最新の投資方針

 私や、私の周りの投資家の多くは、直近の下落局面の目処は1万0100円とし、相場はインデックスが中心という方針で先物を仕込んでまいりましたが、一般的な多くの個人投資家はこの上昇に懐疑的であり、手持ちの株を売却している様ですし、積極的な投資家はカラ売りも入れている様ですが、どうしてこんなにも投資行動に差が出てしまっているのでしょうか。お互いに勝敗が決まったわけではありませんが、今日は、私が買っている理由を書いてみたいと思います。

 まず、この相場で一番大事な事ですが、非常に怖い事ではあるのですが、企業の業績や、それに対するレシオは無視しなくてはなりません。レシオを考えるならば絶対に買えないのが今の相場であり、企業収益に対して株価が高過ぎるという机上の計算しか出来ない投資家が売っている最大の根拠がここでありましょう。極めて常識的な考えであり、この考えを基に手持ちの株を利食いするのは一応正解であるとは思いますが、これを根拠にカラ売りをという事であれば、それは相場を知らない素人のレベルであるといえます。一応素人がプロに勝つこともありますので、絶対にそれが悪いというわけではないのですが、この相場で売りで勝てる見込みは低いと見立てるのがプロの考え方ではないかと思います。 → ranking

 以前にもご説明しましたが、春の暴落時から年金資金は6兆5000億円ほど買っていたのですが、あの7000円割れから1万円超まで上昇した相場に対し、1兆円ほどしか利益確定していないのです。当初は上手くやったなとも思ったのですが、ある一定の値上がりが出れば利食いするのがルールでありますし、ここまで上昇して売らないわけがないのです。という事は、売らないという判断を下したのが当の年金であるとは思えず、確認は出来ませんが政府の力が働いている事は確かであろうと思うのです。

 そして、その政府へ働きかけているのは米である可能性が高いわけですが、この様に考えて行くとここのところの外資の買い越し姿勢の理由が分かってくると思いませんか?世界経済は底打ちの兆しとか、とても買うには乏しいような材料ばかりですが、株価だけは何故かしっかりしているのです。ファンダメンタルからは絶対に買えない相場であるのは確かなのですが、そんな単純な理由で相場で儲けようなどと考えていても儲かるわけがないのです。 → ranking

 ほぼ底値と思われる日経7000円から買い上がり、利食いもせずにホールドしている年金資金ですが、今後も少々値上がりしたところで売ってくる事は無いと思いますし、例え下落に転じたとしても売らない事と思いますし、むしろ買い増ししてくることでしょう。一番右往左往する個人が株を持っていない状態で、年金は売らず・・・。この状態で暴落が起こる可能性はどれ程でしょうか。

 先日の円高も、おそらくは外資の日本買いのための資金手当てと思います。外資は今後更なる円高を予想しているはずですし、日本株に売り圧力が無い事も承知しているでしょう。ファンダメンタルで買えないとしても、上昇を狙ったキャピタルゲインを得る自信は相当高いかと思います。自信というよりも確信に近いかもしれません。 → ranking

 ファンダメンタルを中心に投資している投資家には絶対についてこれない相場かと思いますし、理解出来ない相場かも知れません。分からないと思い、付いていけないと思ったら、素直にそうすべきでありますが、だったらカラ売りで儲けようという考えに至ると、それこそ本当の地獄を見てしまうかもしれません。分からなければ休むのが一番であるのです。

 また、ファンダメンタルの裏付けがないため、いずれは下がるだろうという考えもあるかもしれません。その可能性は否定しませんが、そう予想するアナリストの多い事多い事・・・。誰もが予想できる結果に相場が動く事など殆どないのです。株価が下がる可能性は否定しませんが、当分下がらない可能性も十分にありますし、株価を下げないシナリオも存在している事も知っておくべきでありましょう。 → ranking

 この相場が天井を打つ時にやられるのは、やっぱり個人だと思います。今は個人が株を持っていないので、このままでは個人がやられる事はないのですが、天井を打つ時はかなりの個人が株を持っている事となるでしょう。個人が株を持つシナリオを予想し、先手を打つことが出来た人が今回の相場の勝利者になるのではないでしょうか。

 まあ、どこで買っても利食いできなければ何の意味もありませんけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。