祝1万円回復!?

 昨日、日経平均は八ヶ月ぶりに先物で1万円の大台を回復する場面がありました。大引けではその水準を守れませんでしたが、やはり日経平均が1万円台にいるというのは見た目的にも嬉しい感じがしますし、出来る事ならばこれ以上の水準でいて欲しいとは思っておりますが、あと数ヶ月もすると、この1万円は当分見る事の出来ないような水準になってしまっているかも知れません。

 ここではっきりと言っておきますが、米、日、ユーロ各国が経済対策と銘打って大量の財政出動をして、やっと経済の悪化が止まったというだけの事であり、これで回復軌道に乗ると思ったら大間違いなのです。残念な事ではあるのですが、今後も失業率は悪化して行きますし、世界中で財政出動をした結果として、主要通貨の下落に歯止めがかからなくなる日が来る可能性が高いのです。

 見ての通りGMは破綻となり、米の巨大産業が崩壊したのです。幾ら合理化を推進し、それを立て直そうとしても、必ずそこには失業者が溢れるのです。それを防ぐ為にグリーンニューディール政策があるわけですが、贅沢品の代表だった自動車産業から溢れた人が、環境の世界でどれ程吸収できるのでしょうか。

 とりあえず、危機意識を持って環境へ対してお金を使うように仕向ける為には、現行のエネルギー価格が上昇した方が良く、それは財政出動によって価値の下がったドルをヘッジするための流れと合流する事となりますので、必然的に原油価格の上昇という形で狙い通りの結果を得る事に成るのです。

 エネルギー価格の上昇は、原油が無くなったら技術で稼ぐしかないと焦っている中東やロシアを投資環境に引っ張り出し、世界の株価を上げる役割を担う事になるとは思いますが、幾ら原油が上がった所で中東とロシアで全てを支えるわけにも行きませんし、何かをきっかけにそのバランスが崩壊し、酷いインフレが起こる可能性が高いと見ております。

 当分の間は株価が急激に崩壊する可能性は低く、グリーンニューディールに沿った投資方針で、欲張り過ぎないスタンスで行けば問題ないと考えておりますが、危機というのはいつも突然に起こるのです。微妙な前触れはありますが、殆どの人がそれに気付く事はありません。気付いたとしても行動できる可能性はかなり低いと言って良いでしょう。

 当分株価が崩落する危険は少ないのですが、上値も殆ど限界に近い状態です。今の経済状態と、今後の経済状態を考えると、どう考えても私にはここから先を買うプランは浮かんでこないのです。ただ、先にも申し上げている通り、グリーンニューディールと、それに付随する銘柄に関しては買えるものが残っていると考えます。それでも単に高値を追っていては死ぬ事となるでしょうけれどもね・・・。警戒しつつも狙うべき所をしっかりと狙うという非常に難しい状態です。皆様が上手く乗り切って行く事を祈っております。

調子はいかがですか?

 SQ算出でギリギリ1万円を付けるような、本当に微妙な1万円と言う予測をしていたのですが、昨日の段階で1万円に到達してしまいました。6月SQで1万円予測はほぼ達成であり、今月も大筋の予測が当って良かったと思うと共に、そうした判断に導いてくださった沢山の情報を提供してくださった皆様に感謝すると共に、毎日のように届く感謝や励ましのメールにより、今月も生かされたという感謝の思いでいっぱいです。

 先月末から仕込んでいた自動車株は、それなりに良い含み益を出させて頂いておりますし、先日から再度買い始めた銀行株もなかなか良い感じです。もちろん主力にしている電気株も横這い状態ではありますが、倍近くまで上昇した後ですからね・・・。もうしばらくこの辺でもみ合ってくれた方が安心感が高いといった感じでしょう。

 日経平均は1万円達成で反落するとか、勢い付いて1万2000円だとか、結構色々な見方があるようですが、私はそれ程動かないと言う予測を立てております。暴落も暴騰も無いと見ておりますので、あくまでも個別勝負で、しかも買い主体で狙っております。

 この結果として仮に日経平均が暴騰してしまったとしても、その利益を得る事が出来るのです。そして、暴落したとしても底値付近から買ってきた環境銘柄がボロボロになる可能性は低く、活路が見出せない事は無いだろうという読みが働いております。

 ただ、どう考えてもこの1万円~1万0500円付近が天井付近と見ており、基本的には利食いを中心に考えております。資金枠を空け、下落する場面が出たら買うと言う感じで構えており、この値段帯で無造作に買ったりはしません。高くなる度に買いたくなっていては、どう考えても儲かるはずが無いと思います。

 明日で6月のMSQを通過するわけですが、とりあえず売りで取れる相場では無いと思いますし、強気で買いあがっても取れないと思います。微妙な値段だと思いますので、とにかく慎重に行動して行くべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。