上げも下げも材料は同じ

 原油価格が上昇し、原油関連株が買われてダウが上昇。原油価格が下落し、消費関連株が値上がりしてダウが上昇。原油価格が上昇し、消費関連株が下落してダウが下落。連日のようにこの様なニュースが流されているわけですが、これらに一体どれほどの意味があるというのでしょうか。上げても下げても理由は一緒で、見る視点をちょっとずらしただけに過ぎません。株式投資においてニュースは非常に重要な判断材料ではありますが、無駄なものも相当多いと知るべきでしょう。

 これは原油に限った事ではなく、金もそうですし、為替もそうです。とにかく日々のどうでもいい様な事を後付けで材料として付け加えている程度のものが多く、本当に注目すべき材料は意外と小さな扱いだったりします。投資家は日々の動きに納得したいという性質を持っていると思うのですが、それがこんなくだらないニュースをばらまく結果になっているのでしょう。

 マーケットは既に上値を買うには限界の位置に居り、ここから上を買うには勢いしかなく、今はそのきっかけを待っている状態でしょう。上値を買うきっかけが何なのかは分からない状態ですし、場合によってはそのきっかけがないまま、比較的長い時間そこにとどまる可能性もあるのですが、9月のSQへ向けては何らかの動きが出てくる事でしょう。明後日のSQに関しては、1万円という重要な数字がありますが、実はここまで来るとそれ程重要な数字ではなくなっており、特に私にとっては9800円でほぼ達成感があり、予測は既にその先の方に目が行っております。

 SQ算出のタイミングで1万円を付けるという事は、売り方の敗北が決定する事ですし、買い方にとっても勢い付くポイントでありますから、これにはそれなりの意味はあるのですが、こだわるほどではないと考えております。問題はこの1万円前後でどんな値動きをし、どんな材料がどのように消化されて行くのかという事です。何がどう転ぼうとも今まで出されてきた景気対策で景気が回復するという可能性はほぼ無いと考えてよく、最終的には下へ向かう相場であると考えております。

 ただ、環境関連を中心に大きな相場に発展すると考えておりますし、目先に関しては下げる事を考えて行動していては儲かるどころか大損する可能性が高くいであろうと見ております。とりあえずですが、6月SQはほぼ1万円ということで考えておき、次の9月のメジャーSQの方の予測を立てて行動するようにしたいところです。

 ちなみに、今朝までのニュースで私が気にすべきことだろうと思って見ていたのは、ドイツのNO1百貨店が倒産したことと、ラトビアが国債を発行して入札がゼロだったということです。ラトビアは小国ではありますし、世界への影響はそれ程大きくないとしても、米のバブル崩壊はそんなところにも飛び火しており、本当に手のつけられない状態はこれからなのかもしれないという懸念が広がるばかりです。

 目先はごまかしで相場になったとしても、いずれはそれに気付き、株価も現実的なものとなって行くのです。今から下げに賭けていたのでは早すぎるので、今からカラ売りだなどと言っていると死ぬ可能性が高いと思います。本当に勝ちたいならば、物事を客観的に、しかもバランス良く判断できるかどうかが、株式投資で利益を出せるかどうかのポイントではないでしょうか。

SQの目標値を一般公開したわけ

 SQまでの日付も短くなりましたし、値幅もほとんどなくなったのでという事もあるのですが、ここまで来ると後はそれほど重要ではないという考えがありましたので、それで今回のSQに対する目標を発表したわけです。メンバー向けには先月の段階からこの水準での動きを予測したレポートを発行していたのですが、基本的には値幅が少ないのでこれがどれほど生かされたかは微妙かも知れません。

 ただ、少なくとも9500円を天井に下落するという判断はしない方が良いと思っておりましたので、カラ売りを思いとどまった方にとってはかなりお役に立てたかと思っております。ここから先9月のSQへ向けての方針は固まっていないのですが、どうしてもこれから出てくる材料を見極めなくてはならない部分も大きいので、こればかりはどうしても直ぐに答えを出すわけには行きません。

 ちなみに、SQで1万円となっても、目先それが天井という見方ではありません。詳しくはメンバーの方で書きたいと思いますが、結構微妙な空気なので、本当に読むのが難しいですね。私自身も日々真剣勝負ですのですし、日々修正を加えて行きますので、昨日と違うことを書いていると思ったら、今日の方が修正された判断だと考えて頂いて良いです。

 ただ、意図と違う事が伝わる事もありますので、???と思われる事があればいつでもご質問ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。