政治と経済対策 

 どうしてもやらなくてはならない経済対策を盾に解散の時期を逃してしまったというか、意図的に逃した政府は、先週末に有識者から意見を聞くというイベントをやったわけですが、その内容のほとんどは伝えられる事が無く、抜粋された内容は麻生総理の「株屋」発言ばかり・・・。首相なのですからもう少し言葉を選んでほしいところではあると思いますが、国民から信任が得られていない政権の長でありますから、この程度と言えばこの程度といったところであります。blogranking???

 そもそも株屋という言葉ですが、普通にワープロ変換しても出てこない言葉ですから、古くからある言葉ではあっても認められてない言葉なのでしょうし、あるマスコミは株屋という表現は差別用語だというような事も言っておりました。ただ、証券マンだろうが株屋だろうが、投資家は自分にかかわった証券会社の人間が、自分に対してどのような話をしてきたかによってとか、その時の相場動向によって、そのイメージは大きく変わります。

 相場が上げの過程において、上がるから買った方が良いと単純に勧められて株を買ったら大儲けとなれば、それはもう神様的存在になってしまうでしょう。しかし、上昇局面において、ファンダメンタルズを丁寧に解説し、相場全体の雰囲気を丁寧に説明し、更にそれが上がるだろうという判断を下して、それを丁寧に説明して買わせた結果、株価はその後に下がり出して大損となった場合は、どんなに丁寧な話をしたって読みを間違ったら悪人となってしまうのです。

 株屋という言葉に対するイメージというか、その人がその相場においてどのような証券会社の人と関わり、どの様な結果になったのかというのが重要なことであり、その時にその証券会社の人を証券マンと呼んでいたのか、株屋と呼んでいたのかというだけの話でありましょう。自身が株屋と呼んでいた人に大儲けさせてもらっていれば、それはきっと良い言葉であるに違いありません。麻生総理はきっと株屋と呼んでいた人に大損させられたのかもしれませんね。blogranking???

 ですので、私はこんなくだらない話を掘り下げるつもりはありません。今大事なことはこれからの株価対策であり、景気対策であるのです。つまらない話を何度も繰り返して取り上げているマスコミには嫌気がさしますし、この程度の問題で鬼の首を取ったかのようにコメントを出している民主党にも嫌気がします。まあ、確かに麻生総理には総理としての品格は無いようには思いますけどね。

 今最も大事なことは、とにかくこの3月末という日本企業にとって一番大事な時をどうやって乗り切るかということです。ここで下手を打てば本当に日本は大変な事になってしまいます。色々と疑いを持ったりする方も多いかとは思いますが、日本企業に技術力があり、これからの世界の環境改革を進めていくリーダー的存在になれる力のある国なのです。力を入れる方向を間違えなければ、必ず立ち直る事ができるはずなのです。

 今の政権には、それをまともに成し遂げられるかは分かりませんので、かなり不安ではあると思いますが、絶対に間違えることが許されないこの3月末の株価というものは意地でも守り通してくる事でしょう。とにかく、これだけは疑ってはいけない事実だと思います。まだ結果は出ておりませんが、今の相場は大きな利益を生み出してきております。blogranking???

 ここ一週間の相場で日経平均は約1000円上昇したのですが、1000円なんて大した事はないと考えている方も多いかも知れませんが、日経平均が今の倍の1万4000円に居る時で考えたら、一週間で2000円も上昇した事になります。ボラが高い状況で、しかも基本的な値段が下がったために感覚がマヒしてしまったのか、それとも慣れてしまったからかは分かりませんが、1000円という値幅はものすごい事であります。この上昇を的確に捉えて買えたということは、本当に大きな成果であると考えてよいのではないでしょうか。

 私はこの3月末は更に支援材料も出てくる事でしょうし、これから出てくると予想される内容を加味すれば、特に問題なく株価をクリアーしてくるかと思います。このときの株価は、以前から申し上げているとおり、月末の予想レンジは8500円から9000円と見ております。

 そして、私の眼はこの3月末から4月以降の動きへと興味が移って居ております。とりあえず、4月になったとたんに悪くなるということはないと思います・・・この続きは後日。blogranking???

一服して良い日

 正直言って私はこの週明けに少々期待しておりました。週末に重要な動きが出ると予測していたからなのですが、予兆はあったものの本格的な動きにはなりませんでしたので、ちょっと期待外れではありますが、特にこれでどうということではありません。路線的な修正はありませんし、今回は教科書通りの売りが正しかったというだけの話であります。基本的な修正が無いため銘柄は保有したままでありますし、先物も買ったままであります。

 現在、私の保有している銘柄は、正直言って先物やETFに比べれば率が悪いですし、プラ転しないものもいくつかありますが、特に不安を感じたりはしておりません。損失があったとしても先物の利益などで相殺できますし、相場の流れはほぼ読み通りなので特に問題はないと考えております。

 ただ、日経平均自体は3月末を乗り切ると思いますが、この期末を乗り切れない企業もいくつか出てきそうではあります。大手繊維の○○○○は、どうも危ないらしいとか、不動産関連の○○は銀行が見放したみたいだとか、色々と噂は入ってきております。それによって行動はしませんが、一応噂が出ているというお話はメンバー様の方にはお伝えしておきたいと思います。だからカラ売りとか言うわけではありませんし、あくまでも噂でありますから、単純に読み物として捉えて下さい。誰もが知っている銘柄ですので、もしかしたら持っている方もいらっしゃるかもしれません。噂なんて知らない方が良かったという事もありますので、扱いは非常に難しいのですが・・・。良い判断をされる事を祈ります。blogranking???

 相場全体は安く始まるでしょうけど、安い時にすることは・・・。もう書かなくても分かりますよね?残念ながら買い気配の月曜日では無かったわけですが、だからと言って方針が変わったわけではないのです。私自身は週末から少々冒険気味の行動はしておりましたが、日にちがずれただけであろうという認識でおります。株価があまりにもぶれるようなら考えますが、基本的には月末の株高を基準に行動を計画しておりますので、今朝の安いところで投げようという計画はありません。

さあ、今日も一日頑張りましょうか!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。