暴落しない理由

 今の相場は、良いところばかりを見て悪いところを見ないので、買い方は上昇すればするほど恐怖を感じるでしょうし、売り方はより自信を深めていくかも知れません。上げれば当然落ちる局面も来るわけですが、少なくともこの水準からの暴落というのは考え難く、押したとしてもそれ程深い押しはないと考えます。日経平均が1万2000円ということにもなれば、それは暴落してしまう可能性はあると言えますが、この程度の水準からの暴落というのは当面無いと考えた方が無難でしょう。blogranking

 まず、暴落というのはどういう時に起こるのかといいますと、信用の買い残が積み上がり、それを維持できなくなった時に起こると考えて良いのですが、今の株式市場はこれほど上昇しているにもかかわらず、それほど買い残が積み上がっていないのです。個人は買い越しだとか、強気の勢力が多くなっている様な話も聞きますが、信用市場を見る限りはどこにも強気な人は見当たらないと言っても過言ではありません。

 また、カラ売りにしても規制が強化されておりますので、売り叩いて儲けようという勢力は鎖で縛られたような状態で、しかもその代表格であるヘッジファンドに至っては資金の流出が続いておりますから、売りたたくための資金もない状態です。鎖で縛られた上檻に入れられたような状態ですから、どう考えてもこれが暴れ出すとは考え難いのです。

 また、春の下落時に買い続けていた年金資金ですが、7000円を買い支えるよりも9000円を買い支える方が大変だろうという話もありますが、買い下がった分は徐々に利食いしていますし、この上昇でそれなりに利益も出しているはずですから、確かに7000円を買い支えるよりは大変かもしれませんが、それほど大きな問題ではないはずです。まあ、支えるのはもう少し下だと思いますけどね。blogranking

 そして、他にも理由がいつくかあるのですが、暴落しない理由の代表格は、政府の株買い取り枠50兆円です。もはやこれはトランプで言うところのジョーカー的な存在であり、これに勝てるカードは無いのです・・・。相手がジョーカーを持っていると分かっていたら、手持ちにどんなカードを持とうとも、それに勝つ事は出来ないのです。

 ただ、このジョーカーを切ってしまうと、その先に待っているのは管理相場という事になります。下に行かない代わりに上にも行かないという事になり、完全に株式市場は死んでしまいます。残るのは材料株だけという事になり、225絡みの銘柄は、年間を通して5%も値動きが無いような状態になりかねません。今は切り札を持ってプレッシャーをかけているだけだから良いのですが、これはできる限り切らない方が良いカードなのです。

 以上の理由から、相場が再度下に行くような場面が来れば、必ずこの切り札が切られますので、相場が暴落するということを考えるのはナンセンスなのです。逆に暴騰する可能性はどうかと言いますと、こっちの方がよっぽど可能性が高いと感じますが、現実はかなりシビアであります。blogranking

 今朝の日経新聞の一面に「経済再生 出口への試練」という記事がありますが、ここで企業が本来クビにする予定だった人の雇用を守るために申請された雇調金というものがあるのですが、3月の申請件数は半年前の800倍だそうで、仮にこの人たちが全てクビにされたとするならば、失業率は8%になったという計算だそうです。補助金欲しさという側面はあるでしょうけれども、かなり大変な状態であるのは間違いない事実でありましょう。

 このような状況で、今後の経済をけん引してくれる可能性があるのは、やっぱり中国しかないと思うのですが、そのお国柄をどこまで信用して良いのかという事になってくると、それは非常に難しいという事になります。まあ、私から言わせて頂ければ米もそんなに信用できる国ではないとは思っておりますけどね・・・。測りかねる部分が大きいので、なんとも言えないのですが、とにかく分からないとは言っても最大のキー国である事は間違いないでしょう。

 最後に上値の予測ですが、日経平均が1万円を超えるためには、少なくとも主要企業のほとんどが赤字の状態では無理です。最低でもほとんどの企業が黒転する見込みにでもならない限りは、とてもこの値段を超える事は出来ないと見てよいでしょう。今の相場を例えるならば、500億の黒字が100億の黒字になるというような感じでありますが、必要なのは500億の赤字が1億の黒字になることであります。その差はそれ程大きくはないのですが、これを無くして株価がこれ以上上がっていくのは非常に厳しいと見るべきでありましょう。blogranking

 分からない方が株価は上がるわけですし、勢いに任せて上昇してしまう局面はあるかもしれません。ただ、平均PBRが1倍を超えた今は、割安感という今まで買ってきた最大の買いの理由が薄らいでいるのです。個別では上昇して行く銘柄も出ますが、全体的には限界値に近い状況になっていると見た方が無難でありましょう。1万円を超えて行くにはまだまだ材料が足りません。

 ただ、あくまでも相場でありますから、場合によっては1万円を超えて行く場面も見られるかもしれません。強気が支配する局面も想定はしておかなくてはなりませんので、この値段を超えないという事ではありません。

今日の予定

 下値も上値も限定的で、ある意味既に管理相場の様な状態になってきているのですが、これに文句を言っても仕方ありませんし、どんな環境であろうともその環境を読み取って売買して行かなくてはなりません。とりあえず、ここから暴落するとか、暴騰するとか、そんな事は起こり難いという事を認識し、上値を慌てて買いに行かないとか、無茶なカラ売りはしないとか、そんな方針を立てて行く様にすべきと思います。当たるかどうかは分かりませんが、当てる自信は結構あるつもりです。blogranking

 さて、今日の予定ですが、3000円から買い下がるつもりで仕込んできた8316三井住友FGですが、買い下がることなく上昇してしまいましたので、満足な仕込みができませんでしたが、利幅的には十分満足できる状態となりました。予定数を仕込めていれば、将来への夢を残しておくのですが、夢を残すほどの仕込みはできませんでしたから、私はここで全てを利益確定としたいと思います。ここで終わりというわけではありませんし、まだ上値は残っているとは思いますが、出来る限り私の行動は予告するという方針ですので、ぎりぎりを狙うという事はしないのです。以後の対応は皆様でお考えください。

 ちなみにですが、この記事がブログに反映されるのは昼過ぎですが、メンバーに配信されるのは9時前であり、本日も8時半ごろには配信される事と思います。当然私の注文もこれからであり、メンバーと共に同じ条件でのスタートとなります。全ての銘柄がこうであるわけではないのですが、出来る限り私もメンバーも公平である様にと考えております。

 また、買う時も私自身の仕込みを入れる前に、注目している理由などをレポートしておりますが、どのように買うかとか、どのように売るかは、皆様がそれぞれ考える事であり、その点に関しては言及しておりません。どうすれば皆が楽しんで株で利益を出していけるようになるのか・・・。常にそんなことを考えてレポートしておりますので、上手く行ったというような書き込みや、メールを頂くと、非常にうれしい気持ちになります。やってて良かった!そういう思いだけがこのブログを続けている理由の様な今日この頃です。blogranking

 少々話が脱線してしまいましたが、今日の予定というか、今後の予定ですが、日経平均が1万円を超える様な状況になった場合は、短期張りで日経225をカラ売りする予定です。暴落するとか、そんなわけではないのですが、9000円とか、8500円位までは下落してもおかしくない相場だと思うので、日経平均が1万円を超えるようならば、カラ売りもありだろうという考えです。基本は買いであって、あくまでもヘッジ的な取引ですから、S氏が方針転換をしたという認識にならないようにしてください。私はあくまでも買い主体です。

 そして、あの中心銘柄ですが、あれだけは売る事はありません。もし1000株でも売る事になったならば、必ず皆様にお伝えしてからとなりますし、万が一撤退となるならば、メンバー全員が売りきるまで、2日間ぐらいは売らずに保有します。その位の覚悟を持って保有しております。どんな結果が待っているかは分かりませんが、私はかなり期待して良い様に思っております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。