最近の相場情勢

 正式に調べたわけでは無いのですが、色々と出てきているデータや、周りの人の投資状況などを聞いていると、7割ぐらいの人は今の株価が高いと思っている様ですが、経済対策等が実行されて株価が回復する可能性は感じており、弱気ではあるが押したら買いたいと思っている人も結構居る様な感じであります。

 相場を見ていると、例えばチルドレンの買い戻しが終わったと伝えられた東芝に大量のカラ売りが入ったりだとか、悪材料を見るととにかくカラ売りをといった動きが目立ちます。今年春にかけての暴落相場で、リスクから逃れるために現金化した人が多かったわけで、この春からの上昇は現金で過ごしてしまったために、買いで入り難いという理由も手伝ってだとは思うのですが、とにかく売りから入る投資家が多く居るように見えます。

 以前に安値は買い方がたたき売ることで形成し、高値はカラ売りが踏まれることにより形成されると申し上げましたが、今は正にそのカラ売りが大量に入ってきているところであります。こうなってくるとこのカラ売りが踏まれるまでは大きな下落は無いと見て良く、これも目先暴落は無いだろうし、大きな押し目もないだろうという判断の根拠となっております。

 私は基本的に買いを主体として考えている投資家でありますので、こうした相場状況を見ていると、ハイエナの様な投資家が増えたな・・・という印象を持ってしまうのですが、売るにしてもどうしてこう半端なところで売るのでしょう。どうせ売るなら、皆が踏まれてパニック状態になっている時に売れば良いのにと思ってしまいます。皆が踏まれるという事は、やはりこうした半端なところで売る人がいるから出来るのですが・・・。やはり全員が勝てる世界ではないという事です。

 こうして、今はカラ売りの勢力が大きいため、相場は逆に強含みとなっております。経済対策はイカサマだらけですし、売り方は下がって当然と思っているでしょうけれども、経済と相場はイコールで考えてはいけないのです。景気を読む力よりも空気を読む力というか、今は理論派ほど痛い目に会う相場の様に思います。

 今後の相場は、少なくとも6月のSQまでは強いと見ております。SQに近付けば大きな値動きも出るかも知れませんが、それまでは比較的小動きでありましょう。それでも200円前後の動きはあるかと思いますので、200円の値動きは小さいと言う認識の下での話です。慣れてしまってはいますが、実は200円と言ったら大きな値動きなのですよね・・・。

 大きな上昇の可能性は低い相場と見ておりますが、少なくともカラ売りを入れる相場では無いと見ております。上がったからといって安易にカラ売りを入れていると、本当に悲惨な状況に追い込まれてしまう可能性が高いと思います。まだまだ買える銘柄も沢山ありますし、ぜひとも初心に帰って割安であったり、成長の可能性の高い銘柄を探し出す努力をして行くべきでありましょう。皆が売りで狙っている相場で一緒に売りを探していても儲かるはずがないのです。

相場の心構え

 一般、メンバーを問わず、このブログに辿りついた人全ての方が相場で勝利して頂きたいと願い、毎日相場に関係するような事を書き続けているのですが、実際問題としてそれは理想でしかなく、不可能であろうとは思っております。ただ、それでも全員が勝てる方法は無いか・・・。これは毎日毎日考え続けている事であります。特にメンバーになる事を選択した方には、何としてでも勝利して頂きたいと願い、日によっては一般公開以上のレポートをメンバー向けに送る事もあります。

 ただ、私はこれを買えば儲かるとか、株がそんなに生易しいものとは考えておらず、私の売買を真似すれば必ず儲かるとも思ってはおりませんので、あれを買えとかこれを買えというレポートは書きません。完璧な答えなど存在しない世界であり、どんなに研究したところで売買を実行した時点で賭けが始まるのです。ちょっと下がればロスカットという対応をする人が居たり、ちょっと利益が出たら確定という人が居たり、その対応は様々でありますし、売買する限りは賭けなのですから、私はそれが自由であるべきだと思っております。

 売買する限りは賭けになるのですし、当然上手くいかない人も居ます。中には下がったけど大丈夫ですか?などという質問をする方も居りますが、大丈夫かどうかは私にだって分かりません。ただ、経験上はこう思うという考えを示す事は出来ますが、経験上からの予想に過ぎないのです。どうするかは自分で考えて頂く他はありません。

 メンバー様からのお話でもありますが、今はインターネットという便利なものがあり、ありとあらゆる情報が手に入ります。もしかしたら手に入らない情報はないのではないかというぐらいなんでも手に入ります。しかし、当然その中には偽の情報もありますし、間違った情報もあります。株に関して言えば、上がるにしても下がるにしても、どちらの情報もあるわけで、自分に都合の良い情報を探そうと思えば見つかるのです。

 下げて欲しくないと思えば下がらないという情報を探し、上げて欲しいと思えば上げるという情報を探すのです。これに一体どれほどの意味があるというのでしょうか・・・。時間をかけるべきところをしっかりと考え、勝つための行動を実践して行くべきではないかと思います。

 本日は予測通りの円高と、NY安の影響で押し目を形成する日となりそうですが、こんな日は狙いを定めてしっかりと相場を観察して行くべきでありましょう。とにかく動きを見なくては分かりませんが、買い方は押しそうな日こそわくわくすべきなのです。今日は忙しくなるかもしれません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。