが、必死で事業仕分けをして削りだした資金をアフガンへ対するばら撒きに使うというのはいかがな物でしょうか。自民党政治は完全に腐ってましたが、民主党の政治もまた腐っているという事でしょう。おいしそうに見えたりんごも中身はすっかり腐っていたと言った感じでしょう。

 正直言ってこの腐れは止めようがない様に思い始めております。どこにも夢も希望もない状態であり、このままではどうにもならないでしょうね・・・。しかし、腐るだけ腐れば後は腐る物もなくなるわけで、そこには元気な新しい芽が育ってくる可能性が高まります。今は腐り果てるのを待つほかはないのかもしれません。 → ranking

 余談ですが、事業仕分け人に外国人を入れるのはおかしいとか、またもすっぽんが暴れていた様です、一人位外人を入れて冷静に日本の愚かなお金の使い道へ意見を伺うのは非常に有意義な事なのではないでしょうか?少なくとも、郵政を再度国有化しようなどという大バカな意見は出さないはずです。この愚かな判断が株の世界から外国資金を遠ざけている要因の一つになっている事に気付けないのでしょうかね・・・。

 また、日航の再建策についてもそうなのですが、大きすぎて潰せない理論も分からなくはないのですが、ダメな仕事にいくらお金をつぎ込んだ所でダメなものはダメなのです。税金で助けるのではなく、お金持ちが出資して助ければ良いのではないでしょうか。首相は資金管理に興味が沸かないほど裕福なようですし、セレブ仲間でお金を出し合って助けてやるべきでしょう。多くの国民は日航に税金を投入する事に賛成しているとは思えません。事業仕分けが何のために行われているのか・・・そんなチマチマした事ではなく、もっと大胆に気持ちよく物事を進めた方が未来は明るくなると思うのですけどね・・・。 → ranking

 とりあえず、沈みかかった日本ですが、何とか浮いているのも事実です。誰が操縦しても沈没は避けられそうもありませんが、明らかに間違った操船をする船長には退船して頂くのが一番の良策かと思うのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。