暗中模索

 世界経済は米のバブル崩壊の影響で大変な危機へと発展し、世界中に大きな影響を及ぼしました。鳥インフルエンザこそ流行らなかったものの、ある意味もっと大変な病気が流行った様なものであります。誰もが明日の仕事に不安を覚え、安心などというものはどこにもないといった感じになりました。そして、昨日の日銀短観では景況感が過去最悪となったという報道がなされ、日経平均も一時はマイナスに突っ込む場面も見られました。ranking

 しかし、弱かったのはその発表直後だけであり、その後は株価も持ち直し、結局はその日の高値付近で取引を終える事となりました。未だはっきりとした光は見えないのは確かですし、まだまだ暗闇の中ではあるとは思うのですが、どちらに行けば明るいかは分かり始めてきたのではないかと考えております。

 多くの投資家の皆様は、3月末の株価を作るために強引に株価を上げてきたと感じて居るようで、その反動で4月は安いと見ている方も多いようですが、私はその様には予測しておりません。確かに3月は強引に株価を形成してきましたが、強引ではあるが無謀では無いと考えて居るからです。ranking

 米の打ち出しているバットバンク構想というものがあるのですが、これで全てが解決するわけでは無いにしても、これでこれ以上は悪くならないだろうという感触を持っておりますので、基本はこの流れに逆らわない事が正しい方針であろうと考えております。ポイントはこれに関わる入札なのですが、後5~6週間程度の期間が残っており、日と共にその進捗状況が伝えられてくる事になります。

 私は、このバットバンク構想は本当に凄いものだと思っており、それの進捗状況が明らかになるにつれ、相場は明るさが出てくる様に考えております。そしてそれは、おそらくではありますが、入札完了までの間に出てくると思われる悪材料は、全て飲み込んでくれる位の力があると考えております。ranking

 この考えが今の考えの基本となって、今の方針である、日経平均で言うところの8000円に近付けば買いで対処したいという方針になっているのです。無理な株価形成の反動が出ると思ってカラ売りを入れてくるようなところは、今後は上昇エネルギーへと変換されて行くケースが多くなる様に思います。

 ただ、だからと言ってこのまま日経平均が1万円だとか1万2000円だとかになるかと言われれば、その結論を出すにはまだ時期尚早だとしか言いようがありません。当面は9000円程度が山場であり、バットバンク構想の進捗状況如何ではあるのですが、しばらくは8000円から9000円でのボックス相場の様な形ではないかと見ております。ranking

 そして、今までの様なインデックス相場では無く、個別の材料株にも資金が回り出すという予測を立てております。弱いと思っていると思わぬ損失を被る可能性の高い相場と思いますが、結果は神のみぞ知るところでありますので、慎重に先を探って頂ければと思います。何せ相場はまだまだ暗闇の中なのですから・・・。

近況報告!?

 昨日は朝から嫌なニュースで売られる局面がありましたが、特に方針に変更はなく、8000円に近付けば買いとしておりましたので、安いところは先物に買いを入れたりしておりました。個別もいくつか買いたいと思って待っている状態ですが、今日は素直に上昇しそうな雰囲気が強い日ですから、ちょっと買い難い日になりそうです。まあ、基本的には仕込みが終わっているので、短期分の売買の話ですから、特に困っているわけではありません。ranking

 メンバー様には4月になっても相場はしっかりしているなという感じになるのではないかとお伝えしていたのですが、正にそんな相場になっている様に思います。3月は無理な相場だったので、どうしてもその反動がと考える方も多いかと思いますが、相場はそれほど単純では無いと思います。私の考えは毎日書いて行きますので、参考にしてみてください。

 話は変わりますが、ブログランキング1位が続いていますね。あまり意識してこなかったのですが、やはり1位というものは気持ちの良いものです。毎日一票の投票があると、本当に嬉しく思います。このブログが良いと思われたら、ワンクリックして頂ければ有難いです。ranking

 安いところは喜んで買いに行くのですが、今日の様に高い日は買いたい衝動が湧きません・・・。9000円前後までは上昇があってもおかしくないとは思っておりますが、その半分の8500円にもなろうかという局面では、どうしても買いたいという衝動が起こりません。よって、今日の様な日はのんびり過ごす一日となりそうです。

 材料株にしても資金が入りやすいところは決まってますし、横に広がるとは思いますが、すそ野まで広がる可能性はそれほど高くはないように思います。また、大手銀行株の動向についての質問があったのですが、基本的にはそれほど大きな上昇は見込めないと感じております。理由としては、外資系の投資スタンスの低下が最も大きな影響を及ぼしております。ranking

 外資はとにかく手持ちの株を売って、売って、売りまくったのです。4月に入ったからといって、あっという間にその方針を転換してくる事はないのです。株価が上昇し始め、持たざるリスクが出てくるとも申し上げた事がありますが、そうだとしてもあっという間に方針を転換する事はないのです。いずれは買ってくる事となるはずですが、今はまだその時では無いように思います。

 さて、私の主力になっているあの銘柄ですが、悪材料っぽいものが出て株価が乱高下しましたが、私にとってはどうでも良い内容であり、特に方針に変化が出てくるものではありません。こんな動きもいずれは思い出の一つといった感じになる事でしょう。おそらく、本格上昇は5月辺りかな・・・と、そんな風には思っているのですが、いつからどうかるかは分かりません。もしかしたら、今日から動き出すかもしれませんし・・・。まあ、いつから動くかは分からないのですが、いずれは何倍もの株価に化けてくれる事と思っております。今はそれを楽しみにただひたすら待つだけといった感じです。ranking

 そして、目先の動きは先物だとか、銘柄の押し目だとかで楽しんでいければと思います。まだまだ怖いという感覚をお持ちの方も多い様ですが、私はそれだからこそ安心なのです。皆が強気でもっと上だと言い始める方がよほど怖いのです。弱気の勢力が強ければ強いほど、今の相場は安心度が高くなると思って良いように思います

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。