選挙後の相場は?

 現在、ジリジリという状態ではありますが、相場は着実に上昇して来ているように感じます。この上昇を支えるのは、買いの外資であり、売らない年金であり、弱気の個人であるといえるでしょう。いつも勝つのは外資という定説がありますが、今回もまた外資の勝利に終わりそうな気配が濃厚であります。何せここまで4ヶ月間の外資はしっかり買ってきておりますから、ここから個人が買いに転じた所で絶対に追いつく事は出来ないのです。かといって売り崩せるかといわれれば、それも無理でありましょうから、やれる事があるとするならば、出遅れを見つけて買いに行くか、インデックスの押し目を狙って出動するしかないという事でしょう。

 しかし、ちょっと気になるのは今週末の選挙で、民主が勝ったらどうなるのだとか、色々と質問を受けるのですが、各種世論調査が示すとおり、民主の勝利は確定的に近いものがあり、民主の勝利はサプライズにはなりません。また、民主の勝利自体をある程度織り込んで行っている相場であり、民主勝利による相場への悪影響はないと考えるのが無難でありましょう。 → ranking

 今年は民主党のオバマ氏が大統領に就任したという事もありますし、キャッチフレーズがチェンジでありましたから、自民政権から民主政権への日本の政治のチェンジも外資から見れば喜ばしい材料に映る事でしょう。実際は力を入れる場所が変わるだけで、それ程大きな変化は起こらないですし、何よりせっかく民営化した談合とドンブリ勘定の天下り法人であった道路公団を復活させるとか、預金や保険金で無駄なレジャー施設などを建設してしまう郵便局を復活させるとか、単に自民がやった事に対する腹いせとしか思えない様な政策が入っている政党ですから、微妙といえば微妙なのですが、ダメと分かっている自民よりは良いという事で、私自身も民主党に投票するつもりであります。

 本当は、私の考えに一番近いのは共産党であるのですが、あまりに力が無さ過ぎて、投票しても死に票になってしまうだけですからね・・・。とりあえず今は変えなくてはならないので、仕方がなくの民主党でありますし、民主党議員は浮かれる事無くしっかりとした仕事をしてもらいたいところです。 → ranking

 とりあえず、民主が勝利すれば、衆参両院でのねじれがなくなりますし、基本的には今よりは良くなるはずです。相場もそれは承知している事と思いますし、民主勝利で相場が荒れるという事はないと思いますが、今日の上げ方次第では出尽くしの様な動きが週明けに出て来るかもしれません。まあ、そうなればそこはチャンスポイントであるように思います。

 民主勝利後は、しばし上昇という局面になると思いますし、特に警戒する必要はないと思うのですが、間違って自民が勝った場合は・・・。それでも大きな変化は無さそうな感じがしますが、外資はあまり歓迎しないかも知れませんね・・・。買ってしまっているので、即売りに転じる事は無いとしても、先行きにはちょっと変化が出るかもしれません。 → ranking

 ともあれ民主は官僚を使うことが出来るのでしょうか・・・。日本でもトップクラスの頭を持つ人たちですからね・・・。使うには頭で対抗しては勝てるわけも無く、凄みと気合が必要なのではないかと思う次第です。そういう意味では小沢さんが一番適任だった様に思うのですが、既に潰されてますからね・・・。まあ、民主党を去ったわけではありませんし、睨みは効かせられるかとは思いますが・・・。

 今、一番日本に必要な事は、大手しか儲からない世の中にしてしまったのを、何とか変えていかなくてはならないことだと思うのです。資本主義が進んでいけば、当然起こる事ではあるのですが、お金儲けのために輸出の拡大だけを考えてきた日本をどう変えて行くのか。これができなければ、いつまで経っても暗闇は広がるばかりなのではないでしょうか。既に手遅れになっているようにも思いますが、政治家の方々には本当に頑張ってもらいたいところです。 → ranking

 ただ、あまり期待していても仕方ないので、私は自己防衛として株や為替、商品を研究し、生活の助けとして行きたいと考えております。難しい相場ではありますが、頑張って生きましょう!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。