大きな流れと小さな流れ

 私は投資判断を決定する時にテクニカル分析を重要視しないのですが、ローソク足の日足と週足、そして月足を観察する事が多いです。型に嵌った分析方法は一切使用しないのですが、チャートはその銘柄の貴重な歴史であり、それだけを元に未来を予測する事は出来ないと思いますが、何かが起こった時にどんな反応をするかの予測には役立つと考えているからです。 → ranking

 テクニカル分析という物は、ありとあらゆる分析方法があり、あれとこれが買いサインを示しているとしても、あっちとそっちは売りサインだとか、結局は自分に取って都合の良いものだけを選ぶというものであり、それを万能と勘違いしている方が居る事には残念としか言いようがないです。

 ただ、先にも書きましたが、過去の値動きを表した歴史の記録という意味では本当に素晴らしいものであり、4本値を記録したローソク足は、本当に見やすく素晴らしいものです。未来の予測をしようと思ってチャート分析に真剣に取り組んでも無駄だという事は、長く実戦を続けていれば分かる事ですが、誰もが一度は首を突っ込む世界であります。私も未来の予測に憧れてテクニカルアナリストの資格まで取りましたが、一年で脱会してしまいました・・・。証券マンがお客さんに対して株価を説明するのには良いかも知れないが、自分の投資成績には何の意味もないと気付いたからです。勉強したくて勉強するのは悪い事ではありませんが、早めにその現実に気付き、もっと違う角度から相場にアプローチするようになるべきと思います。

 昨日、日経平均は約9300円位まで下落し、3月にブレイクしてから割る事の無かった25日移動平均線のところまで売られたわけですが、これは下落の始まりなのでしょうか?いつの間にやら50兆円の株買い取り枠が消えましたが、この何でもありのジョーカーは封印されてしまったのでしょうか。元々50兆円などという膨大な金額での買い取り宣言でしたから、出来るわけもない数字とは思いましたが、その位の意気込みで株価の下落は止めるという意思の表れという意味では評価出来るものでした。 → ranking

 現在、政治は荒れに荒れての状態であり、それをネタに売り仕掛けも入りそうな気配が見えますが、ある程度まで下がれば再度似たような話が出て来ると思いますし、単に株価上昇から危機感が薄れての撤回というだけでしょう。あまりに急だったので、とりあえず計算は後回しにして、意思表示だけでもしておけ!といった感じであったのかもしれません。今度はもう少し計算をして、37兆円の買い取り枠だとか、目減りしたとしてももう少し考えた数字が出てくるような気がします。

 現在の相場には、正直言って上値を買う材料が何処にもありません。個別では買われるべき銘柄が存在するのですが、相場全体を牽引するほどの物は無く、当分高値の更新は無理といった状況でありましょう。また、先にも書いたとおり政治不信をネタにした売り仕掛けの可能性もありますから、先行きはあまり明るい感じではありません。

 ただ、だからといってこのまま相場が一方通行に下げるという可能性は低く、方向感を見失うと大変な事となります。市場に出ている材料を精査し、これから出て来る材料を予測し、日米欧の首脳が何を考え、何をしようとしているのかを予測し、中長期の動きを予測した上で、今の目先の動きがそれに対してどのような方向であるかを考え、逆であるならば買いなり売りなりの出動をすれば良いのではないかと考えております。 → ranking

 私は当分ボックスの動きが続くと見ておりますが、ボックスの水準に関しては調整を入れておりますが、その下限に来たならば買いで対処して行こうと考えております。ただ、やや下向きのボックスになる可能性がありますので、回転は早目という事に成るかと思います。

 ちなみにですが、当面暴落も暴騰もない相場と見ております。中長期では大きな変化が見られる相場ですが、目先急激にという事はない可能性が高いと見ます。ここで急激に変化されたならば、今までやってきた事が全て無駄になってしまうのですから・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。