上がらぬ株価と民主党の高支持率

 株価が上がらない!世界中で株価が回復していっているというのになぜ!?これは多くの投資家が感じている事かと思うのですが、民主党のやろうとしている事を見れば上がらないのも納得がいくといったところでしょうか。徹底的な脱ダム政策によってセメント会社が窮地に陥っているとか、そういう狭い視点ではなく、もっと大きな目で見ていくと、一番目立つのは二酸化炭素25%削減目標です。

 25%削減を実現しようとするならば、産業界のダメージはとてつもなく大きな物となり、二酸化炭素を出さない為にはもの作りを止めなくてはならないという判断になり、国内でそれが出来ないならば海外へという考えになっても何ら不思議ではありません。というか、それが至極当然の成り行きでありましょう。世界経済がマイナス成長であればその目標も達成可能かと思いますし、まだまだ成長が確定したわけではありませんから、場合によっては世界経済のマイナス成長によって達成できるかもしれませんが、それを計算に入れるわけには行きません。 → ranking

 ただ、25%削減の約束の仕方ですが、私はこれほど汚い約束の仕方はないかと思っております。鳩山首相が約束したのは、みんながやるなら俺もやる的な約束であり、率先してやろうという話ではないのです。散らかっているゴミを見て、皆が拾うなら自分も手を止めてゴミ拾いをやるけど、皆が拾わないなら自分も拾わないというのと一緒です。私は少なくとも良いから自分からゴミを拾い、皆が真似して拾ってくれるような行動を取るのが望ましいと考えております。

 少なくとも設備投資などが限界の中小企業が二酸化炭素を減らそうと思うならば、工場の電気を減らすとか、機械の電源をマメに消すとか、本当に些細な事しか出来ないのではないかと思うのです。大企業と言えとも大幅な削減は難しく、最後は家庭に頼る他はないのでしょう。走っている車が全て電気自動車になり、エアコンや冷蔵庫が省エネタイプに変わり、照明はLEDに・・・。 → ranking

 まあ、温暖化は怖い怖いと煽れば消費者はお金を使うかもしれませんが、温暖化によってペンギンやシロクマが困るより、自分の生活を維持したいと考えるのが普通でありましょう。産業界に押し付けるのが無理なのは明らかであり、ありとあらゆる手段で温暖化=悪という方程式を刷り込んでくるかと思いますが、科学的には立証されたわけではなく、単に仮説に基づいた話であります。私はばらまかれる二酸化炭素よりも、虫を殺す為に大量にばら撒かれている農薬の方がよほど危険で怖い物かと思いますけどね・・・。

 高い支持率の政権の悪口を書けば、当然私の方が非国民になるかとは思いますが、私は誰がなんと言おうとも、自分が正しいと思わない事は信じませんし、語る事も出来ません。汚い物は汚いですし、綺麗な物は綺麗なのです。綺麗に見えるけど汚いものは沢山ありますし、その逆もまた然りですが、二酸化炭素25%削減は綺麗な話としても、その約束の仕方はゴミ以下でありましょう。 → ranking

 しかし、そのゴミ以下の約束で有っても、企業は常にその数値を意識していかなくてはなりませんし、投資家もまたそれを実行できるかどうかという見方もしなくてはなりません。あんな約束は守る必要がない!投資家も企業も完全にそれを無視した行動を取れれば良いのかも知れませんが、なかなかそこまで思い切った行動は取れないものです。

 いずれは暗黙の了解の様な感じになるかもしれませんが、当分は重くのしかかりそうな悪材料といった感じでしょうか。鳩山首相の人柄は評価できなくもないのですが、どうも株価は無視しすぎているというか・・・。投資家としては非常に辛い所であります。腐った自民党政権よりはマシだと今でも考えておりますが、これ以上ナンセンスな発言が出れば、ただでさえ苦しい日本株は、更に苦しくなってしまうのかもしれません。 → ranking

 日本株は本当に大変な状況でありますので、せめて政治が頑張って道を示して欲しいものです。ダムがダメだとか、埋め立てがダメだとか、目立つ事ばかり報道されておりますが、結局は概算要求が90兆円を突破しているのです。自民党政権から引き継いだ直ととはいえ、削っている作業はパフォーマンスにしか見えません。難しいとは思いますが、パフォーマンスではなく、本当に必要な事を迅速に実行して欲しいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。