株高作戦 

 御手洗経済連会長が政府に対して株価対策を求めた辺りから急速に対策が進みだした日本ですが、日経平均で7000円も割るかという恐怖の局面からあっという間に8000円をも回復するという状況になってきました。下がる過程で公的資金が売り物を消化していたのに加え、7000円付近では徹底的に買うという意思を市場に示したことと、20兆円の株買い取り枠の設定などがありましたので、これで1000円程度上がるのは当然と言えば当然であります。逆に言えばこれしか上がらないのか?という見方もありますが、今は上昇過程でありますから、これで終わりという見方をすべきではないと考えます。blogranking???

 相場全体は基本的には弱気であり、弱いけれどもどこまで戻るのだろうかという感じでありますし、ほぼ間違いなく本格的上昇ではないのです。ただ、この上昇は絶対にクリアーしたい3月末の決算へ向けて国策でありますし、半端に終わらせる事ができないものですから、一般的に見られる相場のリバウンドとは性質の違うものと考えております。この上昇は本格的な反騰ではない可能性が高いのですが、半端に終わる事もないであろうというのが私の読みであります。

 相場の性質というものがあるのですが、みんなが弱気になった時が底であり、みんなが強気になったところが天井と言われており、私自身もその通りだと思っております。皆が売ったら買うしかないですし、誰もが買ったら売るしかないのです。これを踏まえた上で今の相場を見るならば、非常に懐疑的な見方をする方が多く、1000円も上がったのに弱気の人の方が多いように思うのです。

 最近上昇している銘柄の性質を見ても分かるのですが、弱気によってカラ売りが沢山入っていた銘柄ほど買い戻しによって大きな上昇を見せております。買い方専門の方には理解し難いかも知れませんが、強気で信用の買いを入れていた銘柄が下がり出して売らされるのと一緒の事であります。この状況は、明らかに弱気な勢力が上昇のための燃料となっており、買い方としては歓迎すべき状況なのですが、重要な事はこの上昇がどこまで続くかという事になります。blogranking???

 私は7000円まで下げる過程で、3月末の日経平均で8500円から9000円程度の上昇があるのではという読みではありますが、市場全体はこの上昇に懐疑的でありますから場合によってはプラスαもあるかもしれません。また、プラスαが無いとしても、国策である3月末の株価形成には逆らわない方が良いという考えがあります。

 目先は米が国債買い取りという方針を打ち出し、これにより金利が低下しドルが売られるということになりますから、NYダウは上昇するとしても円高傾向になってしまいますから、日本株は流石に買い難いという事になります。円安を材料に買ってきたわけではありませんが、元々懐疑的な相場だけに、目先はこの材料で調整局面という事になるかもしれません。見た眼には8000円に到達し伸びきれずに反落と映りますから、場合によっては利益確定のポイントと考えてしまうかもしれませんが、下がったとしても目先のぶれといった感じでありましょう。

 そして、ここから先もこの株高を支援するための材料が出てくると思いますので、その流れには逆らわない方がいいという考えであります。何せ相手は国でありますから、少なくとも株の世界ではこれに逆らって生きていくことはできないのです。blogranking???

 そして、この上昇は来月上旬のG20までは継続させる方向と思われます。ただ、その後のビジョンは私も良く見えておりません。とにかく3月末までは高いと見ておりますが、その後は相場の状況を見ながら政策と市場の状況を照らし合わせ、慎重に予測して行きたいと思います。これだけ沢山の事が起こる状況でありますから、現時点でこれ以上先を見通すことは不可能と思います。

 ただし、何事も例外というものはありますし、私も考えに変化が出る場合はあります。相場の動きには常に気を配り、最善の判断ができるように物事を柔軟に捉えられるようにしておきたいものです。

連休前

この重要な局面で三連休というのはちょっと嫌な感じではありますが、明日は春分であります。暦の上で明日が春になる日といったところですが、株式市場はどんな感じでしょうか。春というよりは冬の合間の暖かな日といった感じかもしれません。とても春とは言い難い状況であります。blogranking???

 ただ、この3月末というのは本当に大事な時でありまして、ここで日経平均が安値を更新して7000円割れなどという事になれば、それこそ時価会計を廃止し、保有資産の計算は簿価という事にでもしないと大変な事になってしまいます。そうなれば資本主義そのものの崩壊でありますから、この様な状況は是が非でも止めなくてはなりません。

 よって、色々な政策やら資金やらが株価を支えているのですが、この連休中にこの株価を支えるための重要な材料が出てくるような予感がしております。詳しくはメンバーレポートをご参照頂きたいのですが、私の思惑通りならばしばしボーナスタイムが楽しめるかもしれません。

 連休前で売っておこうかとか、弱気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの月末を絶対にクリアーしてくるだろうという読みにはかなりの自信がありますので、私は一切の利食いを入れませんし、狙っているセクターに短期資金も投入して見る予定です。短期資金については失敗しても相殺できる含み益がありますので、失敗しても大ダメージにはならないようになっております。決して短期で勝負すべきと煽っているわけではありませんし、私は逃げ道を作った上での短期勝負であります。売買はくれぐれも自己責任でお願いいたします。blogranking???

 今日の相場予測ですが、先物の気配を見ていると意外と強い感じではありますが、基本的には行ったり来たりの一日ではないでしょうか。そして、本来は大引けにかけて売られやすい日ではあるのですが、ここで買われてくる様ですと・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。