政権交代はほぼ確実

 事の流れを見ていれば、今回の都議選で自民が惨敗し、民主が躍進するであろう事は誰にでも分る事であったと思いますが、公明と合わせても過半数に届かずという状態を覚悟出来ていた議員はどれ程かといった感じでありましょう。この流れはほぼ確実に衆議院選挙に影響して行く事となりますし、自民、公明が焦れば焦るほど状況は泥沼化して行く事と思います。 → ranking

 ここまで状況が悪化しますと、手を打てば打つほど人気が衰退するという状態であります。人気を回復しようと、何かをやる度に国民には見苦しく映るという事が分からないで居ると、それこそ衆議院選挙の結果は民主の単独過半数という結果になって行く事でしょう。強欲な腐れ議員も多いですが、本当に能力のある素晴らしい議員が一番多く居るのも自民党であるのです。

 正直言って民主党が政権を担ったとしても、日本が良くなるという事はないでしょう。どこかは良くなっても、どこかは悪くなるでしょうし、世界経済がこのまま回復するという事は無いのですから、どんな政策を打とうとも良くなるという事は無いと見た方が良いです。自民が政権を持続した所で良くなるわけも無いのですから、自民は一度野に下り、しっかりと頭を冷やして、本当に必要な事を実行できる体質となって帰って来るべきです。

 しかし、自民にしても民主にしても、政治家というのはどうしてこうもおかしな事ばかりをするのでしょうか。一番気になるのは政治献金で、個人が政治家を応援するのに献金するというのは分かるとしても、企業が献金をするというのはどうしても納得が行きません。企業から政治家にお金が行くというのは、何かその企業に有利な事があるからであって、何も有利な事がないのであれば、政治家にお金が行くというのはおかしな事であります。 → ranking

 企業とは、利益を得る事を目的とした物であるのですから、利益を得られない事に対してお金を使ってはならないのです。企業に取って何の利益もない支出があって良いはずが無く、献金は利益につながると認められなければ許されないのです。となると、献金と賄賂の差は?と成ってくるのですが、私は間違い無くその差は無いといい切って良いと思います。企業献金=賄賂で間違いないでしょう。

 また、受け取る側の政治家の多くは資金管理団体とか、企業でいうところの経理部の様な組織があり、何か不味い事が発覚すれば、全てはそこのせいにしてしまい、あたかも自分は悪くない様に振舞います。企業の経理部が不正を働いて、社長がそれを知らなかったで済ませられるわけが無く、悪いのが経理だとしても社長は退任で当然なのです。政治家は社長と同等の様なものと思いますし、資金管理団体が・・・で済まされて良いわけが無いのです。

 よく、腐ったみかんを入れておくと、籠のりんごは全て腐るという例え話が使われますが、政治というのは正にその様な世界なのでありましょう。初当選した時は志が高く、本当に素晴らしい人間だったと思ったのに、気が付けば・・・という政治家がいかに多い事か・・・。 → ranking

 バブルが崩壊し、その処理を膨大な借金でごまかしながらここまで来てしまった事に対する反省が無ければ、日本を再生させる事は不可能です。更に借金を増やしながら目先の生活を守るという考えでは、アルコール中毒の患者に酒を飲ませるのと一緒です。この現実に気付き、早く正常な方向へ向けて進んでいかなくてはなりません。

 本来はさっさと解散して頂き、民意を問うべきでありますが、ビビリまくっている自民にそれが出来るかどうかは微妙な所でありましょう。その様な状態に付け込まれて、相場に売り仕掛けが入りそうな気配があり、それがちょっと気掛かりなのですが、それでも恐ろしいほどの下げになるとは思えず、押したとしても限定的ではありましょう。解散したからといっても株価が上がるという事でもないのですが、やるべき事はさっさと済ませて行くべきでありましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。