マスコミの影響力

 世の中の出来事を知ろうと思ったならば、テレビ、ラジオ、新聞、インターネットという時代ですが、ほとんどのニュースの発信元はマスコミが担っております。正確な事実だけが伝えられていれば、我々はそれを見て判断すれば良いのですが、何せ分からないことも多いですから、色々な解説が必要だったりするわけです。そして、その解説が例えば法律や規則などに基づいたものであれば良いのですが、どう解説するかはマスコミ次第であり、情報をコントロールしようと思えばいくらでもコントロールできるのです。blogranking

 少し問題のある書き方かもしれませんが、基本的には全ての情報はコントロールされており、例えば誰かの記者会見を放送したりしても、そのほとんどの場合は要所要所を切りつないだものであり、しゃべっている本人が意図しない内容に作りかえられたり、雰囲気が伝わらなかったりする場合が多いかと思います。放送時間が決められていますし、要所だけを知りたいという人も多いので、それが悪いとは言いませんが、何かが起こったとしてそれに対してどのような立場で編集するかでその事実の姿は全く違った物として視聴者に伝わる場合もあるのです。

 例えば、最近のニュースで結構取り上げられているのが、東京駅前の郵便局の建て替え問題での、鳩山代議士と西川局長のやり取りですが、国辱だとまで言う鳩山氏に賛同するか、効率を求める西川氏に賛同するかで大きくその内容が異なります。私は三流役者のように立ち回る鳩山は気に入りませんし、いくら文化財が大切だと言っても、それを保護するのにはお金がかかるのです。お金が全ての世の中ではないとはいえ、お金が足りないのに東京駅前に文化財を残すなんてのは無駄だという考えです。文化財は東京駅だけで十分ではないでしょうか?

 本当に見込み通りの収益が上がるかどうかまでは分かりませんが、西川氏は東京駅前にビルを建ててテナント料を発生させてと考えているので、その建設を止めさせるというのであれば、それに代わる収益確保の方法を提案するとか、意見するにも順序があるというものです。ただ単に視察と言って工事現場に乗り込んであんな行動をされては恥ずかしくてたまりません。そもそもそういう政策を取ってきたのが自民党ではないですか。blogranking

 私はどちらかと言えば西川氏の方が正しいと思いますが、マスコミの立ち位置によってはどちらも悪者になりかねない状況であるといえるでしょう。

 これ以外にも沢山の事例があります。株の世界でいえば、昨日の朝はNY株が300ドルも下がってマスコミは大騒ぎです。煽られた人たちは慌てて株を売りに行きましたが、結局は朝の内にその日の安値を形成しました。300ドル安くなったという事実は伝えなくてはならないところですが、不安を煽るような読み上げやコメントが本当にすべき行動を間違わせる事が多いように思います。かといって、問題ないよというコメントがあっても怖いですけどね・・・。

 ただ、だからと言ってマスコミに変化を求めるのは無理な話であって、いずれは変わっていくのかもしれませんが、どちらかというとエンターテイメント化して行くような感じではないでしょうか。不安を煽った方が視聴率が伸びるでしょうし、不安や恐怖は見てみたくなるのが人間の心理というものですから、これはもうどうしようもないことであるかもしれません。blogranking

 ですから、私はマスコミの報道というものは事実のみしか判断材料にしません。誰が何とコメントしようとも、倫理的なコメント以外は記憶に残さないようにしております。色々な情報が飛び交う中、株の世界で利益を出そうと思ったら、とにかくその事実に対してどういう答えを見つけ出すかという力を付けて行く他はありません。マスコミのコメントを鵜呑みにしたり、不安を煽られている様ではいつまでたっても勝てないのです。

 私が重要と考えている指標があるのですが、株の話がどこにも出てこない時は買い、デイトレーダーがどうとか、主婦が株で儲かったとか、そんな話が多く目にされるようになったら株は売り。長期投資だったらこれだけでも十分かもしれません。今は誰も株を買いたいなんて思っていないので、そういう意味でも正にここらが底値圏なのでありましょう。

政治家はどこで政治を・・・

  与党がめちゃめちゃだと思っていたら、今度は野党党首の小沢代表に問題発生であります。仕組みを見ていると、お金持ちの政治家はみんなやってそうな内容です。叩けば埃が出るのと一緒で、政治家なんて誰でもこの程度の事はあるのではないでしょうか。

 もちろん私はこの様な事があってはならないと思っているのですが、今この時期にこの様な事件を発覚させるというのは、どうしても政治がらみであるように感じてならないのです。これがどれほどの事に発展するかは分かりませんが、大事になればあいつもこいつもという話に成りかねず、自民党サイドもあまり突っつきたい問題では無いように思いますし、あくまでも出過ぎないように釘を刺したような感じではないかとは予測しております。ただ、これは成り行きを見極めなくてはならず、ちょっと面倒な話が出てきてしまったという感じはしております。blogranking

 しかし、政治はカネだとはよく言いますが、自民党も民主党もこんな感じでは国民は悲惨極まりない状況であるとしか言いようがありません。1万2000円を配るために何日も国会を空転させ、本当に大事な事がこの1万2000円ですっかりかき消されているという事の方がよほど問題です。こんな問題で時間とカネを無駄にしている代議士の方達は、それこそ恥を知るべきでありましょう。

 私自身は自民党はダメだなという感じを強く持っており、これは民主党に任せてみるしかないかとも思ったりもしておりましたが、結局は民主党もこんなものです。これで完全に私は宙に浮いた感じになってしまいました。

 次の選挙は一番国民の事を心配してくれている共産党に投票するような気がしてなりません。政権担当能力とかは当然無いと言って良いですが、とりあえず倫理的にまともなことを言っているのは共産党でありましょう。これがささやかな私の反抗です。まあ例え、共産党が政権を取るような状態になったとしても、結局は利権に走る人たちが出てきて、最後は壊れるのでしょうけどね。

誰か本気で日本を建て直してくれないでしょうかね・・・。blogranking

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。