最新の相場見通し

 昨日の東京株式市場はNY株安の影響で安く始まったものの、予想通り環境関連株が上昇してきた事により、日経平均は徐々に値を戻す展開となりました。それでも200円以上安かったわけですし、値下がり銘柄の方がはるかに多かったわけで、買うべきセクターや銘柄を間違えなければ非常に面白い相場であったといえるでしょう。相場は完全に個別物色の様相となってきております。ranking

 今後の相場展開ですが、5月頭の米銀のストレステストまでは上値は重く、時として昨日の様な下げがあったりで、買い方は不安になり、売り方は沸き立つ様な相場が続きそうで、ここでふらふらしていると、次に始まる上昇局面には対応できないという事になります。相場がどっちの方向を向いているのかをしっかりと把握しないと、資金を失うだけで良い事なんて何一つないという事になりかねません。私の予測がどこまで当たるかは分かりませんが、上と見ようが下と見ようがとにかく思った方向にしっかりと狙いを絞って行動して行くべきでありましょう。

 連休前の逆日歩が算出されるので、目先も大きな上昇を見せる可能性があるのですが、当分は9000円が壁となりそうで、上がりそうと思っても上がらない状態が続きそうです。ただ、下値もせいぜい8500円と見てよく、意外と狭いレンジでの往復が続きそうです。インデックス売買の場合は、売りか買いかをしっかりと決めて、そのレンジを基本に売買して行けば良いと思います。

 ただ、必ず大きな上昇がやってくる局面が現れると思いますので、売りを主体にする場合はその変化を敏感に感じ取らなくてはなりません。この先相場が暴落するなどという事はほぼ有り得ません。特に売り方の方は上昇タイミングを見誤らないようにすべきであると思います。買い方も盲信することなく、常に先行きを検証しながら万が一の下落には備えた形での投資が望ましいと思います。暴落はほぼ無いと思いますが、その可能性は全くゼロというわけでも無いのです。ranking

 相場全体はこんな感じでの動きと思いますが、個別に関してはかなり違ったものとなります。最近ではテーマ株がどうとか、色々と目にする機会も増えてきましたが、昨日、一昨日辺りに急騰した銘柄のいくつかは、日経平均が7000円に向かって下げて行く過程で仕込んで行ったものであります。こうなる事は読めていたわけで、更に今後どうなるかも予測しておりますが、目先で売ったり買ったりというようなチャラチャラした取引では本当の利益は取り損ねるだろうと考えております。

 数日前から、環境銘柄のバブル相場が到来すると予告しておりますが、こうして大幅上昇してきたとはいえ、この程度の上昇をバブルと言っているわけでは無いのです。天井に行きつくまでは何度も行ったり来たりを繰り返すので、その全てを上手く乗りこなせれば良いですが、実際はそんなに甘いものではありません。本当に利益を出したいならば、この環境銘柄の上昇がどこまで続き、自分はどんなスタンスでそれに臨むのかを良く考えるべきです。

 日経平均が1万8000円の時であれば、それは細かい売買で利食いを重ねるとか、カラ売りで利益を出そうとか考えても、それは悪くない手法だったと思います。しかし、今は9000円にも届かないぼろぼろの状態なのです。確かにPERで見ればとんでもないことになっておりますが、1年前とは明らかに値位置も違えば、経済のルールも違うのです。考え方を柔軟にし、今の相場に適応できた人だけが、この相場で財産を築いて行けるのではないでしょうか。ranking

将来を見守る


 昨日、私の主力となっている銘柄が動き出してきました。日経平均が大幅安となる中、上昇ランキングに顔を出す位素晴らしい上昇を見せたのです。すると、メンバー様から利食い場の質問や、カラ売りの質問まで出てきたのですが、いくらなんでも気持ちが浮き立ち過ぎてます。確かに利食いは重要ですし、場合によってはカラ売りも重要でしょう。ただ、将来のオリンピック選手となる可能性のある子が、小学校一年生の運動会で上位に食い込んだ程度のところで、将来の出演コマーシャルのギャラを考えたりとか、スキャンダルでボロボロになって行くところまでを考えるなんてことはやらない方が良いと思うのです。まだ一年生ですよ・・・。今はとにかく有望な選手に育つ様に見守っていくべきだと思います。今はこの子の活躍に素直に喜んで居れば良い時と思います。

今日の相場予測

 昨日の下落で慌てて売買してしまった方は、本当にご愁傷様です。相場の流れが読めないと、こんなに利益の出しやすい相場で損が重なって行ってしまいます。基本は個別ですが、全体の流れもある程度は影響してきますし、今日の予測は立てておきたいと思います。

 日経平均の予想レンジは、安値8700円~高値8900円程度と見ます。朝から8900円に到達するようならば、安く買った分は利食いするような感じで良いと思います。依然として上値は重いですが、引き続き終値で9000円を超える様ですと、相場の流れが一変する可能性を秘めた相場ですので、売り主体の方は注意して対応して行くようにした方が良いと思います。9000円を超えたら売りという手法は極めて危険と思います。ranking

 ちなみに、25日移動平均線とのかい離が無くなってきましたね。VIX指数は高くなりましたので値幅の荒れはあるかもしれませんが、過熱感は薄らいできました。本番は5月連休明け位では無いかと思いますが・・・。 一応今日はこんな感じで予想しております。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。