上げ疲れ 

 昨夜のNY株の下落は、ゴールドマンの公的返済の為の増資が主因と伝えるニュースが出ておりますが、前日はその材料で安いところから戻ってきたわけで、同じ材料で行ったり来たりしてるという事が分かると思います。私は昨日の戻りを強いと感じましたが、その分は今朝には帳消しといった感じでしたが、良く取るか悪く取るかは相場のマインド次第であり、これを予測するのは非常に難しいところではあるのですが、大きな流れとしては下には行かせないという意思が強く表れておりますので、目先のこうした上下運動で投資方針を変える様な事はしない方が良いと考えております。ranking

 日経平均の予測としては、引き続き押したとしても8300円程度と見ており、実際は8500円すらも割らない可能性が高いという予測を立てて行動しております。こう考えているので8900円辺りというのは特に高いという感じはしませんが、7500円下で仕込んだものがポートフォリオを支えておりますので、その安心感も手伝っての事でもあります。

 これに対して、今までこの上昇について懐疑的な見方をしてきた人が、相場はやっぱり上なのか!?という感じをつかみ、この8900円辺りで買いに来たとします。そして、昨日の相場の様に9000円に行くか!?と思われる局面を見ると、やっぱり上だ!と思うのですが、9000円を抜けないと思うと、やっぱりこれは失敗だ!という感じで投げてくるのです。しかし、結局は安くなれば買うところもありますし、売っても下げ切らずに戻ってくる。これが昨日の動きでありましょう。

 安いところで仕込んだ玉があれば、高いところで出動したとしてももう少しじっくり見られるとは思うのですが、やはり安いところで仕込めていないというのは行動に不安を生じさせてしまうものです。せめて今の相場の流れをしっかりとつかんでいれば、右往左往する事もないのですが、先にも書いたとおり同じ材料でも買われたり売られたりするわけですから、これはそれほど簡単なものでもありません。ranking

 直近の相場状況としましては、ここ一ヶ月の急激な上げに対するスピード調整の局面であり、とにかくお休みが欲しいところなのです。株価がもたつけばカラ売りも再度溜まってきますし、上昇するにはこの調整は絶対に必要という事が言えるのです。9000円が重いのは最初から分かっている事ですし、買い方の私にとってはこのもたつきは願ってもない良好な状況であります。

 今朝の日経新聞一面の記事ですが、米の政府補償の複合債権を購入するための資金を日本からも募集する様で、これは1000億円規模との予測の様ですが、上手く行けば実際にはもっと多くの資金が流れて行くと思われますし、これは5月のバットバンク構想の入札を睨んだものでもありますから、当然それまでの間に株価を波乱に晒すような事はできないでしょう。当然入札が終われば後は知らん顔というわけにも行きませんし、しばらくは上手く行くような気配が強く見られると考える方が自然であると見ております。

 よって、当面相場を下ぶれさせる様な事にはならないと思いますし、とりあえずは成功させてくる事になるでしょう。それに対して疑いを持つ事は良い事でありますが、それを元に売るかどうかはもっと先の事と考えるべきでありましょう。今は単に上げに疲れて一服していると考えた方が良いと考えております。ranking

本日の相場予測

 今日の東京株式市場は、特に買われる材料もありませんので、あっさり寄ればダラダラ売られ、突っ込んで寄ればジワジワ戻りというような動きを予測しております。今日の下値の目処は8700円程度で、これに対して株価がどう動くかというところに注目していくつもりです。

 また、これはあくまでも日経平均の話であり、個別銘柄に関しては影響を受けずに動いて行くものが多いと見ております。資金構造は変わりましたが、仕手筋も動きを見せ始めており、特殊な銘柄で遊ぶ機会も増えて行きそうです。取扱には注意が必要ですが、やり方次第ではかなり面白いのではないかと思います。一般公開の予定はございませんが、相場環境はかなり良い状態になってきておりますので、そうした目で相場を見て行けば良いのではないかと思います。

 ただ、日に日に強気の人が増えてきている様に思いますので、周りの動きは常に気にして行くべきでありましょう。何を基準に強気と弱気を決めるのかという質問もあったのですが、これはもうとにかく沢山の証券関係者との話や、ニュースに出てくる市場への感想だとか、私の元に送られてくるメールだとか、信用残の推移だとか、出来高の推移だとか、騰落レシオ等々、本当に色々なことを複合して判断しております。これを見れば大丈夫というものはなく、最終的には経験が判断しているので、これをつかみたいのであれば、とにかく真剣に周りを見渡すこととしか言いようがありません。相場を予測するのに必要な要素ですので、頑張って体得して行ってください。私の感じている事は常にレポート化していますが、こんな理由で判断している事ですから、あくまでもS氏はこう考えているのだという程度にしてください。私が強気だと言ったら強気だということでは無いのです。ranking

 ちなみに、昨日のメンバーに大引け前にお送りしたレポートに載っている銘柄ですが、仕手株であるということをしっかりと認識して取り組んでください。単に力の世界の銘柄ですから、最後は悲惨な結果しか待っていません。乗るべき場所はここで良いと思いますが、降りる場所を間違うと・・・。絶対に遊びの枠を飛び出した行動はしないようすべきと思いますし、これで悲惨な犠牲者が出る様であれば、今後はこの手の銘柄を紹介するのは控える事となります。とにかくご注意ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。