下値の不安はどれ位?

 7000円まで買い下がっていった公的資金ですが、予想外に利食いが少ない状態であります。それが故にこの強さが継続しているという見方も出来るのですが、ここで売らないのですからこの先もう少し上がったとしても売ってこないようには感じております。公的が売りに回ればこの相場はあっという間にバランスを崩して崩壊してしまう事でしょうから、おそらくはそういった行動は取らないと考えます。

 本来ならば買値から有る程度上がれば利食いしてくる所ですし、私はその利食いをこなしながらの上昇と見ておりましたが、いつまで経っても売ってこないのです。ここで売らないのですから、よほどの事が無い限りはここから下で売る様な事は無いと考えますし、再度下がればまた買って来ることでしょう。

 また、50兆円の買い取り枠がジョーカーとしてきましたが、これが無くなったとしても再度日経平均が7000円を割るというような緊急事態に陥りそうになれば、また同じような話を作り上げてその危機を乗り切ると考えれば良いでしょう。時間と共に危機の値段は変るかも知れませんし、同じ底値と考えるのは危険ですが、当分はどう有っても下には行かせないという見方をしていて良いように思います。

 ただ、為替に関してですが、目先の米国債の発行については粗方織り込んでおり、これによってドル安に成る事は避けられそうな雰囲気ですが、これで新規赤字国債の発行が終るわけでは無いのです。いずれはたがが外れて、ドルが暴落してしまう局面が来るように思います。その時に再度50兆円の話が出れば、それはそれを止めるに十分な資金であると思いますが、そこに強烈なインフレが発動してしまった場合は非常に困難な状況になると予測されます。

 というような状況でありますので、株式投資に使う以外の現金は他の資産に振り分けているのです。何せ何処でどの様にインフレが来るのかは現時点では予測できないのです。かなりの確率でインフレに成ると思いますし、これに備えておかなくてはこれからの時代を生き抜く事は不可能と思うのです。

 また、インフレと共に環境銘柄は完全にバブル化して行く事が予想されるのですが、しっかりとその流れをつかむ事が出来た投資家は大きな利益を得る事が出来るのではないかと考えております。

 ただ、この流れに至るまでの過程がよく見えてこないのです。目先は安心感が広がり始めており、相場は私も日経平均が1万1000円になってもおかしくないと感じるほどです。それが故に天井が近いだろうとも思っておりますし、どう考えても1万円から先を買う理由は見当たらないのです。あるのは勢いだけでしょうね・・・。

 せっかく利益を積み重ねてきても、ここで調子に乗りすぎるとあっという間のその利益を吹き飛ばしてしまいます。何度も失敗してきている方は、それに気付けるはずなのですが、気付いていても行動できなかったりします。それは、上昇を見て買わなければ損をするという感覚に捕らわれてしまうからです。

 チャンスはまたやってきますし、もしもここから更に上昇するならば、それはもう完全なカラ売りの局面となる事でしょう。更なる上昇を見て買いたい!と強く思ったら、そこはじっと我慢をし、信用のカラ売りを入れる準備をして行くべきでしょう。

 現時点では天井の水準が見え無いのですが、そういう場面が来る可能性には備えていくべきです。私の感覚ではここから上は行き過ぎであります。ただ、バブル化を予想している環境関連銘柄に関しては、上昇し続けてしまった場合の保険の役割を担ってもらうつもりです。日経平均が上昇し、売り転換したとしても、基本は環境関連を中心とした買いで考えております。

基本は環境

 基本は環境関連であるのですが、流石に行き過ぎているものは目先調整に入っても何ら不思議ではありません。特に私がメインとして考えている電池関連銘柄の一部ですが、この辺はもう行き過ぎの水準であるように考えております。

 おそらく、環境は目先やりすぎている部分が強いので、ちょっとお休みして他のセクターにも上昇の流れが発生するのではないかと考えております。その代表は先日から注目している銘柄があるセクターなのですが、環境のお休み局面を楽しませてくれるセクターになるのではないかと考えております。

 また、日経平均自体はここから先の上昇はかなり厳しいと見ており、そろそろピークかと見ております。そうは言ってもその後に急落が待っているというわけではないと思いますし、それをカラ売りで取ろうとすると、非常に厳しい結果になりかねませんので、そこで相場が転換したような錯覚に捕らわれないようにしたいものです。

 まあ、実際はある程度動きを見ながら判断するしかなく、今から決め付けて行動するのは危険です。流れを受け入れ、それに逆らわない形での投資活動が基本でありましょう。難しい局面ではありますが、活路が見えないというほどでは有りません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。