新型インフルエンザで分かった事

 マスコミも少しは気を使ったのか、豚インフルエンザという表現が消え、新型インフルエンザという表現に変わってきました。実際に豚肉を食べないという無意味な行動を誘発してしまうので、豚インフルエンザという表現はしない方が良いと考えておりましたので、この件に関しては良い行動だと思いました。しかし、マスコミは、というか、政府も含めてでありますが、あまりに無駄で、単に不安を煽るような話ばかりで、本当に意味のないことばかりをしている様にしか思えません。選挙を前にしっかりと対策をしているという事をアピールしたいだけとしか見えず、お粗末極まりないとしか言いようのない事ばかりが目につきます。ranking

 まず、インフルエンザに限らずですが、ほぼすべての伝染病というものには潜伏期間というものがあり、発病まで数時間のものから数日、長いものでは数週間を要する物もあるのです。それを飛行機の出口でサーモグラフィーで体温を測定したところで、どうだというのでしょうか。熱が上がっていなければ発見できませんし、潜伏していても分かるわけがないのです。本気で広がりを止めようというのであれば、飛行機や船などの交通手段を伝染が終息するまで停止するとか、外出禁止令とか、その位の事をやらなければ無理でしょう。あの程度の検疫ではお金がかかるだけで何の効果も無いと言っても過言ではありません。

 今回の新型インフルエンザ発生で分かった事は、人類はその広がりを止める手段を持っていないという事です。今回のは弱毒性である可能性が高いH1N1型と呼ばれるAソ連型と同型のもので、それほど脅威ではないのですが、猛毒の鳥インフルエンザがパンデミックになった場合は、本当に大変な事になるという事は明らかでありましょう。マスコミが怖い怖いと報道しているので、恐怖ばかりが先行しておりますが、大事な事は今現在の広がりを伝える事ではなく、どうすればうつらないのかとか、どうすれば重篤化しないのかという事であります。

 見ての通り広がりを止めるのは不可能に近いのですが、正しい知識が広がれば、大きな広がりを止める事は出来るかも知れません。例えばそれは手洗いの徹底だったり、うがいだったりするわけで、後は発病の疑いがあれば即座に病院に行く事であります。お金がかかるとか、行く時間がないだとかという事になると、手当てが遅れて重篤化してしまうのです。今は、比較的良い薬もありますし、治療が早ければ手遅れになるという事は少ないと思います。マスコミは、世界で何百人が感染とか、そんな報道をする時間があるならば、どうすれば感染しないのかとか、そっちの方を徹底的に流すべきで、政府は権益を強化するよりも、インフルエンザの検査と治療は無料にするとか、誰でも検査や治療を受けやすい制度を作るべきなのです。無駄なところにカネを使っている場合ではないとしか言いようがありません。ranking

 さて、このインフルエンザ関連で盛り上がっている銘柄がいくつかあるわけですが、連休の谷間という事もあって幕間つなぎ銘柄として大活躍であります。こんなに上がるわけがないということでカラ売りを入れて踏まれてしまうとか、本当に大変な状態になっているのですが、これはもう参加するからには遊びと割り切って行く必要があり、投資などという感覚で参加していては資金が幾らあっても助からない可能性が高いです。ただ、徹底的に売りを入れ続ければ、結局は元の水準まで下落する日がやってくる可能性が高く。もし、売りで入ったならば、それはもう徹底的に売り続けて行くしかありません。

 ただ、インフルエンザとは別の何かで業績が良くなって、本当に良い会社になってしまうというリスクは無くもないです。まあ、急騰している理由がインフルエンザであるならば、それはもう下がると考えておいて間違いないと思いますが、株に100%という事はありませんからね・・・。絶対に下がるという信念が持てないようなら最初からカラ売りなどしてはいけませんし、そもそも仕手化した銘柄に手を出すのは割り切りが出来る必要があるのです。売ったからには泣き言は言わない!これが鉄則でありましょう。

 ちなみにですが、私は絶対に下がると思ってもカラ売りを入れたりしませんし、インフルエンザ関連で先回りは非常に難しいので買いで入る事もしません。よほど遊びたくなれば別ですが、こういった銘柄は見ているだけです。参加している方の無事を祈るといったところです。ranking

休みましょう

 何度か書いてきている事ですが、明日から5連休で、日本市場は他国よりも3日も長い休みとなります。しかも状況は米銀のストレステストやら、GMの行方やらで、不確定要素が多いところに新型インフルエンザまで登場しておりますから、何がどうなっても不思議ではないのです。為替が落ち着いてきておりますし、クライスラーの破綻に対しての米株の反応が悪くないので、休み明けも相場は上の様な気はするのですが、違った反応を示した時にそれに対応する事ができませんので、私は連休をまたいで持ち越しできる銘柄は限られていると考えます。

 基本的にはいつも現物範囲での投資活動なのですが、現在は約70%が株式の運用で、残り30%は現金という感じです。先物やインデックス絡みは一切保有しておりません。もしも相場が上昇したとしても、この現物株が利益を出してくれると思いますし、下がったとしても底割れするような悲惨な動きにはならないはずと思っております。日経平均が7500円を割ったところから買い下がった玉なので、この連休でどんな下げがあろうともそれ以上酷い水準に落ちるという事はないだろうと考えておりますので、かなり気楽な状態であります。

 本日から5月の新規メンバー募集をしており、深夜から沢山のお申し込みがあるのですが、本当に残念ではあるのですが今は休むべき時と判断しておりますので、特にやる事はありません。ただ、もしも資金枠が空いているならば、無理のない程度に私が中心に買っている銘柄を仕込んでおくとよいかも知れませんね。あくまでも今年の大化け株はこれだと思っております。 ranking

 さて、本当にする事が少ない日ですが、ポジションをしっかりと調整して、明日からの休みをエンジョイしましょう。本番は連休が明けてからです!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。