お金と世論の流れ 
 
 今朝の日経新聞の記事によると、北朝鮮のミサイル発射に関しての日本政府の対応に賛成としたのは77%ということで、大多数の国民がこの対応に賛同した様です。確か北朝鮮がミサイルを発射したとして、日本に着弾するまでの時間は3分程度だったと思いますが、今回の様に発射を予告していれば迎撃できる可能性はあるかもしれませんが、前回の様に予告なしだったりした場合はかなり不可能な話なのではないかという気がしてなりません。ranking

 そもそもあのトラックに積んだ迎撃ミサイルのシステムですが、あのトラック一台で最新鋭の戦闘機が何機か買える値段だったように記憶しております。そして、もちろんあれは米の製品ですから、米にとっては北朝鮮に暴れてもらった方が製品が売れて嬉しいという事になります。このミサイル騒ぎで一番儲かっているのは間違いなく米ですし、もしも何かを迎撃できたとすれば更にそのシステムを増やすべく、新たに何兆円のものお金が更に米に流れていくことになる事でしょう。

 それであれば、一発1億円程度といわれるトマホーク巡航ミサイルで北朝鮮のミサイル発射基地を破壊した方が、リーズナブルであり、日本自体も安全であります。まあ、安いとはいえそんな事をしたら中国とかロシアが大騒ぎになってしまいますけどね・・・。しかし、私は何としてでも発射を阻止するべく行動に出るべきで、迎撃で何とかしようという考えは危険すぎる様に思います。無いとは思いますが、万が一核弾頭が積まれていたとすれば、迎撃したところで日本の被害は甚大なものとなるのです。外交努力でも破壊工作でも何でも使って、とにかく発射をさせないという意思が必要と思います。ranking

 しかし、そもそもお金のない北朝鮮ですが、それでもあんなものを作る余力があるというのはふざけた話であります。国民は餓死者が出るほど苦しんでいるというのに、いくらなんでもふざけ過ぎでありましょう。苦しんでいる人たちを思うとあまり言いたくは無かったことですが、もはや我慢も限界ということで言いたい事は言わせて頂きたいと思います。

 我々日本人は、北朝鮮と深いかかわりがあり、例えばパチンコですが、これを読んでいる方にも大好きな方も多いことでしょう。やれば分かる事とは思いますが、一年もトータルすれば負けているのが当たり前であり、勝ち続けるなんてことは不可能に近い世界であります。店舗の維持管理などで多額の運営費がかかるわけですから、その費用を捻出するためには客が勝てなくて当たり前なのです。維持管理費の少ない株で勝利する方が何倍も楽であります。ranking

 そして、その維持管理費の中から、年間何兆円ものお金が北朝鮮に流れて行っているのです。そして、そのお金の一部がテポドンの開発費用として使われて行くのです。ミサイルが怖いと思うなら、パチンコはやるべきではないと思います。その他にも色々とお金が流れて行っているのですが、大多数は北朝鮮に居る親族の生活を助けるために日本で働く北朝鮮の人が仕送りをする時に国に取り上げられるという形ですので、あの仕事もこの仕事もとは言いたくないですし、悪いのは北朝鮮の人ではなく、軍政府が悪いのです。

 最後になりますが、このミサイル問題が株式市場にどう影響するのかという質問を頂いたりするのですが、突然飛ばしてくるわけではなく、飛ばすと予告して飛ばしてくるのですから、株式市場自体はすでに織り込んだ話と思います。実は核弾頭が積まれていて、本気で日本を攻撃してきたとなれば、大変な事となりますが、それは無い事と思います。パチンコはやめるべきと申し上げましたが、そうした大事な資金源をつぶしたら、結局は自国の収入が大きく落ち込んでしまうのです。そういう意味ではパチンコで負けてあげれば、北も日本をもっと大事にするかもしれませんね・・・。パチンコを続けるかどうかは自己責任ですが、その背景に北が絡んでいる事も考えて見ると良いかも知れません。ranking

 ただ、パチンコで勝って北を苦しめようとは思わない事です。パチンコで勝つ努力をするならば、株で勝つ努力をした方が絶対に報われると思います。

月末の株価

 今月中旬までは色々と言われてきましたが、結局は色々な努力?の結果によって、3月末という大事な時を乗り切るのに必要な株価を維持した状態で居られる事となりそうです。基本的には月中の平均でありますから、月末の株価がいくら以上ということではない部分もあるわけで、権利落ちした後から月末までは魔の三日間と呼ばれたりするのですが、今年はそんな状況にはならないように感じております。平均とは言えある程度の金額は必要ですし、そんなに心配するような事ではないでしょう。ranking

 しかし、一時は日経平均が5000円を割るとか、恐ろしい話が多く聞かれていたのですが、世のアナリスト達は本気でそんな心配をしていたのでしょうか・・・。株価の推移と政策の内容や、世界の動きを見ていれば、そんな事が起こる可能性は低いと感じる方が自然だと思うのですけど・・・。もしかすると、相場を予測することが直接自分の生活に影響しないので、本気で予測しようと思っていないのかもしれませんね。私は100%株の値動きに依存した生活をしておりますので、どうしても真剣に分析せざるを得ませんので、予測に甘えというものがありません。これが大多数のアナリストと私との違いなのかもしれません。

 最近のアナリスト動向を見ていると、やや強気に転換してくるところもある様ですが、基本的には弱気な意見の方が多いように思いますし、個人投資家もカラ売りの方が多く、あまり買ってきている様には見えません。新興市場には出遅れ感の様な感じで買いが入ってきている様ですが、あまりに不透明過ぎる市場ですからね・・・。ただでさえ不透明な時に更に不透明なところに資金を入れる様な事はしたくないというのが私の考えですから、今現在は新興市場銘柄を一切持っておりませんし、注目もしておりません。ranking

 今の相場というのは、PERで表すと80倍以上の異常な状態であるのは確かだと思うのです。しかも、三月末の株価を作るために無理をしているとしか見えない人がほとんどでありましょう。かなり色々な方向から観察しても下がるという風にしか見えないので、空売りが増えるのも当然と言えば当然であります。何せ企業業績がV字回復するというのが前提となった買いとしか言いようのない状態なのです。しかも、私自身も現時点で企業業績がV字回復するとは思っておりません。現時点では無理としか言いようがないのです。

 となれば、3月末の株価を形成し終わったら下しかないじゃないか!ここは空売りで正解だ!これが売り方の理論となりますが、株はそこまで単純ではありません。現時点ではここから上を買ってくれるところはおそらく存在しない状態ですが、売りたたいてくるところも存在しないのです。政策上下値は固められておりますから、方向的には横という事になります。ranking

 ただ、本当に売りが多く入ってきておりますから、売り仕掛けと買い仕掛けどちらがやりやすいかと聞かれると、断然買い仕掛けなのです。現時点では上を買ってくれるところはありませんが、売り方は株価が上がれば嫌でも上値を買わせられるのです。そう、それは買い方が値下がりと共に嫌でも売らされるのと同じ様に・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。