3月末の株価

 米政府は100兆円規模の搬出を決め、民間の不良資産を買い取る計画を発表しました。これにより今まで一番の懸念であった価格の決まらない不良資産に値段が付くようになり、しかも銀行などからその不良資産を切り離す事ができるようになると見られますので、これはかなり大きな材料と見てよいでしょう。NYダウが500ドル近くも上昇したのですから、これが大きくないと言ったら嘘になります。ranking

 これにて一番の懸念が払拭される事になりますので、そのまま評価して良いと思いますが、足元の景気が変化するには時間が必要となりますし、それが指標や指数として表れるまでは最低でも2か月から3か月位は必要となります。この材料によって今より景気が悪くなる事は想像し難く、株価という意味では当分下は無いと考えてよいと思いますが、ここから先は景気の動向が見えてくるまでは期待と不安で行ったり来たりの相場が続くように思います。

 行ったり来たりとなると、かなり不安を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく変わらないのは3月末へ向けての株価対策であります。米には関係のない事ですが、日本にとっては大問題なのであります。米の材料にも助けられて日経平均は更に上昇すると見られますが、これだけでは私の想定している8500円から9000円という目標には一歩届かない様な感じもします。今日の相場で8500円になったとしても、月末にそれを達成できていなければその意味は薄れてしまうのです。

 となると、日本も何か大きな材料が必要となるところだと思うのですが、おそらくは近いうちに支援材料も出てくる事でありましょう。とにかく大事なのはこの月末の株価対策に疑いを持ってはいけない事です。これは国策でありますし、日本がここで沈没すれば、国内だけではなく、景気回復を願って一生懸命政策を出している米にも大きな迷惑をかけてしまう事になるのです。どう考えても失敗できない局面ですので、ここで失敗する方に賭けてはいけないように思います。ranking

 ただ、相場全体を見ていると、失敗に賭けている方が多いように思います。日経平均7000円からここまで急上昇してきたのですが、その買いの主体はカラ売りの買い戻しという事です。確かに現実型の人から見れば、この相場はありえない相場でありましょう。景気は悪くなる一方ですし、とても回復の兆しなんかは見えてきません。売りたくなって当然なのです。相場は強気な勢力が多数を占めれば上がらなくなりますが、こうした弱気の勢力がある限りは上昇が続く可能性が高いと考えていくべきと思います。

 今回の米の材料と、これから出てくるであろう日本の材料を加味すれば、おそらく私の予測した株価水準にまで上昇して行く事と思います。ただ、昨日も書いたとおり、最も私が気になるのはその先の事であります。3月末は良いけれど、その先はいったいどうなるのだろうか・・・。とりあえず、7500円から7000円まで買い下がった私ですが、月内に利食い売りを出すという事はないのではないかと思います。

 ただ、あくまでも相手は相場でありますし、場合によっては全部利食いする事もあるかもしれません。全ては状況次第ですので、必ずそうするというわけではないのですが、私は今回の仕込みはかなり大きな利益をもたらしてくれることだろう予測しております。ranking

新規で買うわけじゃない

 NYが大きく上昇しましたが、ここまで上昇するという予測は無かったものの、結果としては月末の株価が欲しいところですし、流れとしては自然な感じで悪くないといった感じです。元々月末に向けて上昇と読んで行動していた私にとっては素直にうれしい局面といった感じであります。少なくとも材料出尽くしのパターンでは無いと思いますし、当分はこの材料で食って行ける感じがします。

 今まではとにかく日経平均を重要視した動きでありましたから、個別よりも225やETFを中心とした売買が良いと思って行動してきましたが、そんな方針も月内で終わりといった感じであります。これからは相場が変化してくる可能性が高いと思いますので、その変化を見逃さず、しっかりとした対応が求められるところでありましょう。

 正直言ってここから225を買いましょうなどとは言いたくは無いのです。何せ7000円まで強気で買い下がったわけですし、それを利食いせずに持っているのです。だけど相場は続いているわけですし、何か売買したいという意見があるのも確かです。上がったのだから売れば良いのではという意見もあるのですが、私はこれで上昇が終わりとは思えないのです。売るとしてもそれはもっと先の事ではないかと思います。基本的に私が売るのはみんなが強気になった時なので、今の様に弱気の人が多い相場において売るという選択肢はないのです。ranking

 それでは一体何を買えばという事になりますが、私が注目して買いに行こうとしている銘柄はメンバー向けにレポートしたりして行きますので、そちらの方を参考にして頂ければと思います。注目していたけど上がっていない銘柄なんかは、特に良いと思いますので、そういった銘柄を中心に監察して行くのが良いような気はしております。ともあれ、新しく注目している銘柄等もご連絡致しますので、参考にされて見てはいかがでしょうか。

 下がった時にその下げの限界値を予測し、それに基づいて気持ちを強く持って行動すれば、予想外の事が起こらない限りはこうした大きな利益へとつながって行くと考えております。その限界値を割り出すのは計算式であったり、常識であったり、様々な要素を自身の経験にあてはめて導き出すので、かなり難しいとは思います。ただ、私の出した答えが皆様のお役にたてるなら、私はこれからも相場の予測をし続けて行こうと思います。

 こんな上がりそうな日に買いに行きたいとは思いませんので、今日はWBC観戦といった感じになりそうです。今日はがんばるというよりも、ゆったりする日ではないでしょうか。ranking

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。