利益とは恐怖の代償である

 今年の春に日経平均が暴落し、誰もが7000円を割り、6000円、そして5000円と下げて行くのではないかという恐怖に駆られ、多くの投資家が株を投売りましたし、その下げを利用しようと考えた投資家はカラ売りを入れてきましたが、結果はその7000円付近が底値となり、そこで買い出動出来た投資家が持ち続けている事が出来ているとすれば、昨日の日経平均高値更新の局面で大儲けという事になったはずです。

 誰もが恐怖し、もうダメではないか・・・春の暴落は、私もそんな考えが頭を過ぎるほど酷い下げでありましたが、もうダメか!と思ったという事は、ここは買い場なのであろう!という事で、周りを見渡せば、幾つかの買える理由が存在しました。しかし、その買える理由というのは、決してファンダメンタルズに起因したものでもなければ、テクニカルに起因した物でもなく、政府はこれ以上下げさせるつもりはないはずだというものでありました。 → ranking

 株価というものは、その企業の収益や配当に期待して決まる物であり、企業業績が悪くなる事が明白な中で株価が上がるというのは、普通に考えればあり得ない話しであるのです。ですから、買いの理由としては非常に弱く感じると思うのですが、誰もが恐怖し、誰もが値下がりすると思ったならば、相場はその方向へは動くはずが無いのです。値上がりすると思うから買い方が居るわけで、誰もが値下がりすると思ったならば、売りに行っても売れるわけが無く、全員が下がると思ったらもう下がらないのです。その代表例が米のCDOでしょうか。誰もが値下がりすると思っているので、それに値段を付ける事が出来ず、とりあえず購入価格で計算している状態であります。幸せなのか、それとも不幸せなのかはわかりませんが、皆が売ろうと思ったら値段は下がらないのです。

 こうして皆の不安がMAXになった時に、買い出動したのが、年金であり、一部の個人でした。年金は株価を上げねばという政府の意向を汲んだものもあると思いますが、株価が下がれば資産のリバランスを行い、買いに行くのは当然の流れなのです。個人は単に安くなったから買おう!という感じで、恐怖感を感じる事が出来ないような人から、株価の反転を読みきって買いに行ったのだとおもいます。こうして外資が投げ売った株を吸収し、相場はすっかり反転したわけです。年金は人のお金なので、恐怖に打ち勝ったわけではないと思いますが、少なくともあの局面で動いた個人は恐怖に打ち勝ったという事がいえるのではないでしょうか。 → ranking

 そして、そこから5ヶ月が過ぎたわけですが、7000円を割るかという状態だった日経平均は1万0500円を超えてきたわけですが、その間の行動が個性的で面白いのです。底値付近で買った個人は、日経平均が一万円に到達した辺りから、9000円付近まで下落した時に粗方売ってしまっているのです。せっかく恐怖に打ち勝ったのに、今では殆ど株を持っていないのです。ゴールドマンの策略に嵌ったとはいえ、ちょっと残念な結果でありますが・・・。年金はといいますと、上昇でリバランスをしなくてはならないはずなのに殆ど売っておりません。8割以上が持ち越しなのですが、何故売らないのか?それとも売れないのか?いや・・・売れない理由があるのでしょう・・・。そして、外資は完全に買い越し姿勢を強めており、日経平均が9000円まで反落した辺りからどんどん買い越ししております。

 今朝の日経新聞にも出ておりましたが、日本株の平均レシオは38倍程度と見られ、去年までの平均レシオの倍程度の状態でありますから、いくら景気底打ち観測が出たところで割高感は否めないのです。こんな高い所で株を持つ事は、常識的には考えられないわけですし、利食い売りを出すのは当然といえば当然の対応であるでしょう。 → ranking

 しかし、年金は売ってきませんし、外資は買い越しを続けているのです。今は恐怖に耐えられずに利益確定をした個人投資家ですが、その売りは全て外資に持っていかれたも同然であり、この水準で買った分も利食いする自信を持って買いに来ているのは明らかなのです。外資は今後の円高を利用して利益を出そうという魂胆もあるとは思うのですが、少なくとも日経平均が1万円を下るならば、その利食いは厳しい物になるでしょうし、何より今後の上昇が見込めないならば、この水準で買うわけもないのです。

 今、個人は恐怖に耐えられずに売ってしまいましたが、この相場を見て、怖いけど買いたいという気持ちに至っているところでしょう。しかし、押し目がないからなかなか買えないという状況で、相当イライラしているはずなのです。そして、それらの個人投資家が参戦してくるのを待っているのが外資です。年金はその片棒を担いでいるというか、担がされているのかもしれません。 → ranking

 さて、あなたはこの相場で恐怖を感じますか?もし、株を持っておらず、参戦の機会をうかがっているのだとすれば、早めに個別銘柄を選び出して参戦するか、行き着くところが見えるまで参戦を見送るべきです。半端なところで参戦すると、本当に酷い目に会うことでしょう。また、半端な気持ちでカラ売りをする場所ではないと思います。この辺が天井という可能性は非常に低いかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。